• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

法人税の確定申告で、決算書と違う額になった場合の処理を教えてください。

法人税の確定申告で、決算書と違う額になった場合の処理を教えてください。 法人税の確定申告の際、税務署で計算を修正され、決算書で計上した金額より税額が高くなってしまいました。 この結果、事業税や都民税も高くなり、最終的に「法人税等」で計上していた額より1万円ほど多く払いました。 決算仕訳では「法人税等/未払法人税等」にしてあるのですが、支払った額を今年度経理で「未払法人税等/現金」で処理していいのでしょうか?(そうすると「未払法人税等」がマイナスで残ってしまいますよね?) それとも、決算書の額より多かった約1万円分だけ別の勘定科目で処理するのでしょうか? また、今年度末の決算時どのように処理すればよいのでしょうか? 前年度と同じ「法人税等/未払法人税等」で処理すると、どの年度の法人税かわからなくなり、 また来年の確定申告時に金額修正されそうで怖いです。 税理士さんなど、詳しい方に教えていただけるとありがたいです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数2165
  • ありがとう数16

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

ご質問の内容から、修正申告にかかるものとは思われませんでした。 例えば、決算時において 法人税等/未払法人税等 500,000 と処理しましたが、税額の計算に誤りがあって実際は510,000円となってしまった。 納税は正しい額(510,000円)で行いましたが、決算書等は補正をしないところで申告した。 との想定のもとに納税時の仕分けは -------------------- 【納税した時】 (借)未払法人税等 500,000 /(貸)預金 510,000 (借)租税公課 10,000 -------------------- つまり、未払法人税等に計上しなかった不足分の税金は、租税公課(あるいは仮払税金等)で処理しておけばよいと思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 税務署に行って決算書を見せて「これでいいですか?」と聞いたら、誤記入を指摘されて、その場で訂正して納税してしまいました。なので、決算書は補正できず、困っていました。 不足分は租税公課で処理して、今年度決算でまた「損金不算入」の申告をすればいいんですよね? 起業から5年ほど、知識が曖昧なまま処理してしまっていたので、今年度の決算申告の際には、ちゃんと税理士さんの無料相談などを受けてから申告しようと思います。

関連するQ&A

  • 決算書作成の際、未払法人税は計上しなければダメ?

    決算書を作成する際、未払法人税は計上しなくてはいけないのでしょうか? 22年度の決算書を作成しています。 法人税等を計算したところ合計で40万程度となりました。 これを未払法人税として22年度分に計上をすると 負債の部が増え、 資産-負債-資本金をするとマイナスになってしまいます。 (未払法人税を計上しなければぎりぎりプラスです) 利益余剰金がマイナスになると赤字というふうにきいているのですが 上記のような場合、赤字を回避するにはどうしたらいいでしょうか? ■未払法人税は必ず仕分けしなくてはいけないのか ■未払法人税を計上した上で、利益余剰金がマイナスになってしまったら 赤字なのか ご教授いただければ幸いです。

  • 法人税確定申告、決算書の印鑑

    法人税確定申告書や決算書に印鑑を押しますが、法人実印、角印みなさんどちらの印鑑を押してますか?また一般的にはどちらを押すのが普通ですか?教えてください。

  • 法人税を決算書に反映させますか?

    10月決算の株式会社の決算にあたり当期の法人税額をどのタイミングで決算書に織り込めばよいのかがよくわかりません。 次のように理解しましたが正しいでしょうか? 1.決算仕訳を入れる 2.試算表作成 3.税務申告書作成、法人税額算出 4.法人税額の仕訳(法人税/未払法人税)を入れる 5.決算書完成 6.税務申告 実は前任者は当期の法人税額を翌期に計上していたのです。どちらが正しいのでしょうか? よろしくお願いします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • -9L9-
  • ベストアンサー率44% (1087/2421)

>支払った額を今年度経理で「未払法人税等/現金」で処理していいのでしょうか? まず前提として、修正申告をしていると思います。あるいは税務署から更正の通知を受けたのでしょうか。 いずれにせよ、その結果増加した税額について、今期の費用として計上する必要があります。支払いの計上はその後です。 <修正申告日又は更正の通知日>  ・法人税・住民税・事業税の本税分   「租税公課」又は「法人税等」/「未払法人税等」 <本税の納付日>   「未払法人税等」/「現金」又は「○○預金」 これで未払法人税等が残ることはないはずです。 <加算税・延滞税がある場合>  ・加算税・延滞税の納付日   「租税公課」/「現金」又は「○○預金」 企業会計上はこれらの税金はいずれも費用なので費用として計上しますが、法人税や住民税等の計算では法人税、住民税、加算税、延滞税は損金不算入ですから、費用計上した分を今期の申告の際に別表四で加算する必要があることに注意してください。事業税は損金算入なので調整不要です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 修正・更正などの正式な請求ではなく、税務署で誤記入を指摘され、訂正して納税しました。 ですが、計上できなかった分は通知日・納付日が同じと判断して「租税公課/現金or預金」で処理すればいいんだ、という所が参考になりました。 法人税・事業税・都民税・市民税が少しずつ加算された10000円なので、金額をばらして、事業税以外を「加算(損金不算入処理)」の欄に書けばいいんですよね?今期末の決算・申告時についてもよくわかりました。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 法人税の仕訳について教えて下さい。

