• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

住宅ローン本審査においての信用情報について

  • 質問No.5697031
  • 閲覧数24214
  • ありがとう数15
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 50% (2/4)

住宅ローンの仮審査を通過して、本審査となったのですが、落ちてしましました。調べてみると使っていないクオークカードが問題だった様です。そこで思い出したところ、カードを使っていなかった為に年会費を何ヶ月も払わなかった事を思い出しました。そこで質問なのですが年会費を数ヶ月払わなかったのはCICなどの信用情報に記載されてしまっているのでしょうか?カードは本日解約致しました。教えて下さい。宜しくお願いします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 76% (1060/1383)

#1です。
ご丁寧なお礼をありがとうございました。

> 説明すれば融資してくれるような方法は全くないのでしょうか??
#1でも少し触れましたが、「ローン等の審査基準」というのは、金融機関によっても、その保証会社によっても違っているものなのです。
ですから、A銀行ではNG、B銀行ではOKだったが○○という条件付き、C銀行では特に条件もなくOK…ということが起こり得るんです。
また、金融機関や保証会社の審査基準というのは、外部の人間では知り得ない情報なので、どうなるかについては断言できません。
ですから「『個人信用情報機関』にネガティブ情報がある限りは、どこでも無理です」とは言い切れません。

ところで、「フラット35」は申し込んでみられましたか?
「フラット35」には『保証要件』がないので、ネガティブ情報がクレジットカードの場合、他の金融機関のプロパー住宅ローン商品よりも「通りやすいのではないか」ということも考えられるんですよ。
もし、「フラット35」は検討されていらっしゃらず、金利などよりも「借りる」ことを重視されるのでしたら、一度、「今回住宅ローンを申し込まれた金融機関以外の金融機関」を窓口にして試してみられてはいかがかと思います(今回住宅ローンを申し込んだ金融機関には申込情報が残っていると思われるので、やめておかれた方がよろしいかと思います)。

せっかくの機会なので、ついでに説明させていただきますね。

金融機関とその保証会社とでは、たいてい加盟している『個人信用情報機関』が異なっています。
そして、現在、金融機関の殆どのローンでは、「金融機関が指定する保証会社の保証を受けられること」が条件になっています。

そのため、今回、ご質問者さまが「仮審査OK」→「本審査NG」となったことについては、

A 「仮審査の段階では『個人信用情報』が全く調べられていなかった」というパターンの場合
 1 住宅ローンの仮審査を申し込む
 ↓
 2 金融機関が、ご質問者さまの『個人信用情報』を照会することなく、年収などの属性のみによる審査 を行った
 ↓
 3 「仮審査OK」とした
 ↓
 4 住宅ローンの本審査を申し込む
 ↓
 5 金融機関が本審査にあたって、自身が加盟している『個人信用情報機関』にご質問者さまの『個人信用情報』を照会したところ、CRINの交流対象情報として、クレジットカード契約での【延滞】情報が見られた
 ↓
 6 「本審査NG」とした

B 「仮審査の段階では保証会社が関わっておらず、保証会社が加盟している『個人信用情報機関』の情報が照会されていなかった」というパターンの場合
 1 住宅ローンの仮審査を申し込む
 ↓
 2 金融機関が仮審査にあたって、自身が加盟している『個人信用情報機関』にご質問者さまの『個人信用情報』を照会したところ、ご質問者さまの『個人信用情報』には特にネガティブ情報が登録されていなかった
 ↓
 3 「仮審査OK」とした
 ↓
 4 住宅ローンの本審査を申し込む
 ↓
 5 金融機関が本審査にあたって、保証会社に保証審査を依頼する
 ↓
 6 保証会社が保証審査にあたって、自身が加盟している『個人信用情報機関』にご質問者さまの『個人信用情報』を照会したところ、クレジットカード契約での【延滞】情報or【遅延】の情報が見られた
 ↓
 7 「保証NG」とし、金融機関にその旨の回答をした
 ↓
 8 「保証NG」であれば、融資基準を満たせないので、「本審査NG」とした

といった流れがここまでにあったことが考えられます。

クレジットカードの解約をされていらっしゃらず、Bのパターンで、かつ、ネガティブ情報の種類(?)が【遅延】であれば、2年で「消える」可能性もあったのですが…。

(その2に続く)

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 76% (1060/1383)

(その2)

> 車を購入した際に勝手に入会させられて使ってないカードの年会費を払わなかったって事を正直に話して融資してくれそうなところはないでしょうか??
残念ながら、経緯を話したとしても理由になりません。
理由になるどころか「愚痴」にしか聞こえないんですよ…。

それは、クレジットカード『契約』において「勝手に入会させられた」ということが、理由として「あり得ない」からです。
クレジットカードの申込用紙に、ご質問者さまの名前、住所を書き、銀行等の口座番号等を調べ、銀行届け出印を押印しなければ、クレジットカードの『契約』はできません。
それを「誰かが勝手に」したのでしょうか?
だとしたら、犯罪行為ですから、それをした人を訴えるべきです。

確かに、「キャッシュバックがある」「いろいろと有利になる」「便利だから」ということで、クレジットカード契約を勧めてくるディーラーはありますね(私も多分持っているカードだと思います)。
ですが、「このクレジットカード契約をしてくれなければ車は売りません」というのならば、そのディーラーのしていることは「抱き合わせ販売」のようなことになり、違法行為でしょう。これも監督官庁に訴えるべきです。

でも、そうではありませんよね。
クレジットカードの『契約』は断ることもできたはずです。
おそらく、その時には、利点を並べたてられて「まあ、そうまで言うなら作ってもいい」とご質問者さまが思われて…というカンジだったのではありませんか?

