• ベストアンサー
  • 困ってます

FPから、定期保険から終身保険への変更を勧められています。

FPから、定期保険から終身保険への変更を勧められています。 先日、ソニー生命の学資保険に加入のため、ソニー生命の担当(FP)に来てもらい、 学資保険への加入はもともと決めていたので、説明を聞いた後、契約となったのですが、 ついでに我が家のプランニングしてもらった結果から、 他社の定期保険からソニー生命の終身保険へ変更を勧められました。 ちなみに現在は オリックス生命のファインセーブ 死亡保障2000万 保険料は月5000円ほどです。 ソニー生命のFPいわく 「ファインセーブは掛け捨てなので、毎月5000円を保険期間が終了する60歳まで払い続けても、約200万(保険料の合計)を60歳の時点ですべて捨てることになる。解約払戻金もない 定期保険はおすすめできない」 「ソニー生命の終身保険なら同額の2000万の保障をもちながら、最低2%の利率があるため、60歳の時点で解約しても払った約1300万が1400万くらいになって戻ってきますよ」 と説明され、ソニー生命の終身保険を勧められました。 説明を受けた際は疑り深い私でも(笑)FPの説明に納得してしまったのですが、 よくよく考えてみると、自分的にはソニー生命の終身保険は保険+貯金?という感じに受け取られ、シンプルに分かりやすい保険をイメージする私には「・・・」という感じになってきました。 また、ソニー生命の終身保険にすると今の月5000円の保険料から3.5万円くらいの保険料になることが分かりました。 ソニー生命のFPの説明ってどうなんでしょうか? 保険は保険、貯金は貯金というシンプルが1番という私の考え方は、損をする考え方なんでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数1278
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

>保険は保険、貯金は貯金というシンプルが1番という私の考え方は、損をする考え方なんでしょうか? その通りだと思います。 保険はイザというときのために自分の財力ではどうしようもないときに 経済的に補填してもらうもの。 なるべく少ない投資(保険料)で大きな効果(保険金)を得るべきです。 確かに終身保険は貯蓄機能を持ち合わせていますので、 老後の資産形成には向いているのかもしれませんが、 60歳までに解約すると解約金は払い込んだ保険料を割り込みます。 60歳まで確実に払いきれますか? これが貯金であれば、いつでも元金以上は保証されていますから、 いつでも好きなように使えます。 しかも今は「超」低金利。 この金利が終身にわたって固定されてしまうことのリスクもあります。 ソニー生命の利率変動型終身保険の最低2%というのは、 予定利率であり、預金の利息とは全く違うものです。 さらに商品の仕組上、インフレには対応していません。 これから子供の教育資金やその他いろいろ、 「現金」が必要な時期が必ずやってきます。 終身保険を途中で解約したら元金割れしますので、 それ以外で十分に貯金ができているなら終身保険でいいと思います。 しかしその用意がまだできていないなら、 今は終身保険は不要だと思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 終身保険と定期保険

    終身保険1000万と入院特約5日目から一日7000円で、月35000円程払っています。最終的に1000万円返ってくると考えると、終身保険とは貯金と考えて良いのでしょうか? 定期保険の掛け捨てで死亡保障を多くするべきかどうしようか迷っているのですが、終身保険は解約するともったいないような気もします。 加入して7年目で60歳で払い込み終了です。 段々保険料が安くなる、定減保険で一番安い保険料をご存じの方がおられたら、会社名を教えて下さい。 よろしくお願いいたします。

  • 定期保険特約付終身保険

    定期保険特約付終身保険ですが、60歳で払い済みになります。 その後、80歳まで特約を続ける場合、20年一括か年払いで特約保険料を支払うわけですが、これは、全期前納払いとなるのでしょうか、 それとも一時払いとなるのでしょうか? 全期前納なら、払った保険料は死亡した場合、戻ってくるはずですが、 一時払いの場合は戻らないですよね。 又、どうして、月払いはできないのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 定期保険と終身保険の保険会社の利益率

    ソニー生命の営業の方に生命保険について相談したところ、定期保険よりも終身保険がお勧めだと言われました。 その理由の一つとして「定期保険は保険会社の利益率が高く、保険料が割高である」という点を挙げていました。 これは本当でしょうか? 私が、「専門家の人でも、定期保険の方が無駄が無く合理的だという人がいる」と反論すると、「それは、定期保険の利益率が良いから、そう言って定期保険を売ろうとしているんです」と言われました。 私の素人考えでは、定期保険の方が仕組がシンプルな分、保険会社の利益を保険料に上乗せしにくいのではないかと思うのですが、実際はどうなのでしょうか?