    法人税の仕訳について教えて下さい。 小さな会社で、経理の仕事をすることになりました。 元々、社長自身が1人で確定申告までやっていました。 3月末決算で、現在3期目の決算報告書を作成しているところです。 色々と調べてみたのですが、法人税の仕訳を理解できないでいます。 他の質問欄で下記のような答えを見つけ、なるほどと思いました。 「決算で、確定納付額分を「未払法人税等」などで未払い処理をしていれば、 未払法人税等 ××× / 現金 ××× 未払処理をしていなければ 法人税等 ××× / 現金 ×××」 2期目の決算では、1期目で未払法人税等の未払い処理をしていないにも関わらず、 未払法人税等 ××× / 未払金 ××× (社長自身のお金で支払っているので、未払金処理となっていますが、後に未払金の支払いをしていますので、会社として法人税は納めています) という仕訳をしているので、未払法人税がマイナス金額で貸借対照表に表示されてしまう状態です。 3期目の決算(現在取り掛かっているものですが)では、2期目で未払法人税等の未払い処理をしていませんので、法人税 ×××/ 未払金 ××× で仕訳をすれば良いと思うのですが、どうしても2期目の決算で誤って仕訳している未払法人税等(マイナス表記)が繰越されてくるのです。 実際、法人税はきちんと納め終わっているのですが、決算報告上では仕訳が間違っている状態です。 どのように処理するのが正しいのでしょうか? また、この他にも気になる仕訳(過去の決算のもの)を発見してしまい、どうしても決算報告書に繰越として金額が上がってきてしまいます。 もちろん、誤った仕訳をしないことが1番ですが、社長自身も勉強しながら手探り状態であったため、気になってはいたんだけど...というような状態です。 私自身も経理の経験がなく、どのような処理が正しいのかわかりません。 教えていただけるとありがたいです。 長文の質問で申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。

  • 確定法人税の計上ミスについて

    こんにちは。 現在、法人の確定申告書類の作成中なのですが、決算書に計上した確定法人税の計算時に、仮払経理処理をした中間法人税を損金不参入扱いにして計算していたことに気がつきました。 清書をしながら改めて確認して気がついたのですが、(1)中間法人税を仮払経理処理をした場合は、別表4の加算項目の対象ではないですよね? (2) (1)が正当な場合、確定申告書は決算書にあわせて提出すればよいのでしょうか?(修正申告等をしなければなりませんか?)決算書は無視して、申告調整をやり直し、正しい法人税額で申告すればいいのでしょうか? すみませんが、詳しい社員がいないため、どなたかご教示お願いいたします。

  • 未払消費税の確定申告時における差額

    決算処理で未払消費税の計上後、消費税の確定申告による納付額との差額が発生する場合、その差額は進行年度で租税公課で処理すると、法人税の確定申告で申告調整が必要でしょうか? (例) 3月決算法人 株主総会6月、法人税の申告延長 7月末、消費税確定申告5月末 会計の数値は確定済みで修正は申告上のみとする場合 2013年度確定決算 未払消費税 100円 2013年度消費税確定申告額    90円 2014年度会計処理 (借方)未払消費税100 (貸方)未払消費税 90                            (貸方)租税公課   10 7月末法人税確定申告で消費税差額として租税公課に計上した額10を加算調整が必要となりますでしょうか? どうぞよろしくお願いいたします。

  • 法人税の仕訳について教えてください。

    現在 第2期の確定申告にむけて 苦戦中です・・。 昨年、第1期の申告をした際、未払法人税等の仕訳をしていません。 支払った税額は、58800円(法人税500円・法人都民税58300円)です。 ・第2期に支払った、第1期分の法人税についての仕訳は   法人税、住民税及び事業税 58800 / 現金 58800 で良いですか? ・第2期の法人税については、税額を例えば70000円とした場合   法人税、住民税及び事業税 70000 / 未払法人税等 70000 とするのでしょうか? 前期と今期の法人税の計上と支払いの処理について、わかりやすく教えていただけませんか? どうぞよろしくお願いいたします。

  • 法人税の計算の仕方を教えてください。

    現在 第2期の確定申告書を作成しています。 昨年、第1期の申告をした際、未払法人税等の仕訳をしていません。 税引前当期純損益=当期純損益 で決算書を作成してしまいました。 ・第2期に支払った、第1期分の法人税についての仕訳は   法人税、住民税及び事業税 60000 / 現金 60000 としました。 ・第2期の法人税についてですが、税額が○○○だとして   法人税、住民税及び事業税 ○○○ / 未払法人税等 ○○○ とすると、 PL上は、法人税等 60000+○○○ と2期分の税額が引かれることになります。 この税額○○○の計算をどのようにしたら良いのかわかりません・・・。 決算が先なのに、確定した税額を決算書に書き入れる、申告書は税引後の当期純損益の記入から始まる、という、理解しにくい仕組みなので、どこから計算を始めていいのか困っています。前期の税額も入っているので、よけいに混乱しています。 あちこちのサイトを調べてまわりましたが、どうも理解できなくて・・・。 法人税の計算の順序というか、手順を、わかりやすくご説明いただけませんか?よろしくお願いいたします。

