• ベストアンサー
  • 困ってます

JRバス関東のSuicaシステム‐ひょっとして本当はPASMO?!

JRバス関東のSuicaシステム‐ひょっとして本当はPASMO?! JRバス関東の一部路線(赤塚~水戸)では、 Suicaによる運賃の決済が導入されていきます。 首都圏のバスではIC乗車券として 主にPASMOが導入されていますが、 JRバス関東だけはJR東日本のグループ会社であるせいか、 例外的にSuicaが導入されています。 ところがJRバス関東の路線では、 Suicaと相互利用できるはずのKitacaが使えません。 ひょっとしてJRバス関東のIC乗車券システムは、 表面上はSuicaであることになっていますが、 実際の中身はPASMOのシステムなのでしょうか? ※JR北海道のIC乗車券Kitacaは、 Suica(JR東日本)とは相互利用できるが、 PASMO(株式会社パスモ)とは相互利用できない。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数727
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • tetu758
  • ベストアンサー率58% (810/1390)

 KitacaとSuicaは共通利用できますが、バス路線の水都線はSuicaのみ利用は可能です。ICOCA(JR西日本)、sugoca(JR九州)、toica(JR東海)でも一緒です。  会社間でそれぞれ設定条件が出されており、バスに関してはこの水都線に乗れるのはSuicaに限定されています。つい最近まではtoicaに現金機能が付いていなかったり、エリア跨ぎを禁止する等の設定条件が出されており、共通利用=使用可能は間違いです。  同じグループの東京モノレールの様に許可されていないから、PASUMOと同じシステムと思われたのでしょう。Suicaは例外の地区が殆どないので利用可能範囲は広く、pitapaのエリアのみが使えない等を除けば使用可能になっています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 バスと鉄道で違うんですね。 JRバス関東のIC乗車券システムは、 鉄道のようにJR他社のカードを相互利用では使えないものの、 Suicaであることには変わりない訳ですね。

関連するQ&A

  • グリーン車Suicaシステム

    JR東日本の『グリーン車Suicaシステム』は、SuicaとPASMOの他、JR北海道の『Kitaca』や、JR東海の『TOICA』とは相互利用できますが、JR西日本の『ICOCA』や、JR九州の『SUGOCA』などとは相互利用となっていません。 交通系ICカード全国相互利用サービスが導入されてからかなりの日時が経つのですが、なぜ、『グリーン車Suicaシステム』はなかなか相互利用とならないのでしょうか?

  • SuicaやPASMOのデータはどこで管理されているのですか?

    JR東日本のSuicaを皮切りとして、 交通系ICカードの普及が進んでいます。 乗車券のみならず電子マネーとしての利用も 徐々に普及しつつあります。 さて、これらの交通系ICカードのデータを管理する ホストコンピュータはどこにあるのでしょうか? 以下に挙げる交通系ICカードは、 全て同じホストコンピュータで 管理されているのでしょうか? 《交通系ICカードの例》※導入予定のものも含む Suica(JR東日本) ICOCA(JR西日本) TOICA(JR東海) PASMO(パスモ株式会社) Kitaca(JR北海道) SAPICA(札幌市交通局) SUGOCA(JR九州) はやかけん(福岡市交通局) 詳しい方、よろしくお願いします。

  • PASMOがSuicaよりも優れている点は?

    PASMOがSuicaよりも優れている点は? PASMOが導入された時から、SuicaとPASMOは相互利用がなされ、 首都圏ではどちらか一枚で用が足せます。 地方の都市圏へ出かける場合には、 JR東日本以外のJRでも使えるSuicaが便利です。 ではSuicaを持たずにPASMOを持つことの利点は何でしょうか?

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
  • akak71
  • ベストアンサー率27% (741/2672)

kitacaのシステムがバスに未対応ではないか? 未確認 北海道のバスに対応しているとの記述がありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 >kitacaのシステムがバスに未対応ではないか? 未確認 >北海道のバスに対応しているとの記述がありません。 その辺は現在検討されているKitacaとSAPICAとの 相互利用サービスの導入にも関係してきそうで、 ちょっと気になります。

  • 回答No.3

恐らくKitacaにバス用のソフトが入っていないか競合する別のシステムが入っているかでしょう。 あるいはオフライン端末での使用を制限したいのかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 >恐らくKitacaにバス用のソフトが入っていないか競合する別のシステムが入っているかでしょう。 その辺は現在検討されているKitacaとSAPICAとの 相互利用サービスの導入にも関係してきそうですね。

  • 回答No.2
  • jhmi
  • ベストアンサー率24% (193/798)