その他の回答 (4)

  • 回答No.4

ご契約者様の家計状況にもよりますね。確かに定期掛け捨ては貯蓄性はありませんが、割安な掛け金で安心の保障とも思えます。月々の掛け金も大幅な増加になりますので、その分を住宅ローンの繰り上げ返済などに回す方が場合によってはお得な選択の場合もあります。さらに定期保険の保障額もお子様の成長とともに年々減少するケースがほとんです。保障額逓減タイプがお勧めですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • RXH7
  • ベストアンサー率18% (216/1186)

初めに言っておきます。 FP(ファイナンシャルプランナー)は、保険販売を仕事としていません。 「こういう保障や保険がありますよ・・・」程度のアドバイスはしますが、実際に保険販売はしません。 保険販売をするのは、「保険募集人」という仕事です。 あなたが相談をしたのは・・・ 「本当のFP」ではなく、FP資格を持った「保険募集人」という解釈をした方が良いと思います。 もしFPが、保険募集するなら、最低でも10社以上の保険会社を取り扱って欲しいものです。 でないと、それぞれの人(家族)に合った本当の保障プランは作れません。 ということで・・・ ソニー生命の商品を売るためのセールストークです。 ファイナンシャルプランニングを受けるなら、保険募集人ではないFPに相談するのが良いでしょう。 保険の相談なら、中立的な立場で商品提案ができる代理店がお勧めです。 マネープランは、それぞれの価値観が優先されるべきです。 保険というリスクヘッジの商品をご自身のマネープランにどう組み込むかは、あなた自身が決めることです。 保障と貯蓄を分離するのも良し、兼ねるのも良し 損をするかしないかは、結果論です。 大切なのは、どうありたいかですよ。 ちなみに私は・・・ 基本的には、保障と貯蓄は分離です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

毎月3.5万円=年間42万円を問題なく支払うだけの収入があるのなら、 問題ありません。 では、どうやって、払えるかどうかを確かめるのか? それは、キャッシュフロー表という表を作成するのが基本です。 http://fukuroi-fps.blogdehp.ne.jp/article/13230892.html https://www.hotto.nomura.co.jp/ipg/ez/ezp2n_b1/jsp/invest/080704.jsp http://www16.plala.or.jp/comet/cashfuro.htm#cashfurohyou2 http://www013.upp.so-net.ne.jp/Go-planning/lifeplan.htm つまり、予算表です。 学費については、下記を参考にしてください。 http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/001/006/07120312/003.htm http://www.shiruporuto.jp/finance/tokei/stat/pdf/data04.pdf http://www.jili.or.jp/lifeplan/lifeevent/index.html#education キャッシュフロー表を作成して、学費、住宅などを組み込んでも、 何の問題もなければ、担当者の説明通りでOKです。 気をつけなければならないのは…… 住宅ローンは借金ということです。 貯蓄性のある保険にお金を注ぎ込んでいながら、 片方で借金をしてその返済をするということは、 穴の開いたバケツに水を貯めよう努力するのと同じです。 住宅ローンの金利より高い予定利率の保険はありません。 つまり、無駄な努力。 また、終身保険の場合、戻り率が100%を超えるのは、 一般的に払込終了後です。 60歳払込済ならば、60歳までは100%を下回るということで、 それまでは塩漬けにして、動かせないお金ということです 果たして、それが良いことかどうか。 例えば、まずは、掛け捨ての保険で必要な保障を確保して、 余剰資金は、住宅購入資金として、貯める。 住宅を購入したら、終身保険を考える。 というのが、合理的です。 キャッシュフロー表を作成すれば、そのようなことはすぐにわかります。 ついでに言えば、学資保険とは、死亡保険そのものです。 万一があったとき、保険料払込免除になり、満期時に満期の学資が 受け取れる…… つまり、受け取り時期が遅れるだけで、死亡保険そのものです。 となれば、必要な死亡保障から、学資保険分は差し引く必要が あるのです。 そのような説明を受けていますか? そもそも、必要保障額の計算をしてもらいましたか? キャッシュフロー表を使えば、必要保障額はわかります。 万一のとき、夫様の収入を遺族年金にして、 死亡退職金、葬儀代を計上、 住宅ローンがあればゼロにする、 生活費から夫様の分を引く…… などの操作をすれば、夫様が死亡した時のシミュレーションとなります。 このときのマイナスが必要保障額です。 それを補う方法の一つが生命保険です。 ついでに言えば、補う方法は一つだけではなく、 夫様が亡くなったら、奥様とお子様が実家に戻って、 親の援助を得るというのも一つの方法です。 ご参考になれば、幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 キャッシュフロー表は、データをこちらで送り、次回、ソニー生命の方が作成してくれる予定です。 住宅ローンに関しては、現在親から引き継いだ持ち家があるため、ローンはありません。 しかし、なにぶん古い家なので近いうちに、大規模なリフォームか建替え必要です。 ソニー生命のFPは、おそらくそのような事情も含めて、年間40万以上の保険料も払えると考えたのかもしれません。 学資保険が死亡保険ということは理解してます。ただ、どちらかと言えば、積み立て定期預金に死亡保険が付属しているというのが、私の考えで、ソニー生命の学資保険も、そういう趣旨に近いとのことで、 契約を決めました。 回答を参考して、よく考えてみたいと思います。