  • 前期確定申告分の税金:法人税の勉強中です

    前期確定申告分の法人税、住民税はなぜ別表4で調整しなくていいんですか? ただし、この前期確定申告分の税は、前期に計上した未払い法人税等を取り崩している、 と但し書きはあります。 確定申告分は見積金額だから、まず、法人税、住民税、事業税すべてを納税充当金として 加算する、というイメージでいます。 そして、事業税は、損金算入できるから、損金算入で減算できるという認識でいます。 初心者中の初心者ですので、混乱もしていると思います。 疑問点、教えていただけると助かります。

  • 期末の未払法人税の処理の仕方について

    今回初めて自分の会社の確定申告を自分でしてみることにしました。 従業員は私一人で一度やってみることにしました。 freeeさんを使って決算書を作りました。次に全力法人税というクラウド型の法人税申告ソフトを使って自分で申告書も作りました。 最終チェックで以下のとおり問題ないこと確認しました。 (1)前期の期末データが相違なく今期に引き継がれている。 (2)損益計算書「当期純利益」と別表4の「当期利益又は当期欠損」の額がイコール (3)貸借対照表「繰越利益剰余金」と別表5(1)「繰越損益金」の額がイコール ここまではよかったのですが、期末の均等割り未払法人税70,000円を仕分けしてなかった事に気づき、最後1件だけ仕分けを追加しました。(期末の未払金はこれだけです。) (借方)法人税・住民税及び事業税 70,000/(貸方)未払法人税等 70,000   と処理しました。あとは、法人税等の納付状況など入力し、別表5(2)に修正加えました。 しかし、(2)と(3)の額が違ってきました。それぞれ70,000円ずつ相違が出てしまったのです。いろいろ試しましたがダメです。 経理は初心者のため詳しくわかりません どのようにしたらよいかご教授頂ければ幸いです。

  • 決算整理で法人税の仕訳をするとき...

    基本な質問でお恥ずかしいのですが、実務上の話として教えてください。 決算整理仕訳「法人税、住民税及び事業税/未払法人税等」を計上する時 どういう方法で計算していますか? 原則的には、実際に正規の申告計算を行い金額を算定すればよいと思います が、実務上は会計上の決算数値を確定させる(当期純利益を算定する)ほうが 申告書を作成するよりタイミング的に先に行われていると思います。 特に最近は決算短信など企業の開示スピードが早くなってきて、とても申告書 を完成させてから財務諸表を完成しているとは思えないのです。 (でもやっぱり税効果をやってる会社なんかはきちんと申告調整内容を先に  全て把握してるのかな。そうでないと法人税等調整額も決まらないし...) そもそもB/S(未払法人税等)の額と申告書の額が同じでないといけない と思っていること自体間違いなのでしょうか? P/L(法人税等)は申告調整分があるから数字が異なることはもちろん わかりますが、未払法人税等は申告額と金額が違うと最終的にどうやって残高 を消すのかもよくわかりません。 (余った未払は雑益で取り崩しで、足りなかったら当期の法人税等で追加計上  でしょうか?) いったいみなさんどういう方法で、どういう金額を計上されているか教えて 下さい。よろしくお願いします。 (乱文で申し訳ありません...)

  • 決算時の法人税仕訳

    決算処理時に未払法人税として仕訳計上したいと思っています。 前期9月決算で法人税を今期の11月に支払い、そのまま今期11月で法人税が計上されています。 今期分の法人税を9月に未払法人税として計上しても良いのでしょうか? わかりづらくてすみません。 簡単に説明すると今期の法人税科目に「前期分の法人税」と「今期分の未払法人税」を計上し決算を行って良いものかという事です。 当然、当期純損益額が変わってきます。

  • 法人税の計算はどうやるんでしょう?

    今後経理の仕事をやるので、知っておきたいと思い質問させていただきます。 決算で法人税を計算すると思いますが、どのようにして計算をするのでしょうか?一般的な計算式などが存在するのでしょうか?(会社の資本金とか規模によって異なると思いますが) 決算後に税務署から送付されてくる書類を書くときに法人税額を計算すると思いますが、そのときの計算と違うのでしょうか? 例えば決算時の仕訳は、 法人税 1,000,000  未払法人税等 1,000,000 としました。 このあと翌期になり、税務署から申告書類が送られてくるとそこで 法人税を計算して納税をすると思うのですが、 このときの法人税額(つまり申告書に記載したもの)と決算時に未払法人税が同じはずだと思うのですが、もし違ってたら修正が必要ですよね。 質問内容は、 1.決算時に「未払法人税等」として法人税を計算し計上しますが、計算方法はどこかで公開されているのか? 2.決算後、税務署から書類が送られてきて、そこで法人税額等を計算し申告すると思うのですが、この計算は1.と同じでしょうか? 3.1と2で計算結果が違う場合、仕訳の修正が必要でしょうか? わかりづらい質問かと思いますがよろしくお願いします。