• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

トヨタのリコールについて

 アメリカや中国でのトヨタ車のアクセルにリコールがされましたが何故か日本ではそんな事故は報告されていません。  これは日本製の部品を使っていれば何も問題がなかったのにアメリカ製や中国製の部品を使ったから起こった事件ですよね。  では何故、安全で無ければならないはずの部品にこんな不具合がアメリカや中国だけで起こったのか?  これはトヨタに対して意図的に不的確な部品を納入して意図的に事故を起こしたのでは無いでしょうか?  誰が、何のために、事故で人命を犠牲に使用としたのか?  アメリカの自動車産業が日本ブランドの信用を無くすために大切なはずの自国の人命まで危険にさらして起こった事件ではないでしょうか?  今後、安全に関する自動車の部品は全て日本製にするべきだと思います。  私の推理は間違っていますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数11
  • 閲覧数698
  • ありがとう数22

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.10
noname#115059
noname#115059

半分アメリカの陰謀で、半分本当の話です。 トヨタが倒産すれば、日本の経済がどん底に落ちるのを計算された策略 そして、支那の属国として統合すると言われているらしい。 ”大企業病 トヨタ”で検索してください。 >>アメリカや中国でのトヨタ車のアクセルにリコールがされましたが何故か日本ではそんな事故は報告されていません。 こんな事、本気で考えているんですか? 今回の欠陥事故は、エンジンを制御している制御プログラムが焦点になっています。このプログラムのバグを直せる技術者は、トヨタにいないのではないのか、とまで言われています。 コストダウン=欠陥 と言い切れる行為を彼らは行い、自爆しました。 彼らの悪行を承諾したユーザーも悪いとの見解もあります。 (カービュー掲示板管理者などの意見です) まだ、汚染されていないロゴもありますので、1994年代の品質(出来れば1986年代の品質なら一番良い)でアメリカへ売り出せば利益だけは確保出来ます。また、生産拠点を縮小することも忘れてはいけないターニングポイントではないだろうか 馬鹿が多いよね http://lexusenthusiast.com/2007/10/14/video-lexus-ls-460-on-fire/ http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-35926420090118 http://yahooauctionwatch.livedoor.biz/archives/50902429.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 お礼が遅くなって大変申し訳ありません。 「”大企業病 トヨタ”」読ませて頂きました。 私自身もトヨタには全幅の信頼を置いていたので全く残念です。  質問したときはアメリカの陰謀とばかり思っていましたが。  その後の対応を見ているとそうも言い切れないようですね。  ここはトヨタは生産を縮小してでも安全を再構築するべきだと思います。そして絶対に信用がおけない会社とはどんなにコストが安くても取引をしないを徹底することだと思います。下請けの会社にしてもトヨタに納品した事を自信を持って語れるぐらいに厳しい品質管理をするべきだと思います。トヨタは今や高級車の部類に入る車だと思います。10万円ほど高くなっても安全を徹底するような経営姿勢になるべきだと思います。  頑張れトヨタとエールを送りたいと思います。   

関連するQ&A

  • TOYOTAトヨタ リコール問題についての仮説

    想像なのでむろん物証は無い前提で、ご意見お願いします 問題箇所の部品は、長年使った日本製からアメリカ製へと、ニュープリウスは変えてるわけです 『トヨタはアメリカにハメられたのでは?』 あまりにタイミングが絶妙である点 ビッグ3が半ば崩壊⇒いざ再建のこの時期に? 丁度ビッグ3の落ち込みが顕著になった時に、ネタを仕込んでいたらピタリ合います プリウスの大ヒットによりアメリカ自動車産業が、トヨタに飲み込まれていくという危機感が、より拍車をかけたのでしょう 数々の“見えないチカラ”による疑惑は、アメリカ国民みずからの声で多く存在しますから アメリカNo.1 を強力に推進する大金持ちもかなりいます リコール対応後も余りにバッシングが続いています それを見るに見かねた4つもの州から、助け舟的な公式書類が政府に提出されました(異例) トヨタがはめられた話を知っている州は、いくつもあると思われます

  • トヨタリコール問題はアメリカの陰謀でしょうか?

    トヨタリコール問題はアメリカの陰謀でしょうか? ほんの二年前つまりリーマンショック前までは トヨタはアメリカ市場で絶好調でした。 しかしアメリカ自動車のビッグ3のうち2社(GMとクライスラー)が破綻しました。 その時私はこれからアメリカによる日本車たたきが起きると胸騒ぎがしました。 その悪い予想は的中しました。 やはり今回のトヨタの騒動はアメリカの陰謀でしょうか?

