• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

法学部と文学部で悩んでます。

法学部と文学部で悩んでます。 来春、大学入試予定の受験生(女子)です。 志望は、国立大学の旧帝大クラスの法学部です。 自分として、将来に対する具体的な希望はまだはっきりしてないので、とりあえず、文系として法学部に入っておけば、一番確実だろうと思い、志望しています。 ただ、自分の性格上(おだやかで、のんびりしている)、司法試験を受けて、法曹界に入るようなことは、あまり向いてないのではないかと感じています。 また、できれば、民間企業には勤めたくないので、法学部を出たとしても、私のような性格でやっていけるところがあるのかわからない状態です。 自分的には、日本史などの歴史がとても好きなので、文学部のほうが向いてるのかなとも思っています。ただ、文学部は、就職はあまり有利ではないと聞くし、事実、歴史を勉強してもそれが役に立つ仕事というと、学校の先生、歴史博物館などの学芸員、あとは大学で研究を続けて教授を目指す、くらいしか思いつきません。 自分としても、法学部のほうが将来役立つことが多いのはわかっていますが、好きな勉強をしたい気持ちも強く、悩んでいます。 いろいろアドバイスいただけると助かります。 宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数1485
  • ありがとう数14

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

大学は高校と違って、自分が履修する科目を自分で選択できる、という事はご存じですか? 聴講(単位は取得できないけれど講義を受けることができるという)制度もありますから、どこの学部の講義も大体受けられます(ゼミとかは無理かもですが、講師によっては大丈夫かも…)。 つまり「この学部を選んだからこの講義を受講できない」という事はないのです。 その前提で。 私としては法学部をお勧めいたします。 理由については後述しますが、その前に。 法学部を選んだ人がみんな法曹業界に行く、というのは都市伝説?です。 東大ですらI種か司法試験かという感じですから、旧帝大ランクなら普通に就職する人の方が多いかと。 また、法曹業界と一口で言っても、行政書士は代書屋ですし、税理士は書類とにらめっこしてるだけですし、土地家屋調査士は土方みたいな部分もありますし、公認会計士やら司法書士も内容によってはのんびりしてますし、おそらく想像されているものとは全然違うと思います。 法学部で学びながら教職を取って教師になる人もいます(学部問わずそうですけども)。 本当に穏やかでのんびりした性格なら、お勧めの就職先は国家公務員III種なんですけどね(II種以上はかなりの激務だそうです) さて、で、何故法学部をお勧めするか、という話ですが。 理由は簡単です。法律は、生活全般に関係する学問だからです。 出生から死亡まで、法律に関わらずに生きていくことはできません。 しかし、法律を専門的に学ぶことができるのは、大学と資格取得を目的とした予備校だけ。 ご存じですか? 世の中には、未だに、結婚したら自動的に妻は夫の家族の戸籍に入り、姓が夫の姓に変わる、と信じている人がたくさんいるそうです。 婚姻という圧倒的多数の人が関係する事柄に関してすらそんな状態ですから、その他のことに関しては言うに及ばず。 そして、知らないが故に、苦況に陥ってしまうことも多々あります。 連帯保証人と保証人の違いを知らなかったりとか、根保証の存在を知らなかったりとかしてね。 法律は自らを助ける者をしか助けないのに、法律に無知な人が多すぎるのです。 文学を馬鹿にする気は毛頭ありませんが、生きる力、という意味では、法律を学ぶべきだと思います。 私としては、義務教育で法律を学ばせるべきだと思っているくらいです。 就職に役に立つかどうかはわかりませんが(私は取得した資格を使用せず就職したので)、 起業するとなれば当然法律を勉強する事は必須ですし、 何より、法律を勉強しておくと、自分の身を守りやすくもなりますし、人助けもできますよ。 でももちろん、大学で何を学ぶかは、ご自身が選ぶこと。 本当にやりたい事があるなら、それを優先されればいいと思います。 受験勉強、頑張って下さいね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 私も生きていくうえにおいて、法律を知っていることがいかに有利になるかは、なんとなくわかります。 やはり、将来を考えると法学部に進むのが妥当な選択なんでしょうね。 でも、法学部ってなんか勉強漬けで、たとえ他の講義を受けたとしても、それを勉強する暇なんてないような気がするんですが・・・・? 国家公務員は、私も将来の選択肢と考えていますが、 III種って、具体的にはどんな仕事があるのでしょうか? やはり法務関係になるのでしょうか?

