• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

東大とか出ていてもカタカナ英語しか使わない人が多いのはなぜですか?

東大とか出ていてもカタカナ英語しか使わない人が多いのはなぜですか? 国際学会の発表に聞いていて思うのですが、 東大とか阪大などの有名国立大の教授とか、博士課程の学生で、 完璧なカタカナ英語を使う人が結構いるのですが、これは何を考えているのでしょうか? 英語が苦手、という感じではなくて、文法とか語彙に関しては勉強するけれども リスニングとか発音の勉強を全くする気がないという感じが非常に伝わってくる発表がよくあります。 mechanicalをメカニコではなく、メカニカルと発音することに関しては、まだましですが、 I think thatを普通にアイシンクザットと発音しているのには、本当に英語の発音に興味がないんだなと感じました。 それで質問なのですが、こういう人たちってある意味、鬼畜米英の言語なんて絶対使うかよ、という強い意志のようなものが感じられて、これはこれでいいような気がするのですが、 単に、研究にしか興味がなく、英語自体には全く興味がないだけなのでしょうか? それともっとも気になるのが、本当の正しい発音を知らずに、他の人の発表や、質疑応答での質問内容をどうやって聞き取っているのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数326
  • ありがとう数17

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

私は英語で四苦八苦している科学者です。 昔、イギリスのとある片田舎を旅したとき、 そこに住む方々のキツイ田舎訛りを聞いて、思わず笑ってしまいました。 何に笑ったって、発音のことをことさらに気にしていた自分にです。 ああ、これなら学生の妙ちきりんな発音の方がマシだな・・・と。 まあそれでも全体的な雰囲気で何となく聞き取れるし、 不思議と会話にはなるんですけどね。 やっぱり言葉は生きているんだな、と感じさせられた瞬間でした。 また、アジアで母国語が英語の科学者とも話をしましたが、 「カタカナ英語」?よりもスゴイ英語でした。 でもその方の喋る内容は本当におもしろくて、 ネイティブの人もその人の喋りに聞き入っていました。 日本人で素晴らしい英語を喋るとネイティブの方に評価が高かったのは なんといっても盛田昭夫さんと宮沢喜一さんですが、 彼らの英語は典型的な日本人英語でした。ネイティブの英語じゃありません。 でもアーミテージさんなんか宮沢喜一さんのことを 多少リップサービスもあったと思いますが「俺より英語が上手い」 なんて評価していたみたいですね。 さて、前置きが長くなってしまいましたが質問への回答です。 確かに自然科学系の学会で英語はツールとして位置づけられています。 特に国際学会ではいろんな国からいろんな母国語を持つ人が集まるので 何らかの共通言語がどうしても必要になってくるからです。 だから英語を母国語としない我々日本人は必死に英語を勉強します。 で、カタコトでもとりあえず通じる英語をマスターし、 とりあえず相手の丁寧な喋りは聞き取れる様になるわけです。 ネイティブの発表者もちゃんとした人ならばそれを踏まえて発表するので いろんな母国語を持つ人達に通じる様な英語で喋る様に注意します。 > 単に、研究にしか興味がなく、英語自体には全く興味がないだけなのでしょうか? 「英語自体に全く興味が無い」というわけではありませんが、 英語の発音を磨くよりは、話す内容を磨く方に興味があります。 それでもネイティブの方と会話して通じなかったり、 あるいは発音を聞いて気がついたりしたときは その都度矯正していくように努力はしていますが。 > それともっとも気になるのが、本当の正しい発音を知らずに、 > 他の人の発表や、質疑応答での質問内容をどうやって聞き取っているのでしょうか? 自分の発音が多少おかしくても相手の言葉は意外と聞き取れます。 一つは相手が多少配慮して喋ってくれるということもあるでしょうが、 自分の口から出る発音と頭の中の発音はあまり関係無いのでしょう。 ほぼ間違いなく先述のイギリスの田舎の人もアジアの母国語が英語の人も 普通にアメリカの大都市の人と会話が楽しめるのではないでしょうか。 もちろんお互いに多少相手の訛りに配慮する必要は出てくるでしょうが。 YURUEさんも田舎から出てきた相手の訛りがキツイからといって 「こいつはなんで標準語(関西弁でもいいです)を憶える気がないんだ?」 とは思わないでしょう。ましてやそれで、 相手の話は価値がないと決めつけたりはしないでしょう。 話す内容がおもしろければ訛りがきつくても話し上手と思いますし、 どんなに綺麗な標準語を喋っても、内容がつまらなければ 「こいつ話すのが下手だな」と思うのではないでしょうか。 そういう意味で、私個人としては「英語を磨く」というのは 「発音を磨く」よりも「内容を磨く」方が大事かな? と感じつつ、英語を勉強しています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • カタカナ発音の英語は、ピジン語ですか?

