• 締切済み
  • 困ってます

微分積分(重心、微分方程式)の解き方について

質問を、失礼します。 試験勉強で問題を解いていますが、以下の問題の解き方が分かりません。アドバイスでも良いので、教えていただければありがたいです。   (1)重心   曲線 √(X)+√(Y)=1 と、X軸、Y軸とで囲まれる図形の重心をもとめよ。(答え: ( (1/5),(1/5) ) ) 私は X=Y, Y=(1-X)^2 として計算しましたが答えを導くことができませんでした。      (2)微分方程式   微分方程式 (1-X^2)y′′-2XY′+12Y =0 の解で、初期条件「X=0のとき Y=0 ,Y′=-(3/2) 」を満たす解を求めよ。(答え:Y=-(3/2)X+(5/2)X )   私は、べき級数を用いて、係数を決めて解こうとしましたが、答えを導くことが、できませんでした。     以上です。よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1349
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.3
  • info22_
  • ベストアンサー率67% (2650/3922)

(1) S=∫[0,1] {1-x^(1/2)}^2 dx=∫[0,1] {1+x-2x^(1/2)} dx =[x+(1/2)(x^2)-(4/3)x^(3/2)][0,1] =1/6 M1=∫[0,1] x{1-x^(1/2)}^2 dx=∫[0,1] {x+x^2-2x^(3/2)}dx = ...積分すると... =1/30 g=M1/S=1/5 重心G(g,g)=(1/5,1/5) (2) >(答え:Y=-(3/2)X+(5/2)X ) 間違い。 正解は「y=-(3/2)x+(5/2)x^3」 ヒント) y=ax^3+bx^2+cx+dとおいて、 y',y''を計算し微分方程式に代入して、出てきた式を恒等式とみなして すべてのxの次数の係数=0からa,b,c,dを求めると、 b=d=0,a=5/2,c=-(3/2)が求まる。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 微分方程式

    次の問題が解けません。教えて下さい。 次の微分方程式の一般解と初期条件を満たす特殊解を求めよ。 (1) y’+y=2   y(0)=0 (2) xy’+2y=3x    y(1)=5 (3) xy’-y=x    y(1)=7 (4) y’+y=e^x   y(0)=1 この4問が全く分からなくて困っています。解き方教えて下さい。 できれば途中式など詳しい解説があればうれしいです。 宜しくお願いします。

  • 微分方程式の解き方

    微分方程式の解き方を教えてください 最近、微分方程式を解いていなかったので、解き方を忘れてしまいました。 わかる方は教えて頂けないでしょうか (1+x)y'=0.041xy=1.6 宜しくお願いします

  • 微分方程式と積分について

    以下の問題について、解と解き方を教えていただけないでしょうか。 1.連立微分方程式の一般解と特殊解 (D+2)x-2y=1 x+(D+5)y=2 2.微分方程式の一般解と特殊解 (D^2-2D+1)y=x 3.積分※cは括弧内の閉曲線であり正の向きを持つ ∫c dz/(2z^2+3z-2) ※(c:|z|=1)

  • 回答No.2
  • info22_
  • ベストアンサー率67% (2650/3922)

#1です。 A#1の補足について >まず、分母の図形の面積は長さ2の正方形から半径1の円の面積を引いて4で割り、 >(4―π)/4 =分母 滅茶苦茶ですね。 曲線は円ではありませんので(1/4)円の面積を使ってはいけません。 (放物線の一部を45°回転した曲線なので) 難しい積分でないのでチャンと積分を使って面積を出してください。 チャンと積分でだせば面積は「1/6」になります。 分母もぜんぜんだめ チャンと重心の積分公式を教科書、参考書、或いはネット検索すれば、書いてありますから、自己流の式を書かないで、定義の公式を補足に書いて下さい。 一次モーメントが分母になりますので、x軸方向、y軸方向の一次モーメントを計算すれば良いですが重心の座標がG(g,g)とX,Y座標が等しいので片方のモーメントを計算すれば充分です。 積分を正しくすれば、一次モーメント(たとえばX軸方向のもの)を計算すると「1/30」となって、g=(1/30)/(1/6)=1/5 と重心のX座標が得られます。(y座標も対称性から同じになり)G(1/5,1/5)が導出できます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • info22_
  • ベストアンサー率67% (2650/3922)

