• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

片持支持の切削加工での誤差についてお聞きします。

片持支持の切削加工での誤差についてお聞きします。 旋盤で外丸削りの作業をして、片側をチャックで固定した状態でその反対側から切削すると、工作物の半径の値が理論値よりも小さくなってしまい、削れすぎた状態になったのですが、チャックで支持していない側の端が最も誤差が大きく出てしまいました。工作物の中央付近の長さで誤差が出たとしたら、削ったときの熱などが原因かなと思うのですが、今回、削り始めの固定されていない端に最もおおきな誤差が出たのがなぜなのか分かりません。どなたか教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1224
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#185422
noname#185422

はじめまして、よろしくお願い致します。 削っているものや、削るにあたり研作時に使用する液体(冷却効果も問題) 詳細なデーターを補足要求します。 このような作業は、ベテランの領域(職人)業なのであなたの腕だと思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。 今回切削した工作物はS45Cで、チャックに固定した状態での工作物の突きだし長さは207[mm]です。 チャックに工作物の片方の端のみ固定し、他端は固定しないで自由な状態で、旋盤を用いて、工作物を回転させた状態でいわゆる外丸削りをして、切り込み深さを0.2[mm]にして切削したのですが、理論値の加工後の半径のほうが、実際に加工して測定して得た加工後の工作物の半径よりも小さくなってしまいました。その誤差が最も大きいところが、工作物の、チャックに固定していない側の端でした。なお、切削時は、 切削速度(工作物回転数):550[rpm] 送り速度:0.1[mm/rev] の条件で切削しました。 なぜ、チャックに固定していない側の端に最も大きな誤差が出たのでしょうか。その理由(原因)が知りたいのです。教えて頂けないでしょうか。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
noname#123390
noname#123390

材質、スパンの長さと切り込みの量だけが提示されていますが、○物の直径はどのくらいなのでしょうか?それに誤差とはどれほどだったのでしょう?一体どれほどの精度を狙った加工なのでしょうか? そもそもそういったチャックで掴んだだけでの長もの丸加工削り加工では1/100mm近いレベルの精度は期待できないと思います。伺った感じでは、テーパーがついているようですが、多くの場合主軸の軸心と送りの平行度が出ていない。または刃物の高さが適当でなく、スパンの長さとあいまって切削抵抗に対する被切削物の逃げが関係しているのではと思われます。 ご参考まで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 切削加工について

    前回も似たようなことで、載せたのですが、高精度切削加工を実現するための条件として、工作機械の高精度化以外に工具、加工現象に起因する条件があり、工具に対する条件を調べてます。 それで、切削加工によるたわみがあげられて、対策として切削抵抗の背分力の現象がありました。 切削抵抗の背分力の減少させるためには、旋盤加工の場合工具の形、刃形はどのようなものがいいのですか???切削抵抗、力を加える方向は変えられるのですよね?何でもいいので教えてください。 お願いします。

  • 円筒切削加工

    いつもお世話になっております。 ABS樹脂にて成形した、円筒状部品の外周部分に切削加工を施し、パーティングラインを無くし、表面を綺麗に仕上ることで商品価値を向上させる加工をしたいのですが、質問です。 完全な円筒部品であれば、旋盤系の機械を使用できるのですが、片側の端面にはブロック状の形状で突起が付いてしまっているような状態です。 それゆえ、ブロック形の箇所を使用して、治具に固定して、円筒箇所をマシニングセンターの刃物を円形に回して切削する方法を取ろうかと考えています。 円筒部品ですが、長さは最大250mmになるものもあり、部品によってブロック型の形状も異なります。 外径はΦ14~16程です。 このMCでの加工ですが、非常に長い刃物が必要になる上、一度に切削する面積が極端に広いため、ビビリ等の原因になるのではないかと懸念しています。 マシニングセンター以外の機械を使った加工方法はありますでしょうか。 円筒研磨も、ブロック部が邪魔をしてしまいそうですし、ABS樹脂では厳しいような気がします。 こういった円筒部品の切削加工に適した、機械・加工方法・工具などに心当たりのある方がいらっしゃれば、何卒お願い致します。 ちなみに従来ではバフ研磨にて表面仕上げを行っておりましたが、技術の低いものだと不良を出してしまったり、工程に時間を取られすぎてしまうので、切削加工の検討をしております。

  • 切削と表面粗さについて

    旋盤による切削加工とその表面粗さの関係について調べているのですが 1)幾何学的に求められる粗さ(理想粗さ)について 2)旋盤の回転速度と表面粗さの関係について 3)切削力(主分力、背分力、送り分力)と表面粗さとの関係 について、教えていただけますでしょうか?切削工作物はS45C、工具はスローアウェイチップ、回転数は83r/min~1800r/min、切り込みは1mm、送りは0.2mm/rev 参考となるサイト、図書などももしご存知でしたら教えてください。お願いします。 1800r/minから83r/minの任意の回転数でその他の条件は一緒で切削をして表面粗さを計測した結果、83r/minが一番粗くなく、200から300r/minで最大粗さとなりそれ以上では粗さは小さくなりました。この原因、理由として考えられるのはどのようなことでしょうか??

