• 締切済み
  • すぐに回答を!

布基礎 ジャンカ・気泡について

布基礎 ジャンカ・気泡について 5月12日(水)の午前中、立ち上がり型枠にコンクリ打設を行いました。 5月14日(金)型枠を外すと聞いて、中1日は早いのではと問い合わせしたところ          この時期の温度であれば問題ないと回答をもらいました。 そして14日夕方見に行くと、非常に荒れた基礎表面で驚きました。 気泡が多発し、基礎底盤と立ち上がりの間にジャンカが見られます。 また一部木枠との間に欠損もありました。 どのように対応するか聞いたところ 「強度には問題ないので、表面をモルタル補修する」とのことでした。 このような状態はよく起こることなのでしょうか? とても雑な工事に見えますし、今後の強度にも影響するように思うのですが・・・。 是非今後の対応、修復方法、処置等について教えて頂けませんでしょうか? よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数3759
  • ありがとう数14

みんなの回答

  • 回答No.7

写真で見る感じでは大丈夫な感じがします。 このくぼみは水アバタのような気がしますが。 ただ、トロが出てないので、バイブレータを使用したかどうか、疑問ですね。 強度はおそらく出ていると思われますが。 とはいうものおの、見た目ではわかりません。 ご心配なら、先の回答者のいわれるようにシュミットハンマーで検査してもらいましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 基礎について(ジャンカでしょうか?)

    鉄骨系ハウスメーカーで新築中です。 今日基礎(布基礎)の型枠が外れたところです。 工事担当が帰った後に行ったため、直接担当者と話ができていないのですが、自分で基礎を確認したところ、気になる箇所がありました。(ここ以外にも似たような状態の箇所がありました) これはジャンカでしょうか? ジャンカとは時々耳にしますが、基礎の施工ではつきものなのでしょうか? レベルとしてどの程度のものなのか、どのような補修がなされるべきなのかよくわかりません。 アドバイス等よろしくお願いいたします。 よろしくお願いします。

  • 布基礎下の捨てコンクリートの必要性の有無について

    戸建住宅の布基礎の下について、捨てコンクリートは打設しなくても大丈夫でしょうか? 今回の施工では、根切り後、砕石をひいて直接、布基礎の型枠を組んでいる形になっており、砕石と布基礎の間に捨てコンがありません。 コンクリート打設時に型枠と砕石の隙間からコンクリートが漏れださないか心配です。 工事担当者に確認したところ当社(大手HM)では捨てコンは打ちませんと言われました。 ネット等で調べると捨てコンを打っている写真なんかも拝見したので、経費を浮かせる為の手抜きではないかと少々不安です。ただ契約図面には捨てコンはなかったです。 建物は軽量鉄骨、布基礎の下は柱状改良(タイガパイルΦ400)が施工済みです。 以上、捨てコンクリートがなくても大丈夫なのかご教授の程、よろしくお願いします。

  • 束石上をまたいで布基礎を施工できますか。

    布基礎を施工したいのですが、現状は直径40-50cm位の束石の上で木の束が大引を支えている箇所に重なる部分があります。その束石を撤去せずに束石部分は立ち上がりでつなぐようなことは可能でしょうか。なにか不都合が起こるでしょうか。 束石上以外の部分が強度があれば良いので、束石上で布基礎が途切れて半島になるより、つないだ方が良いのかよくわかりません。もちろん束石上も強度があれば尚良いですが。 ご回答よろしくお願い申し上げます。

  • 回答No.6

強度には問題なさそうに感じます。 確かにあばた(気泡)は多いですが、ジャンカがあるかといえば十分許容範囲内でしょう。 生コンには空気量も規定されてますので、バイブをかけすぎたりスランプが大きいとあばたが目立つようになります。 これは型枠表面を叩いて防ぎます。 ただ、きれいに打ててる様に見えても表面を研磨すると結構あばたが現れるものです。 表面の仕上げがあるのであれば気にしなくて良いと思います。 ちょっと打ち継ぎ部のトロが見えてないのでどんな打ち方をしたのか不明ですが、強度が劣るというほどのものではないように感じます。 シュミットハンマーは、測定時コンクリート表面を軽く研磨し、気泡などのない部分で測定しますのであばた、ジャンカを気にしている箇所でのシュミットハンマーテストは測定出来ません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