Kitacaの規約には最初から「※ジェイアールバス関東のバス路線ではご利用いただけません。」と但し書きがあります。ある種の大人の事情でしょうが・・・。 http://www.jrhokkaido.co.jp/kitaca/02area.html 恐らくはPASMOとの兼ね合いでしょうし、KitacaとPASMOが相互利用できるようにならない限りはジェイアールバス関東のバス路線でのKitacaの利用は出来ないと考えられます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 同じJRでも各地域会社ごとにIC乗車券が違うのは不便ですね。 国鉄が分割民営化していなかったら、 日本のIC乗車券システムはどのようになっていたでしょうかね? もしも国鉄という巨大公社1社のままだったら、 そもそもIC乗車券や電子マネーのサービスが 普及していたかどうかも不明ですが、 国鉄のままでIC乗車券が導入されていたとしたら 今のように複雑にはなっていなかったでしょうね。 >「※ジェイアールバス関東のバス路線ではご利用いただけません。」と但し書きがあります。 本当ですね。 >恐らくはPASMOとの兼ね合いでしょうし、 実際のところはどういう事情なのでしょうね? ところで札幌市営地下鉄ではSAPICAという IC乗車券が昨年初めから導入されています。 http://www.sapica.jp/ こちらは札幌総合情報センター(株)が発行するICカードですが、 これも相互利用に関して色々と議論が交わされているようです。 JR北海道とのKitacaとの相互利用を優先させるか、 札幌市の各種行政サービスとの連動を優先させるかなど、 決定しなければならない課題が山積しているとか。 私は正直、見ていてイライラしています。 Kitacaとの相互利用の方を第一に望む市民が多いのは、 見ていて明らかだと思うのですがね。 だけど、もしKitacaとSAPICAが相互利用できるようになり、 札幌市内の路線バスにもIC乗車券システムが導入された場合、 JR北海道の子会社であるジェイアール北海道バス(JHB)は、 KitacaとSAPICAのどちらを導入するのでしょうかね? ジェイアール北海道バスは、とりわけ札幌市西部において、 北海道中央バスやじょうてつバスと共に、 廃止された札幌市営バスの路線を継承しています。 今でも元市営バス路線は、エコきっぷの利用ができるなど、 もとからJHBの担当だった路線とは違う 特殊な扱いを受けています。その関係上、 KitacaとSAPICAの相互利用がなされなかった場合には、 JHBはSAPICAを導入すると私は思いますけどね。

質問者からの補足

【訂正】 お礼文 ちょっと文章が不正確でわかりづらくなっていました。 >ジェイアール北海道バスは、とりわけ札幌市西部において、 >北海道中央バスやじょうてつバスと共に、 >廃止された札幌市営バスの路線を継承しています。 ジェイアール北海道バスは、 北海道中央バスやじょうてつバスと共に、 廃止された札幌市営バスの路線を継承しています。 廃止された市営バス事業が抱えていた路線のうち、 ジェイアール北海道バスは 主に札幌市西部の路線を引き継いでいます。 ※北海道中央バスは市内北東方面、  じょうてつバスは市内南方面の  元市営バス路線を主に継承。

  • 回答No.1

SuicaもPASMOも同じSONY製フェリカカード カード自体の違いなんて無いに等しい。 KITACAもTOICAも皆同じフェリカカード 相互利用ができるかはカードの問題ではなく契約と費用負担の問題でしょう。 PASMOが他JRと相互利用できないのもその性です。 JRバス関東が他JRと契約をして費用を負担して精算機にそのような設定をしていなければ使えないですよ。 2月にでた読売新聞記事 --------------------------------------------------- ICカード乗車券「PASMO(パスモ)」の利用エリアを拡大するかどうかを巡って、パスモ加盟各社の間で意見が割れている。  JR東日本の「Suica(スイカ)」は“全国規模”で利用できるが、パスモは基本的に首都圏でしか利用できないため、顧客拡大を狙えないとして、一部の大手私鉄がエリア拡大を希望。これに対し、地域経営型のバス会社などは「これ以上の追加費用は負担できない」と反対意見が強く、議論は平行線をたどったままだ。関係者からは「寄り合い所帯の弱点が出た」と嘆く声も聞こえてくる。 (省略) 関係者によると、首都圏以外の交通機関のICカード乗車券と互換性を持たせるために必要なシステム改修費は、1社当たり数百万円程度と試算されている。しかし、パスモ加盟各社は、パスモ運用のための維持費などで毎年億単位の負担を続けており、小規模経営のバス会社などを中心に「これ以上の負担増は困難」「関西地方の客が関東のローカルバスを利用するケースは考えにくく、費用対効果が期待できない」といった反対意見が続出。協議会では利用エリアの拡大について「検討中」と説明するが、結論は当面出そうもない。 (省略) ---------------------------------------------------

