• ベストアンサー
  • 困ってます

量子力学の運動量について

 量子力学ではなぜ運動量を演算子で考えののでしょうか?  xp-px=-ihバーになる理由もわからないので、どうか教えてください、お願いします

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数884
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

siegmund です. grothendieck さんのご回答拝見しました(他の回答もよく拝見しています). いやあ,見事な解釈ですね. とても一般人とは思えないです. ハンドルネームも数学が達者そうな名前だし. 量子力学の授業をやると,どうして交換関係?, というところの説明に悩みます. 最近は昔ほど古典的解析力学をやりませんから, それも苦労のもとの一つです. 対称操作,保存量,群論,などに達者な人なら, grothendieck さんの説明がわかりやすいかも知れません. でも,普通に量子力学を初めて勉強する,という人だとやはりつらそうですね. それは,多分どうやっても同じなのでしょう. 私は,交換関係を最初は天下りにしておいて, ある程度量子力学に慣れたところで古典力学との接続などに触れる, という構成の授業にすることが多いです. 手元にあるテキストでは,ランダウ・リフシッツのテキストが grothendieck さんと似た構成で運動量演算子の表示を導いています. どうも批評がましくて失礼しました.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

siegmundさん、grothendieckさん、どうもありがとうございました。  僕は化学を専攻する学生なのですが、物理にも興味がありまして、物理専攻の友達といろいろ議論をするのですが、ここのところお互いテストラッシュで議論の時間がとれません、御二方から御教授いただいたことは必ず議論に出し、再び質問などをしたいと考えておりますので、ポイント発行はもうしわけございませんが、もう少しお待ちください。  御教授いただいて本当にありがとうございました

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

siegmund先生の後に書き込むのは気が引けますが…しかし物理にはいろいろな見方が可能です。他の視点を提供することにも多少の意味はあるでしょう。  エイチ・バーをhと書くことにします。行列力学では量子化とは古典論のポアソン括弧を演算子の交換関係(をihで割ったもの)に置き換えることであるとされます。    {A, B} → (1/ih)[A, B] 古典論では{x, p}=1ですから量子論では[x, p]=ihとなります。また,SchroedingerがHamilton-Jacobi理論から波動力学に至った経緯についてはGoldstein「古典力学」などをご参照下さい。しかし、ここではあえてより分かりにくい説明の仕方をします。運動量がなぜ-ihd/dxになるのかを考える前に運動量とは何かを考えてみましょう。系のラグランジアンが時間に無関係なパラメーターεに依存する座標変換   x → x(ε) の下で不変であるとします。この時ラグランジアンの変化は  δL = {(∂L/∂x)(∂x/∂ε)+(∂L/∂x・)(∂x・/∂ε) }ε となります。ただしドットを文字の後ろに書いています。ラグランジュ方程式を用い、またεが時間に無関係なので   ∂x・/∂ε = d(∂x/∂ε)/dt であるとすると   d((∂L/∂x・)(∂x/∂ε))/dt = 0 という保存法則が成り立ちます。とくにx(ε)が無限小平行移動である場合    x(ε) = x + ε には運動量p= ∂L/∂x・の保存が導かれます。これを逆から見て「運動量とは無限小平行移動を生成するものである」と定義するのです。パラメーターaを持つユニタリ変換をexp(iag)という形に表わしたときエルミート演算子gをgeneratorと呼びます。波動関数ψ(x)を平行移動すると   exp(iap)ψ(x) = ψ(x) + iapψ(x) +… これをテイラー展開   ψ(x+ε) = ψ(x) + ε(dψ(x)/dx) +… と比較してみると   p = -ih(d/dx) となることが分かります。ここでhは実数のパラメーターで実験によって決めると   h = 1.054×10^-34 Js となります。これから[x, p]=ihも分かります。  わざわざ分かりにくい説明の仕方をするなんて自己満足に過ぎないのではとも考えられますが、私はこの方式で理解(しようと)しています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