とりあえず(1)だけ (1)重心の定義式はお分かりですか? それが分からないと計算できませんよ。 分かるなら積分の式を使って、補足にお書きください。 対称性から重心はy=x上にあることから、重心の座標をG(g,g)とでもして式を立ててください。 自力で分かる所まではやって補足に書いて、行き詰っ所を質問して下さい。 >(答え: ( (1/5),(1/5) ) ) これで正解です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

info22_さん、回答をしていただきありがとうございます。 補足に私の計算を書きましたので、お時間があれば見て下さい。

質問者からの補足

info22_さん ありがとうございます。 重心の定義式は分かりますが、なぜ、その式が定義できるのかは分かりません。(学校の先生も理解できないそうなので詳しいことは分かりません) まず、分母の図形の面積は長さ2の正方形から半径1の円の面積を引いて4で割り、 (4―π)/4 =分母 と考えました。 分子は、X=Yより片方の重心座標を求めればよいので、Y求めてみようと考え、曲座標変換を行い、 ∫の範囲の入力方法が分からないので範囲で示します。 ∬D Ydxdy=∫(範囲0~(π/2)){∫(範囲0~1)(1-rcosθ)^2*r dr}dθ =∫(範囲0~(π/2))[(1/2)r^2-(2/3)r^3sinθ+(1/3)r^3sinθ^2](範囲0~1) =∫(範囲0~(π/2))( (1/2)-(2/3)sinθ+(1/3)sinθ^2) dθ =(1/2)+1=分子 よって、分子/分母 を計算しても、1-(π/4)となりました。 積分する値と、範囲が正しいのかが判断できません。

関連するQ&A

  • 微分方程式

    問題を解いていて少し疑問に思ったので質問させてください。 u=u(t)を未知関数として A(du/dt) + B*u = E*sin(ωt) について、一般解を求め、その後初期条件u(0)=u0のもとで解け。 ただし、A,B,E,ωは正定数とする。 上記のような問題なんですけど、これは一階微分方程式ですよね? 一般解は、二階微分方程式では特性方程式によって求めた基本解と、未定係数法で求めた特殊解を重ね合わせて作るという印象があります。 このような一階微分方程式の場合はどのように解けばいいですか? 二階の時と同じように解いてよいならば、特性方程式の解から基本解を作る時など、二階微分方程式の時と同じようにやってよいものか疑問です。 特殊解も未定係数法もつかってよいのでしょうか。 詳しい方いましたら教えてください。

  • 微分積分について

    以下の問題について解き方、できれば 式の過程も教えて下さい。 1.微分方程式の解を求めよ。 y" = y y' (x=0のときy=1、y' = 1) (答えは、tan((x/2) + (π/4)) 2.一般解を求めよ。 xy"=y' - 1 (答えは y = Ax^2 + x +B A,Bは積分定数) よろしくお願いします。

  • 非線形微分方程式の初期値の決め方

    f(x),f '(x),g(x), g'(x)についての非線形微分方程式を数値計算しようと思います。 得るべき解曲線などはあらかじめわかっているとします。 初期条件としてf(0)=0,g(0)=1というものだけがわかっているとします。 このとき、得るべき解曲線を得るためにはどのようにしてf '(x),g'(x)の初期値を決定すればよいのでしょうか? 現在自分が考えてやってみてるのはf '(x),g'(x)をx=0まわりの級数展開で近似して、その近似した式を元の微分方程式に代入して、展開係数の関係式を求めるという方法です。 これでやっているのですがうまくいきません。 教科書レベルでよくあるのは初期値や境界値がわかっていて、微分方程式を解くというものだと思うのですが、 先に解曲線だけが得られているとき、その解曲線を得るような初期値を決めようとするときはどうすればいいのでしょうか?(非線形なのでちゃんとした式で記述できる解ではありません) 教えてください。お願いします

  • 微分方程式

    (1)x>0でx^2y''+xy'-y=0(*)という問題でy=xが解であることを求めたのですが、yと独立な微分方程式(*)の解が求められません。 (2)x^2(d^2y/dx^2)-2y=0の解き方をいろいろ調べて試したのですがどうしても解けません。 この二点について途中式等詳しく教えていただけないでしょうか?お願いします。

  • 微分方程式

    dy/dx-2*x^2*e^x*y+e^x*y^2=2*x-x^4*e^x に対しての次の問のとき方について教えてください (1)x^a が微分方程式の解となるように実数aを求めよ (2) a を(1)で求めたものとする。y=x^a+zを微分方程式に代入して,zの満たす微分方程式を求めよ。 (3)(2)で求めたzの微分方程式を解いて,もとの微分方程式の解yを求めよ (1)についてはa=2という答えだと思うのですが,(2)以降の解き方の手順がわかりません。解法がわかるのであればよろしくおねがいします。

