社会保険(厚生年金・健康保険)がない会社に内定が決まりました。

社会保険(厚生年金・健康保険)がない会社に内定が決まりました。 さらに、雇用保険、労災保険もありません。 私は、先月...

ranaouyo00 さんからの 回答

質問者が選んだベストアンサー

  • 2010/04/13 02:00
  • 回答No.2
  • ベストアンサー
ranaouyo00

ベストアンサー率 27% (46/170)

litium555 さん内定おめでとうございます^^

私の息子の働いている職場も従業員が30名以上いて株式会社という名目だけで社会保障は無く、就職を決める際、株式会社だから社会保障は充実しているだろうと安心してたのですが、、、中身が無くがっかりでした。。。
本当なら労働基準法に罰せられるのでは?と思うのですが、、、国の管理体制は甘過ぎです。。。

中小企業というか零細企業は会社事態が社会保障を半分持つとなると人件費に食われてしまいやって行けれないというのが現状なのでしょう。。。
社会保障がある会社だと、正社員を少しでも減らし、パートやバイト雇用を重視しながら、何とかやれるみたいな。。。状態なのではないでしょうか。。。


まずは、、、

● 国民年金に加入(厚生年金がないのですから、法律上強制的に入らなくてはなりません)

  ・老後の安心・将来設計を考え、現状では、国民年金に上乗せ+付加年金・又は、国民年金と年金基   金。。。(少しでも割引が効き、お得な前払いや年額前払い等もよりの役所か社会保険事務所等で   詳しくお聞きになり決められると良いですよ。。。)

  ・ちなみに息子は、独身貴族なので将来の事をそこまで見据えていなく、私達親が二十歳から国民年   金は年払いで掛けて働く様になって給料が安定したら強制的に付加年金手続きをしました。。。
   400円位+で貰える額が○(5倍?)倍増えるからです。。。
   年金基金の方がお勧めですが、、、自分で掛けるとなると小遣いは減るし、今は守るべき家族もい   ないので本人の若さゆえ認識の無さで勧めても気がないのです。。。
   厚生年金みたいに最初から給料天引きなら良いのですが。。。(国の改善ありきですわ^^;)

  ・他にお勧めは民間の生命保険や銀行の生保やJA等で確定年金があります。。。
   (詳しくお聞きになられ加入されると良いのでは?)

  ・私個人的考えではlitium555さん 独身でまだこれから就職されるのですから、貯蓄をコツコツと   されれば良いのでは?!守るべき家族が出来た時に家族が困らない様に生命保険等に加入と      か。。。国民年金に加入していれば、もしかの時は子が18歳までは保障されますよ(年額○万)

●国民健康保険加入

●労災や失業保険がないので、それに担う生保の掛け捨ての傷害保険・収入保障の保険等に詳しく生命保険等に色々な保険会社等でセールスレディー等にお聞きになられ損の無い様に吟味され加入されれば良いのでは?ないでしょうか。。。

将来の事見据え考えてみえるからすごいですね。。。
若い子だとなかなか厚生年金だの健康保険だの考えない人多いですもの。。。
だし、給料からの天引きが多く手取りが少なくなるからと「ブーブー」言う人が多い中、感心です。。。

 
>仕事は確かに自分の興味のある、やりがいのある仕事です。
ただ、老後など将来のことを考えると不安でしょうがありません。

>この会社はやはり辞めておくべきなのでしょうか。

●派遣社員やなかなか正社員でなく就職が決まらないご時勢の中、ご自分に興味がありやりがいがある仕事でしたら、取り合えず働いてみても良いのでは。。。
老後や将来って、、、まだ若いのですから、、、いつでもやり直しは効くでしょうし、あまり先の先心配までしていたら心や体がいくつあっても足りません。。。
若くても明日、、、何が起こるかわからないし。。。(天災や事故・病気・・・極端かな?;ごめんなさいね。。。)

自営業者や零細中小企業での働いている人達は皆、不安だらけでなんて。。。生きてられなくなってしまいます。。。
心配御無用とは言いませんが、、、その様に貯蓄やそれに担う保険等に加入すれば良いと思いますよ。。。
あまり保険に固執するのも良くないですが、、、先立つ物はとにかく自由になる貯蓄だと思います。。。

無理せず方の力抜いて。。。「何とかなるさ、、、人生。。。よ^^。」
余談ですが、、、ちなみに私も自営業者で厚生年金ではないし安定した共済年金が羨ましいと常ずね思っております。。。
真面目に国民年金を掛けておりますが、全く国民年金を掛けてないのに老後、国から援助を受け生活保護者の方が受け取る額が多いなんて、、、おかしい矛盾した国の管理体制にあきれますが、、、自分の身は自分で守る体制も忘れてはいけません。。。
全てを人任せせず、、、銀行(金融機関)・保険会社にもアンテナを張り、知識を広げましょう。。。^^
私の考えで、、、少しでも参考になれば嬉しいですが。。。失礼しました。。。
お礼コメント
litium555

お礼率 77% (7/9)

ご回答ありがとうございます!

