• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

塗装(プラサフ)について

板金塗装の職人さんに質問があります。 よろしくお願いします。 今回、バイク(マジェスティー)のカウルの塗装を試みています。 現在、足付けの段階なのです。 基本的に旧塗膜はそのままで上に塗ろうと思ってるので全体は1500番相当で足付けを行いました。 ですが、10円パンチのような線傷が大量にあり、さすがに1500番では消えないので400番くらいの物で消そうと試みました。大部分の物はそれで消えたのですが深い所は微妙に線が残ってしまいます。 といっても、パテをするほどではなく(素人判断ですが・・・)、触指で微妙にわかるかどうか位です。 この場合、プラサフを吹いて研磨すれば線は消えるのでしょうか? もしくはプラサフを吹かなくても線は消えるのでしょうか? また、400番で線が消えた所に関してですが、その後600、1000、1500と段階を追って研磨しました。当然、旧塗膜は削れ下地が出ています。この状態で塗装をした場合、色むらなどは出ますか?下地が出た場所はプラサフを吹いたほうがよろしいのでしょうか? 塗装はスプレーガンで行う予定です。 素人の質問で申し訳ございません。 お返事頂けたら幸いです。よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数6070
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

サフの研磨は耐水の600番か800番程度でいいと思います。 マジェのカウル程度であれば、全部サフふいたほうがあとあとラクです。 下地がでてる部分や、パテ等がでていると上塗りの時に変なシワができたりします。 サフ→研磨→サフの繰り返しで線傷は消えると思います。 (深い場合はラッカーパテ等を使用したほうが良いです) サフは1液でしょうか? 1液で表面がざらつく場合、塗装物との距離が離れすぎているか、 シンナーの量が少ないと思います。 (ザラつく場合は、シンナーを足して調整してください) もしくは、噴出量?が少ないのかも。。 イワタのガンだと、上側のパターンつまみ3回転開き、 下側の塗料量1,5~2回転程度でいい感じだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • arukie
  • ベストアンサー率32% (716/2188)

塗料がのる部分は800番で足付け。(塗る塗料にもよりますが・・・) 1500番では足付けになりませんよ。(クリアーの足付けにはなりますが・・・) 400番のペーパー目はサフを噴いて800番で水研ぎ。 そのほかの部分は、洗剤とスカッフソフトで足付けと脱脂。 スカッフソフトはナイロン研磨剤で水洗いしながら塗装の足付けが出来ます。結構丁寧にこすり上げる必要があります。 乾燥させてつやが無くなっていれば足付け完了。 ペーパー目等が筋状に後が残っていた場合塗装しても出てしまうので、薄付けパテ等で埋めてサフと水研ぎが必要です。 同色系統に塗るのであれば、下地の見えた所だけサフで隠し色塗りできますが、濃色系を淡色系に塗り替えるのであればサフを噴いておいた方がキレイに塗れます。 下地作りは手のひらで、手のひらから指先にかけて面を撫でてみて歪みが無いかを冷静に判断します。歪みがあると濃色系を塗ったときに映る景色がゆがんで見えますので・・・ 色塗り前には、シリコンオフで脱脂をしてから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。 足付けに使用したのはこの研磨シートです。 http://www.paint-works.net/polish/sanding_film/sa_orange.htm 既存塗膜足付け用と書いてあったので大丈夫かと思ったのですが・・・。足付けはもうちょっと目を荒くしてみることにします。ちなみに、上記のスーパーアシレックス、ちょっと荒目のレモンとスカイもあるのですがこれじゃなくて普通のペーパーを使ったほうがいいですかね?もしこの商品のことをご存知でしたら教えてください。 スカットソフト便利そうですね。今度購入してみることにします。 色は現在濃い目のシルバーで今回パールホワイトにする予定です。ちなみに塗料はロックペイントのプロタッチを使う予定です。やはりサフは全体に吹くべきでしょうか? サフに関してですが、正直苦手です。毎回ゆず肌になってしまったりで、吹いたサフをきれいに処理するのに時間がかかってしまってます。サフ専用のガンを所持していないせいもあるのですが…。 今、通常使っているガンは「デビルビス O-LIGHT 1.3mm」です。もし、サフに適したガンの設定方法をご存知でしたら教えてください。 一応、クリア用・パールメタ用にイワタの金さん銀さんも所持しています。 質問が増えてしまってすみません。よろしくお願いします。

  • 回答No.2
noname#161268
noname#161268

足付けに1500番は細かすぎると思います。400番でいいですよ。そして、今の色とこれから塗る色がわかりませんが、サフは全体に吹くべきです。残った線はラッカーパテで埋めてその上からサフです。当方職人ではありませんので参考まで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 サフは全体に吹くべきなのですね。早速試してみます。

  • 回答No.1
  • dogday
  • ベストアンサー率29% (2314/7952)

