• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

ARCserve r12について質問があります。

ARCserve r12について質問があります。 【ハードウェア】  ・ハードウェア オートローダ 8スロットを使用 【バックアップジョブ】  1 データベース保護(ジョブ終了後メディアはイジェクト)  2 月~土:分、日曜:フル(ジョブ終了後メディアはイジェクト)  3 月次フル 【その他】  ・テープ交換は月次フルのみ実施  ・月次フルのみメディアプールは別 【質問】  テープを使い切ったら次のテープを使うようにできないか? 現状、毎日1、2のジョブが動くと別々のテープを使ってしまいます。 マニュアルを読んでも、そのような設定は記載されていないようでした。 データはある今後増えていくと思いますが、今のところ少なく、メディアが LTO4なのでなんとか有効利用したいと考えています。 GFSでやれそうな気がして調べてみたのですが、週次、月次でメディアを交換 する必要があるように読み取れました。 バックアップソフトとオートローダ自体あまり使ったことが無いので かなり困っています。 よろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数3077
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

いくつか??なところがあるのですが、 ・データベース保護をメディアにわざわざ割り当てているのは なぜなんでしょうか。→はっきりとした理由があるなら いいのですが、質問者様のニーズに合っていない設定かと思いまして。 とりあえず、やりたいことは明白ですので、こんなのどうでしょうか? メディアプールは2つ、ということですね。 だとすると、 まず1つ目のメディアプールには、 上書き禁止期間無制限。追記OKとします。 2つ目の月バックアップ用メディアプールにも同じ設定を 加えます。 そして、それぞれ1本ずつメディアを割り当てます。 (その他は上書き可能メディアプール当たりにいれておけば・・・) バックアップjobの1.2は、使うメディアプールをきちんと 指定した上で、”追記”を選択。 3も追記。 この状態で、追記できない状態になった場合には 追記(上書き)可能出来るメディアプールからもってくるかと思うのですが。 個人的には、 フルバックアップ・差分・月フルと、3つのメディアプールを 作った上でデータベース保護も含めた4つのjobを作成 するのがスマートかなぁ、と思ってはいるのですが・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 >データベース保護をメディアにわざわざ割り当てているのは~ 正直よくわかってないです(汗 でも、DBのバックアップを取っておかないと、サーバがクラッシュした際などに 困ることもあるのかと思って設定しています。 設定したのは私ではなく、別の人ですで、全体的なバックアップの設定ではなく とりあえずオートローダにデータがとれますよ、という設定をしてもらっただけです。 なんとなく理解はできた気がします。が、 >その他は上書き可能メディアプール当たりにいれておけば・・・ メディアプールの中には、「保存セット」と「再利用セット」がありますが、 「再利用セット」のことでしょうか? 動きをみていると、「再利用セット」のメディアから利用し、書き込んだら「保存セット」 に入るという挙動な気がするのですが・・・・ 追記にしておけば「保存セット」には入らないのでしょうか? >フルバックアップ・差分・月フルと、3つのメディアプールを >作った上でデータベース保護も含めた4つのjobを作成 >するのがスマートかなぁ、と思ってはいるのですが・・・。 なるほど、上記を含めて試してみます。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

「保存セット」と「再利用セット」の違いは、 ”上書きできるか””できないか”の差なので、ふと思って 今、マニュアルを確認してみましたが、思った挙動は 実現できそうもないですね(^^; ・データベース保護は、そのバックアップを取った時点へ Arcserveを”戻す”ってことで、 メディアプール情報やバックアップの情報を戻すためにあります。 ※リカバリ時に必ず必要ではないものですが、 きちんと元の(arcserveの情報も含めて)状態に戻す際には 必要になります。 ただし、これはIDRオプション等でOS丸ごと戻す際など、 リカバリ時の情報が古かったり、いろいろ設定を戻すのが めんどくさい方はとっておいたほうが無難です。 (まぁ、ここまでのリカバリにあたる場合はそこまで気を配って はいられないのが現状なので、私的にはC:ドライブ+システム情報 のバックアップで間に合わせている形になります) ということで、jobとメディアをパターンごとに分けてもらうのが いいかもしれません。 特にリカバリ、ということになった際には、 物理パーティションと論理パーティション(ここはでスロットと実際の中身のデータ)の情報が一致しているほうが迅速に戻せるかと。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なんか融通が利かないというか、親切というか微妙なやつですねw<ARCServe とりあえずGFSで対応することにしました。 メディアプールにそれぞれメディアを割り当ててあります。  #幸いなことにLTO4なのでw そのうちバックアップ対象も増えてくる見込みので、 その時にまたスケジュールは見直そうと思います。 そのころまでにガリガリ調べようと思います。 ありがとうございました。