    ※ここでは、借用語や和製英語という日本語の語彙として定着してるものではなく、カタカナ的に発音される英語のことを指すことにします。 高校生等が、試験勉強の時に、よく完全なカタカナ発音で英単語を覚えたりします。 本当は発音が良い先生達も、語彙や文法の詳しい説明をする時、あえてカタカナ発音に切り替えたりします。帰国子女の人達も、まわりに合わせるためにあえてカタカナ発音を習得するといいます。 つまり、日本ではむしろカタカナ発音の英語がスタンダードなのでは?という気がするのです。 ということは、言語学的には、カタカナ英語は、 ● アメリカ英語の語彙と文法を持ち、日本語の音韻体系を持ち、英語ともローマ字とも違う独自のつづりルール(symbol-sound correspondence rules)を持つ。 ● カタカナ英語のネイティブスピーカーは存在せず、試験勉強等の特定の状況で、日本人同士でのみ使う。よって、クレオール語まではいかず、まだピジン語の段階。 という解釈はできるでしょうか? 補足すると、文化的に強いアメリカ人の言語が上層言語、日本語が基層言語。 こういう状況では、語彙が一番変わりやすく、発音が一番変わりにくいというので、発音だけは基層言語の日本語の特徴を残したまま、ということでしょう。 いえ、全然トンチンカンだったらすいません。

  • カタカナ英語

    ビックリしました! ほっとけない性格なんですね、私って。 だって、カタカナ表示の辞書を持って来て使っている(いまだに)日本からの留学生がいるんです、ここに! もちろん、発音もめちゃくちゃです。 そして質問も、文法どおりの説明がないと見向きもしない! 文法学科はいい点をもらっています、だって、中学レベルの文法ですからね(じゃ、なんでFはいい点取れないの?って補足質問要求しないでくださいね。これでも、頑張っているんですから、見逃してください) 英語には母音は五つしかないのです、彼女にとっては。 こんな人って、他に見たことありません。  この子に対してではなく、日本政府に対してです! 中学一年生じゃあるまいし、リーディングもやっていたわけだし。彼女の英語の先生たちは何やっていたんだろうと思うんです。 また、なんで、カタカナ発音が許されるんですか? なんで、カタカナ辞書がおえらい英語学者さんがOKするんですか? 使えない英語を教え、使えない発音を教え(許し)、難しい単語強制的に覚えさせる日本の政府に疑問を持ちます。 ここにはたくさんの「外国人学生」がきています。確かに彼らには母国のアクセント(訛り)はあります。 でも、分からない事はないです。  私には、出来ない先生を首にしろとはいえませんが、疑問の上を行っていることは確かです。

  • 英語堪能な方へ。スピーチ中のカタカナ英語の発音は?

    英語能力は、とてもとてもですが、 英語通の人から「発音がきれい」と言われたことがあり、 内心嬉しいです。    笑 で、人前で演説する立場になったのですが、 スピーチする文の中に「カタカナ英語」がある場合。 (たとえば、「スクーリング・サポート・ネットワーク事業」とか 「カリキュラムサポートセンター機能」とか、 ま、いろいろあるのですが。。) テレビなどで、「洋顔」(笑)な人や、 バリバリのアナウンサーなどが、 ニュースの中の英語を美しい発音を交えて、 解説しているのを聞くと、 「ああ、ほんとは、ああ言う発音なんだ」と思うと共に、 「なんか、違和感だな~」って感じてます。 そう言った場合は、英語堪能な方は、 どう発音されているのでしょうか? きちんと英語に準じた発音ですか? それとも日本で一般的に読まれるような 「カタカナ英語」でしょうか? よろしくお願い致します。(^^)

その他の回答 (7)

  • 回答No.8
noname#160321

東大からちょっと離れますが、指揮者の小澤征爾さんがオーケストラの練習をしているテレビ番組を見てうなりました。それこそ本当のカタカナ英語「だけ」しか話しません。でも世界一流で、ボストンシンフォニーだけではなく、欧州の最高のオーケストラの指揮に呼ばれるのです。 発音なんかどうでも良く、内容が全てです。 もちろん発音がきれいなら聞く方は楽ですが、学会なんか頭の良い、同じ分野の専門家が、ごく狭い領域の話しをしているので、カタカナ英語でも大して問題無いんです。 ただ、「話し下手」なのには我慢がならない人も居るらしく、朝永振一郎先生がアメリカで講演したとき、同席していたリチャード・ファインマン先生が講演を「奪って」しまったのは有名な話し。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7
  • otx
  • ベストアンサー率44% (256/576)

