• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

Mac→Win DTPへの互換問題等

  • 質問No.5888640
  • 閲覧数1443
  • ありがとう数26
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0
Mac→Win DTPへの互換問題等
Adobe Design Premium CS4(Win版)を購入し、
DTP環境をMacからWinへ変更したいと思っています。
印刷側が入稿に対応し、カラマネに問題がないと仮定すると
残るは、フォントの互換問題なのですが、
Indesign CS4、Illustrator CS4において、
どちらもOpen typeを使用している場合、
MacとWinで体裁が変わることはないでしょうか?
また、他に注意すべき点はございますでしょうか?
質問と関係ありませんが、Win DTPの普及状況なども、
お聞かせ願えればと思っています。よろしくお願いいたします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 52% (4897/9300)

Mac使いのDTP屋です。
私も以前(CSが出た頃)、Windowsへの乗換えも検討したことがあります。
ですが止めました。
と言うのはPCの試算をしていくと、安く上がるかな?と思われたWindowsPCの方が実際は安く上がらないんです。
これはOSの思想の問題と言ってもいいんですけどグラフィックエンジンがWindowsは独自すぎ(DirectX api)て、DTPに限らずグラフィックの世界ではスタンダードになっているOpenGLとの整合性を図ろうとすると、GPUもそれ様のものを用意してやらなければいけないですし(例えばNvidiaだったらQuadoro等)。
OS自体がメモリを食いすぎると言うのもネックなのにWindows向けアプリケーションは32bitOS向けと言う感じで・・・(CSも3までは非対応)。
じゃぁ64bitOSにすれば問題ないかと言うと作業アプリケーションが問題ない場合でも周辺機器が非対応だったり・・・

つまり作業環境の構築に意外と掣肘があるんです。
試算すると30~40万円程度かけてPC購入してやっと現行iMac並み環境(DTPに限っては)なんです。


ご質問の「仮定」においては問題は起こりえません(レイアウト崩れ等も起こりえません)。

OpenTypeFontでフォントの問題も解消されたんで「お試しになる」なら良いでしょうけど、DTPを生業としてやるにはあまりお奨めは出来ません。
ビジネスDTPではWindowsPCが使われるケースが増えていますので、もう少しすれば改善されるかな?と思わなくはないですけどね。

ところで何で環境移行を考えたんでしょうか?
補足コメント
noname#123780
Hoyat様には、以前、回答を頂いていました。その節はありがとうございました。
移行理由なんですが、元々、3Dを中心にやっていまして、DTPの方は、印刷が絡めば
レイアウトの仕事も頂くという流れになっています。ですので、マシンのスペックは、
Win>>>Macでして、Windowsマシンは、Quadroをつかっています。
以前、こちらで「9→CS→CS4とアップしてIntel Macに移行」みたいな質問をさせて
いただいことがあるんですが、結局、予算の関係で、CS4へのアップグレードは行わず、
CSのまま、デュアルブート可能なibookを中古で購入し、しのいでしまいました。
ですが、今回でアップグレードの上限で、それならばと移行を考えました。
簡易サーバを倉庫替わりにデータのやりとりをすることも考えてましたが、
ネットワークは転送が遅くて、忙しいときは困りますし、
Macオンリーもいいと思ったんですが、3Dソフトの関係でアウト。
データがなるべく一箇所にあった方が楽なので、WinにDTPを移すことを思い立ちました。
64bitへの移行も検討中ですが、もう少し時間をかけるつもりです。
投稿日時:2010/05/12 01:21
お礼コメント
noname#123780
結局、Macは、mac mini+Design Standard UPを確保。
Winは、Production Premium UPを確保で、落ち着きました。
アドビストアしか在庫がなくて、予算が厳しかったです。
このままWinメインで様子をみてみます。ご意見ありがとうございました。