h/2π を (hbar) と書くことにします. (1)  xp - px = i(hbar) ですね(符号注意). (1)が基本です. で,(1)を満たすように x と p の関係を設定すればよいわけで, 一番普通の (2)  p = -i(hbar) (d/dx),   (x は普通に掛け算) はその選び方の一つです. 実際,任意の関数(適当な解析性は必要) f(x) に対して (3)  (xp - px)f     = -i(hbar) {x(d/dx)f - (d/dx)(xf)}     = -i(hbar) (xf' - f - xf')     = i(hbar)f となり,(1)が満たされます. 他にも設定の仕方はいくらでも可能で, p は単なる数で,x を演算子とする方法はその一つです. (4)  x = i(hbar) (d/dp),   (p は普通に掛け算) とすると,任意の関数(適当な解析性は必要) g(p) に対して (5)  (xp - px)g     = i(hbar) {(d/dp)pg - p(d/dp)g}     = i(hbar) (g + pg' - pg')     = i(hbar) となって,やはり(1)が満たされます. (2)は「x を対角化する表示」,(4)は「p を対角化する表示」 と呼ばれています. (2)描像の波動関数(x が変数)と(4)描像の波動関数(p が変数)とは 互いにフーリエ変換の関係にあります. 実空間表示と運動量空間表示と言ってもよい. (2)が用いられることが多いのはいくつか理由があります. 我々が見ているのは実空間ですから,実空間の方がイメージがつかみやすい. 特に,d 軌道の波動関数がどちらの方向に伸びて, 隣の原子のものと重なって...., 等という議論には(少なくとも直感的には)実空間表示がわかりやすいでしょう. それから,波動関数を求める際には境界条件が必要です. 境界条件は通常 x 表示で設定されます. 例えば,x→±∞ で波動関数がゼロになるように,といった具合です. これも x 表示の方が扱いやすいでしょう. どうして(1)が成り立つのか. これは自然がそういう風になっている(神様がそうした), というより仕方がないと思います.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 量子力学において運動量を微分演算子に代える物理的意味

    量子力学をきちんと物理的,数学的に理解したいので,独学で量子力学を勉強しています.学部時代は量子力学の授業がなかったこともあり,正直分からないことだらけで不思議に思うことがたくさんあります. そのうちの一つとして,ある原子内の電子群を考え,ハミルトニアンHを持つ系だとすると,波動関数Ψの絶対値の二乗(存在確率)で存在する原子内にある一つの電子は,あるエネルギ準位(固有値)εしか取り得ないという考え方をシュレディンガー方程式 HΨ=εΨ で表される固有値問題に帰着するということをとりあえず納得したとすると,線型代数学で出てくる固有値問題 Ax↑=λx↑ のように「ある固有ベクトルx↑に対してある固有値λが決まる」 ということと似ているのでなんとなく分かります. 波動方程式からシュレディンガー方程式を導出していくこともなんとなく分かりました.分からないことは,シュレディンガー方程式の導出として,ハミルトニアンを波動関数に作用させ,ハミルトニアン中に含まれる運動量を微分演算子に代えれば,シュレディンガー方程式になっているということです.この方法は,結果として成り立つだけで,後付けくさいなあと感じました. 過去にも同じような質問をされていた方 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa587812.html がいましたので見てみると,運動量を微分演算子に代えるのは数学的には導けるようですが,その導く過程が物理的には分かりにくいと感じました. 量子力学を勉強する前に基礎知識が不十分なのもあるとおもいます. なので,量子力学を勉強する前に習得するべき学問は何かと,どの順番で勉強すれば効率がよいかも教えていただきたいです. (1)量子力学において,運動量を微分演算子に代えることの物理的意味は?もっと一般的に,その他の物理量(角運動量,スピン角運動量など)を演算子に代えることの物理的意味は? (2)量子力学を勉強する前に習得するべき学問は何かと,それらをどの順番で勉強すれば効率がよいか? です.長くなりましたが,よろしくお願いいたします.

  • 量子力学の演算子に関する問題です。

    問題は[x^y^ , px^py^]です。 ここで x^とy^ は位置の演算子で px^とpy^は運動量の演算子です。 演算子の定義 px^=(h/i)(δ/δx) に従って解いたところ、 解は h^2 となりました。 ("エイチバー"をhと書いています) しかし、演算子の交換法則 [x^,px^]=ih より x^px^=px^x^+ih を用いて解いたところ 解が ih(px^x^+y^py^となってしまいました。 実際の解はどうなるでしょうか? 記号の都合上分かりにくい質問になってしまいましたが、 回答よろしくお願いします。

