• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

There are going to be ..........................

NHKラジオ英会話講座より There are going to be a lot of really interesting art and showbiz people there. そこには本当に面白い芸術家や芸能界の人たちがたくさん集まるのよ。 質問:there is 構文とbe going toの組み合わせに疑問があります。 (1)主語はinteresting art and showbiz people でしょうか? (2)There will be a lot of really interesting art and showbiz people there.とbe going toの代わりにwillではいけませんか? (3)there are going to beが1つの型でありthere are going to do とbeの代わりにdoの型もありますか? (4)be going toの主語は人意外は経験がありませんので、なにかアドバイスをお願いできれば幸いです。 以上

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数1
  • 閲覧数579
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

There は一般的な物、こと、人の存在を表します。 したがって the や my のような特定されてることとは一緒に使われません。 × There is the book here. ○ The book is here. 次に語順は There + 動詞 +主語 の順番です There lived an old man in this house. この家には老人が住んでいた。 There used to be a castle here. ここには以前城があった There is going to be a party next Sunday. 来週の日曜日パーティーがあります 次に be going to と will の使い分けを説明します be going to は既に予定されていた事に使います Mother: Can you repair Tom's bike? トムの自転車直せる? It has a flat tire. パンクしてるの Father: I know. He told me. 知ってる。言ってきた     I'm going to repair it tomorrow.     明日直す予定だよ will は話の中で予定を組む時に使います Tom: My bicycle has a flat tire.自転車がパンクしてる Can you repair it for me? 直してくれる Father: OK but I can't do it now. わかった。でも今は無理     I will do it tomorrow. 明日するよ 上記ははっきりした区別です。それ以外の未来は、どちらでもよく、 その違いはありません。 It will rain this afternoon. It's going to rain this afternoon. I will be 20 next month. I'm going to be 20 next month. It's already 8 o'clock. I'll be late. It's already 8 o'clock. I'm going to be late. 例の文は従ってどちらでも変わりません。もし違いがあるという 英語国民がいるとしたら、それは個人的な感覚と言えます。 There will be a lot of ... There is going to be a lot of...

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いつもご回答をいただき心より御礼申し上げます。とても分りやすくよく理解できました。疑問のすべてをカバーしていただきました。 >There は一般的な物、こと、人の存在を表します。したがって the や my のような特定されてることとは一緒に使われません。 >There + 動詞 +主語 の順番です >be going to は既に予定されていた事に使います >will は話の中で予定を組む時に使います >それ以外の未来は、どちらでもよく、その違いはありません。  何度も読み直して、自分のものにします。有難うございました。今後ともよろしくお願い申し上げます。まずは御礼まで

関連するQ&A

  • be going toでは、不可能でしょうか?

    こんにちは。 お世話になります。 英語初学者です。 英文を読んでいたら、主人公達の乗ったロケットが惑星に着陸するシーンで、 次のような描写が有りました。 ‟We are going to land on that planet,”said Nadim. ‟We will soon be there.” 上段2番目の文の willが、なぜ、be going toではなく使われているのかが分りません。 置き換えて、we are going to be there soonにすることは可能でしょうか? どなたか、意味を教えては下さいませんでしょうか? 宜しくお願いいたします。

  • BE GOING TO・・・

    NHKラジオ講座より J:I'M GLAD I'M VISITING LOTS OF DEFFERENT PLACES. P:YOU WILL GET MANY DIFFRENT TYPES OF PICTURES. J:AND THEY ARE GOING TO BE GREAT. J:いろいろな場所をまわれてうれしいな。 P:色々な写真が撮れるだろうし。 J:それも傑作ばかりね。 (質問1)THEY ARE GREAT. 最後の行で[GOING TO]を省いた文章との表現の違いを教えてください。 (質問2)THEY WILL BE GREAT. ではどうでしょうか? (質問3)[BE GOING TO]は、「~これからします」とか「~これからするつもり」なら分るのですが、本文の場合はどういう意図で使われているのでしょうか? 上記の疑問点にご回答いただきたく、よろしくお願いいたします。以上

  • will と be going to

    間違い探しの問題です。 We have trained really hard so I am sure we are winning the match,the day after tomorrow. 解答では are winning → will win となってます。 本当に熱心に鍛えたと言う根拠があるので are going to win の方がよいのではと私は思うのですが、ここでbe going to を使えない理由でもあるのでしょうか? どなたか解説お願いします。

