• ベストアンサー
  • 困ってます

遺言書と遺留分について

遺言書と遺留分について 1、母親の全財産は長男一人に相続させる二男には一銭も相続させたくという遺言書を書いているとのことですが、仮にもしその母親が亡くなった時、二男には遺留分というか法定相続権はないのでしょうか? 2、借りにもし二男が遺言書があるにも関わらず、遺留分の相続権があるのなら、その母親から、生前贈与を、長男が受けておいた方がいいのでしょうか? どなたか御教示お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数9
  • 閲覧数578
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
noname#137421
noname#137421

NO1ですが・・NO3の方がお答えになっている遺留分は2分の一は間違いです下記にURL貼り付けて起きます。

参考URL:
http://www.kksam.net/iryuubun.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 遺留分侵害の遺言書について

    遺留分侵害の遺言書について 亡父が自筆遺言書で「死後遺産の全部を配偶者へ遺贈する」ー とだけ書き記してありました。 1)この遺言書の内容が配偶者に全部」という記述をもって相続人(子供4名)の取り分を侵害された・・・という解釈が成立するのですか。 2)遺留分侵害、つまり、減殺申立ては遺言書だけでは生前贈与その他の一切を合算して判定(判断)するときに遺留分減殺申立てができるのですか(死後遺産よりも生前贈与が数倍多い)。

  • 遺留分放棄したが遺言書があった場合は?

    生前に贈与を受けた為、遺留分放棄の手続きをさせられたが、死後に遺言書にて相続することが記入されて会った場合は遺言書の内容が優先されて遺留分放棄の件はなかったことになるのでしょうか?

  • 遺言書と遺留分について

    お世話になります。 私には、4人の兄弟がいます。母親が歳で、財産相続について心配しています。 固定資産、現金があります。私が長男で少なくとも固定資産の相続をしないと、現在の住まいがなくなってしまいます。 母親に遺言書を作ってもらいました。 その内容は、私にすべての財産を相続させるということ。私が私の兄弟に、お金を与えることを書いてもらいました。 このような、内容であれば有効になるのでしょうか。遺留分は3分の1あると聞いています。ということは、遺産の3分の2を私がもらい、3分の1を他の兄弟で分けないといけないのでしょうか。私が支払う、金額が相続の3分の1以上兄弟に渡せばいいのでしょうか。 よろしくお願いします。

その他の回答 (8)

  • 回答No.9
noname#137421
noname#137421

NO7・NO8・他人の質問欄を借りて他の回答者を挑発するのは辞めましょう。常識に欠けますよ・良く研究して正しい解答に心掛けて下さい。くれぐれも他人の質問欄で他の方を挑発する様な書き込みはしないで下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.8
  • akak71
  • ベストアンサー率27% (741/2672)

私の回答「遺留分は同じです」 #6のとの反論 「遺言書が同じ」と勘違いしています。 もう少し日本語を吟味してください。 遺留分が違うというなら、どこが違うかを説明してください!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7
  • akak71
  • ベストアンサー率27% (741/2672)

公正証書遺言も自筆証書遺言も遺留分の割合は同じです。 遺言の効力は同じです。 公正証書遺言を自筆証書遺言で変更することもできます。 公正証書遺言と自筆証書遺言の優劣はありません。 遺留分は民法1028条参照 公正証書遺言は遺言書の偽造などと他の相続人に言われないことです。 自筆証書遺言書は、記載の誤りで無効になることがあります。 違いはまだあります。 ただし、遺留分の割合は同じなのです。 #3の意見は正しいです。  誤りと解答しているのが誤り。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
noname#137421
noname#137421

NO2・・回答者の方の・・遺留分は皆同じです・・??? 自筆遺言書・・と公正証書遺言・・は同じです・・ 同じでは在りません・・何故ならどうして・・公正証書と言うものが存在するのでしょうか?又仮に自筆遺言を作成したとして・遺言者が亡くなった後相続人「複数」の場合意義を唱える相続人が其の遺言書は本当に被相続人の自筆で在るか非かの鑑定を裁判所に委ねる事になります、こうなれば時間も掛かりますし費用も掛かります、従いまして遺言書は公正証書を撒くのが正解です。 <遺言書の遺留分はおなじです?? 遺言書の遺留分は同じ??何が同じ??でしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
  • hima-827
  • ベストアンサー率24% (1087/4413)