英語は、単にコミュニケーションの手段であって、それを極めること自体が目的では無いと思います。 私個人的には、I think thatを普通にアイシンクザットと発音していても 語彙が豊富で(発音以外は英語での)コミュニケーションは問題が無いという人は、 I think thatの発音が良くても、英語でのコミュニケーションができない人よりかなーーーーりいいと思います。 逆に、日本人は発音とか文法とか、先に形にこだわるから上達しないと私は思います。 他の国で英語がネイティブではない人たちの発音や文法は、日本人よりもヒドいですが、 コミュニケーションは取れているのです。 要するに「コミュニケーションができる」ことが重要なのではないでしょうか。 あと、知り合いの外国人などに聞いたのですが、 日本人が「あの日本人は綺麗な英語の発音だと思っている人」でも それが外国人にとって聞き取りやすいかどうかはまた違う話だそうで。 私らはどうしたってネイティブになれないわけですから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6

わたし自身は語彙不足や運用力不足のほうに常に不安がつきまとい、発音はそこそこ苦労しないという、たぶんよくあるタイプですが、 東大の同期でやはり研究者になった者は、ものすごく努力家だし必要と感じているにもかかわらず発音ができないというタイプでした。 耳鼻科的な問題と脳機能の問題があるのではないかと思います。 質疑応答はスムーズにできているように思います。聞き取りも正確で表現力もあるように見えます。 発音を聞きとっているのに、発語する段階では障害があるという感じですね。 本人も悩んでいました。興味がないとか気乗りしないということはないと思います。身体的な欠陥のように感じているようです。 傍目には、音痴と関係があるような気がします。その彼は歌が不得意でした。 若いのに出来ないケースではこういう例もありますが、 老齢の場合は、発音を勉強する機会がないままけっこうカタカナ発音でうまくやり過ごしてきて、 いまさら不自由を感じておられないのかもしれません。 必要な機会も今より少なく、留学先での口頭試問に始まって、十年に一度くらいの国際会議で発表するだけかだったもしれません。 これではブラッシュアップする必要性にも駆られないですし。 親しい個人間で英語が通じる程度でも、これまでの日本国内では十分な研究生活を送れただろうと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

東大に進学しても、英語を発音する機会が少ないからでしょう。 東大進学者が特別英会話の勉強をしている訳ではないですからね。 また、日本語でも標準語を理解できても方言を喋る人は珍しくないです。 つまり、正しい発音が分かっていても、発音の仕方が分からない、 もしくは考えながら話していると、そこまで気が回らないといったところでしょう。 私は、鬼畜米英だとか、研究や仕事にしか興味がないとかいう以前に、単に違う国の言葉としか思っていません。 上手く発音できればそれに越したことはないですが、何とかなっているので気にしていません。 ちなみにmechanicalはmechanicalでしかなく、メカニコもメカニカルも方言の一つでしかありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

世界共通語はブロークンイングリッシュなんで、別に相手に通じていて、相手の言っていることも理解できるなら、それで、まあ少なくとも学会活動という面では問題ないと思います。 もちろん、きれいな発音に越したことはないでしょうけど、発音は本人が直そうと思わない限り直りませんからね。(そして、本人的には、普通に通じているので直そうという気はおこらない) >本当の正しい発音を知らずに、他の人の発表や、 >質疑応答での質問内容をどうやって聞き取っているのでしょうか? #1さんも言っておられますが、これは実際のところ意外に聞き取れるんです。 それこそ、例えば、インド人とかイタリア人とか中国人とか、いわゆるアメリカ英語・イギリス英語とは全く違う発音で喋る人がほとんどですが、リスニング力がある程度ついてくると、かなり強い訛りがあってもけっこう聞き取れるんですよね。 英語という言語がよくできているからなのか、非ネイティブ同士だと簡単な単語しかでてこないから逆に聞き取りやすいのか。 実際に、これは多くの人が同意すると思いますが、聞き取るのが一番難しいのは、ネイティブ同士が喋っているのを横で聞いているときです。これが普通に聞き取れる人は相当にリスニング力があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#232424

