• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

刑事裁判の判決で執行猶予付き判決+罰金刑を課せられた場合、無事に執行猶

刑事裁判の判決で執行猶予付き判決+罰金刑を課せられた場合、無事に執行猶予が満了となった場合、納付した罰金は国庫から返金して頂けるのでしょうか?理屈としては、執行猶予が満了になれば『刑の言い渡しが無かったことになる』と解釈されているからです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数2793
  • ありがとう数15

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6
noname#117587
noname#117587

結論としては、判決は執行猶予付き懲役または禁錮刑+執行猶予の付かない罰金刑で、罰金刑は執行済みであり、執行猶予は懲役または禁錮にしか付いていないのだから執行猶予期間の満了は、懲役または禁錮刑にしか関係がないというのはもうお分かりでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (5)

  • 回答No.5

既に罰金刑の罰金を支払っている事が事実であるなら、この執行猶予は罰金刑に付加された物ではありませんから、執行猶予が満了し刑が失効しても、払った罰金は返って来ません。 補足として  2008年には、453,065件の罰金判決が確定しているが、執行猶予を付与されたのはわずか6件である。2003~2007年についても、毎年1桁の人数である。このように、罰金に執行猶予が付与されることは滅多にない。 これから見ても、罰金刑自体に執行猶予が付くのは特殊な時だけです、質問者様の場合の執行猶予は罰金刑に付加されたもので無いと言えると思います。 禁固刑・懲役刑を言い渡されてるのは無いでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご丁寧な回答ありがとうございました。 私の質問文が曖昧でした。 判決は『懲役1年6ヵ月ただし執行猶予3年+罰金150万円』でした。 罰金は既に納付済みです。納付しないと労役場(1日1万円で150万円に達するまで)と 裁判官に言われましたので・・・

  • 回答No.4

 判決の主文を正確に記載してください。質問文が「執行猶予付き判決+罰金刑」となっており、また罰金は納付したとなっているので、懲役刑(あるいは禁錮刑)に執行猶予が付されたが、罰金刑には執行猶予が付されていないように思われるのですが。(法律上、罰金刑にも執行猶予の制度はありますが、実務上は稀だと思います。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

質問文が解りづらく申し訳ありませんでした。 『懲役1年6ヵ月ただし執行猶予3年+罰金150万円』です。 罰金は既に納付済みです。 他の回答者様から懲役刑と罰金刑は個別に課せられるため執行猶予が満了しても罰金は返金されないと ご教示頂きました。

  • 回答No.3

執行猶予の期間が経過すると刑が執行されるが、最初から仮釈放扱いになるため、新たに罪を犯さない限り刑務所に送られることはない。 また、素行がよければ審査によりその刑の言い渡しは効力を失う。刑の言渡しが効力を失うとは、猶予期間満了時から将来に向って刑の言渡しがなかったことになるということであり、法律上の復権とも言う。 執行猶予期間の経過によって刑の言い渡しの効力が将来的に消滅する結果、いわゆる前科にはならず、「資格制限」(各々の法律により定める)も将来に向けてなくなる[2]。ただし、将来に向けてなくなるだけなので、執行猶予付き刑の言渡しにより失った資格が当然に復活するわけではない。 執行猶予期間が終わり、審査によりその刑の言渡しが効力を失うので前科も付きません、さらには刑事態が失効しますから、罰金も払わなくて良いと言う事になります。 執行猶予とは刑の猶予ですから、執行猶予取り消しや執行猶予満了し刑が失効しない場合に罰金を払う事になります。 http://www.weblio.jp/content/%E5%9F%B7%E8%A1%8C%E7%8C%B6%E4%BA%88

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • tpg0
  • ベストアンサー率31% (3784/11961)

刑罰で懲役刑と罰金刑は個別に課せられますから、懲役刑が執行猶予になっても罰金刑は納めなくてはなりません。 例、1千万円の収賄罪で懲役2年執行猶予3年、罰金1千万円のような判決になります。 不正で得た金は同額の罰金刑になる事が大半です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

懲役刑と罰金刑が個別に課せられているという事を理解しました。 わかりやすいご回答ありがとうございました。

  • 回答No.1

簡単に言えば無罪ではなく前科がつき「執行猶予+罰金で刑務所にいかなくて済む」という解釈で罰金は戻りません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 罰金刑で執行猶予がつく

    罰金刑で執行猶予がつくのは稀と聞きました。 執行猶予がついたほうが良いのですかね? 例えば、罰金刑30万、執行猶予1年となったとすると(ありえるんですかね?)1年何もなかったら、罰金は払わなくても良いということになるのですか? すごく気になったので、どなたか教えてください。 あと、罰金か懲役になる犯罪を犯してしまい罰せられた場合、執行猶予がついた懲役と、罰金の場合、罰金になったほうが、罪は軽いんですかね? よろしくお願いします。

  • 罰金の執行猶予て?

     裁判の判決てだいたい 下記のような感じだと思うのですが 「被告を懲役○○年の刑に処す」 「この裁判確定の日から,○年間,その刑の執行を猶予する。」という  ある月刊誌を読んでいたら 交通事故の裁判で罰金刑なのに「執行猶予」という判決が あると(かなり稀だそうですが)書いてあったのですが 本当なのでしょうか?  本当だとしたら どういう理由なのでしょうか?