お写真で拝見したところ、これは酷いです。 モルタル仕上げしても、気休めにもなりませんよ。 生コンの出所を確認し、品質検査の有無が行われているか問い合わせるべきでしょう。 クレーム先は、施工業者ではなく、施工監理する建築設計事務所になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • dokatan
  • ベストアンサー率30% (164/534)

コンクリ-ト強度はいくつでうったのですかFC21 ですか?もしそうなら たぶん業者さんいうとおり、強度は発生していると思います たぶんシュミットハンマ-でテストしてもでると思います コンクリ-トは通常工場σ28日の配合で設計されています 通常生コン工場は絶対強度不足にならないようにするため工場の品質管理レベルにうよりますが 10%~15%程度強度をあげているためです。シュミットハンマ-テストするのしても 強度発生後しかできないと思います 通常5N でれば型枠せき板解体しても良いことになっているからです 生コンはJIS工場製品だとほとんど強度的に問題は発生しません。国で審査しているからです。 コンクリ-トはバイブレ-タ-で締め固めても写真のようなエア-はおきます。 ただ今回のような布基礎でベ-ス部分立ち上がり部分をわけて打場合は接続面を確実にしないと いけないのではないかと思います。先にベ-スをうったわけですから、立ち上がり筋の鉄筋等についている コンクリ-トを清掃しなければならないと思います。 写真をみるとベ-ス上面と基礎たちあがりがなんとなくすいているようなきがします。 通常はコンクリ-トのろがベ-ス上にかぶってくるのが多いと思います これはコンクリ-ト打設時にバイブレ-タ-をかけるので、基礎ベ-ス面の上に腰壁型枠を取り付けるときにおきる隙間があるためです。写真ではみられないようなきがします。 叉木造であるならHD等の長さが長いのでベ-ス上近くまでかかってくると思います。 本来は一体で基礎ベ-ス・腰壁でうったほうが良いと思います。 通常ビルもののような場合は、一体でうっています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

1. ジャンカの構造体への問題点 ジャンカは、コンクリート打設方法の不良で発生します。中性化が加速し、コンクリートの耐久性 や問題題や、鉄筋の腐食が早く進み、その結果コンクリートの耐用年数が大きく少なくなります。 重大な問題ですね。 以下を検索して参考にしてください  『ウィキペディア(Wikipedia)』   www.tukigata.co.jp/concrete/.../junker/junker.html   kodou.web.infoseek.co.jp/situmon/stu_003.htm   concrete-wold.com/kekkan/ 2. シュミットハンマー検査は、レンタル会社で貸してくれます。説明書に従えば誰でも出来ます。  レンタル料も高いものではありません(自分の車で仮に行けば送料なし)  第三者の検査に契約されている場合は、検査が項目に入っている場合もあります。  契約されて無い場合でも、単発でも依頼すればやってもらえますね。3万前後ですね。(交通  費、機械、作業量、報告書含む)   3. 貴方にとって高価な買い物ですね。一生の家です。専門家と素人(公衆)の合意が必須。  工務店、設計者、監理者にも専門技術者としての技術倫理、モラル上の責任があります。  技術者は、素人(公衆)に、説明責任(インフォームドコンセント)の義務があります。  貴方が納得の行くまで、工務店の技術者、設計者と打ち合わせをしてください。  今回を見逃してしまうと「貴方はなめられてしまうことになりますね」今後はこの程度でいいや  とかよい品質確保は出来なくなります。  あくまで、オーナーと、施工者、設計者、作業員が一体となって作るものです。  厳しさはお互いがいいものです。まあまあが一番いけないことですよ。  相手も技術者であれば、上記が十分に分かっています。 4. 作業員や職長や工務店の人に聞いてください。   1.この状態をみて、貴方はこのことを家族に話せますか。   2.この状態は、技術者として、技能者として悪いと思いませんか。   3.新聞やニュースで流れたらどう思いますか(じゃんかコンクリート)   4.もし自分の家であったら、どう思いますか。 5. とりあえず、工務店、設計者、外部の検査委託会社で十分検討され以下を実施してください。   1.目視点検の結果、三者がOK   2.一人でもNOがあればシュミットハンマー検査   3.強度がOKであれば、補修計画書依頼(専門補修コンサルタント)    樹脂注入、一部取り壊しチェックして不良部のみ特殊モルタルで補修    (見栄えは悪くなる)     コンクリート補修、ひび割れなどで検索のこと   4.強度がNO    補修計画書依頼(専門補修コンサルタント)    部分壊し、再コンクリート打ち込み。    シュミットハンマー再検査 OK   5.記録に残し甲乙丙が各自保管              