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 参考になりました。 ところで、福岡市交通局の「はやかけん」は、 JR九州のSUGOCAとの相互利用ばかりではなく、 JR東日本のSuicaと相互利用できます。 反面、札幌市営地下鉄で使用できるSAPICAは、 Suicaはおろか、Kitacaとも相互利用できません。 SAPICAは「はやかけん」とは異なり、 市交通局が自前で発行しているものではなく、 札幌総合情報センター(株)が発行しています。 相互利用がまったくできなくて不便なせいか、 思ったように普及していないようです。 そのクセに交通局が市営地下鉄の駅に SAPICA専用改札機を導入し過ぎたため、 かえってラッシュ時の混雑を招いていると、 テレビなどで批判されていたようですね。

関連するQ&A

  • PASMO と Suica の相互利用が18日から開始されますが・・・

    首都圏の主な私鉄と、地下鉄、路線バスなどで使えるIC乗車券 PASMO (パスモ)が18日に発売されます。 JR東日本などの Suica(スイカ) との相互利用も同時に開始されます。 相互利用なので、両者は似ていても完全に同じではありません。 PASMO も Suica も首都圏のJR、私鉄、地下鉄、バスで使えますが、 ◎ PASMO は Suica と違いJR西日本には乗れない。 ◎同じJR東日本でも仙台・新潟地区ではまだ PASMO は使えない。 (番外) JR西日本のIC乗車券で ICOCA というのがあるが、 Suica と相互利用ができるためJR東日本などには乗れるが、 ICOCA では首都圏の主な私鉄・バス・地下鉄などには乗れない。 (Suica と ICOCA は相互利用できる。) など、用途によってどのカードが有利かは違うようです。 ※上記の内容について正確な事は公式なウェブサイトをご覧下さい。 詳細まで確認していないため正確性の保証は致しません。悪しからず。 【首都圏の皆様】 質問1 現在 Suica を利用していますか? 質問2-A 1で「はい」の方、今後 PASMO を使いたいですか? それとも Suica を使い続けたいですか? 質問2-B 1で「いいえ」の方、今後 PASMO または Suica を使いたいですか? 「はい」の方はどちらのカードを使いたいですか? (両者の違いの詳細はご自身で確認願います。) 質問3 Suica と PASMO それぞれ相互利用記念カードを発売するようですが、 記念カードを購入したいと思いますか? 【近畿地方の皆様で東京出張の多い方】 質問1 ICOCA を Suica に持ち替える予定はありますか? (首都圏でJRE・私鉄・地下鉄・バスなどにも乗れて、  地元関西でJRWにも乗れるという理由で。)

  • なぜ札幌市営交通はJR東の「Suica」を導入?!

    「Suica」はJR東日本の交通系ICカードです。 札幌はJR東日本のエリアではないのに、 札幌市交通局と札幌圏の民営バスは「Suica」を導入するそうな。 なぜ地元JR北海道の「Kitaca」を導入しないのでしょうか? http://www.jreast.co.jp/press/2011/20110512.pdf ここの最後のページに各交通系ICカードの 導入事業者の一覧があります。 記事の通り、いずれにせよ、 上記の10種類のICカードは、 平成25年春を目処に全て相互利用されるので、 実質利用上どのカードを導入しても 利用には差し支えありません。 いや、だからこそ、札幌市交通局、北海道中央バス、じょうてつ、 そしてジェイ・アール北海道バスが、 JR北海道の「Kitaca」ではなくて、 あえて他エリアであるJR東日本のICカード「Suica」を 導入したのかが気になります。 技術的な問題でしょうか? 既に上記の札幌圏の交通に導入されている 別のシステム形式が採用された交通系ICカードである (何かと不評な)「SAPICA」が関係しているのでしょうか? 「SAPICA」はJR系カードとは互換性がないため、 止むをえなく、「SAPICA」はそのまま無視して、 JR系のカードリーダーを並行して 札幌市営地下鉄の改札に取り付けるようになった訳ですよね? どうせ各種ICカードの相互利用を一斉に始めるので、 「SAPICA」を除く全ての交通系ICカードの「親元」である JR東日本「Suica」に直接接続してしまったほうが、 地元のJR北海道「Kitaca」になんか繋ぐよりもいい、 とでも考えたのでしょう? でもそうすると、北海道(札幌圏)では「Kitaca」のみならず、 「Suica」カードも買えるようになるのでしょうか? それともシステム上の便宜で「Suica」を導入しただけで、 札幌で買えるICカードはその後も 「Suica」と相互利用した「Kitaca」のみとなるのでしょうか? また、公営地下鉄で唯一ICカードを導入していない 仙台市地下鉄は今後どうするのでしょうか? (仙台はJR東日本エリア) 将来導入するとすれば、「Suica」にするのか、 「PASMO」にするのか、予測がつきません。 それとも福岡市交通局の「はやかけん」みたいに、 仙台市交通局が独自のカードを作るのでしょうか? 詳しい方、教えてください。

