• 締切済み
  • すぐに回答を!

日本語「あなた」「君」「お前」の使い分けを外国人に分かりやすく説明する

日本語「あなた」「君」「お前」の使い分けを外国人に分かりやすく説明する  日本語を勉強している外国人に「あなた」「君」「お前」の使い分けを分かりやすく説明したいのですが、どのように説明したら良いかで少し考えています。  もちろん普段日本語を使って会話をしているので、伝えようと思えば伝えられるとは思うのですが、以前に地域のカルチャーセンターで行われた、外国人に日本語を教える日本語教育講座の導入レベルの講座に参加したことがあり、外国人に日本語を教える際には、日本人に日本語を教えるやり方では、全く通じない場合があるということを教わりました。そのため、私の説明で問題なく理解できるのかが非常に不安です。  外国人に日本語を教えた経験のある方や、もしくはこういう風に伝えてみたら良いのではという方がいらっしゃいましたら、アドバイスお願い致します。 加えて、もし可能でしたら、「友達」「友人」「仲間」の使い分けもご回答いただけましたら、非常に助かります。よろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.2
  • fmyt
  • ベストアンサー率50% (1/2)

「あなた」を使う場合の注意点の1つとして、「相手の名前などがわかっているときは『あなた』を使わずに名前を呼ぶ」ということがあります。もちろん例外もありますが、名前などを知っている人に「あなた」を使うと不自然になることが多いようです。 例えば、カルチャーセンターの先生に傘の忘れ物について尋ねるとき、「この傘、先生のですか。」と言う方が「この傘、あなたのですか。」と言うより自然でしょう? たとえ名前を知らない先生でも、「先生」であることがわかっているなら、「あなた」より「先生」と言う方が自然ですよね。 「君」「お前」については、ごく大雑把ですが、「『あなた』のくだけた形」と簡単に説明し、今の時点では「聞いてわかればいい、自分では使わない」とするのはどうでしょう。間違って使うと相手に失礼になりかねませんから。「友達」「友人」「仲間」は間違って使っても笑い話ですみそうですが、そうじゃない言葉のときはとりあえず「避けるが勝ち」と私は思っています。 外国人に日本語を教える際、「説明する」のは意外に難しいものです。それより、その外国人がどういう状況でその言葉を使いたいのかを尋ねて、その使い方が適切かどうか、あるいは不適切なら適切な使い方を教える方がいいと思います。日本語の母語話者なら、説明するのは難しくても、その使い方が適切かどうかを判断し適切な言い方を教えることは簡単ですから。 例えば「お金を持っていないで買えなかった」がどうして不自然なのか説明するのは難しくても、「お金を持っていなくて買えなかった」の方が自然だということは教えやすいですよね。 その外国の方には、日常生活で間違って使ってしまった日本語や日本語に関して疑問に思ったことを、メモしておくことをお勧めします。そして、日本語の母語話者に適切な使い方を聞くようにしてください。こうやってひとつひとつ疑問をつぶしたり間違いを直したりするのは、回り道のようですが日本語上達には意外に効果のある方法です。 たとえうまく説明できなくても、質問者さんの一所懸命な気持ちはきっとその方に伝わると思います。大丈夫!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • SAYKA
  • ベストアンサー率34% (944/2776)

個人的見解って事で ・あなた  通常のyou ・君  Mr.とかの「さん」付けみたいな言い方 ・お前  youとかではなくthatとか「そこの人」みたいな言い方  上の2つよりやや雑 ・友達  friends ・友人  friend ・仲間  目的とかが一緒の共同体っぽいもの  知人でなくても仲間と呼ぶ場合が有る  「同じ日本人じゃないか」みたいに。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 日本語 は と が の使い分け。

    アメリカ在住の日本人シングルマザーです。この度一人息子がめでたく大学に入学し 日本語の授業を取り始めました。お恥ずかしながら息子は日本語が話せません。昨日 ”は” と ”が”の使い分けはどうするのかが良く分からないと言われ。普通の文章のときは は 例えば 私は など。 これ・あれ 私 などが主語で とくに そのもの(主語)を強調するときには が を使うといいましたが 他にいい説明の方法があったら是非教えてください。外国人に日本語の文法の説明をする良いウェブサイトなどもありましたら 是非教えてください。宜しくお願いいたします。

