• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

三日月から新月に変わる瞬間の輝き

三日月から新月に変わる瞬間の輝き  子供のとき(30年ぐらい前)三日月から新月に変わる瞬間を偶然目撃しました。 極細の三日月が端からスーッと消えていき、消える瞬間にピカッと輝いて見えなくなりました。一瞬のことでしたが、皆既日食のダイヤモンドリングに似た現象で、現在も印象的に覚えています。  しかしながら、現在になってウェブで検索しても。目撃者が少ないためか、そのようが現象が発生することを明記した記述・文献を探し出すことができません。友人からも「幻をみたのでは」と言われる始末です。 実際、その後は一度も三日月から新月に変わる瞬間を目撃していないため、当時の記憶が正しかったのかどうかについては現時点でも検証できていない状況です。 どなたか、この現象について知っている方がいらっしゃいましたら、情報をお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数363
  • ありがとう数44

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • debukuro
  • ベストアンサー率19% (3635/18948)

一瞬輝くかどうかは知りませんが 時刻はどれくらいだったでしょうか 新月の前後の1日は月と太陽は時間にして45分以内に並ぶので月はほとんど見えないはずです 新月の直前の月は日出直前に東の空に糸のような月が光った側をしたにしてみえます 三日月状だったら新月まで二日以上かかるので徐々に小さくなる過程を見ることは不可能です あなたが日出直前以外の時刻に見たのなら他の現象です

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

目撃したのは夕刻だったと思いますが、子どのもの頃は早起きして散歩することも多かったので、早朝だったかもしれません(曖昧でもうしわけありません)。 「東の空に糸のような月が光った側を下にして見える」というのはその通りだったと思います(月の位置は結構高かったと思います)。 ひょっとしたら「他の現象」なのかもしれませんが、それはそれで興味を掻き立てられますね。 晴れ上がった空の中で糸のような月がスゥーっと消えていく様と消える瞬間の輝きだけがずっと記憶に残っているだけだったので、確かめるのはもう一度観測するしかなさそうですね。 いずれにせよ、この件に対して初めてウンチクのある話を聞くことができました。 大変ありがとうございました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • kyo-mogu
  • ベストアンサー率22% (3398/15358)

 月食じゃないよね?  空の状態が良いと赤い月がみえるけど、火山の噴火とかで本当に月が消えることもあります。  そのことかなぁ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

皆既月食は見たことがありますが、赤い月がぼうっと見えるんですよね。 当時は空がとても澄み切っていた記憶があるのですが、夕刻(早朝)の月食の場合は光に邪魔されて月が消えるように見えるんでしょうかね。 可能性としてはあるかもしれないですね。 いずれにせよ、色んな見方ができそうです。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 新月に近い三日月

    28日は皆既月食ですね。楽しみにしているのですが 子供の頃がらずっと疑問に思っていたことがあるので教えてください。 月の満ち欠けのしくみというか、どうしてそう見えるのかはわかるのですが 新月に近い頃の三日月って、地球-月-太陽 の順で並びますよね? 地球で夜になっている部分は太陽の反対側なのに どうして同じ方向にある月も見えるんでしょうか? それを言い出すと半月の時も、絵に描くと地球の横に位置しているのに・・・ などと、どんどん煮詰まってしまいます。 懐中電灯とスチロール玉を持って一晩考えてみましたがわかりません。 ネット上で調べてみましたが、昔習ったのと同じ説明図ばかりで 太陽の方向にある月をどうして反対側の地球(夜)から見られるのか謎は深まるばかりです。 どなたかこんなアホな私にわかりやすく教えてください。

  • 三日月について

    陰暦3日の月を三日月というそうですが 逆向きの月(新月に近い月)も一般的には三日月といっていますか? 他に言い方はありますか?

  • 新月は昼間出る?

    私は小学生ではないのですが、関係サイトを見ていてわからなくなりました。 図では新月は地球と太陽の間に月があるようです。 これは皆既日食のパターンの様に思います。 皆既日食は昼間起こりますが、 新月は夜の現象だと経験上理解していました。 暗い赤褐色の月を見た記憶があります。 でもちょっと疑わしくなってきました。 皆既月食は経験上夜の現象のようです。 これは理解できます。 皆既月食は地球の影が月に映る。 新月は月の太陽に照らされている部分が地上で見えない時期に起こる。 これを疑うものではありませんが、 夜、太陽に照らされていない暗い月が見れる(はずですが)のはどういう状況なのでしょうか。 太陽はその時どこにあるのでしょう? 簡単なことのようで、よく分かりません。 ご教授ください。

  • 三日月は夜中に見えない?