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。 ヘルプ等を見ると、メディアを無駄なく使うためにはやっぱり[GFS]+[メディアに追加]を使わないとだめみたいです。 ただ、これをやると、月、週、日のメディアプールが勝手に作られ、メディアの数も好き勝手にはできないようです。  #メディアセットには「最低必要メディア数=0」は設定できますが、ジョブ作成の  #スケジュールタブでは最低必要本数で0が設定できません。 その上、書き込み禁止期間が勝手に決められてしまうというおまけ付きです。  #月次は12カ月等。 テープ交換などをきっちりやっていくなら、とても便利な機能ではありますが、 私の環境のようにそこまできない場合はちょっとと堅苦しく感じます。 普通のジョブスケジュールも、ローテーションさせると最低1回はフルを指定しないと エラーが出ます。 ローテーションしないと、実行間隔でジョブが動くので、「ジョブ終了から」の間隔 になるので、どんどんずれていきます。 追記オプションは見当たりません。 メディアイジェクトしなければ勝手に追記してくれたりするのでしょうか? 何か抜け道が無いか調べてみます。

関連するQ&A

  • ArcServeとDATについてのご質問

    ArcServeを使ってDATにバックアップを取ろうとしています。DATテープをこれまで使ったことがないのですが、 (1)DATテープを挿入しましたが、エクスプローラからは見えないのでしょうか。リムーバブルディスクとしてUSBメモリやMOのようにフォーマットしたり参照・書き込みが可能なものかと思っていました。バックアップソフトからしか覗けない(ArcServe、Netvaultなど?)のでしょうか? (2)毎日夜間にバックアップをとる場合、オートローダというテープが自動的に入れ替わる装置なら完全自動化できるようですが、DAT(DDS4)が一本入るだけの場合、人手が要らないようにするには毎日上書きでフルバックアップすればよいのでしょうか?そんなことArcServeでできますか? DATが一本しか入らないサーバは普通どうしているのdしょうか?毎日フルバックアップ完了時にテープをイジェクトさせておいて、人手でテープ交換?(週五本分用意とか?) (3)データベースファイルに24時間書き込みがある環境ではAgent for Oracleを導入すればバックアップできるようですが、データベースを止めてよいのであれば基本パッケージのみでバックアップ可能ですか?可能な場合、Windows版Oracleを決まった時間に停止・起動する方法は?

  • Arcserveでのメディアの消去のついて

    ArcServeで行うメディアの消去について教えてください 内容は、Nas上に作成したファイルデバイスを メディア管理からに消去やフォーマット またバックアップジョブの最初に行われるメディアのフォーマットを行っても 以前のバックアップで作成されたセッションファイルが消えない原因について教えて頂きたく書き込みました 現在 バックアップ対象兼バックアップサーバーとなるサーバーが一台と バックアップデータを保存するnasが一台という構成を組んでいます Nasのフォルダをファイルデバイスで登録し バックアップジョブの作成と実行を行いました ジョブ自体はエラーなく完了したのですが バックアップ完了後にバックアップジョブで指定したメディアの消去を実行したところ エラー画面もなく arcserve上の表示もブランクメディアとなったのですが、セッションファイルは削除されていませんでした(ヘッダファイルは更新されました) そこでファイルデバイスの場所をローカルに変更して同様の処理をしたところ、セッションファイルは削除され ヘッダファイルも更新されました そこで更に保存場所がnasのバックアップジョブを何度が実行して見たところ ジョブ毎にメディアフォーマットがされているにも関わらず、セッションファイルが累々とのこされ容量を圧迫する結果となりました(ジョブのオプションでは 上書き 同名のメディア ブランクメディア その他のメディア を選択) ローカルに保存場所があるジョブは上書きされ問題ありませんでした

