• ベストアンサー
  • 困ってます

隣地境界線の不法侵入

遠隔地にある私の土地の隣の土地の持ち主が建築物を建てました。 1.5年程前だそうです。遠隔地のために、管理が行き届かない間に 隣地の持ち主が、これまでの境界を40cm程超えて、前にあった建物を壊し、新たに建築物を建てたのです。市にクレームを言っても、立て主が 申請したので、仕方がない、市には責任はないと言うばかりです。法務局に言っても、古い図面しかなかったところだから、今ある新しい図面は今回の申請者の提出書面しかないです。本当の境界地は法務局ではわかりませんというばかりです。バブルのころ、隣地の所有者が私に私の所有地を売ってほしいと10年ほど言い続けたが断った経緯があります。建物が出来あがった今頃になって私から相手への損害賠償請求が可能でしょうか、またその方法があれば教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1863
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • ben0514
  • ベストアンサー率48% (2966/6105)

総合事務所などの土地家屋調査士へ相談されることをお勧めします。 現在相手方が主張している境界までと、あなたが主張されている境界でまでで、あなたの主張が正しいかどうかを確認すべきでしょう。 根拠がない主張はあまり意味がないでしょう。 あなたの土地の縄伸び部分を相手が主張しているのであれば、難しいかもしれませんね。 法務局では筆界特定制度というものがあります。費用もそれなりにかかるでしょう。まずは、現状の把握を根拠あるものにしてから、あなたが主張できる権利をまとめるべきです。本来の土地の形状に戻すために、相手の建物の移設や取り壊し、境界を越えている部分の売買、これらのトラブルに対する慰謝料など、求める順番や交渉の方法は、正しい方法が一つとは限りません。 私の実家の土地では、昔の土地の売買相手が、売買した土地を越えて土地を利用していました。境界問題をはっきりさせるために、話し合いを求めたら、相手は、土地家屋調査士と司法書士、さらには弁護士に依頼して、時効を求めてきましたね。私どもも簡裁代理認定司法書士と土地家屋調査士へ相談の結果、裁判などとなれば負けること、さらに裁判費用などがかかること、これらのことから近隣でのトラブルで近所付き合いで優位に立つためにも、負けるが勝ちを進められましたね。 相手方は、こちらの主張を履き違えて大きな問題にしてしまったことを含め、恐縮していましたね。こちらは、今まで使わなかった土地を奪われた形ですので、実質の損害はないと考えていますね。 簡裁代理認定司法書士や非認定司法書士も便利な場合がありますよ。裁判知識も弁護士ほどではなくともありますし、もとめる訴訟金額によっては、弁護士と同等の活動が可能ですし、どんな金額でも裁判書類の作成などは可能ですからね。境界などの問題は土地家屋調査士も必要ですので、総合事務所が良いでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答どうもありがとうございます。総合事務所という言葉を始めて聞きました。看板がそういう言葉で、法律も知っていて土地家屋調査士もその事務所に属している事務所があるのでしょうか。相手の土地と私の土地に関する図面や資料を集めて、相談をしてみます。遠方地なので細かい対策がとれるか否かを危ぐしています。ご回答の中の土地の縄伸び部分とはどういう意味なのでしょうか。境界のブロックを無視されるとは考えてもみなかったので、古い図面の中でどこまで当方の正当性を主張できるか悩んでいます。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • ben0514
  • ベストアンサー率48% (2966/6105)