  • 執行猶予

    たとえば、懲役1年執行猶予2年、と判決が出た場合、いつまでが、執行猶予の期間なのかわかりません。執行猶予が出たら、控訴はしないつもりです。判決の言い渡しの日から数えるのか、それとも刑が確定してから数えるのか、わかりません。たとえば、今日(2005年10月18日)に判決が出て控訴しないとしたら、いつ刑が確定し、執行猶予はいつ終わるのか、教えてください。

  • 執行猶予における執行の免除について

    執行猶予について、読めば読むほどわからなくなってしまい困っております。 恐らく自分はどこがで勘違いをしてるのだろうと思い、考えた末に一点疑問が浮かびました。 執行猶予を受けることができる資格として、刑法25条1項2号に次のとおり規定されております。 第二十五条   次に掲げる者が三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金の言渡しを受けたときは、情状により、裁判が確定した日から一年以上五年以下の期間、その執行を猶予することができる。 一  前に禁錮以上の刑に処せられたことがない者 二  前に禁錮以上の刑に処せられたことがあっても、その執行を終わった日又はその執行の免除    を得た日から五年以内に禁錮以上の刑に処せられたことがない者 2  前に禁錮以上の刑に処せられたことがあってもその執行を猶予された者が一年以下の懲役又は禁錮の言渡しを受け、情状に特に酌量すべきものがあるときも、前項と同様とする。ただし、次条第一項の規定により保護観察に付せられ、その期間内に更に罪を犯した者については、この限りでない。 第1項2号における”執行の免除”という部分を、自分は「執行猶予期間を満了すること」と捉えております。また、第2項の”執行を猶予された者”についても「執行猶予期間を満了した者」と捉えております。 もしかしたら”執行の免除”とは執行猶予とは全く別の概念では、また、”執行を猶予された者”というのは執行期間中の人間のことか、と考えているのですが、実際はどうでしょうか?詳しい方がいれば教えてください。 ちなみに、私の理解に立てば、執行猶予を満了してから5年間禁錮以上の刑を受けないよう無事に過ごさなければ、再度の執行猶予は望めない、という結論になります。

  • 裁判中に執行猶予が満了した場合

    執行猶予制度について2点、疑問があります。 (1)執行猶予中に再犯に及んだ場合でも、裁判が終わるまでに猶予期間が満了すれば、前回の刑は科されないと聞いた事がありますが、本当でしょうか? 次のうちどの期間に執行猶予が満了した場合、前回の刑はなくなりますか。 (a)犯罪に着手する以前 (b)犯罪着手から犯罪終了までの期間 (c)犯罪終了から起訴までの期間 (d)起訴から確定判決の判決日までの期間 (e)確定判決の判決日から確定(上訴期限)までの期間 (2)過去5年以内に禁固以上の刑を受けていた場合、「新たな犯罪」に対する執行猶予は不可能です。 では前回の刑が終了してから5年後の日が、上記(b)~(e)に当てはまる場合、新たな犯罪で執行猶予を付ける事は可能でしょうか?

  • 私は刑事事件を犯して、執行猶予2年と罰金50万円の判決を受けた者です。

    私は刑事事件を犯して、執行猶予2年と罰金50万円の判決を受けた者です。 現在、判決の言い渡しの日から3週間以上経過していますが、判決文の送達は未だありません。また、罰金の通知もありません。 気分転換に海外旅行に行きたいと考えていますが、罰金のことなどが気になって、出かける気になりません。 私のように刑事事件で判決を受けた場合、だいたい、どのくらいの期間で判決文は送達されて、また、どのくらいの期間が経過すると罰金の通知があるものなのでしょうか?

  • 刑事裁判 判決後の通知

    はじめましてよろしくおねがいします。 刑事裁判で判決(執行猶予)が出ましたが、その後、弁護士から2週間くらいで通知が来ますと言われたのですが、その通知が1ヶ月経っても来ません。 分かる方教えてください。

  • 刑事裁判において

    刑事裁判において1審で執行猶予つきの判決が出た場合 控訴期限が判決後14日間あるわけですが即控訴しません。執行猶予つきの判決(有罪判決)を受け入れると納得した場合は即その意をしめせばその場で釈放されるのでしょうか?もしくは控訴期限の過ぎるまで14日間は身柄の拘束はされるのでしょうか?

  • 罰金刑‥

    刑事で罰金刑になったら、お金払わないと、どうなるんですか 労役場とかにつれていかれるんですか それとも強制執行かけられるんですか ‥また罰金刑の場合でも控訴できますか、する人は少ない?でしょうが‥ あと略式は否認していたらなりませんよね それと通常初めて罰金刑になったら執行猶予つきますか?

  • 執行猶予の取消について

    執行猶予の裁量的取消として、刑法26条の2第3項に以下の場合が規定されております。 猶予の言渡し前に他の罪について禁錮以上の刑に処せられ、その執行を猶予されたことが発覚したとき。 この条文がどうしても理解できません。 まず、”猶予の言渡し”という言葉は執行猶予付判決のことであり、猶予期間の始点と考えておりますが、正しいでしょうか? 次に、「前に」という部分が「処せられ」と「発覚し」に係っていると思うのですが、これでは「A罪の猶予言渡しを受ける前に、実はB罪について刑に処せられ、更にその執行を猶予されていたことが発覚した」ということになると思うのですが、この意味が良くわかりません。 犯罪の事実が発覚するならばわかるのですが(A罪で捕まった犯人を取り調べていたら、実はB罪も犯していたことが発覚した、と言ったように)、刑に処された旨・刑の執行が猶予されていた旨が発覚するというのは、「裁判所側がその犯人について別の罪で最近に裁判があったことを知らなかったが、後に発覚した」といった意味になるのでしょうか? トンチンカンな質問をしていると思いますが、よくわからず混乱しております。 どなたか詳しい方がいらっしゃったら教えてください。