    月の満ち欠けの説明のサイトを見ていると、 決まって地球の周りにいろんな形の月が描いてあって、 新月が太陽の方向にあるのですが、 (http://www.so-net.ne.jp/kagaku/naze/hon/cat_b_1_07.htmlのような) この図だと三日月や新月は夜中に観測できない気がするんです。 たとえ観測できたとしても、 西の地平線にかろうじて見える程度な気がするんですが、 そうなんでしょうか? 三日月が頭上に見えるのは夕方だけなんですか?

  • 三日月の後ろに?うっすら満月?

    こんばんは。 質問の題名が変ですみません。 月曜だったか、火曜の夜に、パッとお月様をみたら、 その時は三日月ぐらいだったのですが、三日月なのに、 なぜか満月のようにまん丸な線がうつってました。 これは何なんでしょうか? 三日月は黄色なのに、そのあとのかけてる部分で、 二つあわせて満月のように見える現象って、何か あったのかな?と思いました。 お分かりになる方、お教えください。 お願いします。

  • 弦月は半月? 三日月? 両方?

    弦月は半月のことだと思っていました。 最近、伊達政宗公の鎧の兜、あの三日月を弦月と呼んでいることを知りました。 はて、と辞書を引くと、crescentとありました。 それ三日月じゃないの?とcrescentを逆に引くと、三日月、新月、弦月と出ました。 三日月のことも弦月というのでしょうか? どなたか詳しい方、どうかご教授願います。 よろしくお願いします。

  • 新月

    こんばんは、新月について質問があります。トルコの国旗は別名「新月旗」と呼ばれ、新月?(三日月?)が描かれていますが、新月って見えないものと認識していたのですが間違いなのでしょうか?過去の質問を見ても新月は見えないという認識でいいようなのですが、ウィキペディアで調べてみると「新月は、本来は朔の後に初めて見える月のことである。」と載っていたのですが、ということは新月は見えるということなのでしょうか?また、crescentという英単語を辞書で引くと「新月、三日月」と出ていました。新月=三日月ということなのでしょうか? 質問 1.新月は見えるのか? 2.新月=三日月なのか? 回答よろしくお願いします。

  • 新月ってなに?

    新月って、三日月とはちがうんですか? 新月ってみえないんですか?

  • 三日月はどうして見えるの?

    お教えください。 (1)太陽、地球、月が、ほぼ一直線に並べば「満月」というのはわかります。(地球の影が月に落ちない場合) なぜなら、月の形の見え方とは太陽の光を受けた(月の半分は受けるとして)具合を地球から見た場合と思うのです。ここまでは合っていますよね。 つまり、満月とは太陽が真正面に当たった具合を夜の地球側でみている現象だと考えます。ということは(1)の現象だと思うのです。では半月は?というと太陽の光を半分受けているように見える地球の位置ということは、太陽と月の直線がありますが月の部分で直角に地球が位置する場合だと思います。こういう場合地球の自転軸が0度だとすると夕方に見えるのでしょうが、では三日月は?というとちょびっとだけ太陽が月に当たっているように見える地球の位置ということは、太陽、月、地球が一直線上に並んだ位置だと思います。でも、それを見ようとしても太陽が明るすぎて見えないのでは?と思うのです。ですから、三日月の限りなく細い月は、太陽が明るくて見えないと思っています。なのに、見えますね。これは自転軸が少し傾いているからなのでしょうか?

  • [皆既日食]と[金環日食]がなぜ起こるのですか?(月のみかけの大きさが変わるのはなぜ?)

    今日(4/10)のニュースを見ていて疑問に思ったのですが、 ---------------------------- >ダブル日食…中南米で「金環」、南太平洋では「皆既」 >http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050409-00000305-yom-int >環日食は太陽の見かけの大きさが月の見かけの大きさを上回る現象。 >今回、南太平洋上では、太陽が月の陰にすっぽり隠れる皆既日食も起きた。 ---------------------------- [皆既日食]と[金環日食]と2種類あるようです。 そこでその違いを調べたら、 ---------------------------- >皆既日食、金環日食 >http://www.live-eclipse.org/ >通常の日食では、月のみかけの大きさが太陽より大きいと太陽面を >完全に覆う「皆既日食」に、また、逆に、月のみかけの大きさが太 >陽より小さいと太陽面が環状に残る「金環日食」になります ---------------------------- という記述を見つけました。 [皆既日食]と[金環日食]の両方が起こりうるのは、 月の見かけの大きさが変わるから、という答えでいいんでしょうか? 月の見かけの大きさは、なぜ変わるんでしょうか?