追記させていただきます。 総合事務所と記載させていただいた部分について、補足です。 総合事務所という名称を使っている事務所だからといっても、土地家屋調査士がいるとは限りません。複数の専門家などが集まり総合事務所と名乗ることがあります。ただ、関連する専門家とは提携や協力関係を結んでいるでしょうから、土地家屋調査士の分野でも大丈夫でしょう。 単純に総合事務所と書きましたが、 ○複数の資格を持つ兼業事務所 ○複数の資格者の共同事務所 ○上記二つの混合の共同事務所 があるでしょう。 通常の専門家事務所(士業事務所)は個人事務所です。しかし、最近では法人事務所も存在します。司法書士法人・土地家屋調査士法人・税理士法人・行政書士法人などですね。さらにこれらが共同事務所になる場合もあります。 私の知っている事務所は、通称○○総合事務所として、司法書士法人・土地家屋調査士法人・行政書士事務所・社会保険労務士事務所などの共同事務所で、代表はすべての資格保有者で、それぞれの資格保持者などを雇用等して運営しています。この事務所は初回相談無料で行っているため、初回時に必要な資格者を判断し同席してもらい、相談に乗ってもらえるので、私にとっては便利な人脈ですね。 最近の専門家はHPなどを用意しており、代表者の資格や他の資格者の一覧や人数などを掲載していることが多いです。地域と資格などで検索をしていけば見つけられるかも知れませんよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御回答者への皆様へのお礼が、遅れて申し訳ありませんでした。土地争いは命がけになります。それで、次の一手を悩んでいます。相手は不動産や各種取引についてそれなりの人?です。話し合いができる 人ではありません。追い出しをくらったある人は、日夜泊まり込みで、防御したということを聞きました。彼は運よく裁判に持ちだすことが出来、その資産を守れたという話です。善人にはこの国の法律は、やさしくないのです。法律の構成が雑なのです。良く考える人がこの国の法律を作成してくれないと困るのです。(私の泣き言です)

  • 回答No.2
  • 02jp
  • ベストアンサー率19% (76/397)

相手も中々ですね。 賠償する前に 境界行ってないですからマズ順番から 貴方も堂々と相手の土地に杭を打ってここだ!主張しましょう!  放置期間が長ければ相手はさらに有利です。 マズ 境界トラブルですから法務局に張ってある 土地家屋調査士リストから地元の人を択んで頼む 貴方の主張が無理なら裁判なると思いますが  貴方の土地の面積 周辺の境界状況など十分把握し戦いましょうね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

対策ありがとうございます。ブロックをはずし、かなり私どもの方へ入っていました。地元の土地家屋調査士に頼みたいですが、どう調査すれば適正な人をみつけられますか。 なお、隣地の所有者は、そこを(現在の所有者の前の所有者から)借りて建物を所有していた人を数年かけて追い出しに成功していました。その事件で話が普通に出来る相手ではないと考えています。

  • 回答No.1
noname#116562
noname#116562

損害賠償が可能だとしても、それは境界(筆界)がはっきり分かっていることが前提となるのではないでしょうか? まずは、境界(筆界)を確定させる必要があると思います。 境界(筆界)の確定には、いろいろな方法がありますが、当事者同士の話会いによる解決の余地はなさそうですから、公的な方法によるしかないように思われます。 とりあえず筆界特定制度、ADRなどの方法があるようですが、少々専門的な知識が必要なので、土地家屋調査士に相談されるべきかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。ブロックでしっかり境界が決まっていたのですが、ブロックをはずしかなり、私どもの方へ入っていました。 筆界特定制度、ADRどちらも知らない言葉です。地元の土地家屋調査士に頼みたいですが、どう調査すれば適正な人をみつけられますか。なお、隣地の所有者は、そこを(現在の所有者の前の所有者から)借りて建物を所有していた人を長年かけて追い出しに成功していました。

関連するQ&A

  • 建築確認申請の隣地境界線について

    先ほど、建物表題登記で質問しましたが、別件質問致します。 3つに分筆されてる土地に新築中です。 建築確認申請時の図面に使用する隣地境界線について。 隣地境界線とは登記上の境界の事だと思うのですが、設計士は建築面積の境界を隣地境界として図面に記載しています。建築する地番の敷地境界線を記載していないのですがこれは合法なのでしょうか? 建築確認の完了検査は無い地域のようですが、後から問題となる事はないでしょうか。 建築確認と建物表題登記は役所が違うので、照合作業が発生しているとは思ってはいなのですが。 確認申請の軽微な変更を実施する予定でいますので、修正が必要であるのであれば修正を依頼する事は可能なのですが、軽微な変更では無く計画変更になってしまうのでしょうか? 専門家の方にご教示頂けたら幸いです。