消えないです。 クリアーを吹く前に塗膜を同じだけ削ることなりますので、下地段階で消した方がいいです。 サフで消える傷は、1/100mm程度、髪の毛の1/10、600番の削り跡程度ですので、触ってわかるなら、塗っても目立ちます。 プラサフは、塗膜の食いつきを良くするのと、細かい傷を消し、見えにくい傷の影を目立たせる為に吹きます。 つまり、その段階で傷を見つけて修正するためにグレーなどの単色にするのですし、下地が出てしまったら、再度吹き直しです。 これをやらないと、あとでペリペリ剥がれてきます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 勉強になります。 やはり丁寧に下地を処理しなければだめなのですね。 今のうちに傷は消したいと思います。ありがとうございます。

関連するQ&A

  • プラサフの研磨

    パテを盛って、研磨後、プラサフを塗りますが、この次の工程の研磨がうまくいきません。 例えば10cm四方のパテを盛って、研磨後、少し広め(20cm四方くらい)にプラサフを数回に分けて塗ります。 一応丸一日乾燥させて、軽く600番くらいで研磨してある程度整えた後、1000番くらいで研磨する際に、塗装との境目の段差をなくそうと研磨していくと、なぜか、プラサフが網の目状になってしまいます。 そのまま研磨を続けると、プラサフがポロポロと剥がれてしまいます。 何が悪いのでしょうか?

  • オリジナル塗装の上からプラサフはOK?

    中古バイク(スーパーカブ)を全塗装しようと思います。取り敢えず樹脂部品は除外して、鉄鋼フレームの塗装についてお尋ねします。 よく、元の塗装を完全に落とさずに、ペーパーで研いた上から全体にプラサフ(プライマー)を塗っている人がいます。しかし、プラサフとは下地(鋼板)との密着性を良くする為のものであり、オリジナルの塗料(成分不明)の上に塗ったら相性が悪い(又は効果が薄い)と言うことは無いのでしょうか? 逆にもし元の塗装の上から塗るなら、ベース塗料のようなものは残っている筈なので、直接上塗り塗料でも良いのではないでしょうか?(相性はどちらにせよ不明)。 尚、塗ろうとしているのはアクリルラッカーです(ウレタンは好みの色が無いので)。また、ところどころ細かなサビはあるので、その部分は下地が見えるまで研磨すると思います。ただし、パテで修正する予定はありません。

  • スプレーでカウルを塗装する際、プラサフと本塗装のメーカーは同じでないと

    スプレーでカウルを塗装する際、プラサフと本塗装のメーカーは同じでないとだめなんでしょうか? 貧乏なので(><;) カウルを買い替える余裕もなく、はげたり傷があるカウルを自家塗装することにしたのですが、できるだけ出費を抑えたいので、 1.へこみなどをパテで補修後、ペーパーで磨く 2.シリコンオフで脱脂後、プラサフで下塗り 3.またまた脱脂後ホームセンターの安物(一本198円)ラッカーで重ね塗り 4.ウレタンクリアーで艶・コーティング 5.かなり日数を空けてから、コンパウンド等で軽く磨く 上記の工程でやろうと思っています。 そこでシリコンオフ・プラサフ、ウレタンクリアーはsoft99等のしっかりしたものを使用しようと思っているのですが、本塗装のラッカーは安物で他のプラサフ等のメーカーと違う物を使っても大丈夫なんでしょうか? 上記工程・メーカーの統一について、実際にやった方などがいらっしゃいましたら教えてください (>o<)!!

  • プラサフ後の行程について

    今、ウレタン製のリップスポイラーを塗装していますが 手順は 足付け、脱脂、バンパープライマー、プラサフ。とまで来たのですが、 プラサフ後に耐水ペーパの1000番で慣らした後、パーツクリーナーで脱脂しようと思って居たのですが、ある記事を見ると プラサフ後の脱脂にパーツクリーナーや脱脂剤をしようすると プラサフが落ちて下地がダメになると書いてありました。 となるとプラサフ乾燥後の耐水ペーパで研磨した後の脱脂は何を使用したら良いのでしょうか?

  • 車の塗装が上手くいきません・・・・

    パテを1500#で研磨し斜めから歪みのないことを確認し、プラサフを吹き付けるとパテをした一部分が、何故か帯状にプツプツの線が出てきます。構わず耐水ペーパーで研磨し塗料を吹き付けると、またまた、同じ場所に帯状にプツプツの線が出てきます。塗料が乾燥するとその部分だけザラザラになっています。これは乾燥がたらないからなのでしょうか。  車の塗装は難しい・・・だれか教えてください。

  • 塗装の手順について

    現在、NS-1をカスタム中です。 塗装をするにあたって、今はカウルの下地処理(ペーパー100番~1200番)が終わりました。 カウルのほかに、フロントフォークのアウター、マフラー等も塗装予定です。 作業場所は自宅(札幌)の車庫に簡易ブースを設置して、ハロゲンヒーター(800W)で室温を確保します。 ・ペーパーがけの次に塗るのはサフ?プライマー? ・プラサフ、各塗料を吹いた後の足付けのペーパーがけは何番? ・プラサフ、各塗料の乾燥時間は? ・マフラー等、鏡面仕上げにしたい場合、プラサフ→クリアで大丈夫ですか?