関連するQ&A

  • 法学部or文学部

    現在高校三年生です。 今まで私大の文学部を第一志望に考えていたのですが 塾の面接の際に、法学部の方が就職の時に 幅が広がるから、法学部受験も考えてみたら?と アドバイスを受けました。 そこで法学部を第一志望にする事に決めたのですが 法学の勉強は何だかすごく難しそうだし 本を読むことが好きなので文学を研究する方が 自分に合っているのではないか・・・とも思い、 第一志望をどちらにするか悩んでいます。 実際、就職の時に、法学部と文学部では どのような差があるのですか? また私はマスコミ系(出版社)に勤める事が夢なのですが やはり大手の出版社に就職するなら 少しでも偏差値の高い学部を目指した方が良いのでしょうか。

  • 法学部と文学部

    学習院、上智、中央、立教(それぞれ法学部)を比べたらどのような序列になりますか? また上記の大学の文学部には法学部を蹴ってでも行く価値のあるところはありますか?… 例えば… 立教の文学部と学習院の法学部を比べた場合や 上智の文学部や外国語学部と中央の法学部を比べた場合など…

  • 法学部か文学部どちらにするか迷っています。

    一浪です。今年の大学受験で文学部日本語日本文学科と法学部法律学科に合格しました。 まず私が合格した大学を選んだ理由は世間的にあまり良くないかと思われますがネームバリューです。 (ここからは個人的な話になるので読み飛ばしていただいて構いません。私はいわゆる自称進学校と呼ばれる高校に入学しました。中学校まではよかったのですが高校から成績が奮わず、周りが国公立や私立の有名どころに合格しているにもかかわらず自分は滑り止めしか合格できていないのかという劣等感から浪人を選びました。自分には誇れるものがないからせめて大学は、、という心情でした。) 次に学部学科についてです。 文学部日本語日本文学科を選んだ理由は将来、中学高校で教師になりたいなと思っていたからです。中でも本を読むことが好きなのと国語が得意だったので、それなら国語の教師を目指してみようかなと思ったのがきっかけです。 法学部法律学科を選んだ理由は漠然とですが法律に興味をもっているからです。法律を学べば自分の生き方の見方が変わるのだろうかと考えています。それと一浪しても大学に合格できなれけば就職と親から言われていたので何としても合格しなければと思い、入試結果などを考慮して法学部ならもしかしたら受かるだろうという希望も含めで受けました。 ですが、ここ数ヶ月、将来やりたいことが曖昧になってきています。曖昧といいますか何がしたいのかわからない状態です。自分自身特別国語の教師になりたいかと言われたらそうではなくなってきています。(ならその学部学科を受けなければよかったと言われたらそうなのですが、他に文学部の歴史専攻や英文学科または経済学部や経営学部などにあまり興味を見い出せませんでした。)個人的な意見ですが日本語日本文学科に入学すればある程度の就職先は絞られると思います。この質問をする前にネットで文学部か法学部どっちにすればいいかと調べたら「文学部に入学する人はよほど文章を読むのが好きだとかそういう人でない限りやめておいた方がよい、つぶしの利く法学部がいい」等とあったのでさらに迷っております。日本語日本文学科で言えば、出版関係の仕事ってどんなんだろう、日本語教師もいいかも、、。法学部で言えば司法書士、パラリーガルって詳しくどんな仕事なのかな。と興味のある仕事を調べれば調べるほどドツボにはまって決められないです。本当に自分のやりたいことがわからないのです。最終的に決めるのは自分ではありますが、皆様ご意見のほど宜しくお願い致します。稚拙な文章で申し訳ありませんでした。最後まで読んでいただきありがとうございました。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6

考えるのはいいですけど、長く考えても良い結論が出ると言う事は 「絶対」無いので(むしろリミットに焦ってわけのわからん答えになりがち)、 1,2日で結論を出せとは言いませんがある程度の時間内で決めなければいけません。 それとこういう場合、ラクな方に流れがちなので、 そうならないように、いま1番キツイことをやっておくんだと 意識した方がいいと思います。 先にラクをすると、後でしんどくなります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