このようなカンジで、『契約』をするにあたっては、ご質問者さまの「意思に基づく行動(申込用紙に記入する、銀行届け出印を押すなど)」があったはずです。

ですから、「勝手に入会させられた」というのは、理由として成り立たないんです。

> いらないクレジットカードは作らないって事をよく肝に命じました。
私も、よく勧められますが、「勤務先が金融機関なので、いろいろと制約が…。」といって断っています。
これを応用した「身内にクレジット会社に勤めている人間がいて、その関係でクレジットカードはいろいろとね~。」というセリフも結構有効ですよ。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 76% (1060/1383)

> 住宅ローンの仮審査を通過して、本審査となったのですが、落ちてしましました。
> 調べてみると使っていないクオークカードが問題だった様です。
このパターンですと、
・仮審査の段階では『個人信用情報』が全く調べられていなかった
・仮審査の段階では「保証会社」が関わっておらず、「保証会社」が加盟している『個人信用情報機関』の情報が照会されていなかった
のどちらかだと思います。

クレジットカードの年会費は、年に1回、「請求」があると思います。
私も、何枚か年会費が必要なクレジットカードをもっていますが、支払いが年会費だけの場合も請求書が届いていました。
ですから、クレジットカードの発行・管理を行っている会社においては、「利用分についての請求」も「年間日の請求」も、同じ扱い(=「請求」に違いはない)ではないかと思います。

その月の「請求」に対する「支払い(や返済)」がされないと、『個人信用情報機関』に「この月は支払いがありませんでした」という情報が登録されます。
クレジットカード契約でしたら、口座振替になると思いますが、
> 年会費を何ヶ月も払わなかった
ということは、年会費の引き落としがあった時に、その口座に残高がなかった…ということですよね?

その後、どうされたのでしょうか?
振込用紙が送られてきて、それで対応されたのでしょうか?
振込用紙で年会費を支払ったのが、年会費の支払いについての約定日よりも何か月か後…ということでしょうか。

例えば、CICの場合、概ね60日~3か月以上の支払い・返済の遅れがあると【延滞】として扱われ、その旨の情報を登録することになります。
【延滞】までは至らなくても、数日、数週間、1か月程度の遅れがあった場合には、[入金状況]欄に「A」という記号が付されます。
【延滞】とは区別する形で、【遅延】と言い分けたりしています。

【遅延】=[入金状況]欄の「A」記号は、【延滞】とは少し扱いが違うのですが、ネガティブ情報には違いなく、ローンや保証の審査にはマイナス影響を与えます。

年会費であっても「請求」なので、規程の日数を超えて遅れがあれば【延滞】として扱われるのか、年会費なので大目に見てもらえて、何か月も遅れても【遅延】で済まされているのか、そのあたりは、ご質問者さま自身が『個人信用情報機関』に「本人情報の開示」をして、情報を確認していただかなければ分かりません。

何らかのネガティブ情報が掲載されている可能性は否定できません。

CICにおける【遅延】=[入金状況]欄の「A」記号も、基準が金融機関や保証会社によって分かれるところで、
・1つでも付いていればNG
・直近で付いていなければOK
・【延滞】になっていなければ問題なし
などさまざまです。

あら~、確認される前にクレジットカード解約されてしまったのですか…。
では、もう手の打ちようがないですね。

もし、【遅延】=[入金状況]欄の「A」記号で済んでいれば、2年の我慢で済んだ可能性がありましたのに、解約されてしまったのならば5年我慢しなければならないかもしれません。
解約していなければ、そのカードを使い続けて、(最長)2年経過すれば(もちろんその間は【遅延】もなしで)、[入金状況]欄がきれいになったんですけれど。
解約されてしまったので、「最終の請求日」が基準日となってしまっている可能性がありますね。
その状態で基準日は更新されませんから(新たな請求が発生しないので)、契約情報の登録期間である「解約から5年間」、【遅延】=[入金状況]欄の「A」記号が付いたままになります。
【延滞】になっていれば、その情報が消えるのは、無条件で「解約から5年間」ですが。
補足コメント
wmakoto

お礼率 50% (2/4)

車を購入した際に勝手に入会させられて使ってないカードの年会費を払わなかったって事を正直に話して融資してくれそうなところはないでしょうか??
投稿日時:2010/02/24 18:44
お礼コメント
wmakoto

お礼率 50% (2/4)

ありがとうございました。五年間はCICに残ってしまうのですね…。住宅購入の話が色々進んでいたのでとても残念です。いらないクレジットカードは作らないって事をよく肝に命じました。

使ってないカードの年会費を払いたくなかっただけで全部パーですよ…。

説明すれば融資してくれるような方法は全くないのでしょうか??
投稿日時:2010/02/24 18:39
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

ピックアップ

ページ先頭へ