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

大した問題ではないのでは。 検査した場合、強度に問題がなければ高額の検査費用を負担するのは貴方になるでしょう。 コアを抜いて基礎をいためるのも良くないと思います。 十分な強度があると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

A.写真から、不適合品質と判定 1.中一日での型枠解体  ・時期が早すぎます。最低3日は必要です。 2.表面に気泡が多いい。  ・打ち込み中エヤー抜きをしていない。  ・表面を補修しても汚くなる。同じ色にならない。  ・表面だけでなく内部の空気が抜けていない可能性がある。 3.打ち継ぎ目不良  ・バイブレーター(震動機による締め固めがなされていない)ふわふわで中に空隙がある状態。   不適合品質である。  ・通常は、継ぎ目からモルタルがしみでたのが分かるが、しみでていない。  ・まず、所定の強度がでていないと想定される。  ・第三者監理機関(第三者監理委託)に委託されている場合、段階検査を依頼して目視検査をする。  ・上記契約がされていない場合は、設計事務所の監理技術者立会いで、目視検査を行う。 B.不良部、及びその他の部分のコンクリート強度を確認、と対策  ・第三者監理機関(第三者監理委託)に委託されている場合、段階検査(シュミットハンマー検査)   を依頼する。  ・上記契約がされていない場合は、設計事務所の監理技術者立会いで同シュミット検査を実施する。  ・シュミットハンマーを使用して強度を確認。(本来28日強度のため打説28日後となるが   2週間で通常、4週強度確保されているため、2週間後となる。  ・コアーボーリングをして試験体を採取φ75mm3個、公共機関で強度試験を行う。  ・費用は施工者負担。 C・不良部の是正処置  ・是正方法の検討を依頼する。有償(外部のコンクリート専門コンサルタント)。  ・検討書、是正処置計画書受領。  ・上記により是正処置の実施。第三者の検査を受ける。  ・シュミットハンマー検査で強度がでない場合は、即、以下を実施する。  ・設計強度がでない場合は、その部分(基礎部の不良部を全高)を壊し、再度打コンを行う。  ・再確認のためシュミットハンマーで強度の確認。 D.参考   シュミットハンマーで検索してください。   以下で検索してください。方法などが分かります。  >シュミットハンマー検査方法 [編集]   コンクリートの圧縮強度を測定する際には、コンクリート構造物からコアを採取し圧縮試験を行   う方法があるが、躯体を傷めてしまうことや美観上の問題などを抱えている。これら問題点を解   決するために用いられているのが、非破壊検査の一種であるシュミットハンマーである。これは   、コンクリートにバネによる打撃を与え、返ってきた衝撃の強さを基に強度を測定する仕組みで   ある。重力による影響を受けるため、打撃角度による補正も必要となる。また、測定値のばらつ   きが大きいため、20回程度の測定が必要となる。測定値の採用は一般的には相加平均でよい。   また繰り返して試験を実施する関係上、測定点はある程度離している必要がある。  >参考文献 [編集]    『コンクリート診断技術 基礎編』 社団法人日本コンクリート工学協会    『JIS A 1155(2003)コンクリートの反発度の測定方法』 財団法人日本規格協会  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 布基礎の配筋・型枠検査のチェックポイントについて

    戸建住宅の布基礎(コンクリート打設前)の配筋・型枠の出来形について、第三者機関(評価センター)の検査が近々あります。 検査の立合いでどの辺りをチェックすれば良いのでしょうか? 特にココは見落としがちな箇所で要確認など…ございましたら併せてご教授頂ければ幸いです。 以上、よろしくお願いします。