はい。なにが一番自分のためになるのかを考え、選択したいと思います。 親身なアドバイス、本当にありがとうございます。

  • 回答No.5

>簡単に「自分の好きな学問がやりたい」と言っても、それはそれなりにしっかりした覚悟をもって臨まないといけないということですね。 いろいろ考えたいと思います。 そうですね。部活やった事ある人なら分かるでしょう。最初は強制じゃ無く自分の意志で入る。 でも練習はしんどいし、人間関係もしんどい。それでも仲間とか先生とかのおかげで、 最後までなんとかもつみたいな感じでしょ。 風邪を引いたりケガをしたら先生や友人が「大丈夫?」って言ってくれる。 大学はそういうのが環境として殆ど無いわけです。 だから友人関係とか教授との信頼関係を自ら作っていくしかない。 大学での勉強と言うのは、それを「自分1人でやれ」と言う感じです。 自由と言えば自由ですが、周囲から働きかけが殆ど無いことに不満を持ってる学生が多いと思います。 特にあなた方の世代は常に周囲からサポートがあった世代なので、そういう対応をされるのがかなり苦痛みたいですね。 そもそも大学と言うのはソクラテスメソッド(対話法)が基本だったものの、日本は 戦後のベビーブームと教育費の不足のせいで、数百人相手のマクロ的授業になりました。 この時点で教育機関として???がつきますね。 大学の歴史自体が浅く、余りレベルとして高いとも言えませんでした。 (一方で私塾・寺子屋の歴史が長く公立小中や私立中高の誇り、レベルは世界的にも高かったと言えます。) あまり大学は教育機関として存在意義を感じません。 一方で、大学院や研究室は2-15人ぐらいの少人数で、人間関係のしがらみや 先輩後輩関係など大学ではなかったような人間性の密着性があり、専門性を磨き易い環境にありますが、 人間関係や競争原理など(中高や会社と同じように)それはそれで大変みたいですけど。 だから「好き」ぐらいで専門性の高い学部に突っ込むのは、辞めたほうがいいですね。 医学部や専門職大学院などの専門性の非常に強いところは、専門を変えようもないから諦めがついて、頑張るみたいですけどね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございます。 難しいですね。もう少しゆっくり考えてみようと思います。 またいろいろ教えてください。 よろしくお願いします。