No.2の再訪です。 >ただ、どうしても分からないのは、相手の喋っている言語と自分の喋っている言語が、全く同じ言語を喋っているはずなのに、明らかにテンポ、リズム、イントネーションを通り越して、発音が全く異なっていれば、 違和感を覚えないものなのでしょうか? 覚えるでしょうが,英語はそういう地域バリエーションがある言語だと思います。ドイツ英語,フランス英語,インド英語,フィリピン英語,チングリッシュ,パングリッシュ・・・。ピジン・イングリッシュになると,お手上げですけどね 笑。 >というか、もし自分が大学の教授だとして、 >アイシンクザットとか、中学生レベル以下の発音で英語しか喋れなかったら、 >さすがに学生や他の教官にバカにされるのではないかと思って、冷や汗をかくと思うのですが・・ >そういった価値観がないというのはなぜなのでしょうか? もし,じゃなくてぼくは本物のプロフェッサーなんですが(爆)。カタカナよりはましな英語で講義はできても,留学生,帰国子女,言語コミュニケーションが専門の日本人学生にくらべりゃ,歴然と下手です。でも,受講生はちゃんと聞いてくれます。内容があるからです。それに,下手な人のほうが,易しい単語や構文でゆっくりしゃべるので,理解しやすいんじゃないですか。 そりゃあ,ネイティヴのように流暢にしゃべれるほうが客観的には優れるでしょう。しかし,その方面の能力は個人的な限界にきていることを自覚していますし,実質的にもトレーニングしたところで費用対効果がないのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#232424

これは,個人差がべらぼうにあるはなしです。教育を受けた年代にもよりますし,外国の研究者とのつきあいの頻度にもよります。 発音がむちゃくちゃでも通じているわけですよね? それは,テクニカル・タームを連発すればどうにか通じる,プロフェッショナルだけが集う場だからです。また,定型的な応対の表現もあります。そういう約束の世界だから問題ないのです。 発音がむちゃくちゃでも,聞き取りは(上述の理由も加わって)できますし,書くとなれば第一線の論文も書けます。 以上のように,英語に対して何か思うところがあって,ということではありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 本当に全て通じ合っているのか分かりませんが、一応質疑応答などはしっかりできていると思います。 ただ、どうしても分からないのは、相手の喋っている言語と自分の喋っている言語が、全く同じ言語を喋っているはずなのに、 明らかにテンポ、リズム、イントネーションを通り越して、発音が全く異なっていれば、 違和感を覚えないものなのでしょうか? というか、もし自分が大学の教授だとして、 アイシンクザットとか、中学生レベル以下の発音で英語しか喋れなかったら、 さすがに学生や他の教官にバカにされるのではないかと思って、冷や汗をかくと思うのですが・・ そういった価値観がないというのはなぜなのでしょうか?

関連するQ&A

  • 発音と文字、カタカナについて。

    外国語を読んだり、発音するために、 カタカナに無理やり当てはめて(変換して?) 原語の発音にならない言葉が日本にはたくさんありますが、 このように、外国語を自国の言葉(文字)に無理やり変えて 読んだり、話したりしている国は日本以外にどこがありますでしょうか? 英語を勉強中ですが、カタカナが苦手です。 また、カタカナで英語を覚えても 英語圏内で使えたことがありません。 なので、他の国ではどうなんだろう、 と疑問に思いました。

  • カタカナ発音

    これは絶対つうじませんよ!って先生にもいわれましたが、舌が普通の 人よりも短いので、きちんとした発音が絶対に無理です。 段々落ち込んでいた時に「ファイト」を書いた聾唖の武田さんはカタカナに書いて覚えたと何かで最近読みました。彼女は黒人の人と結婚して子供もいます。発音はきいたことがありませんが、多分完璧ではないはずです。 一人で海外旅行なんて夢みていたのですが、やっぱりカタカナ発音 英語では危険でしょうか??といってもツアーではあまり行きたくない し・・・・

  • イラッとするカタカナ英語、外国語の発音

    カタカナ英語や外国語は時としてとても便利で私もつい使ってしまいます。 ただそれらを何故か難しく発音したがる人がいてイラッとする時があります。 こういう方々は語源がフランス語かイギリス英語かも理解していないと思います。 同じ日本人同士の会話で何故ひねりたがるのでしょうか? 「それってどういう意味?」とか「英語うまいね」って聞かれたいのでしょうか? 例 カレー→カリー ピザ→ピッツァ ビュッフェ→バフェ キッシュ→キッキュ ボーカル→ヴォーカル ホイール→ウィール ビレッジ→ヴィレッジ エキップ→エクイップ 後者の方がより本来の発音に近いのはわかりますが使ってる人ほど英語が出来ないです。 耳にすると「ネティブのつもり?どちらにしろあなたの発音では通じないよ」と思ってしまいます。 であれば日本人同士なんだから昔から使われている簡単な前者で良いと思います。 うちのおばあちゃんなんか後者は殆ど理解できません。 より正しい発音に近い方が良いという考えなのでしょうがだったらこちらも留学経験があるので チョコレート、ホイップクリーム、プリンなど市民権を得たカタカナ英語を正確に発音してしまうと 聞き取れなく会話が途切れると思います。