  • トヨタの大口リコールがなぜ国内にはない?

    アメリカで400万台越えのリコールがあり、再び今回200万台越えのリコールが発生しました。 いずれも、国内車とは部品が違う、ということでアメリカ限定とのことですが、、、ここで疑問。 (1)なぜ アメリカ仕様車の部品(構造)ばかりが不具合になる?    対象も広範になる基本的・共通的部品ばかり。    →日本でもリコールの件数は結構ありますが、車種固有品が多く、1つのリコールでも数万台レベル    アメリカ向けは、設計がいい加減(手抜き)? (2)三菱同様 日本車も隠れた(隠した)不具合がある?   今回の部位は違うとしても、他に日本車でも問題が出ている、と考えるのが普通のような、、、。 (1)、(2)のどちらか?  日本でもリコールありますが(2009年で10件ほど)これほどのもの(台数)はないです。 販売台数が多いと言っても倍程度なので、リコール台数の桁が違うので不思議です。 何か背景などご存知の方お願いします。 それとも、タマタマなのでしょうか?

その他の回答 (10)

  • 回答No.11
  • SU-PE
  • ベストアンサー率0% (0/3)

ひとつにはアメリカは訴訟の多い国だから大幅なリコールに踏み切ったと思われます。 何故この様な事が起きたかと言うと、前社長時代に世界進出を急いで進め過ぎた結果の歪みがここにきて出ているのではないかと思います。台数が増え部品調達が間に合わなくなった結果、現地調達に切替、部品の品質管理に手が回らなくなったんじゃないでしょうか。 最後に国内でも数十円の部品に不良品が混入すれば罰金十万円位だったと思います。わざとやって会社を潰すメリットはありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

「最後に国内でも数十円の部品に不良品が混入すれば罰金十万円位だったと思います。わざとやって会社を潰すメリットはありません。」  これは日本的な考え方だと思います。 アメリカでは仕様書通りであれば何の責任も無いと思います。  あるグループがトヨタの信用を落とすために安全性が確保できない部品をワザと納入させたと考えるのはうがった見方でしょうか。  トヨタにとっては信頼も厚い国内の下請け業者がたくさんいますのでその部品を使いたかったと思いますがそうさせなかったはアメリカの企業家です。彼ら大切な国民の命を犠牲にしてまでトヨタイジメをしているのでは無いでしょうか。  しかし何の証拠もありません。ここは安全に関する部品だけはトヨタが信頼する国内の下請けにしか作らせないことを徹底するべきだと思います。  そのためにコストが10万ぐらい上がっても良いじゃないですか?「安全のためにコストが上がりました」と社長が頭を下げればすむことです。今後コストダウンしないトヨタを印象づけていくことはブランドイメージを高める上で重要だと思います。  お礼が遅くなりましてまことに申し訳ありません。

  • 回答No.9
  • nn4n
  • ベストアンサー率4% (5/111)

あまりトヨタ神話を信じるのはいかがなものかと 同じ人間がやっている仕事なので絶対はないのでしょう。 トヨタのリコール情報それなりにありますよ。 http://toyota.jp/recall/index.html 私もずっとトヨタでした。リコール2回で1回は高速走行でオイルが噴出す可能性があるとでした。これからもトヨタだと思います。 今回アメリカの報道のヒートアップは異常かもしれませんがあまり陰謀説に傾かないのが良いと思います。 http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20100202/179846/ によると << この不具合は、アクセルペダル内部のフリクションレバー部が磨耗した状態で、低温時にヒータをかけるなどによりこの部分が結露すると、最悪の場合、アクセルペダルの戻るのが遅くなったり、戻らなくなってしまう可能性があるというもの。 >> 単純に何処製かという問題ではなく技術的難しい部類だと思います。(予測や新規部品購入時の実験評価が)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 トヨタを信じるのみいかがなモノかと思いますが、私国産の多くのメーカーの車に乗ってきましたがトヨタが一番デーラーの対応が良かったので全面的に信頼しておりました。  今回のリコールは安全に関してもコストカットを勧めたトヨタの失敗だと思います。しかし、アクセルの部品を納入したメーカーには自分の製品へのプライドは無かったのでしょうか?  アメリカの陰謀であるとも言えますが、アメリカ人を信用したトヨタの失敗であると思います。  お礼が遅くなって申し訳ありません。  回答ありがとうございました。