ところで、OpenGLなのですが、Winでも、問題ないように思います。
QuadroやFireProなどのように専用ドライバによる強化はないものの
GeforceやRADEONも対応しています。これは、OS側というより
グラボ側の問題だったと思います。
また、OpenGLベンチを実行すると圧倒的にQuadroなんですが、
ポリゴン数が相当多い3Dのデータでない限り、プレビューの重さに差を感じませんので、
Adobe製品ですと、Photoshop Extended 3D関係とAEは別として、
DTPの場合は、差を感じることができないように思いました。
投稿日時:2010/05/13 21:14

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 59% (117/196)

回答者No.3です。

自分の場合、滅多にないことなのですが、たまたま今進行している案件で、Macとの互換性のトラブルが発生したので、参考までにご紹介しておきます。

WinのIllustrator.CS2で作ったデータをMac使いにデータ送信サービスを使って送信。
(先方のVer.が不明ですが、確かCS2以上だったはず)
未アウトラインのものと、アウトライン済のものを同時に送信。
テキストとオブジェクトのみで、画像とかの配置は無し。
4レイヤーある状態で、「プリントしない」あるいは「表示しない」レイヤーは無し
ガイドラインは作業中に入れたそのままの状態で存在。

入稿先の印刷会社はWinでまったく問題ないのですが、この送付先のMac使いは原稿のチェック担当の立場なので、大概はアウトラインしたりPDFにしたものを見てもらうのですが、今回は諸事情で若干の作業をお願いすることになり、上記の条件で送付。

「一部のテキストが表示されない」と言ってきました。

実は以前にも同様のことがあり、そのときはレイヤーの順序が入れ替わってしまったために見えなかったというものでした。またその時にはガイドラインが罫線になってしまっていたようでした。

このことがあってから必ずレイヤーを統合して、ガイドラインを消してから送るようにしていたのですが、今回は作業中で渡す必要があったためにそれをやらない方が作業しやすかろう~と、そのまま送ったのでした。

先方も開いてザッと確認しただけのようで、一見見えていないものもどうにかすると出てくるのか、消えてしまったのかは定かではありませんが、2度目なので、こういう問題は避けられないのかもしれません…

今回を含めたこの2回以外には困ったことは起きていませんが。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 59% (117/196)

Win使いのグラフィックデザイナーです。
企業の商品企画部門に所属(正社員)しており、社内のPCはすべてWinです。
自宅で個人的にDTPの仕事も結構請負いますが、Winでやっています。
(これについては過去からの成りゆきで、あえて選んだわけではありません)
会社ではVer.10.0.3、自宅でCS2を使っています。

ご質問の主な部分は他の回答者の方が答えられていますし、自分はMacとの互換性は詳しくないのでWinでのDTPについてだけ、あまりご質問とは関係ないかもしれませんが、ご参考まで。

何社かの印刷会社様とお取り引きさせていただいていますが、何の問題もありません。
戸惑いも、困難も感じたことがありません。
強いて言えば、Win使いのやりがちなファイル名を日本語でつけてしまう社員が居り、データのやり取りで先方がMacの時に「どのファイルかわからない」と言われたりすることぐらいでしょうか。

もっとも、カラーマネジメントも含め、Adobeのアプリケーションが元々Mac対象に開発されたものなので、そういった点で操作性がMacに劣ることは否めませんが、自分はIllustratorとPhotoshopをほとんどWinで使っているせいか、不自由は感じません。特にWin用が出始めの頃はイマイチ感も強かったのですが、最近はWinならではの右クリックにもかなり対応されており、Win使いとしても満足いくソフトになってきたと感じます。

他のデザイナーの立場の方とやり取りをすることがほとんどないので、自分のところでMacデータを開くようなことは、あまりないのですが、カラマネとフォントの問題さえクリアできれば、入稿して印刷するのに問題はなく、色の問題は(まったく理想的ではありませんが)ハード的にできるだけ調整した上で、モニターを過信せずにアナログ的に判断することでかなり解決できていますし、ページ物(読み物系)はツラいですが、アウトラインして済む範囲のものなら特に問題はないので、その点は仕事の内容次第ですね。

