• 締切済み
  • すぐに回答を!

ラグランジュの未定乗数を二つ使う場合

ラグランジュの未定乗数を二つ使う場合 V=xyzの極小値を、x+y+z=3、xy+yz+zx=1の条件下で解く問題がわかりません。 ラグランジュ乗数を二つ使って解けと言われたのですが。 式は立てることができても、答えが出ません。 どなたかお助けください。 お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.2

未定乗数をa,bとし、 f=xyz-a(x+y+z-3)-b(xy+yz+zx-1) を、x,y,z,a,bについてそれぞれ偏微分。 5つの未知数と5つの条件式が得られますね。 f_x=yz-a-b(y+z)=0 ・・・(1) f_y=xz-a-b(z+x)=0 ・・・(2) f_z=xy-a-b(y+x)=0 ・・・(3) f_a=-(x+y+z-3)=0  ・・・(4) f_b=-(xy+yz+zx-1)=0 ・・・(5) (1)-(2),(2)-(3),(3)-(1)よりそれぞれ (x-y)(z-b)=0 ・・・(6) (y-z)(x-b)=0 ・・・(7) (z-x)(y-b)=0 ・・・(8) が得られます。 一方(4)(5)より、zを消去すると、 xy+yz-zx =xy+(x+y)(3-x-y)=1 ・・・(9) (6)より、 [1]x=yの場合  (9)に代入し、3x^2-6x+1=0。これを解いて、  x=y=(3±√6)/3, z=3-(x+y)=(3-+2√6)/3   ※"-+"は、"±"の上下を反対にしたものの意味。 [2]z=bの場合  (7)(8)より、(x-b)(y-b)=0なので、  [2-1]x=bの場合(すなわち、z=x=b)  [2-2]y=bの場合(すなわち、y=z=b)  に分けて考えればよいです。  これらは、制約条件式のx,y,zに関する対称性より、  [1]の{x,y,z}を、それぞれ{y,z,x}、{z,x,y}と  置き換えたものと等価になります。 以上から[1]の場合だけ考えればよく、 得られたx,y,zの値から、 xyz=-1-+4√6/9 となり、これより最小値は-1-4√6/9。 ※備考※ 3次方程式の解と係数の関係から、x,y,zを3解にもつ 3次方程式はt^3-3t^2+t-v=0と表せますので、 これが3実解(含む重解)をもつようなvの範囲を 見出すことでも求められますね。tで微分して極値を 求めていけばよいことになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • info22_
  • ベストアンサー率67% (2650/3922)

>式は立てることができても、答えが出ません。 やった所までの途中計算を補足に書いていただければチェックします。 単に機械的に偏微分して連立方程式を解くだけ。 その結果6通りの実数解の組が求まります。 その6通りのx,y,zの組と未定乗数2つの組が出ますので その内のx,y,zの組をVに代入すれば 以下の3通りずつの組 [(3+2*sqrt(6))/3,(3-sqrt(6))/3,(3-sqrt(6))/3], [(3-2*sqrt(6))/3,y=(3+sqrt(6))/3,z=(3+sqrt(6))/3] に対してそれぞれ最大値と最小値をとり 最大値が (4/9)√6-1≒0.08866 最小値が -(4/9)√6-1≒-2.08866 と出てきます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ラグランジュの未定乗数を二つ使う場合

    ラグランジュの未定乗数を二つ使う場合 V=xyzの極小値を、x+y+Z=1、xy+yz+zx=3の条件下で解く問題がわかりません。 ラグランジュ乗数を二つ使って解けと言われたのですが。 式は立てることができても、答えが出ません。 どなたかお助けください。 お願いします。

  • ラグランジュの未定乗数法について

    こんにちは、ラグランジュ未定乗数法を使う問題で分からないものがあったので質問させていただきます。 x^2+y^2+z^2=1 の条件の時、f(x,y,z)=5x^2+3y^2+4z^2+4xz+4yzの最大値と最小値を求めよ という問題です。 fx/gx=fy/gy=fz/gz=λで表せるので、 10x+4z=2xλ 6y+4z=2yλ 8z+4x+4y=2zλ の3つの式が得られたのですが、ここからどうすればいいか分かりません。 直接x,y,zの組み合わせを見つけるのは難しそうなので、まずそれぞれの変数をλの式で表して条件式に代入し、λの値を求めた後組み合わせを見つけようと思いました。 しかし、上の3式からそれぞれの変数をλで表せません。なにか他のやりかたがあるのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • ラグランジュの未定乗数法!!

    x^2+y^2+z^2=1 である時、 1、関数x-y-zの最大値 2、関数x-y-zの最小値 をラグランジュの未定乗数法で求めよ。 以上の回答、解説どなたかお分かりになりませんでしょうか??? よろしくおねがいいたします!!!