  • 基礎コンクリートの打ち継ぎ

    みなさんこんにちは。このサイトのお力を借りて無事我が家も竣工となりました。ありがとうございました。 いろいろな質問/回答を読んだ上で未だに疑問に思うことがあるのですが、例えば布基礎を、底盤→立ち上がり部の2段階で作る場合、最初に打設する底盤コンクリートの養生期間は十分確保するのが理想なのでしょうか。打設直後に立ち上がり部型枠設置作業を開始すると何だか立ち上がり配筋の根元あたりと底盤コンクリートの間に隙間ができそうな気もしますし、逆に底盤コンクリート打設後のんびりと3-4日の養生期間をおいてから型枠を外して立ち上がり部の作業に移ると、時間があきすぎて底盤と立ち上がり部との打ち継ぎ部の接着不良が生じやすい、と理解できる回答も見受けられました。 理想的にはどうするべきと思われますか?底盤コンクリート打設後は型枠を外さないままコンクリートがある程度硬化したらすぐに立ち上がり部の作業を開始すべきでしょうか?

  • 布基礎フーチング部の施工が乱雑で悩んでいます

    はじめまして。 ハウスメーカーで新築中で現在布基礎のコンクリート打設後 シート養生中(約1週間)です。 配筋および打設には立会えなかったのですが、後日現場を 見に行ったところ下記写真のとおりフーチング側面の 型枠があまりに不ぞろいなため、メーカーに連絡して この週末(2/17)に型枠をはずした状態で立会いの上 今後の進め方を決定する段取りとしました。 写真(アクセスコード 123123) http://www.dpegg.com/eggsite/album?url=qJOXrJK2uw8WoXV4CENQlmp2RG1U72CVvD このような施工であっても、寸法としては施工誤差の 範囲内で問題とならないレベルなのでしょうか? また強度が出ているのか大変心配ですが、現地でチェック すべき項目とハウスメーカーに対し確認を要求すべき項目は 何があるのでしょうか? 正直とても乱雑な仕事ぶりで、鉄筋の状態など 見えない部分がちゃんと図面どおり出来ているのか 不信感がつのるばかりです。 ご教授よろしくおねがいします。

  • 基礎の回し込み不足は大丈夫?

    現在新築中で、現在基礎(ベタ基礎)を養生中です。 3日前に基礎の型枠をはずしたのですが、立ち上がり部に コンクリの回し込みが足りないところがあったようで、 長さ20cm、幅3cm程度の部分で表面が滑らかでなくて 中の砂利が見えています。(鉄筋とかは見えていません) 見た目にはしっかり固まっているようですが、 このような状態で十分な強度や性能が出るのでしょうか? クラックとは違うのですが、心配です。 どうか教えてください。よろしくお願いします。

  • 深基礎部分にジャンカ、コールドジョイントと思われる箇所を発見

    現在、新築の住宅を建築中なのですが、基礎工事のことで気になることがあります。 基礎の立ち上がり部分に、生コンを打設して約1週間ほど経過した後、現場を確認しに行くと、深基礎部分にジャンカ、コールドジョイントと思われる箇所を発見しました(以下、URLをご覧下さい)。 http://blog.goo.ne.jp/teruzo1031 しかしながら、専門家ではないため、実際のところジャンカ、コールドジョイントなのか判断がつきません。 もしこれが、仮に、ジャンカ、コールドジョイントであった場合、今後どのようにハウスメーカーに対処を申し入れたら良いのか等のアドバイスを頂ければと思っております。

  • 基礎の外壁に基本形のレンガを張りつけたい

    布基礎の外壁(高さ1200ミリ)に基本形のレンガを張りつけたい と思っています。 19日に基礎の立ち上がりの部分の打設が終わりました。 型枠解体を11月1日(打設から13日目)を予定しています。 型枠解体が終わったらすぐ基礎の立ち上がりの部分(高さ1200ミリ)に基本形のレンガを貼り付けたいと思っています。(貼り付けると言うより積み上げると言った感じ・・・) 当方、北海道です。 最近は朝夕の気温がめっきり下がり 最低気温がマイナスになる事もあります。 GOOさんでも色々教えて いただきましたが・・・ 生コンの場合はマイナスになるとコンクリートにはあまりよくはないようで。。。打設後の養生の管理など必要になってくるようです。 お聞きしたいのですが。。。。 布基礎の立ち上がりの部分に基本形のレンガを貼り付ける場合(貼り付けると言うより積み上げると言った感じ・・・)はこの時期どうなんでしょうか? 日増しに朝夕の気温が下がっている中でレンガ積は出来るのか心配しています。 張り終えた後の養生とか管理はやはり生コンと同じ考え方なのでしょうか? 生コンと同じ考え方であれば今年は諦め来春にしたいと思っています。 予定としては型枠解体したら直ぐに作業に取り掛かりたいと思っています。 セメント&砂利&水だけで張っていきます。 また、参考ULRがございましたら あわせてお願いいたします。 当方素人です。 やることなす事初めてなので・・・  宜しくお願いします。