>NO3の方がお答えになっている遺留分は2分の一は間違いです 言葉が足りませんでした。 今回の質問者様の場合は、子供が居るので、直系の祖父母は関わってきませんので、最大の相続人でも、配偶者と子供しか居ませんので、本来受け取れる権利がある相続割合の二分の一が遺留分になります。 今回の質問で、相続人が子供二人のみでしたら二分の一×二分の一で一人当たりで見ると、四分の一が遺留分になります。 あと、蛇足ですが、遺言は公正証書遺言が望ましいですが、自筆でも遺言の内容を満たしていれば、有効で違いはありません。 でも、トラブルが予測される場合は、公正証書遺言の方が、ケチをつけられにくいので、一般的には勧めます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • hima-827
  • ベストアンサー率24% (1087/4413)

1 遺留分は、相続が発生してから、申し立てしないと権利は発生しません。(だまっていたら、もらえない) 遺留分とは本来受け取る事が出来る相続分の二分の一です。 2 生前贈与の分も、家や土地など生計の資本になるものは、相続時に、合算して計算します。 ですから、相続時に、合算した物が二男の遺留分を侵害している場合は、兄に足りない分は請求出来ます。 でも、こじれると、家裁の調停をえて裁判となったりすると大変なので、話し合いで解決できるように努力する事が大切だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • akak71
  • ベストアンサー率27% (741/2672)

間違った回答しないでほしい。 遺言書の遺留分はどれでも同じです。 自筆証書遺言書でも公正証書遺言でもおなじです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#137421
noname#137421

其の遺言書は公正証書遺言でしょうか?もしそうで無い場合は2分の一ずつに成るでしょう・公正証書遺言の場合遺留分は4分の一が権利と成ります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 遺留分の廃除は可能ですか?

    相続人に長女と長男がなる予定ですが、長男の素行が悪く借金の返済などで大変迷惑したので、長男相続の遺留分を廃除して財産を長女に全部贈与したいと思います。 公正証書遺言で法的に遺言書を作成したいと思いますが、遺留分の廃除は可能でしょうか?

  • 遺言における遺留分について

    法律、特に相続、遺言に詳しい方、教えてください。 遺留分についてです。 被相続人には二人の子供がいます、長男と長女です。 配偶者は亡くなっていません。 被相続人は全財産を長男の子供 (一人っ子である孫) に遺贈する公正証書遺言を残しています。 長男は存在していますので、代襲相続にはならないと思いますが、遺言では可能な筈です。 相続人は長男と長女だけなので、長女の遺留分は侵害されていることになります。 相続人が子供だけの場合、子供の遺留分は二分の一の筈です。 ここでわからないのが、長女は全財産の二分の一を遺留分として認められるのか、それとも相続人としての子供は二人なので、二分の一の更に二分の一、つまり四分の一になるのかです。 どちらが正しいのでしょうか? また、長女の遺留分の減殺請求は誰にすることになるのでしょうか? 長男でしょうか、それとも長男の子供 (長女にとっては甥) になるのでしょうか? 長女の請求に係わらず、公正証書遺言ですんなり被相続人の孫の名義になるのでしょうか? 宜しかったら教えてください、お願いします。

  • 遺留分の時効

    父が3年前に他界しました。遺言書に従い、父の財産は長男である私が相続しました。父の生前時に、私と弟は遺言書の内容を父から聞いていました。最近になって弟が公正証書を見て自分の相続分がないことから、遺留分の請求をしてきました。弟は、遺言書の内容は公正証書を見るまで知らなかったと言っています(そんなはずはないはずなのですが)。遺留分の請求の時効は、贈与の開始および遺留分の侵害を知ってから1年とありますが、この場合時効は成立していないのでしょうか? アドバイスやこういった遺留分の時効に関しての判例などを教えていただけたらと思います。

  • 遺留分について

    相続人の中に、既に死亡している者(代襲者なし)がいる場合の遺留分についてご教示願います。 被相続人は父で、母は既に他界しています。 自書の遺言書(検認済み)には「財産は全てBへ相続させる」とありました。 法定相続人は子供4名A、B、C、D(全て被相続人の嫡出子)ですが、A(未婚、子供なし)は父の遺言にある日付の後に死亡しています。 この場合のCとDの遺留分はいくらなのでしょうか。 遺言を書いた段階ではAは生存しており、そのときのCとDの遺留分は「8分の1」なような気もしますが、実際に相続が開始された時点の相続人は3名なので、「6分の1」と考えて良いのでしょうか。