  • 微分方程式の級数解

    次の微分方程式の解を 式(5.1) = y(x) = Σ[i=0,∞] ( a[i] * x^i ) のべき級数を用いて求めよ。      x^2 * (dy/dx) - y = x^2 解答 べき級数展開から次の式を得る。      x^2 * Σ[i=0,∞] (i+1)( a[i+1] * x^i ) - Σ[i=0,∞] ( a[i] * x^i ) = x^2 xの次数ごとに両辺の係数を比較すると、      a[0] = 0      a[1] = 0      a[2] = -1      a[n] = (n-1) a[n-1]     (n>=3) なる関係式を得る。これより、n>=3について      a[n] = (n-1) ! * a[2] = -(n-1) ! となる。したがって、微分方程式の級数解として      y = -x^2 * Σ[i=0,∞] (i+1) ! * x^i     ←この式の求め方が分かりません を得る。 ・・・と本に書いてありますが、      y = -x^2 * Σ[i=0,∞] (i+1) ! * x^i の求め方が分かりません。 a[n] = -(n-1) !まで分かっているので、後は代入するだけだと思っていたのですが、やってみると答えが合いません。例えば、      x^2 * Σ[i=0,∞] (i+1)( a[i+1] * x^i ) - Σ[i=0,∞] ( a[i] * x^i ) = x^2 に      a[n] = -(n-1) !      a[i] = -(i-1) !      a[i-1] = -(i-2) !      a[i+1] = -i ! など各種取り揃えておいて代入すると      x^2 * Σ[i=0,∞] (i+1)( a[i+1] * x^i ) - Σ[i=0,∞] ( a[i] * x^i ) = x^2      x^2 * Σ[i=0,∞] (i+1)( -i ! * x^i ) - Σ[i=0,∞] { -(i-1) ! * x^i } = x^2 (i+1)i ! = (i+1) ! と考えれば      x^2 * Σ[i=0,∞] -(i+1) ! * x^i + Σ[i=0,∞] (i-1) ! * x^i = x^2      -x^2 * Σ[i=0,∞] (i+1) ! * x^i + Σ[i=0,∞] (i-1) ! * x^i = x^2 この前半の項が奇しくもこの本の答え      y = -x^2 * Σ[i=0,∞] (i+1) ! * x^i と同じになります。 ということは、この後半の項はゼロになるべきということですか?でも、ならないですよね? それとも私の計算が間違っているのでしょうか? どうか正しい解き方を教えてください。お願いします。

  • 微分方程式の勉強をしていてわからないところがあり、困ってます。

    微分方程式の勉強をしていてわからないところがあり、困ってます。 わかる方がいたら教えてください。 次の曲線群の微分方程式を求めよ。 (1)ax?+bx?=1 答え。yy’ = xy’?+xyy’’  ( ?は二乗です。) 次の微分方程式を解け。 (1)y?dx-x?dy=0 (2)cosxcos?y+y’sin?xsiny=0 答え (1)y=2x?/(cx?+1)    (2)sinx-cosy=csinxcosy 次の微分方程式を()内の初条件のもとで解け。 (1)ルートx かける y’ = ルート(y+1)  (x=0,y=3) 答え y=x+4ルートx+3 おねがいします。

  • 微分方程式について

    べき級数を用いて、微分方程式を解け xy"- (3+x)y' + 3y = 0 どなたか教えてください。よろしくお願いします。

  • 微分方程式

    もうすぐ数学のテストなのですが、交通の事情などで今まで授業にあまり出ることが出来なかったため微分方程式の解き方がよく分かりません。 微分方程式を初期条件のもとで求めるといったような問題で、簡単なものだとは思うのですが教科書にもあまり詳しく書かれていないため困っています。 微分方程式の解き方を教えていただけないでしょうか? もしくはそういったサイトなど無いでしょうか? よろしくお願いします。

  • 微分方程式の解き方

    自分の趣味で、{f(x)}^2-f'(x)=0 という微分方程式が解けるかどうかやってみました。 解答 (1) f(x)=0は、与えられた微分方程式を満たす。 (2) f(x)=a (aは0以外の任意の実数の定数)は与えられた微分方程式を満たさないのでf(x)≠0、f'(x)≠0とする。 {1/f(x)}^2=1/f'(x)…(A) {1/f(x)}'=-f'(x)/{f(x)}^2 より {-1/f(x)}'=1とすると、{-1/f(x)}'=f'(x)/{f(x)}^2 f'(x)/{f(x)}^2=1 1/{f(x)}^2=1/f'(x) よって(A)と同じ式になる。 なので{-1/f(x)}'=1の両辺を積分して -1/f(x)=x+C (Cは任意定数) f(x)=-1/(x+C) となる。 (1),(2)より、一般解はf(x)=-1/(x+C)、特殊解はf(x)=0である。 これでOKでしょうか? この解き方が正しいか教えていただきたいですm(__)m