  • プラサフ.ウレタンクリアなどの乾燥時間

    現在塗装面を耐水ペーパーで研磨し乾燥させているところです。 この後プラサフで下地、その上にカラーを乗せて最後に2液ウレタンクリアで保護しようと考えています。用意したスプレー類はソフト99の物。 ここで今迷っているのが乾燥時間。 プラサフ、カラーは2~3回重ね塗りするのでその間隔や、 プラサフからカラースプレーに移る際の乾燥時間、 またウレタン塗装に移る時間など、色々調べていると人によって乾燥時間がまちまちでした。 例えば… 色を塗った後は完全に乾燥させず、指触乾燥の状態でウレタン塗装しないと、クリアが剥離してしまう、硬化不良が起きる…など書いてありました。 予定では(昼間のまだ温かい時間に缶を湯せんし暖め行う) (1)プラサフを薄く塗装➡2時間程乾燥させ2度目塗り➡同じように2時間後に3度目。 (2)2時間程乾燥させたら塗りたい色を吹き付け(プラサフ同様最初は薄く徐々に厚く、乾燥時間も同じくらいで)。 (3)ウレタン塗装に移行する前にカラー塗装を十分に乾燥させる(半日程) のつもりでしたが、コレだとマズいでしょうか? 急がずあせらずじっくり乾燥させるつもりでしたが、 乾燥させ過ぎも良くないと目にして迷い始めています。 ちなみに塗装面の材質は不明ですが、オートバイのカウルです。

  • カウルの穴をパテで補修して塗装したのですが、パテやせしてしまいました(’’;)

    カウルの穴をパテで補修して塗装したのですが、パテやせしてしまいました。 行程としては カウルのウインカーの部分の穴を埋めてしまう為に Holtsの厚塗り用の2液エポキシパテで埋めました。 穴を埋めた後に、カウルの部分とパテでうめた穴の部分が平坦になるように ペーパーで研磨しました。 その後サフェーさーを吹いて、ウレタンブラックで塗装しました。 塗装直後はきちんと平坦になっていたのですが、 1ヶ月ほどたったときにパテでもった丸い部分が くっきりと塗装面にでるようになってしまいました。 いろいろ調べたらパテがやせてしまっているようです。 もう一度同じパテでパテもりし直そうと思うのですが、 またパテやせしない為に注意点などありましたら教えていただきたいです。

  • バンパー修理(塗装の順番)

    お世話になります。 バンパー(PP製)をガリっとやってしまったので、それほど深い傷は無いので、 自分でやろうと思ったのですが、パテ埋め後のメタリック系の塗装順序について教えてください。 とりあえずのパテ埋めは終わったので、ここから、 1.バンパープライマー 2.プラサフ 3.研磨 4.またバンパープライマー?(1、2より広めの範囲) 5.カラー塗装 6.クリア塗装 (道具とかはソフト99のものでそろえました) と思っているのですがどうでしょうか。 バンパープライマーは樹脂に対して使うもので、 プラサフや前からある塗装の上からは不要なものなのでしょうか? あと、ぼかし材というのは、5の前にやるのか、6の前にやるのか・・・ どの工程でやるものなのでしょうか。 長々とすいません。よろしくお願いします。

  • フレーム塗装について

    フレーム塗装について 知人からフレームを安く売ってもらったのですが、デザインが好みではないため新たに塗装しようと思っています。 塗装しようと思っていますというか現在の塗装を剥がし、上から色は塗らずに下地の色のまま(言うなれば鉄色のまま)ウレタンクリアをふこうと思っています。 そこでいくつかお聞きしたいことがあります。 よろしければいくつかお答えいただければ幸いです。 1)比較的新しいフレームなので傷がないです。そのためうまくいけばフレーム表面のクリア+塗装+プラサフのみを削って下地と防錆の層は残せたりするのではないかと素人ながらに考えたりしますが、?離剤とスクレイパーではそのようなことは無理でしょうか。 2)下地まで剥がしたら足付け、脱脂して透明のプライマーを塗ってからクリアをふこうと思います。この際プライマーはアクリルでも乾燥を十分すれば大丈夫と聞きますが、やはりプライマーもウレタン用の物の方が塗膜は丈夫になるのでしょうか。また透明のサーフェイサーというものを聞いたことが無いのですがプライマーのみで問題はありませんよね… 3)以前アクリルカラーをふったときは缶2本くらい使ったのですが、ウレタンクリアの場合も2本ほど必要でしょうか?ちなみにフレームはC-C510mmのピストです。 4)そもそもアクリルでもウレタンでも自家塗装なら塗膜がもろすぎてちょっとこすったくらいで剥げると聞くのですが、やはりそういうものなのでしょうか。過去の質問を見るとミノウラのBikeShieldの話があがっていたのですが、使用者の方がいましたらぜひお話をお伺いしたいです。 幼稚な質問ですが、よろしければご回答くださいませ。