  • 相続の際の遺留分について

     主に遺留分についてお願いします。 1.遺留分に特別受益(生前贈与)は考慮されますか? 2.10年後に「相続分が少ない」と言ってくる場合があると聞きました。遺留分減殺請求の時効は1年だと思いますが、どうでしょうか? 3.遺留分を侵害する場合、遺言書に「これまで多額の援助をしてきた」「争うことのないよう遺言する」などと記載しておいても効果はないのでしょうか? 4.公証証書遺言または秘密証書遺言にすれば、遺留分を侵害していても遺言書どおりに分割できるのでしょうか? あるいは、遺言執行者を選任しておけばそのように分割できるのでしょうか? 5.生前に被相続人がある相続人に「争うことなく遺言書のとおり行う」という誓約書を書かせた場合の有効性はどうでしょうか? その場合の誓約書は、ある相続人から被相続人あて、あるいはある相続人からもう一方の相続人あて、どちらにするのでしょうか。  よろしく回答のほど、お願いします。

  • 遺言書未記載の財産の分割

    相続問題です。死去した父の財産を母、長男、妹に分配します。遺言書では長男に多く(約7割=4500万)を遺贈するとあり、母の遺留分は犯されています。妹は遺留分に相当分を遺贈されます。調べるうちに、遺言書未記載の財産とお金がありました。この遺言書未記載の財産を法定相続分通り分けようと長男が言います。一見公平なようですが、少し考えるとおかしいことに気付きました。私は長男は貰い過ぎているのだから、この財産については分与は求めるべきではないと考えるのですが、いかがでしょうか。この未記載の財産についての分与について、法的なものがあるのでしたら、その根拠を、または判例など教えてください。

  • 遺言書と遺留分について

    父が私に全財産を相続するという内容の遺言を公正証書で残してくれました。 母は既に他界しております。 私には父とは絶縁状態になった兄がいますので、兄が遺留分の請求をしてくるものと思います。 父の財産は現金が500万と土地(評価3500万)、建物(評価1000万)の財産があります。 このような場合、兄が遺留分を請求してきた場合、私の方から1250万円分(25%)に相当する土地を指定して渡すということは可能なのでしょうか? それとも、上記内容で兄が不服だった場合は均等に現金、土地、建物を25%ずつ渡さなければならないのでしょうか?

  • 後から遺言書が出てきた場合はどうなるか

    祖父が亡くなり、母およびおじが法定相続人であり、母は生活が安定しているために長男に権利を譲渡した場合でその後、長女(母)の長男に1/2を遺贈するという遺言書が出てきた場合はどうなるか。 (1)先に権利を譲渡しており、結果的には遺言書どおりになったからそのままでいいという説 (2)長男に権利を受けさせる行為を贈与とみなして、遺贈は遺贈として相続財産の1/2をさらに分け与えなければならないという説。 長男が遺贈を放棄すれば別ですが、(2)を主張したとします。 私は、相続分の譲渡は贈与と同じだから、母親の意思表示で財産を移転させた後でさらに遺贈もしないといけないと考えますが。 そうなると、母親 -1/2,おじ1/2、長男1になってしまうのでしょうか。 税法上は 母親は相続税は0 長男は相続財産の1/2に対する相続税と相続財産1/2に対する贈与税 おじは相続財産1/2に対する相続税

  • 相続の遺留分について

    相続で遺言書で実子の一人に相続をさせたくない場合、遺言書にその旨を書けば、相続をさせなくできますが、しかし、現実として、その半分は慰留分として相続できます。 しかし、その遺留分すら相続させたくない場合(どんなことがあっても一円もやりたくない場合)、 どういう条件があればそうさすことができるのでしょうか? また、これは家庭裁判所などで、届けるとかする必要があるのでしょうか? 遺言に遺留分すらわたさない「条件付き遺言」はできるのでしょうか? 例えば、親の面倒を見ない、激しく浪費する、親の支持に全く従わない、素行が悪い、親に暴行をする、相続人に重大な前科があるなど、そういう場合は遺言書で「遺留分すらやらない」と書けば十分なのでしょうか? ちなみに、この条件が私の実子にあてはまる質問では全くありませんが、 私が将来、例えば痴呆になって、親(私)の面倒を全くみないとかなれば、遺留分すら相続させない方法があるのでしょうか? こういう場合、親身に面倒をみてくれたお手伝いさんとかに財産をあげたいと言うようなことが起こるかもしれないと思うのです。 ぜひ、教えてください。

  • 遺留分のついて

    私の父は存命なのですが、私は先妻の子になります。久々に父に会ったとき、「私のすべての財産は妻(後妻)に贈与したのでお前に渡すものは何もない」と言われました。とはいえ、遺留分は、その贈与分を持ち戻した上で、私の権利として残っているものと思っていたのですが、遺言でたとえば、「すべての財産を妻へ」ということと、「持ち戻さない(特別受益を相続財産に加えない)」ということが書かれていれば、私の遺留分は無くなる、ということになってしまうのでしょうか? 無くなってしまうとした場合、父に財産が少しでもあれば、それに対する遺留分は残るのでしょうか? アドバイスよろしくお願いします。