  • 回答No.1

あなたの様に、「保険」と「貯金」をしっかりした精神であれば、掛け捨てでもよいと思います。この区分けが出来ていない人が多いのです。 貯蓄を計画的に実施されていれば、問題ないと思います。 よく「掛け捨て」の保険であることを理解せず契約、解約時になにもないことで、「損」をした感じになるものです。お若い方の場合、保証2000万円でよろしいかと思います。あと「特約」部分に注力された方がいいと思います。死亡保険は、ほとんどの人が長生きする時代ですが、その手前では、治療費が発生してからの「長生き」が多いのです。治療費(医療費)は、年々増加の一途をたどっております。その分、医療保険料率もあがっています。「死」に至らない病気でも、「治療費」はバカになりません。死亡保険金額を中心に考えてしまいがちですが、特約部分(入院保障・がん保険特約など)への注力が必要です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 医療の保障については、特約という形ではなく、同じくオリックス生命で医療保険に入っています。 毎月一定額の貯金をしているのに、それを減らして保険に私の生命保険だけで3.5万円を支払うのは ???という感じでした。 回答を参考にさせていただいて、もう一度良く考えたいと思います。

関連するQ&A

  • オリックス生命の定期保険と終身保険のどちらかに加入するか迷っています

    前回http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4107183.htmlで質問させていただきました。 あれから忙しくなり保険のことが二の次になってしました。 そして12月に入り再び保険の加入の検討を始め、前回の回答の通りに進めようと思いましたが、進めていくうちに壁にぶつかってしまいましたのでまた相談に乗っていただこうと思いました。 よろしくお願いいたします。 その壁というのは、前回の質問の回答の中で、 「ファインセーブは無診査で終身保険に切り替えが出来るということです」 とありました。 しかし先日オリックス生命に上記の事を確認をしたら「できない」との返答でした。したがって、定期保険「ファインセーブ」と終身保険の両方の見積もり?を取ってみて検討しようと思いました。 ○ファインセーブ:80歳までの自動更新、保険期間10年。月額2850円 死亡保障1500万円 ○終身保険(保険期間、終身):60歳払い込み、月額10270円 保険金額500万円。ちなみに80歳払い込みだと月額は7625円です。 以前は60歳以降に終身保険に変更と考えていましたが、今は結婚を前提として妻や子供のために終身保険にしようと思い始めました(たぶん5~10年は結婚しないと思いますが・・・) したがって前回の質問を参考にして、今はファインセーブに加入をして結婚したら終身保険に変更しようと思っていたのですが、保険会社が言うには終身保険に変更するためには再審査(必要があれば診断書も)必要となるなど、考えていた内容と変わってきたので、どのようにすれば一番メリットがあるのかがわからなくなってきました。 定期保険や終身保険のメリットやデメリットもよくわかっていない状態で、しかも保険は難しく、また素人ですのでなかなか上手に説明ができず申し訳ございませんが、今の僕の現状で一番最適な保険選びをご教授お願いいたします。 (オリックス生命を取り上げていますが、別に他の保険会社でも大丈夫です。より良い保険がありましたらよろしくお願いいたします) 尚、前回の質問と同様ですが、医療保険はオリックス生命の「CURE」に入る予定で、親の勧めの傷害総合保険は再来年の1月に満期になりますので、その時点で解約(終了)する予定です。月々の保険金額は、1万円~1万5千円までなら大丈夫です。 できれば今月中に加入したいと思っていますので、よろしくお願いいたします。