  • will  と be going to

    こんにちは。また教えてください。 シャドーイング用に使っているテキストにこんな文章があります。 Next year,my father will be going to New York,and so will I. (父は来年、ニューヨークへ行きます。私もついて行くつもりです。) 1.未来をあらわす「will」と「be going to」が続いているので「おや っ?」と思ったのです。 「will+be+ing」で未来進行形と解釈する と意味が変になるよう な 気がします。 「will」をとって、「my father is going to go to New York・・・」でいいと思うのですが・・ 2.もうひとつ。「・・・and so will I」はなぜ「I will」ではない のでしょう?  以上、よろしくお願いします。

  • will と be going to

    will と be going to  高校の、ある参考書によると、will は (1)きっとそうなると思っていることを表す。He will win the rase.(彼はその競争に勝つよ。)のように、話す人が「きっとそうなる」と思っているときは、助動詞のwillを使う。この文の場合、話している人は、「彼がその競争に勝つ」と思っていることになる。  というように説明しています。 ところが、別の参考書によると『事実として述べる場合は、 be going to を使うと言っていて、さらにそのすぐあと、自信を持って予測を述べる場合、be going toを頻繁に使う。と言っています。例文として、He is going to get better .(彼は調子がよくなりますよ。)The way things are sold is going to change now because of the Internet.(物品の販売法は、これからインターネットの影響で変わります。)  Susan is going to have another baby in a few weeks.(2,3週間すれば、スーザンにはもう一人赤ちゃんが生まれるよ。)といったものが挙げられています。(主語は、1,2,3、人称でも、生物でも無生物でもよい。と、言っています。 この両者の説明は明らかに矛盾しているように思えます。どちらの例文も、『きっとそうなる。』という、話し手の将来に向けての主観(的予測)を表現しています。私としては、『きっとそうなる』を表すのは、be going to だと思っていました。He will win the rase.(彼はその競争に勝つよ。)は、予測というよりは、『私が、何とかして彼を勝たせてあげようと思う。』というニュアンスが入り込んでいると思うのですが、いかがでしょう。  

  • will と be going to

    英語圏以外の人が勉強するための教科書(ALL-STAR Vol.3)に、will と be going toの使用時の使い分けに以下のように記載が有りました。が、日本人専用でない為日本語訳がなく、よく判りません。どなたか訳を教えてもらえませんか? 書かれていたのは以下の通りです。 1)Use will or be going to when talking about future plans or making a prediction about the future. この場合は、以下の使い方どちらでも可と書かれています。 例文・When you are ready, we will leave/we are going to leave. 2)Use be going to when talking about prior plans about the future. この場合は、以下の使い方と書かれています。 例文・When I graduate, I am going to travel. 3)Use will when no prior plan has been made and you are deciding to do something while speaking. この場合は、以下の使い方と書かれています。 例文・When we are finished, I will wash the dishes. 宜しくお願い致します。(誤字有ればスイマセン)

  • 未来進行形とbe going toの違い

    When are you going to fly? How are you going to pay? You are going to meet Mr. XXX.等々の使い方と When will you be flying? How will you be paying? You will be meeting Mr. XXX.との違いは何ですか。 違いを教えて下さい。

  • as there are expected to

    as there are expected to be many bugs, I recommend you wear a long-sleeved shirt. の最初のas の節ですが、主語と述語はどのように考えたらよいのでしょうか。 通常、there are ・・・ だと第一文型で、areの後の名詞が主語で、areが述語だと思うのですが、この場合はどう考えるべきなのでしょうか。 expected to be が挿入とか?

  • will と be going to のちがいは?

    will と be going to のちがいは? アリスワンダーランドの台詞に Hemish is going to ask for your hand. Hemish will ask you under the gazebo. will と be going to と使い分けていますが、ニュアンスは異なるのでしょうか。 また、同じくアリスワンダーランドの台詞に I'm going to wake up now, and you'll all disappear... とあります。これもwill と be going to と使い分けていますが、ニュアンスは異なるのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • will と be going toについて

    参考書の例文に"Do you know that a new building will be build next year?" と書いてあったんですがこれはなぜbe going to じゃないのでしょうか? あらかじめ決まっていることはbe going to で、その場できまったのはwillって習ったんですが。 それを考えるとbe going to のほうが・・って思ってしまうんですが。わかる方、回答お願いいたします;