  • 量子力学の問題

    量子力学をやっていてわからないことがあったので質問します。 t=0で <(⊿x)^2><(⊿p)^2>=h^2/4 <x>=<p>=0 を満たす一次元自由粒子の波束について、<(⊿x)^2>_{t=0} を用いて<(⊿x)^2>_t を表せ。 という問題の解答として、 ハイゼンベルグの運動方程式より, dx(t)/dt = (1/ih)[x,H]  = (1/ih)[x,p^{2}/2m]  = p/m therefore x(t) = (p/m)t+x dp(t)/dt = (1/ih)[p,H] = 0 therefore p(t) = p となるから <(⊿x)^2>_t = <x(t)^2>-<x(t)>^2 = <((p/m)t+x)^2>-0 = (t^2/m^2)<p^2>+<x^2>+(t/m)<xp+px> …まではわかるのですが、ここから第3項が落ちる、というのがなぜかわかりません。どなたかわかる方、よろしくお願いします。

  • 運動量の演算子について

    量子力学において、運動量の演算子p^ = -ih∇(hはプランク定数を2πで割ったもの。エッチバーを表記できなかったため、代用しました) だと教わりました。これは、波動関数ψ=Aexp{ (px-Et)i/h } (Eはエネルギー) に対して、 -ih∇ψ=pψ になるからである、という説明を読みました。ここで質問です。 ψの共役複素数である、ψ*=Aexp{ -(px-Et)i/h }に対しては、 ih∇ψ* = pψ* となることから、p^ = ih∇なのでしょうか? それとも、p^は場合によらず、p^ = -ih∇なのでしょうか? ご回答よろしくお願いします。

  • 量子力学における演算子と変数

    量子力学におえける演算子とは何かよくわからなくて困っています プログラミングをやっているのでプログラミングの話をしますが、プログラミングにおいて演算子とは、感覚的に言えばある変数を引数にして処理をするための関数的なもの + - x / の四則演算子が基本 sin() exp()などが演算子と言われても理解できるのですが 量子力学では、位置を表すxやyなども演算子として扱うと言われ プログラミング的にはそれらは関数のオペランドであり変数なので混乱しています 誰か上手く説明できる方がいらっしゃったら教えて下さい Ψを使った演算子の交換についての項で詰まっています

  • 量子力学の固有値の問題です。

    量子力学の固有値の問題で、解き方がわかりません。 問題  2状態からなる系のハミルトニアンが以下のように与えられている。    H=g( |1><1| - |2><2| + |1><2| + |2><1| )  このハミルトニアンの固有値、固有状態を求めよ。 というものです。ちなみに、Hは演算子です。 どなたかわかる方いらっしゃいましたら教えてください。 よろしくお願いします。m(__)m

  • 運動量演算子とエルミート演算子

    証明の仕方が全くわからないため質問させていただきます。 運動量演算子が-ihバー∂/∂xであるとき、-ihバー∂/∂xがエルミート演算子であることを示せ。 上述の問題を解いていただけたら幸いです。 できれば詳しく論述もお願いします。

  • 量子力学の全スピン角運動量演算子の問題

    量子力学の全スピン角運動量演算子の問題です。 固有値を用いるようですが、回答の道筋がよく分かりません。 分かる方がいましたら、なるべくゆっくりご回答いただければと思います。 参考になるサイトがありましたら、URLを載せていただけても嬉しいです。 よろしくお願いします。

  • 量子力学、熱力学の参考書について・・・

     量子力学または、熱力学の参考書でお勧めの物ありますか?大学院の受験の参考書として探しています。特に量子力学の参考書のお勧めを教えて頂ければ本当にありがたいです。それぞれ1冊程持っているのですが、以下に関する記述が少ない(特に量子力学)ので困ってます。  キーワードの羅列で申し訳ないのですが、    量子力学では、ハミルトン演算子、フェルミ準位、フェルミ分布関数、フェルミ気体、ハミルトニアン、ヘルムホルツ自由エネルギ、ボルツマン定数、1次元調和振動子、1次元井戸方ポテンシャルに関して...  熱力学では、サイクル系、ファンデルワールス状態式に関して... 問題集でも参考章でもいいのでよろしくお願いいたします。

  • 量子力学の問題

    -L/2<=x<=L/2 (L>0)における質量mの自由粒子の量子力学的運動を考える。 波動関数は周期的境界条件を満たすとする。 運動量の間隔dpの中にある運動量の固有状態の数はほぼいくらになるか? ただし、Lは十分大きく、したがってdp>>2π(h/(2πL))であるとする。 この問題が良くわかりません。Lが十分大きいのだから固有状態は連続スペクトルになると思うのですが、固有状態の数はどのようにもとめたら良いのでしょうか?どなたかよろしくお願いします。