  • ARCserveのバックアップジョブ設定について

    ARCserveのバックアップジョブの設定方法で悩んでいます。 マニュアル等も目を通したのですが、曖昧な点も多いので、ご存知の方がおられましたら教えてください。 やりたいことは以下の通りです。 ■バックアップは平日のみフルで取得 ■テープは全部で10本あるので、1日1本として2週間1セットとしたい ■テープは毎日手動で入れ替える ■万が一入れるテープを間違えても2週間後までは上書きされないようにしたい(例えば、2/1にバックアップを取ったテープは2/15までは上書きされないようにしたい) ■できれば上記を1ジョブで実現したい(無理であれば複数ジョブでもいいのですが…) 1日のバックアップデータ量はテープ1本の中に収まる範囲です。 マニュアルを読んで、メディアプールを作成し、保存日数を13日にすればよいのかな?と考えたのですが、この場合以下が疑問です。 ・上書き禁止はメディアプールの保存日数の方で行うので、ジョブ側のメディアオプションは「上書き(同名のメディア、ブランクメディアのみ)」でよいのか? ・10本のテープを初回の設定時に一通りテープドライブに入れて、メディアプールに割り当てておかないといけないのか? 長くて申し訳ありませんが、分かる方いましたらお願いします。 情報足りなければ捕捉します。

  • ARCserve11のメディアプールについて

    ARCserve11のメディアプールについて メディアが保存セットから再利用セットに自動移動されくなる現象が突然発生しました(手動は問題ないです). バックアップジョブは週次で動かしており,メディアプール保存日数は6日に設定しています. 原因としてどのような可能性が考えられるでしょうか. 宜しくお願いします.

  • ArcServeのバックアップ手順について

    ArcServeについて教えてください。 今回初めてソフトを使うのですが、うまく動作しなくて困っています。 【想定しているバックアップ方針】 テープ1本を使い、毎日フルバックアップ ただし、毎回テープ内のデータをすべて消してから新たに書き込む 【ジョブの設定】 スケジュール:  ・カスタムスケジュール、曜日(全曜日)、フル(アーカイブビットクリア) デスティネーション:  ・グループ(GROUP0)、メディア(*)、メディアプール(未使用) オプション  ・最初のバックアップメディアのオプション   (上書き-同名のメディア、ブランクメディア、その他のメディア) 【ハード・ソフト】  ・STORAGEWORKS ULTRIUM232(使用テープ ULTRIUM1 200GB)  ・ArcServe R11.5 SP3 (オプションソフトは一切ありません) 【うまくいかないこと】 ジョブのステータスにはフォーマット中と表示されジョブも正常に終了します。 しかし、テープの書き込み容量を確認すると毎回フルバックアップ分のデータ量が上乗せされて増えている。 毎回フォーマットしているので、いつもテープには1回分のフルバックアップデータしか残ってほしくないのですが、そのような結果になりません。 そもそもテープのフォーマットの概念を誤解しているのでしょうか? どのようにArcServeのジョブを設定したらよいかご存知の方、もしくは原因をご存知の方、ご教授ください。

  • ARCServeマシン起動しない翌日のジョブ実行

    ARCServe スケジュールされたバックアップ日付にマシンを起動しなかった翌日の動作について質問です。 ARCServe WindowsBackup V16.5 をサーバにて運用しています。 ARCServe で、「メディアをセットしている場合はバックアップ実行後シャットダウン、 セットしていない場合はバックアップをしないでシャットダウン」 を実現するため、 以下のスケジュールを組んでいます。 ----------------------------------- ■月曜日~日曜日 ・フルバックアップ ---グローバルオプション--- ■メディア ・上書き ・タイムアウト 1分 ■実行前/後コマンド ・実行前:Oracleバックアップ&Oracle停止バッチ ・実行後:shutdown.exe -s ■実行時間 ・毎日夜11時 (実行時間前にメディアをセットする) ----------------------------------- 上記設定で、予定していた動作は実施できています。 しかし、サーバを起動しなかった日(例えば日曜日等)があった場合、 翌日のサーバ起動時にジョブを実行しようとし メディアをセットしていない → バックアップジョブをキャンセル → サーバシャットダウン となってしまいます。 1.ジョブ実行またはジョブキャンセルされずにバックアップ予定の日付を過ぎた場合、次回起動時に実行『しない』設定にはできますか? (実行前、後コマンドおよびジョブをスルーしてほしい) 2.グローバルではなくローカルオプションに変更することで実現できる場合、実行後コマンドにシャットダウンコマンドを指定した場合、バックアップジョブは正常に終了しますか? 質問は上記2点になります。 テストできる環境であれば、すぐ確認できたのですが、現在サーバが稼働中でテストは不可能です。 素人のような質問で大変申し訳ありませんが、ご教授お願いいたします。