  • 隣地との境界について

    隣地の代理人の土地家屋調査士から連絡が来て、用地境界を確定させたいので立会して下さいと言われて現地で立会しました。 言葉にすると難しいのですが、図のように(1)と(2)のところに用地杭が建植されていいます。私はこの土地を買うときに(2)が隣地との用地杭だと聞かされていたのですが、代理人は(1)だと言います。 その理由は・・・  ○法務局にある図面は用地境界が一直線である。  ○私と隣地の前面の土地の持ち主達AとBは、(1)で境界を確定させている。  ○前面のAとBの境界にはブロック塀があり、(1)はまず間違いない。 こういう訳です。 私からしてみたら、前面の持ち主たちAさんとBさんの境界は確かに(1)かもしれないが、杭が2本あるということは、(2)が私と隣地の境界を示すものではないかと思うのです。そうではないと、(2)の場所に杭を建植する意味がありませんので・・・ ちなみに、全く同じ大きさ・種類の杭で建植された時期も同じようですが、私も隣人もいつ建植されたのかは知りません。 法務局の図面の境界が一直線で、現地には2本の杭がある場合、どう処理するのがいいでしょうか? アドバイスをよろしくお願いします。 -----+------    私      隣地 -----(1)(2)-----        |        |  前人A  |  前人B        |        |        |

  • 隣地との境界線

    今回、隣地の地主から土地の測量の申し入れがあり土地家屋調査士が測量に来ています。 登記簿に記載されている土地の面積より、実際の土地の面積のほうが大きいのです。 土地の2方向は道路で境界杭(コンクリート製)があります。 しかし公図と当方が購入した土地と形が違っています。 購入した当時は昭和20年台で図面などはなく、地番と面積(実測より小さい登記されている面積)だけが記された契約書だけ残っております。 公図では隣地境界線が2点を結ぶ直線になっていますが、昭和20年台に土地の造成をする際に作成した図面ではもう1点ポイントがあり公図より大きい土地になっております。 そのポイントには杭などはありません。(上記の造成図面でしか証明できません) 土地家屋調査士は「公図が直線なのでそのとおりにする」と言っておりますが、納得いきません。 今のところ穏便にしておりますが、登記面積より実測した面積のほうが大きいことが弱みになりそうで、どうしたら良いのかわかりません。 土地地積更正登記はしなくてはいけないのでしょうか? 隣地境界をどのように主張すれば良いのでしょうか? 皆様の意見をお聞かせ下さい。

  • 隣地との境界線確定について

    昨日、所有する土地(更地)のお隣(現状更地)が急に家を建築すると建築を担当する住宅会社から連絡があり本日から工事を開始するとの事です。 隣地との境界は石が2個入っているだけで明確な線引きはありません。 あまりに急な事で困っていますが隣地との正確な境界を画定するためにはどうしたらいいのでしょうか? 測量事務所に測量を頼んで費用折半が正しい策でしょうか?

  • 隣地との境界

    自宅と隣地の間には通路(幅1m:長さ8m)みたいな空き地(草刈なども両家でしていました)があるのですが、これは今まで真ん中が隣地との境界線と思っていたのですが、 半年前に市の地籍調査(一筆調査)で法務局の公図を基で見て第三者の人の土地と判りました。 壁ぎりぎりに境界杭を打って行きました(あまりもめたくないので黙っていたのですが)その時、土地の所有者はひさしが出ている分はそのままで良いといっていたのですが、 先日 急に出ているひさしを切り取るか(屋根も少し切り取る)、その空き地を買い取ってくれといってきたのですが今までの迷惑料(使用料)を含めて地価の20倍位の値段で 出ている部分は切り取らなくてはいけえないのですか? 法務局の公図ってだいたいの大きさしか載っていないですが(入り組んでいるのでそこの面積が解らない これは両者の話し合いで決めるのですか?