  • 外国につながる日本人に求めたいこと

    国内外において,外国につながる日本人が活躍するようになり,マスコミがそれらを積極的に報じるようになった現在の日本社会に関連して,あなたは,外国につながる日本人に,どんなことを求めたいですか? 考えうる例: ・日本語の習得(外国語のイントネーションなしに,日本語を流暢に話してほしい) ・日本の文化に親しむこと(日本食を好んで食べてほしい) ・地域社会への貢献(夏祭りなどへの参加,消防団への参加,青年団への参加,など) ・国際社会に日本のことを発信すること(外国で日本の良いことろをアピールしてほしい,など)

  • 「を」と「が」の使い分け

    「を」と「が」の使い分けについて日本語で箇条的にまとめくれませんか。 (わたしは外国人ですから、それがよくわからないのですが。日本文法で正確な説明が知りたいです。)

  • 「まで」と「までに」の使い分け

    「まで」と「までに」の使い分けについて日本語で箇条的にまとめくれませんか。 (わたしは外国人ですから、それをよくわからないですが。日本文法で正確な説明を知りたいです。) ありがとうございます。

  • 「は」と「が」の使い分け

    「は」と「が」の使い分けについて日本語で箇条的にまとめくれませんか。 (わたしは外国人ですから、それをよくわからないですが。日本文法で正確な説明を知りたいです。) ありがとうございます。

  • 日本の在日外国人の日本語教育の政策について

    地域ぐるみではボランティアの人たちなのなどが 日本語を教えていますが、日本政府が行っている、 「在日外国人に対する日本語教育」は どのようなことが行われているのでしょうか? 外務省のホームページを調べたところ 海外への日本語教育への配慮は行っているみたいです。 まだまだ、調べたりない私がいけないのはわかっていますが 時間がないため、皆さまにお願いした次第です よろしくお願いします。

  • 外国人に日本語を教えられる場所

    大阪・京都で外国人に日本語を教える類の仕事がしたいと考えています。まだ大学生なのでアルバイトが理想です。単に外国人と触れ合いたいだけなので(日本語教育を通して)、給与のないボランティアでもかまいません。この種の仕事に精通している方、ぜひ情報を下さい。よろしくお願い致します。

  • 国際化と外国語教育

    国際化と外国語教育 こんにちは。何年か前に高校の世界史の未履修問題がありましたが、国際化ということを考えた場合、外国語教育も重要ではないかと思います。 公立の中学では英語の授業が週3コマですが、少なくないでしょうか? それから、日本でも英語以外の外国語の需要も高まっているのに、高校でも英語以外の外国語に触れる機会はごく限られています。身近な例では私の住んでいる地域に訪れる外国人は英語の話せない人の方が多いので、折角英語を知っていても外国人とコミュニケーションがとれないことが多いです。 ヨーロッパでは中等教育でも普通に2、3ヶ国語習いますし(ヨーロッパの言語が互いに似ているので 習得しやすいというのもあるでしょうけど)、お隣の韓国でも高校では第2外国語を習います。 日本では、中学、高校と外国語は英語一本でもロクに話せるようにはなりませんよね。 そこで質問です。日本の外国語教育は 遅れているというか貧弱ではないでしょうか?小学校から週1時間半分遊びのような英語の授業を導入したところで あまり意味がないような気もします。 これでは 国際化の波に対応できないような気がします。

  • 日本語の通信教育

    ある程度日本語の読み書きができる外国人向けの“日本語”の通信教育があったら教えて下さい。 日本語教師養成講座の通信教育ならみつかるのですが、純粋に日本語の通信教育というのが見当たりません。

  • 日本の外国語の学び方について

    日本の外国語の学び方について 英語は中学校からみんなが学ぶので「英語学」になってしまいます。まあそれは仕方ないなーと思います。日本人の先生が教えればそうなるでしょう。そして大学の英文科でもそうなるのは仕方ないと思います。 しかしながら外国語大学や外国語学部で教える外国語はそれでは不十分だと思います。それらの学部では語学のエキスパートを養成するのですからしゃべれないとダメです。外大を出て文法に詳しかったり語彙が豊富だったりする一方で、発音が悪かったり日常会話ができなかったりするのではエキスパートとして不完全です。 この教育方針はなんとかならないものですか? 外大の、たとえばポルトガル語科を出れば日常会話くらいはすらすらできるように教育すべきではないでしょうか?