仏教系の幼稚園ってどうですか?

仏教系の幼稚園ってどうですか? 来年の春に娘が入園予定の幼稚園を検討中です。 教育理念がすごく気に入っている幼稚園が...

noname#128261 さんからの 回答

  • 2010/05/24 07:41
  • 回答No.1
うちは、仏教系の保育園に通わせました。

別に、信仰心あついからというわけでもなく、その地域に他にいい保育園がなかったことで通わせました。

教室に幼少時のお釈迦さまの絵が飾ってあり、あいさつは欠かさずしていましたよ。
「ののさま、おはようございます」「ののさま、さようなら」という具合に。

クリスマスがなくて、そのかわりに「成道会(じょうどうえ)」という、ののさまに水や花を献上する行事があったり、花祭り(5月)の日に甘茶のアメをいただいたり、仏教の行事はたしかにあります。

でも七夕や、発表会、音楽会、バザー、運動会、芸術発表会など、ふつうのイベントもありましたよ。

うちの娘はあかちゃんのころから4年間通いましたが、特に何も気にせず通っていました。
たぶん、「ののさま」が誰のことかも知らないんじゃないかなぁ。

保育士さんも「クリスマスになにもらったの?ケーキ食べた?」なんて普通に園児に聞いていたし。
お礼コメント
harucchimocha

お礼率 91% (646/708)

お礼が遅くなりすみません。
検討中の幼稚園も、同じように「ののさま」にごあいさつするみたいです。
行事も、似たような感じです。
園の取り組み方や性格にもよるかもしれませんが、それでも特に影響を受けるとは限らないんですね。
あまり深く考えなくても良い気がしてきました。
回答ありがとうございました!
投稿日時:2010/05/29 08:17
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
  • 52年生まれです。幼稚園の時に読んだ絵本捜してます 絵本・子供の本

    20年以上前なのでとってもとってもうろ覚えなのですが…(なので、以下の文には頭に「確か…」がつきます(^_^;) ・親が購入してくれた月刊絵本 ・童話と言うよりは創作絵本 ・仏教系の幼稚園だったためか(?)お釈迦様のお話(花 まつりとか)もありました ・うろ覚えその1…いつも眠っているライオン、周り の動物たちがもじゃもじゃにのびたたてがみを切っ てあげるという話 ・うろ覚えその2…山の上におじいさんとおばあさん が住んでいて、おじいさんが戦争で(?)亡くなってし まい、その後家の周り一面にパンジーの花が色とり どりに咲くという話 この2つがとても印象的で好きだったのですが、私が実家を出た後に親が本を処分してしまい、詳細も覚えていないとのことでした。ネットでいろいろ調べましたが、ライオンに関しては、やなせたかしさんの「やさしいライオン」がヒットしましたが、これではありませんでした…。予想では福音館の本かともおもったのですが、思ったものが出てきませんでした…。図書館や本屋さんの絵本コーナーは行くたびにチェックしますが、ベストセラーというものでもないようで…尚、この2話と、お釈迦様のお話は、同じシリーズかどうかは定かではありません(__;) 同じ世代の方、児童教育関係の職に就かれている方、心当たりのある方、いらしゃいませんか?...