  • 所有地間の隣地境界線を屋根が超える新築について

    所有地(同一名義で、繋がっているが番地が複数あり)の一部に新築を計画しております 建築確認申請が完了し、建物の配置の詳細を打ち合わせるところです 施工業者との打ち合わせの前に、現地確認をしたところ、図面位置から2mほどずらしたいという要望が出て参りました ずらす場合、隣の番地(所有地、申請地外)との境界線10cmに新築壁面が迫り、屋根が80cm程境界線を越えます 屋根の越境先の付近に建築物は何もありませんが、その番地敷地内には母屋があります(新築建屋とは5m位離れています) (1)工期を遅らせられませんので、確認申請の変更などは難しいです (2)屋根の形状変更は未打ち合わせです (3)場所は愛知県、防火指定は法22条区域です  建築業者とは近日中に現地打ち合わせをします どのような対応が可能か、屋根が境界線を越えて建築した場合、完了検査で指摘の可能性など教示いただければ幸いです よろしくお願いします

  • 土地の境界線がずれている

    所有土地について、測量を実施したところ、境界が隣地宅に約40cmずれていることが判りました。 (土地登記簿と比較して) この土地は、当方所有の土地を、大手業者が開発分譲したもので、隣地部分は、大手業者より、宅地販売会社に一括売買され、隣地宅はこの宅地販売会社より、購入したとのことです。 境界杭はずれた位置に残っており、大手業者と宅地販売会社との引き渡し時点で、ずれたものかと思います。(この時点で、当方は確認していない。業者を信頼していた) 測量した業者の話では、隣地宅には、故意とは見受けられないのと、時効でもあるので、請求は無理だといわれました。 法務局の登記図面があるのに、今ひとつ、納得できないのですが、このようなことが一般的なのでしょうか?

  • 建物と境界線の距離について/塀について

     こんにちは、設計関係の仕事をしているものです。  現在、建築確認申請書の準備をしているのですが、 施主のほうから平面図をもらい「このようにしてください」と図面をもらい 計画図を作成したのですが、敷地が長細いため隣地境界から建物まで 500mm、道路境界から460mm程度しか空きません 用途地域は、2種住居地域なので後退距離はないとは思うのですが、 少し建物を小さくしたほうがいいのでしょうか?軒先などが境界線から出ても問題ないのでしょうか? もうひとつ質問があります。 隣地のブロック塀が2m位あるのですが、申請書ののほうに記載するようでしょうか? たしか2mを超える塀は安全を確かめるようだと記憶してるのですが、隣地の塀なので きさいのひつようはないのでしょうか? 建築に詳しい方、よろしくお願いします。

  • 隣地との境界確定後に隣地所有者が変わった場合

    以前に隣地所有者と民々境界確定書を交わしました。土地家屋調査士作成の測量図面と印鑑証明も添付しています。 その土地は現在空き地になっているのですが、最近隣地の所有者が変わったらしく、境界を確定したいので立ち会いにきてほしいとの連絡がありました。 話を聞くと私が境界確定書を交わした時から何度も所有権移転があったらしく、今の所有者は境界確定書があることは知らなかったとのことです。 このような場合、以前の所有者と交わした民々境界確定書の法的効力はあるのでしょうか? 長文になりましたがご教示頂ければ幸いです。

  • 境界線のことで 困ってます。

    築30年中古住宅を購入しました。 最近になって、空き地だった隣地が 売られることに。  仲介業者が境界線変更の手続きを要求してこられました。 30年前の境界線のやり直しを 今更するなんて?!と思い 市の相談センターにも確認。 ある日、何をしているんだろうと外へ出てみたら 現在の持ち主と仲介業者が。 そこで 少し数値に違いがあり境界線が私側に寄るので この塀を削ってもらう。といろいろ言われました。今更自分に負担がかかるようなことは したくないと伝えました。 また 2センチ3センチで 塀を削るのは 困る。新しく土地を購入し工事する際に うまくこちらに負担がこないように申し送りをきちんとしてくださらないと困る。と現持ち主さんと仲介業者に伝えました。  しばらくして 境界線が新しく作り直されていました。  またしばらくしたら 隣地に住宅を2戸建てますと 「開発協議報告書」が渡されました。  そこには 「隣地権利者との間で当該開発事業に係る問題が生じた場合は 当方で誠意を持って対応することを誓約いたします。」とありました。  このままでは 不安です。  こちらの要求をどこに どのようにしたら良いでしょうか?  何か良い方法は ありませんか。