私の働く会社もranaouyo00さんの息子さんと同じく株式会社です。実際、会社を運営する上での義務を無視しているわけですから、違法だと思いますし監査が入ればアウトです。結局、何故社会保険が完備されてないのか理由を考えると色々あります。本社の経営自体が適当なのか、社長がそういった知識がないのか・・・天引きされて経費に回されてるのか・・・。

>> ・ちなみに息子は、独身貴族なので将来の事をそこまで見据えていなく、私達親が二十歳から国民年   金は年払いで掛けて働く様になって給料が安定したら強制的に付加年金手続きをしました。。。
  400円位+で貰える額が○(5倍?)倍増えるからです。。。

国民年金はとにかく払っていこうと考えておりましたが、付加年金手続きに関しては知りませんでした!
400円程で5倍程度になるのですか??気になってちょっと調べてみました。

もし40年間付加年金を払い続けたら
付加保険料 ⇒ 400円×40年(480月)=192,000円
付加年金額 ⇒ 200円×40年(480月)=96,000円(年額)

96,000円を12ヶ月で割ると月に8000円ほど上乗せされる。この考えで合ってますかね?
付加年金手続きも考えようと思います。

国民年金基金の方は具体的に毎月いくらとかが選択できるのでしょうかね?CM等でしか見たことがなくて・・・。とりあえず資料取り寄せから始めようかと思います。傷害保険、生命保険等もですね汗

>>派遣社員やなかなか正社員でなく就職が決まらないご時勢の中、ご自分に興味がありやりがいがある仕事でしたら、取り合えず働いてみても良いのでは。。。

たしかに自分がやりがいを持って出来る仕事に就けるチャンスはそうそうあるものじゃないのかもしれません。一度働いてみて、経験や知識をしっかりと蓄えることもまた財産なのかな、と思いました。
待遇面では最低といわざる得ないですが、やはりその上で自分なりに誇りを持ってできる仕事だったら、それは幸せなのかもしれないですね。

>>真面目に国民年金を掛けておりますが、全く国民年金を掛けてないのに老後、国から援助を受け生活保護者の方が受け取る額が多いなんて、、、

おかしいですよね・・・。なんだか真面目に収めるのが馬鹿らしくなってしまいます。そもそもわれわれ若者がはたして65歳で満額支給されるのかも怪しいところです。いまの財政では不可能・・・一体どこから財源を引っ張ってくるのでしょうか。1年分の振込み用紙が大量にと、説明書きが1枚だけパラっと送られてきた時は唖然としました(笑)もし国が年金支給できなくなっても紙切れ一枚で申し訳ないで済ますんでしょうね(笑)

とにかく自分にはまだまだ知識が足りないと痛感しました。民間の保険会社等も視野にいれつつ、とりあえずは働いてみようかと思います。

ありがとうございます!
投稿日時:2010/04/13 03:21
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
  • 皆さんに真剣な、ご質問をします。 その他(社会問題・時事)