  • 釈迦の無の悟りはこのように解釈するとちょうどいい 哲学・倫理・宗教学

    初期の仏教には今も同じ問いかけが成されている。 神を語らないことに、今も続く押し問答が、果てしなく繰り広げられる。 お前の神を明らかにして見せよと。 答えるにそれを表すなら無であると。 これこそが無の悟りとは何かという問いかけである。 そこで私の述べる一切無の悟りを心得るならば、目指すのは、お釈迦さまと同じく、自らが仏陀となる修行の道のりであり、個人的な信仰心の探究であり「救ってください」「助けてください」これは無効になり、それもまた無である。 それでは、聖職者は問う者に答えないことで、その無を語ることが、それ自体を答えとする考え方だ。 釈迦に問うた者どもは、むしろそれを恐れている。だからこそいまだに悟りに至らないのだ。 お釈迦さまを始祖とする仏教の迷走はここにあり、禁を破り、仏を神に列した後世の仏教は誤りで、仏陀と言う人としての最高の状態であることが、それでこそ人間であるという境地だ。 お釈迦様の信仰をまねることとは、後世の仏教徒にとって、自らの信仰を殺し、それによって自らの精神が死に、しかる後に釈迦の信仰を受け入れる死と転生だ。このように自らを滅し、死を理解する後に仏陀となることが、長らく釈迦の弟子であるということになっている。 仏教の初期から現代までこのことに異論をはさんだ者はいない。 それは信仰を心に宿す手法として、死にまい進し、死の自覚によって悟る修行だ。 こうして、死を理解してこそ仏陀になるという荒々しい修行は仏教に限らず、釈迦誕生以前から現在も続くインドの伝統である。 生きてこそ人であり、信仰に到達したならば仏陀だ。 旧来のように死にまい進することは、自らを自覚した仏陀の信仰を打ち立てることは全く正反対である。 それは信仰を携えて生きることではなく、お釈迦さまに感化されるあまりに、自らが死に改めて仏陀として転生を体験する考え方だ。 お釈迦様と同じく自らの信仰のみに生きるなら、勧めるのは、お釈迦様の信仰をまねること、すなわち現在の自らが死ぬ無の悟りではなくて、自らの唯一の信仰を切り開くこと、「信仰の道を我が大道としてゆけ」これである。 それは西洋哲学の標榜する自由の概念と同じであろう。 仏教とは常にお釈迦様のお葬式を挙げている。 そして死を繰り返す。 処で日本語とは面白い言語で、私の表した「我が信仰の大道を行け」この言葉を噛んで含めると、「あなたたちそれぞれが自らのみとを我が信仰の大道としなさいよ」こうなるが、「我」という言葉に「みんな」という意味があるのが私の言い回しである。 以上は現在執筆中の「いかに猿は踊るか」こういうタイトルの原稿から抜粋した。 文章の推敲の助けとなる意見を聞かせてくれ。...

  • 仏教で言う無分別を解説してください。 哲学・倫理・宗教学

    無の論理と哲学はかようである。 神を語っておらず、無根の信仰だ」(まるっきり無い) 「神を語る言葉は無い。」(ありを隠し無と語る) この二つの無を使い分けて、信仰とそれの報じる神について、無であり彼我の一切が無と言う説明で、自己の信仰を表現するお釈迦様独自の悟りと世術である。 コレは有無の分別であり、彼我の分別である。 まるっきりない事に関しては、実はそれもあり得るのではないかとくよくよ悩んだりしない事。 有りを隠し無と語る事に関しては、何か確かな証明でもしない限りは無いも同然で無いかと悩んだりしない事。 このようにすっぱりと、有無の分別を付けることである。 無の悟りとは、このような分別がつく事である。 ところがこれを仏教では、分別でなく無分別と言うらしい。 仏ではなく仮面ライダーの私にはこの点がなかなか納得できない。 誰か説明してくれ。...