残念なのはサードパーティ製や、Web上で多くの方が有料無料で配布しているTips、プラグインにWin対応が少ないことと、裏技やトラブル対処の掲示板の話題がほとんどMac向けなことくらいでしょうか。

自分のように社内でWin書類が多い場合や、クライアントがWin使いだと結構便利だったりもします。

質問内容に直接関係ないのに長文ですみません、参考になれば幸いです。
補足コメント
noname#123780
いろいろとご意見ありがとうございました。参考になります。
おっしゃる通り、他者からのデータを開く必要がないなら、
Winだけでいけるんですよね。わたしの場合も、そのパターンが多いのですが、
持ち込まれるデータもあるため、その不安さえ払拭できればいけそうです。
カラマネに関しては、Win+Photoshopで、試験的に印刷したことあります。
Winには、ColorSyncのようなOS側の管理システムがないのですが、
微調整可能なモニタ+キャリブレーターで調整し、補正をかけると、
Macとの狂いはないようです。一応の正当性は確保できるようです。
まぁでも、カラマネに関しては、Macの方が楽で安心ですね。
投稿日時:2010/05/12 15:44
お礼コメント
noname#123780
結局、Macは、mac mini+Design Standard UPを確保。
Winは、Production Premium UPを確保で、落ち着きました。
アドビストアしか在庫がなくて、予算が厳しかったです。
このままWinメインで様子をみてみます。
ご意見ありがとうございました。
※後から書いてくださったCS2の問題は気になりますね。
バージョン間の問題なのかしら、こちらも気を付けつつ様子をみてみます。
投稿日時:2010/05/13 21:18
  • 回答No.1

ベストアンサー率 33% (2921/8736)

質問にある「仮定」なら問題有りません。
私は今でもMacですが、色々な印刷会社とのやりとりで、どこからも必ずそのままのファイルとフォントをアウトライン化したものの2つを要求されます。
アウトライン化したものなら全く問題有りませんから。
以前務めていた会社では取引先の印刷会社は最終的にWindows(AVANAS)を使っているところが一社だけありました。

少々古い資料ですが、以前Mac系の雑誌でDTPに於けるWindowsの普及率を調べた記事が有りました。
Windows版のIllustratorやPhotoshopも普及し、色々な面でこの業界のMacの有利な部分は殆ど無いと思われていたのですが、結果は思いの外Windowsは普及していませんでした。
あれから時間が経っているのでもっと普及しているとは思いますが、未だにClassic環境が必要(Illustrator8での入校など)と言った事も珍しくない現状を鑑みれば、Windowsが大きくシェアを伸ばしているとは考えにくいと思います。
印刷会社の場合WindowsのWordやExcelでの入校が増えているようで、そのために対応していると聞きます。
補足コメント
noname#123780
興味深いお話をありがとうございます。
やっぱり普及してないんですね。そうですかぁ。
わたしの周りは、アウトラインがかかっていて、カラー設定が規定通りなら、
どっちでもいいという印刷会社さんが多いのですが、一般的ではないのかもしれませんね。
アウトラインファイルだけでなく、元のファイルも要求されるってことは、
切羽詰っての修正は、印刷会社さんで、ってことですね。きっと。
確かに、印刷屋さんは、体質が古いですよね。
直接、出力に意志を伝えるのが面倒な会社もあります。
DTPは、Macでしょ。という思いもありますし、やっぱり、Mac miniでも一台だけ残して、
イラレ、インデザだけは、残しておいた方がいいのかも…。
モリサワパスポートの期限切れと、アドビのキャンペーンとの関わりもあり迷走中ですっ。
投稿日時:2010/05/12 01:46
お礼コメント
noname#123780
結局、Macは、mac mini+Design Standard UPを確保。
Winは、Production Premium UPを確保で、落ち着きました。
アドビストアしか在庫がなくて、予算が厳しかったです。
このままWinメインで様子をみてみます。ご意見ありがとうございました。
投稿日時:2010/05/13 21:15
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