    皆さんに真剣な、ご質問をします。 ここにいらっしゃる方で、人生について詳しい方、社会について詳しい方の、ご意見とアドバイスを是非お聞かせ下さい。 僕は本年、2011年1月13日で【満43歳】を迎えます。 僕の過去を振り返ってのお話です。 僕は、中学校を卒業してから高校に進学せずに直ぐ、昭和59年3月に17歳で就職をしました。 その就職先は、【株式会社】の配電盤製作工場に就職しました。 この会社は、福利厚生の【雇用保険】【労災保険】【社会保険】【厚生年金】などは揃っている会社でした。 しかし、事情により、この会社を約7ヶ月ほどで退職。 勿論、厚生年金は7ヶ月間しか掛かっていません。 その後、僕自身、17歳と言う年齢でまだまだ遊びたい年頃でした。 上記の会社を退職してから、暫くの間ぶらぶらしていました。 のらくらの人生で、遊びまわっていました。 ろくに就職もせずに遊びまわっていました。 就職しても永続きせずに、数件の会社を転々と移り変わったり、仕事もせずに数ヶ月あるいは数年の間無職の生活の繰り返しでした。 勿論、この間は当然、国民年金も厚生年金も何も掛かっていません。 国民年金の免除申請もしていませんでした。 この状態のまま年数が経ち、昭和62年9月に、知り合いの人から仕事を進められました。 この今現在の会社が以前とは違った会社で、【○○組】と言う日雇いの個人会社です。 従業員も4人しかいません。 当然、福利厚生などは無く、保険関係一切無いです。 知り合いの紹介で仕事を進められたため、これを切欠に【○○組】と言う個人会社に落ち着きました。 現在の会社に、昭和62年9月から勤めだしてから、今現在、平成23年1月現在までの間、約23年以上も勤めています。 この個人会社に勤めだしてから暫くして、僕が30歳の年齢の頃に、初めて、【国民保険】と【国民年金】に自分で加入するようになりました。 国民年金にしても、今までの経過を辿ってみると、かなりのブランクが有り、掛けていなかった空白が有ります。 僕が30歳で国民年金を掛け始めてから、今現在43歳までは、ずっと毎月掛けています。 そこで皆さんの、ご意見とアドバイスを参考にしたいのです。 今現在勤めている、日雇いの個人会社なんですが、福利厚生の【雇用保険】【労災保険】【社会保険】【厚生年金】などが揃っていないため、自分自身の将来を考え、不安などが装いました。 自分の将来について今までのままで良いのか? 福利厚生の【雇用保険】【労災保険】【社会保険】【厚生年金】などが揃った安定した【株式会社】などへ転職を考えています。 僕自身、保険関係に全く詳しくないため、皆さんのご意見とアドバイスが必要です。 簡単に言うと、【厚生年金が、約7ヶ月掛かっている】、【国民年金が、約12年ぐらい掛かっている】。 その後、今回、転職を考えて、福利厚生の【雇用保険】【労災保険】【社会保険】【厚生年金】などが揃った安定した【株式会社】などへ転職して、【厚生年金】をもう一度掛ける。 こう言う考えです。 国民年金の掛けている月数は、約12年ぐらいで、今度、新たに、厚生年金を今から掛ける場合、今から定年の60歳まで厚生年金を掛けたとしても、過去に厚生年金を掛けていた、7ヶ月の月数と今回、新たに厚生年金をかける月数と合計すると、約18年ぐらいしか掛けられないです。 国民年金、厚生年金は、25年以上掛けないと受給資格が得られないと聞いているので、この部分が新たな不安と問題が発生しています。 国民年金と厚生年金の掛けた月数をトータルして合計して将来受給されれば問題無いのですが? どうか皆さん大変申し訳有りませんが、ご意見とアドバイスをお寄せ頂けないでしょうか。 どうか宜しくお願いします。 【合掌とお辞儀】...

  • 退職-就職の年末調整について その他(税金)

    今回初めて確定申告しなければならない様で、色々調べています。 自分なりの解釈があっているかどうか、見ていただきたく投稿しました。 私の状況はというと、 9月末に会社を退職、10月は無職のため、主人の扶養になり、主人の会社の健康保険と国民年金第3号に。 11月から就職予定。雇用保険は即入れるが社会保険は来年1月から加入できるとの事、よって、 11月からは主人の扶養から脱退(年収見込み130万円超)し、国民健康保険と国民年金(第1号)加入(11月と12月の2ヶ月間のみ) 来年1月からは会社の厚生年金と健康保険に加入できる予定です。 そこで、私の解釈です。 ------------------------------------------ 年末調整は、前職の源泉徴収票を就職予定の会社に提出し、11月からの雇用保険料部分も合わせて手続きしてもらう。 11月12月の社会保険料控除については、国民年金と国民健康保険料支払証明書が来年2月上旬にならないと送付されてこないので(今回初めての納付の為)、個人でかけている生命保険(控除証明書あり)と合わせて、来年2~3月に自分で確定申告して所得税の還付を受ける。 来年の年末調整は、在籍していれば会社がしてくれる(ハズ)。 国民健康保険と国民年金の支払証明書は、役所に言えば早めに郵送してくれるそうなので、間に合えばですが、生計を一にしている主人の会社に提出して、そちらで手続きしてもらうことも可能。 ------------------------------------------ と、自分なりに調べてみました。(ちなみに、住民税は自分で払い込み用紙で払う予定でいます。) この解釈であっているでしょうか? ご教授をよろしくお願いします。...

  • 厚生年金は加入していない? 厚生年金

    ハローワークで 社会保険のあるところを選んで就職しました。 ですが、健康保険証を手にして初めての給料を昨日いただき、明細を見てみると、 健康保険と、厚生年金の部分が白紙でした。 これは加入していないということですか? 雇用保険と、社会保険料合計、課税対象額、所得税には記入がありました。 実は国民年金を、8月の末から支払わなければならず、 就職したからと、振込していません。 どなたか教えてください。...