  • 無の境地と言う心境は自らを楽しむことだ。 哲学・倫理・宗教学

    勉強を続けなければいけないんでね。 猿回し再開だよ 前回はコレ↓ 無の境地について考察しました。添削してください。 http://okwave.jp/qa/q8286466_3.html#answer 解釈しやすいように修正したうえで抜粋してみるよ。 > そもそも無の悟りは、 君達の語る信仰は神を表していない。すなわち無だ。 私の信仰は神を語らない事にある。すなわちこれも無だ。 したがって一切が無である。 お釈迦様のこの悟りを理解することである。 しかしだ、無の悟りで最も大切なのは、語る言葉はないし、そもそもその必然がないという自覚である。 この自覚は、釈迦を理解することでは成しえず、自らを理解することにある。 私は、「わが信仰の大道を行け」と推奨しているし、そのように自らの信仰に対して、独自の悟りに至る事こそ仏陀の道だ。 現在の日本の仏教では、「語る言葉はない」コレが「語る言葉はないが私の心は信仰心で潤っている」こういう言い回しになって、それが空であるという事になっている。 この空の自覚は、自らは存在すると言う確信を伴い、滅却を伴う仏教の無の教えとは違う。 ただな、この空の方が本来の無の悟りに近いことは確かなんだ。 無の悟りに無ではなく私の心と言う有りを見いだした私は、それこそが分別だと言うが、一般には無分別の事だとされている。 私の分別は自らの基ずいて迷わない心を見いだすことにある。 自らの心が自らの自由となり、忙しく煩悩に焼けただれる事が無くなる。 無の境地と言う言葉のままに、思索の一切をやめて心も思考も静寂の中にたたずむ。 私はそんな感じに至っている。 快楽主義者の君達の関心事は、どうすればそうなれるかだろう。 答えは自らが仏陀になる事であり、そのためにはお釈迦様を追いかけるのはやめて、自らの心に向き合う事である。 仏陀に自覚とは、自らを自覚することであり、お釈迦様を理解することではない。 この点でどこか君達は倒錯していて、お釈迦様を理解すれば、お釈迦様を自覚できる。 それでこそ仏陀だと言う間違った解釈をしている。 神と一体になることは可能だが、人であるお釈迦様と一体になることは不可能だよ。 そう言う訳で、 「わが信仰の大道を行け」 こうなる。 何度か続けた問いかけで、君達は空に関しては理解した自信を持てるであろう。 その信仰の安らぎは、釈迦に報じて、倒錯ゆえに釈迦の心が判らない者にとっては正解だ。 無の境地とは違うが、空であると言う悟りであり、心は涅槃に入ることも可能だろう。 仏教が編み出した境地として肯定しよう。 しかし哲学者として、仏教を理解しきりたいと言うのならば、「無の悟り」に関する一連の研究から、果たして無の境地に至れるかどうか自問したまえ。 まあ今回はこのような論理を提案してみた。 研究途上の事柄で、自由に無駄な抵抗を投稿したまえ。...

  • ゴルゴムの総帥は歴史上実在した人物である 哲学・倫理・宗教学

    かつての質問 悪の結社ゴルゴムの総帥募集中 の後を継ぎます。 http://okwave.jp/qa/q7348861.html 哲学なのに何故仮面ライダーがテーマとして出てくるかと言うと、私は信仰の個人的尊厳とその伝統は汚すべきではないと考えますので、架空の例え話から初めて、それを哲学と結び付けることは可能かを問うています。 ゴルゴムとは創世王を頂点とする悪の結社です。 日本で、この創世王に該当すると実際に敬虔な信仰を集めている人物が、歴史上に存在します お釈迦様の事です。 聖徳太子さんも似たようなもんです。 世界とは仏教では娑婆と言われています。現代の世界観はさらに変化して娑婆が地上や現世を表すならば、それは世界の全てでは無くて一部だと言う言い逃れも出てくるでしょうが、そんな浅知恵は現代人であるからこそ吹聴できる事で信仰の伝統ではありません。 娑婆と言う世界観は単なる認識の一つであり、世界はこうだと定義した娑婆世界観でしかありません。 それは一切が苦しみの世界と言う認識です。 娑婆世界観の言いだしっぺはお釈迦様です。 そしてこの世界観の創設と言う行為が、お釈迦様が現代ではライダーキックをお見まいされる鼻つまみ者、ゴルゴムの創世王と何ら変わりないことを意味します。 しかし君たちはすでに創世王の手中にあり、心を奪われているので、娑婆と言うお釈迦様の掌の中から逃れられないでしょう。 世界の全てが苦である事をその通りだとしか思えないだろう。 そのように苦しみを自らが植え付けておいて、慈悲と言う仮の憐れみを手向け,さらに苦を深めるように仕向ける陰謀が悪の結社ゴルゴムの世界支配活動です。 2500年前のお釈迦様は勘違いをしただけで、本心から慈悲を手向けたのだろうけども、誰もが合理的に判断できる明晰さを身に付けた現代でも、苦しみに満ちた世界観を植え付けられているのはゴルゴムの陰謀です。 ちなみに私は仮面ライダーにあこがれていて、唯一ゴルゴムに対抗できる暗黒の救世主だと自負しています。私には苦なんぞ一切ない。慈悲なんぞ罠だ。君たちの事を、繁殖しすぎて共食いまでする飼育ケースの中のズズムシだとしか思っていない。 私は君たちが敬虔な信仰を寄せるゴルゴムを打ち滅ぼしたいのだよ。 迷惑だろうがやめるつもりはない。 以上は仮面ライダーの美学です。 あくまでも仮面ライダーの話です。 哲学的検証についてご意見ください。...

ページ先頭へ