  • ラグランジュの未定乗数法

    x^2+y^2=1のときにx^3-x+y^2の最大、最小値を求めよという問題です。 ラグランジュの未定乗数法を用いて解こうとしているのですが、λ,x,yについて解が定めきれずに困っています。 つまり、x^2+y^2-1=0 3x^2-1-2λx=0 2y-2λy=0 の3式を解こうとしているのですが、うまくいきません。 ご指南宜しくお願いいたします。

  • 対称式

    こんにちは。 よろしくお願いいたします」。 x+y+z=2√3,xy+yz+zx=-3 xyz=-6√3 を満たす実数x,y,zについて次の式の値を求めよ。 (1)x^2/yz+y^2/zx+z^2/xy (2)x^4+y^4+z^4 (1)はできたのですが、(2)がとき方すらわかりません。 答えは(1)-4,(2)162 です。 教えてください。 よろしくお願いいたします。

  • ラグランジュの未定乗数法

    いつも有り難く利用させていただいております。 今回は、ラグランジュの未定乗数法について少々お聞きしたいのですが、 http://www004.upp.so-net.ne.jp/s_honma/derivative/lagrange.htm のラグランジュの未定乗数法の説明のところで、("A_x"でAをxで偏微分することを意味している) 制約条件をG( x , y , z )=0 、( a , b , c )で、極致を求めたい関数をF(x , y , z )としておくと、  このとき、G( x , y , z )=0 から、z が x , y の関数になっているとすると、関数F は x , y の関数になるので、( a , b , c )において、       F_x+F_z・z_x=0 、 F_y+F_z・z_y=0 が成り立つ。  ここで、z_x 、z_y は、次の式により与えられる。       G_x+G_z・z_x=0 、 G_y+G_z・z_y=0 そこで、( a , b , c )における -F_z/G_z の値を、λ とおくと、 F_z+λG_z=0 が成り立ち、 さらに、F_x+λG_x=0 、 F_y+λG_y=0 が成り立つ。  したがって、4つの式 G=0 、F_x+λG_x=0 、F_y+λG_y=0 、F_z+λG_z=0 を解くことにより、極値を与える候補の点( a , b , c )が求められる。 と、記載されているのですが、 G( x , y , z )=0 から、z が x , y の関数になっているとすると、関数F はx , y の関数になるので、( a , b , c )において、       F_x+F_z・z_x=0 、 F_y+F_z・z_y=0 が成り立つ。  ここで、z_x 、z_y は、次の式により与えられる。       G_x+G_z・z_x=0 、 G_y+G_z・z_y=0 の部分の、 F_x+F_z・z_x=0 、 F_y+F_z・z_y=0 と、 G_x+G_z・z_x=0 、 G_y+G_z・z_y=0 の式はどのようにして出てきているのでしょうか?

  • 因数分解

    x+y+z=3-(1),1/x+1/y+1/z=1/3-(2)のとき x^3+y^3+z^3=? という問題なのですが行き詰ってしまいます。(すみません簡単な問題で><) (2)の式の両辺に3xyzをかけて 3(xy+yz+zx)=xyz として解こうとしています。 x^3+y^3+z^3 =x^3+y^3+z^3-3xyz+3xyz =(x+y+z)(x^2+y^2+z^2-xy-yz-zx)+3xyz =(x+y+z)(x+y+z)^2-3xy-3yz-3zx+3xyz =(x+y+z)^3-xyz+3xyz となって分からなくなっています。この式の間違いを指摘してください。そしてやり方を教えてください。当方高校2年です。

  • ラグランジュ 未定乗数法

    条件:x+y=1 関数:f(x,y)=2x^2+3y^2 があり、関数が最小になる(x,y)を求めるとします。 この場合、条件x+y=1は直線でf(x,y)の等高線に接していなければならなくて、このことは接点で両者の法泉ベクトルが平行であることをいみするそうです。 また直線の法線ベクトルがは(1,1)^T T:転置行列 であるのですが、なぜ直線の法線ベクトルがこうなるのか分かりません;; また、ラグランジュの未定乗数法において F(x,y,λ)=f(x,y)-λg(x,y)---------(1) と表せる理由がわかりません。 なぜ、f(x,y)からλg(x,y)は引かれているのでしょうか。 また、(1)式をx,y,λで偏微分した式を解くことで解が求まる理由も教えていただきたいです。

  • ラグランジュの乗数法を使った条件付極値問題について

    ラグランジュの乗数法を使った条件付極値問題について誰か教えてください。 x^3-6xy+y^3=0のときx^2+y^2の極値を求めよ という問題なのですが、ラグランジュの乗数法で出た式がどうしても解けません。 テストが近いにも関わらずさっぱりお手上げで困っています。 もしどなたか解ける方がいらっしゃったらどうかよろしくお願いします。

  • ラグランジュの未定乗数法の証明

    初めまして。大学の物理専攻の3年生です。ラグランジュの未定乗数法を用いて条件付きで極値を求める問題(極値問題)を解くということを考えています。未定乗数を導入することによって、拘束条件をなくせる理由がわかりません。つまり、ラグランジュの未定乗数法の証明を教えて欲しいのです。よろしくお願いします。