  • 厚生年金と、国民年金と、社会保険 その他(年金)

    13年4月~13年8月末日まで勤めていた会社で、雇用保険は4月から入っていたのですが、社会保険は、六月からということで、六月~給料より天引きで、社会保険料(厚生年金・健康保険??)を払っていました. 会社を退職し国民年金の手続きをしたところ、7.8月は厚生年金を払ってるけど、六月と8月分は国民年金の請求されました。 8月に病院に通っていたので、会社に国民健康保険では困るといったところ、2ヶ月分で3ヶ月使えてるから大丈夫といわれましたが、厚生年金と社会保険の制度をわかりやすく教えて下さい。...

  • 退職後、さかのぼって社会保険を前職場に請求する場合 雇用保険

    数週間前に丸7年間働いていた職場を自己都合退職いたしました。 全職場は個人事業主の会社で、社会保険(健康保険、厚生年金、雇用保険) は加入しておらず、自分ですべての期間、国民年金と国民健康保険に加入しておりました。 勤務時間については普通の正社員と全く同じ、もしくはそれ以上の時間は働いておりました。 今回、ハローワークに職業訓練の申し込みにいったところ (雇用保険未加入でも受けられるので)、「保険は遡って請求できる」といわれました。 またその後、役所に健康保険と国民年金の窓口に それぞれ減額等の申請にいった際に、同じように 「後から申請できると思うけど…」と再度言われました。 そのとき、その話でハローワーク内をたらい回しにされた上、 正直退職した私にとって、聞きたい肝心なことには一切答えてもらえず、 「そこの会社は税金は払ってるのか(怒)!!(結局払っているようでした)」などなどで長時間、本当に辟易したため、とりあえず私が必要な件をこちらで確認させていただきたく、 質問させていただいております。 社会保険の会社の加入義務に就いて自分なりに調べましたところ、 個人事業主の会社で常時5人未満の従業員の場合は、強制適用ではないということですが、 入社当時から5年程は、従業員が社長除いて3名(事業主である社長入れて4名)だったためその通り、強制適用ではないため、この期間においての「さかのぼってうんぬん」は社長の承諾がない限り、不可能なのだと理解しております。 ただ、私が退職する10ヶ月程前に社長除いて従業員が4名に、 半年程前に従業員が5名になりました。 つまり、最低でもこの最後の半年ほどは「強制適用」の対象になると思われます。 職種に関しては、自分で調べた範囲ではこの対象内であると思います。 また、細かく言うとその入社当時から5年程の間に、2名の入社、退職があり、 従業員が5名であったことが半年程ありました。 と、一応記したものの この2名の入退社はかなりややこしくなりそうなので そこは結構ですが… 他、当サイトの http://okwave.jp/qa/q7351093.html 等も拝見しましたが、 やはり、「遡って短期間分のみ請求」についてはいまいちわかりませんでした。 前置きが長くなりましたが、 「個人事業主で社長以外の従業員が5名だった期間(社会保険加入の強制適用期間)が、 私が退職する直前の半年程」という短い期間の場合を遡って申請する場合… ・社会保険を遡ってまで申請して、将来増える年金額とは いくらぐらいのものでしょうか。また、上記の通り、(強制的に)申請できる期間は この半年程分のみという認識でよいのでしょうか。 ・社会保険のうち、「雇用保険」については申請せず、 「厚生年金」のみを請求したいのですが、それは可能なのでしょうか。 ・「従業員が5人未満」というところの「従業員」とは 経営者である社長を除いた人数であると理解しておりますが それで正しいでしょうか。 ちなみに給与は月額260,000円 年収はそのまま310,000円程です。 また、本人が世帯主であり扶養なしの独身、30代後半です。 その都道府県等によって差があることは理解しておりますが 「おおよそ」が知りたいです。 例えば将来の年金の上乗せ額は「3万~5万」程度なのか 「10万」ぐらいはあるのか、いやはや「そんなない。」のかといった感じです。 また、万が一請求するとなった際に (これもおおよそですが)どれぐらいの期間を要するものなのでしょうか。 というのも… あと1週間と少しで、受講しようとしている「ハローワークでの職業訓練」の受付期限が迫っており その際に、雇用保険の件も絡んでくるのなら早く動かなくてはいけませんし、 もしくは、その社会保険の「さかのぼって請求」の手続きが済んでからでないと 「職業訓練」自体も受講が難しいのであれば、 現在無職の為、少しでも早く次に向けて動きたいということもあり、 その将来の上乗せ厚生年金額によっては 「社会保険さかのぼって申請」は やめようと考えております。 ややこしいかとは思いますが ご教授いただけたらと思います。 よろしくお願いいたします。 また、実際にそういう遡って請求をした、友人でいた等の方がいらっしゃったら 「かなり大変そうだったのかどうか」など、主観でかまいませんので 些細なことでも教えていただけると、助かります。...

ページ先頭へ