  • PASMOの使い道について

    PASMOの使い道について 題名の通り、PASMOの使い道について迷っています。 北海道に在住しており、SuicaとPASMOを持っています。 SuicaはJR北海道で使ったり、札幌駅のお店や北海道のファミマ、ローソン等で使えますので前から持っていたKitacaよりも重宝しております。 しかし、PASMOの使い道に迷っています。 捨てる訳にもいかないしと思っております。 北海道では、PASMOが使える所は有りませんか? 経験者、ic乗車券に詳しい方、是非ご教授下さい。

  • 昔は一つの国鉄だったのに…分社化で不便になったと思うこと。

    昔は一つの国鉄だったのに…分社化で不便になったと思うこと。 あなたが国鉄民営化時の分社化の影響によるもので 不便を感じる事柄について教えてください。      ***** 私は1980年代初頭に生まれながら、 たったの一度も旧国鉄を利用することなく、 1987年の国鉄分割民営化を迎えてしまいました。 民営化後のJR各社はよく利用していますが、 民営化の際に分社化が行われたせいで、 後に導入された電子マネー機能付きIC乗車券が 各社毎に異なっており不便を感じます。 ※まぁ、もし国鉄のままだったらそもそもIC乗車券が 導入されたかどうかもわかりませんがね。 JR北海道…Kitaca JR東日本…Suica JR東海 …TOICA JR西日本…ICOCA JR九州 …SUGOCA 各社間の相互利用は進んでいますがまだ完全ではありません。 今はJR東日本のSuicaが一番相互利用が進んでいて便利ですが、 それでも私のような地域間移動が多い人間にとっては なかなか不便を感じる点もあります。 例えばJR北海道エリアでは会社が違うためSuicaには記名ができず、 Suicaに記名するには首都圏や仙台・新潟圏まで行く必要があります。 旧国鉄は一つの巨大な公社でした。 民営化がサービス向上につながったとも言われますが、 上の例のように民営化時の分社化の影響のせいで かえって不便になった点も中にはあります。 このような分社化で発生したマイナスの側面を探しています。 ご協力をお願いいたします。

  • PASMO導入・Suica相互利用開始から5周年

    首都圏の私鉄(公営地下鉄、JR傘下以外の三セク鉄道含む)に PASMOが導入され、同時にSuicaとの相互利用が始まってから、 今日でちょうど五周年を迎えました。 【1】 あなたはSuicaとPASMOのどちらが好きですか? 【2】 あなたはSuicaとPASMOのどちらを普段持ち歩いていますか? あるいは両方を持ち歩いていますか? 【3】 交通系ICカードは旧国鉄系と私鉄(地方鉄道)系で、 導入されているものが異なります。 (首都圏の例:JR東日本はSuica、私鉄はPASMO) しかも国鉄(巨大公社)民営化時に地域ごとに分社を行ったため、 同じJRでも、Suica(東日本)、TOICA(東海)、ICOCA(西日本)など、 地域会社ごとに導入されているカードが異なり、 PASMOはICOCAやTOICAとか相互利用できません。 しかし数年後には全国のほとんどの交通系ICカードが 地域に関係なく相互利用できるようになると言われています。 そうなったら、あなたはどのカードを持ち歩きたいですか?