  • ARCSERVEでエラーメッセージ

    Windows2000SERVERを使用しています。 ARCSERVE2000で、DATテープを使用しデータのバックアップをしようとしてもエラーメッセージが発生し、ジョブステータスを見ると「失敗」になっています。 スケジュール化せずに、単発でバックアップする箇所を選択し、バックアップすると問題なく終了できます。 おそらく、スケジュールの組み方に問題があるのだと思いますが、どのように組めばよいか分かりません。 私の希望の取り方は以下の通りです。 月曜の夜:フルバックアップ 火曜~日曜の夜:差分 テープは、月曜日の日中に交換する。(週1回) 上記を正常に終了する術、教えて下さい。

  • ARCServe バックアップについて

    初めて投稿をするものです。 また、IT初心者でもあるので、情報が足りないかもしれませんが、 よろしくお願いします。 会社のサーバーのバックアップに、ARCServe R11.5 SP3を購入しました。 バックアップスケジュールを組み、バックアップを行っていたのですが、 エラーが発生し、ジョブが失敗してしまいました。 会社の中で、詳しいものがおらず、このままでは何かあった際に対応がとれません。 【計画したスケジュール】 ・テープ数1本 ・月曜日~金曜日の3時よりをフルバックアップのジョブを流しています。 ・月曜日のバックアップ前にフォーマットを行うジョブを流しています。 【問題点】 ・フォーマットジョブ後、アクティブログを見ますと、 E3831 メディアが見つかりません  と表示され、ヘルプを参照したのですが  Computer Associates フォーマットメディアを見つけることができません。 と記述があったのですが、私には理解することができませんでした。 今まではフォーマットを行わず、全てのバックアップを取っておきました。 リストアのバージョン履歴に全て残っていました。 フォーマットジョブを流した所、不具合が発生しました。 よろしくお願いします。

  • ARCServe ジョブ失敗時の後処理

    ARCServe WindowsBackup V12.5 にて、バックアップ処理を行うと、 たとえば、メディアが破損や入れ忘れ等で、実行ジョブが待機状態なると、 正常なメディアが挿入されるまでジョブが待機となり、 メディアが挿入(認識)すると即実行になってしまいますが、 一旦失敗したジョブはクリアして、次回実行のジョブを待つという設定はできないのでしょうか? ジョブ開始時にデータベース停止処理を行っているので、 うっかりメディアを入れ忘れていて、業務時間内にテープを入れてしまうと 業務が止まってしまうと言うリスクをなくしたいのです。 アドバイスありましたらよろしくお願いします。

  • ARCserveで教えてください。

    ARCserve r11.1を利用しています。 ARCserve r11.1本体がインストールされているサーバのCドライブとDドライブをフルバックする必要があり、ネットワーク越しにストレージサーバ(2TB)に対して、バックアップする予定です。 ファイルシステムデバイス設定でストレージサーバに仮想テープを設定するところまではできているのですが、その仮想テープをフォーマットしようとすると、フォーマットできなくて困っています。 原因がどこにあるのでしょうか? ちなみに、r11.1が入って入るサーバ、ストレージサーバともに2003Serverで、workgroup環境です。 この逆のパターンで、ストレージサーバには、r11.5がインストールされており、ソースをr11.1がインストールされているサーバとして、ストレージサーバにバックアップすることは可能でした。 (但し、r11.1にはOpenfilesオプションが入っているので、それを念の為かませておきたいのです。) 以上、よしろくお願いします。