• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

和訳

  • 質問No.5834629
  • 閲覧数232
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 80% (282/349)

和訳
It is possible to argue that because of the idea of an other we have such disciplines as anthropology (dependent on the culturally other to supply its data) or history of religions (dependent on the claim that people live their lives in some sort of relationship to some other order of reality).

他者という概念のために私たちは、(そのデータの供給元が文化的に異なる)人類学や、(現実とは違う秩序となんらかの関係をもって人々が生活するのだと主張する)宗教史といった学問があるのだと主張することができる。

自分の訳に自信がもてません。dependent onが上手く訳せません。
ご教示ください。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー
ヒトは「他・非」という概念を持てるがゆえに,たとえば人類学(研究資料を提供する文化的「他」者に依存している)や,宗教史(いろいろな程度の「非」現実的存在と何らかの関係を持ちつつ人々が生きているのだという主張に依存している)といった学問領域を持ちうるのだ,と論じることができよう。


1.ここの other は,日本語では「他・非」と両方書かないと,訳しにくいように思います。
2.「非」現実的存在とは,神仏や悪魔,天使,妖怪などのことでしょう。
3.「~に依存している」は,「~で成立している」と意訳もできるでしょう。
お礼コメント
kahe

お礼率 80% (282/349)

ありがとうございました。
投稿日時:2010/04/18 18:05
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