  • 【首都圏在住の方】 Suica・PASMOについて

    首都圏在住の方への質問ですが、それ以外の方でも答えていただいて結構です。 今回は、最近導入されたPASMOと、それと相互利用されているSuicaについての質問です。 ※の質問については、差し支えなければお答えください。 質問1 SuicaもしくはPASMOを利用もしくは所持していますか? 質問2 SuicaとPASMOのどちらを利用していますか? 質問3 ※最寄り駅の路線を教えてください。 (例)JR山手線 質問4 ※お住まいの都県を教えてください。 質問5 どのような種類のカードを利用していますか?下記の中からお選びください。 (選択肢)記名式カード・無記名式カード・定期券 質問6 Suica・PASMOを使っていて便利だと思うことを教えてください。 質問7 Suica・PASMOを使っていて不便だと思うことを教えてください。 質問8 これから使えるようになったら便利だと思う路線、施設や出来るようになったら便利だと思う機能を教えてください。(例)コンビニでの利用 以上で質問は終わります。また、ご意見等ありましたらお気軽に記入してください。

  • suicaとPASMOはどちらが便利?

    suicaとPASMOはどちらが便利? 首都圏に旅行に行くのですが、電車で使うICカードの事で迷っているのですが、既に持っているKitacaではJR(東京モノレール、りんかい線、埼玉ニューシャトルなど)でしか利用出来ないので、どちらかのカードを買おうと考えております。北海道に住んでいるので、北海道でも役に立つほうがいいですが、PASMOもsuicaと違う便利な機能がついているとも思うので、できれば、関東在住の方に教えていただきたいです。

  • ガラパゴス状態を生んだIC乗車券政策(札幌と高雄)

    独自サービスで市民サービスの充実を図ろうとして、 結果的に【ガラパゴス状態】を生み出し、 要らぬ不便や負担を市民や企業に強いる IC乗車券システムが存在します。 サービス推進者や役人の「独善」なのでしょうか? それとも、単に頭の固い「バカ」なんでしょうか? 市民が望まないのになぜこうなるのでしょうか?! 【事例1】 日本・札幌市で導入のSAPICA SuicaやPASMOやKitacaと同じく SONYのFeliCa技術を利用しているが、 基本技術は一緒ながら体系が異なり、 完全な相互利用が難しくなっている。 SuicaやKitacaの片面乗り入れのみであり、 SuicaやKitacaで札幌市営地下鉄には乗車できても、 SAPICAでJRには乗れない。 バス・市電は同じリーダーで両方を使える。 大手コンビニでSAPICAは使えないが、 逆にSAPICAでしか買い物が出来ない駅売店もある。 【事例2】 台湾・高雄市で導入のiPASS(一卡通) 台北のMRTを皮切りに台湾全土に浸透しつつある IC乗車券システム(欧州の技術を利用)を尻目に、 高雄のMRTはSONYのFeliCa技術によるシステムを導入。 これは南部でしか使えず台北では役に立たない。 台湾南端部のバスや一部国鉄路線は、 異なる通信技術の二つのICを読み取る機器を導入。 コンビニでの関連サービス利用などの融通も効かない。

  • 北海道でSuica

    北海道でSuicaを持つことについて SuicaとKitacaで相互利用出来るようですが 当然のことながら、Kitaca加盟店であれば Suicaが使えることになりますが この際特にデメリット等は発生するのでしょうか? なぜKitacaではいけないかというと たまに東京に行くのでPasumoと相互利用が 出来るSuicaの方がメリットがあるように 思うからです KitacaがPasumoとの相互利用が出来れば一番 問題がないのですが

  • すぐに回答を! 国鉄分割民営化とJR各社のIC乗車券について

    すぐに回答を! 国鉄分割民営化とJR各社のIC乗車券について ※どちらか片方だけに回答をいただいても結構です。 【1】 私は1980年代初頭に生まれながら、 旧国鉄を一度も利用することなく、 1987年の国鉄分割民営化を迎えてしまいました。 現在ではJR各社ごとに雰囲気に差が出てきています。 民営化前、まだ全国一体の公社だった旧国鉄について、 分社化後との違いを中心に思い出を語ってください。 また、分社化によってあなたが不便になったと感じる点も、 一緒に教えてください。 【2】 もしも旧国鉄の民営化が行われていなかったとしたら、 そもそもIC乗車券が導入されたかどうかわかりませんが、 民営化の際に地域ごとに分社化されたことにより、 同じJRでも各地域会社ごとにICカードが異なっています。 ・Kitaca(JR北海道) ・Suica(JR東日本) ・TOICA(JR東海) ・ICOCA(JR西日本) ・SUGOCA(JR九州) 各地域会社ごとにICカードが違う点に関連して、 あなたが不便だと感じる点を語ってください。 また、あなたが一番好きなJR系IC乗車券はどれか、 理由とともに教えてください。 【参考】 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5651778.html 先ほど他の会員さんの質問に答えました(回答No.8)が、 相互利用の関係でやはり圧倒的に便利なのは、 JR東日本のSuicaだと思います。 私は地域間移動が多いのでSuicaが最も好きです。

専門家に質問してみよう