  • 終身保険と定期保険

    今、未婚女31でアフラックの定期保険のみ加入しています。 掛け捨てなので、終身保険の方がいいかなあと悩みつつ、書籍などみても色々な意見があって分かりません。 ライフプランとしては結婚の予定等ないので、特に私の死後のかかるお金は葬儀くらいです。 養っている家族もいません。 なので、学資や家族もいないので定期でいいのかなあと思いつつなんとなく月々3000円(入院から1万・1日給付 医療保険)掛け捨てしていすのですが、終身保険は掛け捨てでないのでそっちの方がよいのかと思いつつネットで調べても広告だらけでどの言葉が正しいのかわかりません。 何かそういった事を記している書籍やwebページ、何かニュートラルに記しているのもはありますでしょうか? あと、もし同じような独身30代のライフプランの方はどうされているのか教えて頂けたらと思います。

  • 終身保険、現在利率の良い会社は?

    子供の学資保険の支払いが満了したので 毎月当てていた保険料を利用し終身保険に入ろうと思います。 定期保険や医療保険は特約や条件がそれぞれ違うので比較しにくいと思いますが 終身保険は単純に条件を同じにして探してみました。 自分なりに探した結果「メットライフ○リコ」が良いのでは?と思っておりますが 他にもっとお勧めがありましたら教えてくださいませんか? 40歳 男性  払込み65歳まで 終身保険500万円 (特約等、何もつけず 途中解約する予定もありません) 終身保険は不要で貯金した方が・・・という考えもあるかもしれませんが 今回はまぁ葬式代として。 宜しくお願い致します。

  • 定期保険と終身保険について

    お世話になっております。 結婚して、夫婦の生命保険の見直しをしております。 ほぼ、決まったのですが、私は独身時、担当者に医療、癌保険は定期保険を薦められ加入しておりました。 偶然主人も同じ保険会社の加入者なのですが、主人は終身保険に入っており、今回の見直しで私のも終身に変えることになりました。 定期の場合、1泊2日から入院給付金が出る。終身は8日以上の入院に限ると言うデメリットはあったものの。定期保険は更新があり、値段が上がるデメリットがあります。一生涯安心と固定価格をと考えた末終身に決めました。 ただ、最近、資料やテレビなどで、定期を強く薦めるように感じています。 保険の担当者曰く、終身の方が担当者にとってはいいそうですが、今の世の中と将来性を考えると定期を薦めると言われています。でも、その説明がいまいちわからないのです。この場をお借りして、どなたか簡潔に教えて頂けないでしょうか?よろしくお願い致します。

  • 終身保険は役割は変わったか?

    最近okwebで色々な保険に関する相談を見ていて思ったのは、「終身保険ってライフプラン的に見てどんな意義なあるのか?」です。 定期保険では残された家族の収入面のリスクヘッジをしますが、では終身保険は葬式代とほんの当座の生活資金をリスクヘッジだけなのでしょうか? 定期保険が例えば60歳以降もあればそれで済むのではないかと思ってきました。 確かに60歳以降では定期保険はあまり条件が良くないですが、基本葬式代と考えるとそれで十分事足りるのでは無いかと思っています。 そこで私の考え方について、忌憚のないご意見をよろしくお願いします。 特にFPや保険の専門家の皆さんよろしくお願いします。

  • 家族収入保険vs定期保険/終身保険

    私は家族収入保険は定期保険/終身保険に比べて、一般的なライフプランにおける 保険の必要保証額のカーブにマッチすると考えております。 #もちろん定期保険/終身保険で多少の増強が必要かと思いますが・・・ アンケート的にではありますが、生保関係の方、FP等専門家の意見をお聞かせ下さい。

  • ソニー生命の積立利率変動型終身保険ってどうですか?