  • 回答No.4

No.2です。 >法学部ってなんか勉強漬けで、たとえ他の講義を受けたとしても、 >それを勉強する暇なんてないような気がするんですが・・・・? むしろ教育学部とか看護学部とかの方が大変ですよ(医学部は別格)。 教育学部で小中高と取った人とか、卒業時の単位数が私の倍以上ありましたし。 何より法学部は卒論無いとこ多いからなー。 資格試験の勉強は確かにやりますけど、その間他の学部の人たちは就職活動してますし むしろ勉強している方が精神的に楽です。 うーん、雰囲気的にはですね、 伊坂幸太郎の「砂漠」という小説を読めばわかるかと。 ちなみに伊坂氏は東北大の法学部出身らしいです。 >III種って、具体的にはどんな仕事があるのでしょうか? >やはり法務関係になるのでしょうか? いいえ、全然。 ええと、公務員が何かという点から誤解されているようにお見受けしますので これはご自身でお調べになった方が良いと思います。 あと、III種っていうのは軽いジョークのつもりだったんだけど 高校生には通じなかったですねゴメンナサイ。 旧帝大ランクなら、普通は国家公務員I種かII種、または地方公務員上級です。 III種がお勧めだというのは本心ではあるんですけどね。 なんというか、質問者さんは、全般的に 法学部や法曹業界に対して誤った認識をお持ちのようですので、 それこそネットや図書館で色々と調べてみると良いと思います。 根本的な誤解として。 法律の勉強ってね、条文や判例を丸暗記する事じゃないんですよ。 高校の勉強とはまったく違うんです。 もちろん法律を一通り知らないとインデックスも作れないから、総論たたき込んで必要な部分は個別にも覚えますけど、六法全部丸暗記なんかしません。 法律を学んで身につけるのは、問題が起きた時に、対処方法を調べる力なんです。 だから、法律を知っていると有利かと聞かれたら、Noです。 問題が起きなきゃ法律なんて必要ないですから。 そもそも法は自らを助ける者をしか助けないし、権利の上に眠る者を守らない、冷たい奴ですしね。 ただ、自分のために、という意味で、法律を勉強するのはいいことだと思います。 例えば、学校を休んでも大学が何も言わないのが責任放棄という話。 私から見ると、大学がダメ学生を放っておくのなんて当たり前だろう、と思います。 債権債務関係で言うなら、学生は授業料を支払う義務があり、大学は講義を提供する義務がある。 双方が義務を果たしているのですから、何も問題はないのです。 大学は講義を受けさせる義務なんて負っていません。教育の義務が適用されるのは中学までです。 会社は違うって? 会社には賃金を支払う義務があり、労働者には労務を提供する義務があります。 一方が義務を果たさなければ、他方が対処するのは当然です。 下手すりゃ問答無用で首切られますよ、理由もなく長期無断欠勤してたら。 多くの会社が就業規則で無断欠勤を即時解雇の要件に定めていますもの。 そういう考え方ができるのとできないのとでは、やはり違うでしょう。 甘えなくなるんじゃないかな。 勉強にしたって、やりたい勉強があったら、自分で方法を探すようになるでしょう。 大学が提供してくれないからできない、なんて考え方は、しなくなると思います。多分。 でも繰り返しますが、 本当に行きたい学部があって、やりたい学問があるなら、それを優先するべきです。 どこで何をしていたって、成長できる人はちゃんと成長できますし、できない人はできません。 やりたいことがはっきりしていないなら法律をお勧めしますが、 この「お勧め」は、「義務教育で教えるべきだろ」レベルの「お勧め」なので 法学部に行った方が人生得だよー、という話でないことは、ご理解下さいね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いろいろと親身になって丁寧なアドバイスをありがとうございます。 とても参考になります。 まだまだわからないことだらけなので、とりあえず、自分でいろいろ調べてみようと思います。 また教えてください。 よろしくお願いします。

  • 回答No.3
  • ppkk
  • ベストアンサー率21% (16/75)

私大文学部の卒業生です。 質問者様が、就職などはひとまず置いておいて、純粋に大学で歴史を勉強したいというぐらいの動機がないのであれば、潰しの利く法学部をお勧めします。 まあ、そこそこの大学の文学部であれば、金融業界などを除けば、それなりのハンディはあるものの本人の個人の努力次第で社会科学系の学部と同じような企業に就職はできます。ただ、文学部を志望してくるような学生は、少なくとも私の学生時代については、純粋にその分野を学びたいから来ている人が圧倒的に多数派で、就職のことなど二の次という感じでした。 どちらが良い悪いではなく、大学を、就職のためのステップの場と見るか、とにかく好きな事を学ぶ所と見るかで判断されてはいかがでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 文学を専攻すれば、たぶん、就職口も限られるだろうことは、なんとなくわかります。 それでも、自分の好きな学問が出来ればいいかなとも思っています。 ただ、好き嫌いというのも変わってくるものでしょうから、やはり、 社会に出るときになって、後悔しないでいい道を考えたいと思います。