  • 日本人が注意すべき日本語やカタカナ英語

    いつもお世話になります。 「あ、そう」と言う相槌は、英語圏の公の場では禁物ですが「シティ」というカタカナ英語も禁物と聞きました。 理由は分かっていてシティのカタカナ英語はNGは思わず頷いてしまいました。 オリンピックも決まって今後、外国人が結構来日されると思います。 そこでご質問させて頂きます。 その他に英語圏の公の場や、英語を話す人の前で慎んだ方がいい日本語、慎むべきカタカナ英語、もしくは正しい発音を抑えるべき英単語やセンテンスがあったら教えてください。

  • ハングル(カタカナ)から漢字へ?

    韓国人のお名前をカタカナ読みで聞いたのですが、正確な発音は少し違うのかな?と思います。こちらで検索して、漢字から発音がわかるようなサイトがありましたが、漢字そのものを知りません。その人ともう会うことはないので直接聞く事ができず、興味があるので調べられたらなぁと思いました。カタカナ読みだけで、漢字がわかるものなのでしょうか?

  • カタカナ、ひらがな混じりの発音について

    私の息子が中学生になって、英語の勉強をしております。 英語の参考書やDSの英検ソフトで勉強をしているのですが、英語の発音表記が発音記号ではなく、カタカナとひらがなの混ざった表記になっていました。 例えば、「きれいな,掃除する」は「clean」で、発音記号は「kli:n」ですが、それらの本では「クりーン」と、カタカナとひらがなの混じりで表記されています。 その他には、 「like」-「らイク」 「close」-「クろウズ」 「food」-「ふード」 「breakfast」-「ブレックふァスト」 などなど。 最初はアクセントの位置かなぁと思ったのですが、中には以下の様にカタカナだけのものもあります。 「enjoy」-「インヂョイ」 「dance」-「ダンス」 「eat」-「イート」 これらは、何のためにカタカナとひらがなが混ざっているのでしょうか。 私が学生の頃はこんなの見たこともなく、息子に聞かれても全く分からず、色々とクグってみましたがそれらしい答えは見つかりませんでした。 どなたかご教授頂けないでしょうか。 宜しくお願い致します。

  • 超初心者です。カタカナで始めない方がいい?

    韓国語の勉強を始めたいと思っています。 テキストを書店で探していたのですが、ハングルが並んでいると 目が回りそうになってしまいました。 カタカナで覚える韓国語、というものもいくつか出ていて 始めやすそうではあったのですが、 ハングルを始めるときにカタカナで覚え始めるというのはどうなのでしょうか? 英語を始めるときは上達のスピードやスペルを覚えるという点でも、 カタカナで覚えない方がいいと言う人のほうが多いですよね。 英語を聞いたときにも頭の中でカタカナが流れる人と英語が流れる人では理解の度合いが違うとも聞きます。 ハングルの場合、少し大変そうですがハングル文字から解読できるようにしていったほうが、やはり良いでしょうか。 勉強の仕方は千差万別だと思いますが参考にさせていただきたいので、ぜひ皆様の考えを教えてください。

  • 東大生って

    僕は今、中学2年で来年受験を控えています。なので高校はどこに行こうか悩んでます。 テレビでよく東大の合格発表があったというニュースなどが流れたりしています。そこで東大に受かる人って、中学時代、高校時代はどんな生活をしていのでしょうか?やっぱりテレビも見ず、勉強だけに集中していたのでしょうか?

  • 鬼畜米英が鬼畜米独だったら・・・?

    第二次世界大戦のとき、もし日本が欧州派兵して対独戦線に参加して、かつ一方では史実通り真珠湾攻撃していたら、どうなっていたと思われますか? 日本が鬼畜米英ではなく、鬼畜米独の方針だったらという仮説です。米独と敵対して、どのように第二次世界大戦を戦うのか興味があります。英仏など、他国の日本に対する反応なども気になるところですね。

  • 英語の勉強をしているものです。

    英語の勉強をしているものです。 勉強した発音を読み上げるときに、わからない単語があれば、(調べて発音つきの和訳サイトで)発音を確認して読むのですが、こういう風にやっても意味がないんじゃないかと思うようになっています。 だって、本当の外国人が発音したら、聞き取れないと思います。 CDつきの教材が一番いいのですが、使いたい参考書はCDがついていません。 このままカタカナ英語を続けていてもいいのでしょうか? みなさんは英語の勉強どうしてますか?