    ソニー生命の積立利率変動型終身保険ってどうなんでしょうか? 知識が乏しく不安なので詳しい方のご意見を頂けたら嬉しいです。 ソニー生命の学資保険を申し込もうとしたら、ソニー生命のライフプランナーの方に上記の保険を勧められて、加入しました。 加入に至った経緯は、現在の貯蓄額や加入済の保険を聞かれ、 夫の保険(掛け捨ての安価な生命保険)が無駄だから、 生命保険と学資保険と貯蓄を一本化して、積立利率変動型終身保険に加入、 学資が必要になったら一部解約、最後はお葬式代も残りますよ、 という説明にその時は大いに心を動かされ、共済を解約し保険に加入しました。 保険料は学資保険に考えていた1万の倍以上の約2万2千円になりますが、 どうせ貯金してるのと同じですよ、と言われ納得しました。 また、勧められるままに夫の医療保険、がん保険もソニー生命に加入しなおしました。 ですが加入から1年が経過して、保険料の多さが負担になってきました。 そもそも貯金ならば通帳の額を見て安心できるのに、保険なので何だか言われるままにお金だけがでていくようでモヤモヤします。 現在加入している保険は 夫 ソニー生命の積立利率変動型終身保険(月2万2千円 60歳まで払込)   ソニー生命の総合医療保険(月6千円60歳まで払込)   ソニー生命の終身がん保険(月3千円 60歳まで払込) 妻 生命保険と医療保険のセット型の共済 (月5千)   オリックス生命のがん保険(月3千) その他に双方の車の保険もあるので、月5万円程度の保険の支払いがあります。 夫婦共に正社員として働いていて、子ども1人の世帯です。 住宅ローンと子どもの保育料があるので家計は苦しいけど何とかやっていける程度です。 自分の保険については不満はないのですが、夫の保険料が高いのが気になります。 いっそ以前のように夫も安価な掛け捨ての共済+学資保険の方が、 家計管理的にはスッキリしてモヤモヤしなかったのかもしれません。 なので、ソニー生命の積立利率変動型終身保険の加入が学資保険+生命保険として適当なのか、 詳しい方アドバイスをお願いたしますm(_ _)m   

  • 学資の為の保険・・・学資保険と終身保険

    子供の学資の為の保険についてアドバイス下さい。 大学進学までとして約1700万の試算です。 素人考えだと返戻率に大差が無いなら死亡保障がある終身保険のが良いのではと思ってしまいます。 夫に万が一の場合を考えて追加で定期保険(22年満期で逓減がいいのかな)を考えています。収入保障保険は別途検討しているのでこの定期はあくまで教育費、葬儀代はその時にあるだけの金額ですれば良しとの夫の考えでそういう意味での終身保険は考えていません。 1.学資保険+定期保険 2.終身保険+定期保険 終身保険は死亡保障があるから定期保険の保障額が少し低く出来るのでそっちのがいいのかな、というのが素人考えです。 どうでしょうか?これから保険相談もする予定ですが、自分でも色々勉強してメリットデメリットを知っておきたいのでアドバイス願います。

  • 低解約終身保険について

    低解約終身保険について 8月の終わりに300万円の終身60歳払い済みに入ったのですが、10年払い済みのほうが良かった かなと思っています。 と、いうのは、学資にも当てられるからです。 もし、学資に使ってしまったら終身がなくなってしまうので貯金することになりますが、そのほうが、 60まで塩つけにしなくてすむかなって・・・ でも、もう解約しても一回目の保険料はかえってこないとのことでしたが、 この保険は払い込み期間の変更はできないといわれました。 たとえば、払い込みを銀行で自分でとめてしまって失効にしても一回目の保険料は払わないと いけないですか?また、葬式代と割り切れば60払い込みでも問題ないですか?

  • 特約定期保険の減額

    特約定期保険付き終身保険に入っています(定期3,000万・終身500万) 今回終身をそのままにして定期を3,000万→1,000万に減額しようと思っています。 その時定期保険の保険料は1/3になると考えていいのでしょうか。