  • 回答No.1

そういう事であれば リベラルアーツで幅広く学ぶべきかと思います。 ICU,早稲田国際教養、京大総合人間などですね。 ただ平たく学べて全部が中途半端になるとか、就職もイマイチだとかあんまりいい話も聞こえては 来ません。 そうなるとアドバイス出来るのは、 経済や法などで将来に向けた実学を学び、 独学、サークル、一般教養科目、科目履修生などで興味ある学問を学ぶ、 と言う形でどうでしょうか。 実際、僕や友人の感想から言えば、1,2年生で専門性んほある勉強は出来ませんし、 上智などほんの一部を除けば100人以上の生徒を相手にしたマクロ授業ばかりで、 受験などの目標もないせいか、教授もあまりやる気がありません。 例えば無断欠席したら、高校の先生は怒ったり、心配したりするでしょう。 でも大学ではそれはありません。「おとなだから」と言いますが、 おとなのはずの会社、企業で同じことをすれば上司は、同様に心配したり怒ったりするわけで、 要するに大学側はサボってるとしか言えません。 大学がそういう学生相手にやるのは、 ナントカ相談室を設置してますよー、って告知と、 年に1,2回成績表を郵送することだけです。 それで義務が果たされてると思ってるわけで、 「あとは君たちの責任」と言うわけです。 東大や京大や阪大や慶応が「適塾」「慶応義塾」だった時代はもっと柔軟だったんでしょうが、 今は官僚的で隣の学部を受けられない、1年生が4年生の授業を受けられないと言う ような制約がとても多いのです。 やる気に溢れている1年生ほどこのような制約や官僚的な態度は苦痛です。 もちろん学生側に問題もあるでしょうが、 実質、本当に勉強したい人ほど専門学校、サークル、NPO、NGOなどで勉強してますね。 他校も色々と潜ったことがありますが、大学の講義の大半を占めるマクロ授業はムダの極みだと 思います。成績は就職でもそれほど生きませんし、 「オールAを取って、国内外の有名大院に入ってやるぞ」と言うような意欲のある学生でもない 限り意欲を継続させるのは難しいかと思います。 これはどの大学でも同じようです。 よって講義自体に対し、満足してる学生は少ないと言えます。 あくまで学歴のため、単位のために講義に出てると言えるでしょう。 3年生後期4年制前期は留学や就職活動などで殆ど動けませんし、 そうなると実質マジメに勉強できるのは4年の夏以降と言うわけです。 でもそれまでにやる気が残ってる人はあんまりいないし、院に進んでまで研究したいと思う人は 本当に一握りです。 ですから文学部に入ったらあれができる、これができると言うのは幻想だと思って、 どの大学、どの学部にせよ、主体的に動く必要性があるでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 簡単に「自分の好きな学問がやりたい」と言っても、それはそれなりにしっかりした覚悟をもって臨まないといけないということですね。 いろいろ考えたいと思います。

関連するQ&A

  • 文学部について

    中学三年生の男子です。 大学の事で質問です。経済学部も法学部も何を学ぶか何となく分かるのですが、文学部が良く分かりません。例えば美術史だったら、ルネッサンスだとかありますよね。そうすると、日本文学論とか西洋文学論、つまり文芸評論家のような事を学ぶのでしょうか。それと文学部を目指す人はどういう目的で文学部を志望するのかという事が知りたいのですが、知っている人がいたら教えて下さい。

  • 北大文学部について・・・

     この春北大文学部に行く者なのですが、正直ほんとに文学部なんかに入って大丈夫なのかな・・・て最近思ってしまいます。  ネットの情報を鵜呑みにしてはいけない、とは分かってますが同大学の文学部に関してはチャラ男が多い、就職は道内の私大よりも厳しい(北大教育学部の先輩からは文学部のほうが就職しやすい、なんて話も聞きましたが・・・)などなど、暗い話ばかりで「底辺とはいえ旧帝大の一校なのにこんなものなのか・・・」と愕然としています。  自分は公務員志望ですが、学部内の雰囲気も大事ですし、最近は浪人してでも社会学系統の学部に行くべきなのでは、と考えてしまいます。    長々と書き散らしてしまいましたが、聞きたいのは「ぶっちゃけ、北大文学部はどうなのか?」ということです。  ちょっとしたことでもいいので、ご回答くだされば幸いです。

  • 留年して法学部か文学部

    立教大学の付属校の男です。   法学部と文学部のどちらかを推薦してもらえそうです。しかし、僕は暗記がとても苦手でいつも社会科の成績がギリギリです。なので、法学部に行ってもおそらく留年してしまいます。一方で文学部は就職が厳しいと聞きます。どちらが結果的に就職などがいいのでしょうか。

  • 文学部について

    大学進学で文学部を考えています。 少し小耳に挟んだのですが文学部では就職を考えるときにあまり就職がないというような内容のことを聞きました。 文学部の中の学科にもよるとはおもうのですが、 こういったことは本当なのでしょうか? また就職という点では法学部や経済学部のほうがつぶしがきくものですかねぇ?

