• 締切
  • 困ってます

都市ガスとプロパンガス

  • 質問No.58821
  • 閲覧数867
  • ありがとう数37
  • 回答数7

お礼率 24% (23/95)

家庭で用いるガスは、都市ガスとプロパンガスが代表的ですが、都市ガスとはいったい何なんでしょうか。教えてください。

回答 (全7件)

  • 回答No.7
以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「都市ガスってな~に?」
「ガス中毒の原因」

さらに蛇足ですが、
http://www.co-op.or.jp/jccu/kurashi/lifedata/9903.htm
(エネルギー使用量からみた二酸化炭素排出量調査)

ご参考まで。
  • 回答No.6
都市ガスはLNG(液化天然ガス)を工場で気化させて、匂いをつけて各家庭、工場など大口需要先に送っています。
ガス会社の大手3社では天然ガスを配管によって送っており、配管が埋められないところには、プロパンガスをボンベで供給しています。
ですので、都市ガスが供給されているってことは言葉の通り都市にお住まいであるということですね。
ちなみに、LNGの主成分はメタン(CH4、大体80%以上)ですが、エタン(C2H6)、プロパン(C3H8)なども含まれており、匂いがついていないので、ガス漏れがすぐに分かるように独特な匂いをつけることを義務づけられています。
  • 回答No.5

ベストアンサー率 23% (50/216)

都市ガスとよばれるものには、LNGを原料とするものやコークスなどの鉱物から生成されるガス、ブタンにエアーを混ぜたガスがあります。
東京ガス、東邦ガス、大阪ガスの大手3社は13Aと呼ばれる区分に属します。
発熱量(基準体積あたりの保有熱量)が異なりますので、ガス器具はガスの種類に合わせる必要があります。
  • 回答No.4

ベストアンサー率 37% (85/229)

ひょっとして成分のことではなくて供給方式についての質問でしょうか?
プロパンガスというのはガスの大きいボンベ(というのか?)によって供給するものですが、都市ガスとは水道のように地中を這う管にガスが流れて(?)おり、そこから各家庭などに供給される方式をいいます。

ちなみに「プロパンガス」とは正確にはLPG(液化石油ガス)のことを指し、その成分の7~8割がプロパンから成っていることから呼ばれる商用語です。原油と一緒に出てきたり、石油を精製する家庭で副産物的に取り出されます。
都市ガスで使われるLNG(液化天然ガス)は、もともとの天然ガスを摂氏マイナス162度まで冷却して不純物を取り除いたものです。皆様のおっしゃるように、主成分はメタンで、発熱効率がとても高いことから省エネの面でも有効とされています。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 15% (594/3954)

 都市ガスは、今はほとんど天然ガス(主成分はメタン:CH4)でしょう。
 一酸化炭素は水生ガス(COとH2の混合:CとH2Oから生成)に含まれています。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 54% (1069/1958)

プロパンガスは全国共通の成分ですが、都市ガスはガス会社により天然ガス、石炭ガス、LPガスなどを原料がさまざまで、カロリーにも差があります。

http://www.tokyo-gas.co.jp/hakase/dr01/dr01.html
http://www.ichitaka.com/gaspuro/gqa019.html
  • 回答No.1

ベストアンサー率 34% (8/23)

こんにちは。都市ガスは一酸化炭素(CO),プロパンガスはプロパン
(C3H8)でしょう。なお、どちらも無色透明、無臭の気体です。
匂いがするのは、ガス漏れしたときにすぐに気がつくように、
わざわざつけています。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