  • 旋盤加工について

    前回も似たようなことで、載せたのですが、高精度切削加工を実現するための条件として、工作機械の高精度化以外に工具、加工現象に起因する条件があり、工具に対する条件を調べてます。 それで、切削加工によるたわみがあげられて、対策として切削抵抗の背分力の現象がありました。 切削抵抗の背分力の減少させるためには、旋盤加工の場合工具の形、刃形はどのようなものがいいのですか???切削抵抗、力を加える方向は変えられるのですよね? 本でそのテーマを調べているのですが、刃の形状はどんなのだ?と聞かれて答えられないのです。 旋盤加工の場合は、バイトを使いますよね?!力の向きを変えられる刃形はどんな工具になるのですか?

  • 焼入れ鋼の端面加工

    NC旋盤での端面切削加工やポケット加工での底面切削で、中心部がどうしてもきれいに仕上がりません。というより、中心部に突起が残ったりチップが割れたり、ワークがむしれるような感じになったりしてしまいます。私は放電加工も担当しているため、どうしても放電に逃げてしまいます。旋盤加工において、焼入れ鋼(SKD11等)の中心部に至る端面加工は無理なのでしょうか。それとも世間では当たり前のように旋盤加工されているのでしょうか。初心者ですのでよろしくお願いいたします。 大変申し訳ございませんが、追記させていただきます。質問で、(SKD11)と記載し、大変参考になる回答をいただきましたが、例えば、他の材質(生材)(M9)(SKD61)等でも同じ回答を頂けましたのでしょうか。(HRC)でいう所のいくら位の硬度までならば、中心部の端面切削が可能なのでしょうか。ぜひ回答をよろしくお願い申し上げます。

  • scm415のねじ切り加工について

    NC旋盤初心者名のですが・・・ φ20.03のSCM415の材質の物をM16のネジでネジの有効幅が13mmという切削加工 をしようと思っているのですが、プログラムを組んだことが無いので困っています、 条件は背面チャックに掴ませての加工で、回転数がS1500、ねじきり加工前の下径をφ17にしようと思っています。 何方か教えて頂けませんか?

  • 機械の質問

    工具が回転し、工作物が直線運動して、平面や溝形状を加工するための切削加工機械を何盤と言いますか?

  • 旋盤 加工 GFRPPS

    お聞きしたいことがあります。 NC旋盤加工にて、ワーク材質がΦ40、GFRPPSという物(プラスチックの様な材質?)で、穴が沢山空いている物なのですが、端面の断続切削加工中に、どうしてもワークの穴部にカケが生じてしまいます。 ノンコート超硬チップ、研磨ブレーカー、Nr0.2、主軸回転600回転、送りF0.1、水溶性の切削油をかけて加工してみましたがNGでした。 端面を3mmほど削りたいのですが、どの様にしたらよいのでしょうか?

  • NC旋盤で端面切削する時に、任意の切削時間で切削…

    NC旋盤で端面切削する時に、任意の切削時間で切削を停止したい NC旋盤にて端面旋削(半径方向で外側から中心に向かって)を行っていますが、任意の切削時間(30秒、1分、2分・・・以下1分ごとに、工具寿命に達するまで)で旋削を停止できないかと悩んでいます。 被削材は直径165mmの円柱状のFCD400で、加工条件は速度300m/min(G96のプログラムで設定)、送り0.1mm、切り込み0.5mmです。 任意の切削時間切削で止めるよう、切削速度と時間から切削終了時のX座標を指定しようと思いましたが、その都度、複雑で幾何学的な計算が必要になってしまいます。 例えば30秒では切削距離は300×0.5=150mとなり、この点のX座標を導くために、直径165mmの円の外端から一周で0.1mmのピッチの螺旋が回転中心まで続くことを想定します。 この螺旋の長さが外端から150mになる点の座標(半径でもいいのですが)を求めるところが難解で、私には解決することができません。 そこでストップウォッチで任意の切削時間の時に強制的に停止しようともしましたが、正確なデータは得られないと考えられます。 切削時間を反映できるようなプログラムを組むことができれば1番いいのですが・・・ 何か解決方法はありませんでしょうか。よろしくお願いします。 こちらのスペースを使って回答を下さったすべての方にお礼をさせて頂きたいと思います。 この1週間ほど事情があってパソコンに触れることができず、投稿して下さった方々の回答をまとめて見ることになり、驚き、また申し訳なくも思っています・・・ 寄せて頂いた回答に対し、しっかりと自分なりに考えないと回答者の方々に失礼だと思います。 ですので、時間をとっていろいろと検討し、この問題を解決していきたいです。 最後に、どの方も時間を割いて、無知な私に知恵を与えて頂きました。 大変感謝しています。本当にありがとうございました。

  • 切削速度とチャックの負担の関係について

     こんばんは。私の会社で使っている旋盤は汎用なのですが、手動で刃物台を動かして、切削します。ところが、きれいな円を出すためにと、切削速度を20回転ぐらいに落として使っています。以前はそんなやり方をしていなかったのですが・・・。刃の当たる面積も大きく、ガリガリ、音をさせて、かなり、押し付けて挽いているみたいです。  そこで、心配なのが、品物をつかむ台即ち、チャックへの負担と、機械のモーターへの負担です。以前のように切削速度を上げれば回転の力によって、スムーズに品物が切れるし、作業も早く済むと思うのですが・・・。  切削速度が速いとチャックやモーターの負担も少なくなるということは証明できるのでしょうか?  今でも、作業音を聞いていると、機械が悲鳴をあげているような気がして、胸が痛くなります。気になって仕事の集中力が落ちてしまいます。  ちなみに私の所ではチャックは使わずに、品物に応じた大きさの穴を丸太の木に開けて、それを旋盤に合う首にねじで固定し、使っています。つぶれそうで怖いのです。よろしくお願い致します。