  • 文学部

    私は文学部を志望している大学受験生なのですが、志望校で悩んでいます。 今のところ、 東北大学、筑波大学、名古屋大学、大阪大学 神戸大学、広島大学、九州大学 あたりを考えています。 そこで上記の大学、またはそれ以外の大学の文学部で おすすめの大学があれば、教えてほしいです。(できればその理由も) 日本哲学、インド哲学、近代日本文学に興味を持っています。 すみませんが、アドバイスよろしくお願いします。

  • 阪大文学部

    現在高三で、大阪大学の文学部を志望している者です。 しかし、私は文学にはあまり興味はなく語学を学びたいと思っています。外国語学部を志望していたのですがリスニングが本当に苦手で担任の先生から文学部を強く薦められたための志望校です。 先生曰く、文学部でも第二外国語を選択して語学を充分学べるというのですが、ホームページや学部案内を見ると文学作品を通しての、高校と変わらない語学学習の方法のように思います。 文学作品にそこまで魅力を感じていないならば、また、実用的な語学を学びたいなら文学部は適さないでしょうか? また、文学部を志望した方はどのような理由で志望されたのかも伺いたいです。

  • 文学部と法学部だと、どちらがいいんでしょうか?

    大学受験生です。文芸のことをたくさん学びたいので、文学部を志望しているんですが、三者面談では先生に「法学部の方が就職先もたくさんあるから、法学部にしてみれば?」と言われました。文学部は就職先が少ないとかよく聞くのですが、やっぱり就職を考えるなら法学部がいいんですか?それともやりたい学部に進んだ方がいいんですか? 回答よろしくお願いします>_<

  • 国公立と私立の文学部について

    初めまして、ただ今京大文学部を志望している受験生です。 秋に入り、毎日一生懸命勉強していますが、 この時期になるとどうしても併願校のことが頭をよぎります。 関西では、蔵書量が多いのに惹かれ京大を第一志望にしましたが、 後期受験・また私立で併願するとしたら、どこの大学がお勧めでしょうか? 文学部の場合は特に資料が少なく、「勉強は自分次第」ということがよく言われるので選ぶのに困っています。 また将来は西洋史学か心理学を専攻するつもりです。 ちなみに現在検討しているのは、 大阪大学、神戸大学、慶応義塾、津田塾大学です。 文学部に関して皆様の意見を伺いたいです。 宜しくお願い致します。

  • 慶應文学部について

    私は慶應文学部を志望している2年です。 進研模試では偏差値74、駿台では65くらいだったのですが、やっぱりもう少しないと厳しいですよね。 慶應文学部の理想的な偏差値とそれに至るための勉強方法を教えてほしいです。 あと実際に合格した方はこの時期どんな勉強をしていましたか? ちなみに日本史選択です。

  • 理系なのに文学部しか受かりませんでした。

    私は高校で理系科目を選択していました。 大学も理工系の学部に進みたかったのでそのつもりで勉強をしていました。 しかし、希望していた理系の学部は第一志望どころか滑り止めにも落ちてしまい、受かったのはFランと呼ばれるような大学の文学部だけでした。 家計的にも浪人はできませんし、正直、理系科目よりも文系科目の方が得意だったので、「駄目だったら文学部に行こう」とも考えていました。 けれど、実際に文学部に行くことが決まってしまうと「やっぱり理系の学部に行きたかったなあ」などと考えてしまって悲しいのか悔しいのか自分でもわからないのに、一日中涙がぼろぼろ出てきてしまって止まらないです。せっかく受験が終わったのに、なにかをする気力もわいてきません。 受験期に自分なりに必死になって勉強した数学も化学も物理も今後一切、なにも使うことはありません。 悪いのは努力の足りなかった自分なのはよくわかっているつもりなのに、塾や予備校に通うことのできた友人たちが羨ましくて、つい僻んでしまいそうになります。 きっと私には理系は向いていなかったのだろう、受かった大学が私の行くべき学校なのだろう、とわかってはいるのですが、やっぱりとても悲しいです。 甘ったれた学生で申し訳ないのですが、なにかアドバイスなどいただけると嬉しいです。 まとまりのない文章ですみませんでした。