  • 基礎の打設について。。。教えて下さい。

    個人(独りで)で布基礎をしています。 先日、ベースの打設がおわり立ち上がりの型枠がほぼ完成しました。 高さ1200ミリ厚さ200ミリです。 来週にでも生コンを打設しようと思っていたところ。。。。。。 今朝の大雨で周りの土が崩れしまい型枠の中に雨水に溶けた茶色の泥水がベースの上に広がってしまいました。 乾いてもベース上についた土は残った状態になると思います。 長いホウキ等で多少は取れるかもしれませんが・・・・鉄筋とスペサーが邪魔して綺麗には取れないと思います。 「あまり神経質にならなくてもいいのでは・・・」と自分に言い聞かせているのですが。。。。 時間かけて・・・苦労して造った型枠! 昨日まで白く輝いていたベース!   そんな事を思うと残念でなりません そこで皆さんにお聞きしたいのですが。。。。 1  うっすらと土が残った状態で生コンを流した場合立ち上がりとベースとの接着の度合いはやぱり悪くなるのでしょうか??? 2  こような状態の時はどう対処したらよいのでしょうか? 当方は北海道です。 もたもたしているうちに霜が降りる時期でもあります。 心配とあせりとで落ち着きません。 宜しくお願いいたします。

  • 基礎コンクリートジャンカについて

    今年10月15日より新築を建設中です。 現在、基礎(ベタ基礎)工事が終り型枠を外した所ですが、何箇所か気になる場所があったので写真を添付します。 1、基礎のベース部分と立ち上がりの接合部分(外側及び内側) 2、庭に張り出す屋根を支える柱用の基礎ベース下端 これは、ジャンカだと思うのですが、現場監督は「強度には問題ありません。補修も必要ないか と・・・」としか言いませんが、その言葉をそのまま信じてもいいのでしょうか?モルタル等で補修 (穴埋め)する必要があるのでしょうか?強度検査等何か調べた方が良い事等ありましたらアドバ イスよろしくお願いいたします。

  • 擁壁コンクリートの仕上がりについて。

    こんにちは。質問させて頂きます。 現在家を建てる前の造成工事中です。 先日擁壁の型枠が取れたのですが、素人なので仕上がりの善し悪しが全く分かりません。 気になったのは内側部分、つまり埋め戻すと土に隠れる側なんですが、コンクリートの表面にぽつぽつと小さな穴が空いています。 それも、全体的に満遍なくそんな感じです。 表側はそれほどでもなく、部分的に穴が見られますが、まあまあきれいに見えます。 ネットなどで調べてみたら、コンクリート打設時にバイブレータで撹拌しすぎるとこのように気泡ができるとのことでしたが、強度的にどの程度なら許容範囲なのでしょうか。 また、調べた際に「ジャンカ」と言う言葉を何度も目にしましたが、これをジャンカと言うのでしょうか? もし強度的に問題があるなら建築士さんに相談しようと思いますが、問題がないのにうるさく言うのもはばかられますので、こちらでお教え頂ければありがたいです。 ※添付した写真は擁壁の内側になります。 立ち上がり部分の高さは850mm(図面上)で、画面に見える縦線(型枠の跡?)から縦線までが、多分600mmくらい(目測)だと思います。

  • コンクリート養生について

    教えてください。 今新築中のものなんですが、7月30日に立ち上がりコンを打設し、8月1日に型枠バラシをして、8月2日に土台を組み込み8月4日に棟上げをおこなったんですが、これってコンクリートの強度に問題ないんでしょうか?ハウスメーカーに聞いても大丈夫ですしか言わないし、立ち上がりの型枠バラシが早すぎると思うのですが・・・心配です。 もし、問題があればどのような現象が発生しますか? コンクリート表面(型枠側面)には小さい気泡のような穴(径5mm程度)がたくさん開いています。 どうかよろしくお願い致します。