  • 回答No.8
noname#109750
noname#109750

設計まで任せていたので、日本とは設計が違います。同じ設計で、製造のみの委託であれば、設計ミスはありえませんが。設計については部品メーカーといえど、企業秘密もありますし、簡単にホイと渡せない場合もあると思います。設計まで任せたのはトヨタの判断です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 お礼が遅れて申し訳ありません。 商売の基本は人が人を信用して行うべきだと思います。 今回の事件がアメリカの会社を信用した結果でありトヨタの責任は仕方ないと思います。信用を回復するためにも全てを日本製の部品にしてアメリカで発売するべきだと思います。そのためにコストが1000ドルぐらい上がっても仕方ないと思います。

  • 回答No.7
noname#109750
noname#109750

急激な円高といい、日本たたきではないかと感じても不思議は無いと思います。設計からテストまで委託し、トヨタが承認していたようなので、もし、設計やテスト結果と実際の部品との間に食い違いがあれば、あなたの推論に可能性も出てくると思います。設計ミスであるのなら、トヨタの承認が甘かったのでしょう。部品メーカーに対して訴訟を起こしてもいませんし、磨耗、そして使用環境が原因であることを考えると、要件不足、設計ミスが濃厚なのではないかとも思えますが…。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 失礼ですが設計ミスは考えられません、なぜなら日本では問題になっていないからです。米国使用に変更するときにアメリカのぼろい部品にあわせるためで意図的に設計変更されたことはあるでしょうね。  とにかく今はすぐに日本の部品の性能とアメリカの部品の差をマスコミに公表するべきだと思います。  アメリカトヨタの安全性ができない限りはアメリカ工場を一時休業にすることあり得ることだと思います。  それが帰って日本車の信用力を高めていくのはないでしょうか?

  • 回答No.6

 トヨタのリコールが多いのは、今に始まった事ではありません。  一時期は日本でもリコール率を100%超えた事がありましたね。それがそのまま海外で出てしまったという事でしょう。  またNo.4さんのご指摘通り、非常に裁判沙汰になるケースの多い国です。  確かに、製造国日本の技術は世界からも認められ、高い評価を得ています。ただ、必ず100%ではないという事。かつ、安全性を重視した事から高騰する価格の問題から来る、コストパフォーマンスの問題。そういった事から考えても、車の部品をすべて日本で生産する事は難しいでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

トヨタに何年も乗っていますので、過去にリコールがあった経験はありますが、安全に関するリコールは絶対になかったと思います。  日本のトヨタであれば安全に関しては絶対にコストダウンはしなかったと思いますが、「アメリカのトヨタは安全にコストカットすることが当たり前なの?」との疑問が起こってきます。  今回の事件で学んだことは「アメリカの製品は信用するな」です。  皆さんの車がもしもアメリカ製であればすぐに買い換えるべきだと思います。アメリカを信用しては絶対にいけません。

  • 回答No.5

優れたもの造りの日本車神話は、国内の優秀な下請け企業によって成り立っていました。 しかし貿易摩擦を避けるために、ある時期から米国内生産への移行を余儀なくされたため、今回の事態になったとは言えるでしょう。 仰る様な意図があったとは思いませんが、横並び化の政策に乗った結果ではあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 意図があろうと無かろうと日本の製造業であれば大きな社会てきな責任が問われると思います。  アメリカの部品であってもその危険性を見抜けなかったのはトヨタの責任ですがアクセルのような安全状大切な部品でコストカットをした結果があの事故であったことはアメリカの企業体質だと思います。  アメリカトヨタ1月ほど製造をストップして十分に安全体制を確立して惜しいと思います。そしてトヨタ品質にそぐわない部品は日本から中発つするべきだと思います。それが出来なければアメリカ撤退ぐらいブラフを切っても良いと思います。  今回の事件の背景は意図的に安全上に問題がある部品を納入させたアメリカの自動車産業だと思います。

  • 回答No.4

推理というか、意図的なとしたことはないでしょうけどね。 なにせ、コーヒーカップに「コーヒーは熱い」との注意記載がなかったために自動車運転中に熱いコーヒーを被ったとして訴訟される国です。 ディーラーによるオプション部品や商品に問題があったと思いますが、 フロアマットにひっかかる位置までアクセルを踏み込んでいる(ベタ踏み)んでしょ?乗り方にもいささか疑問も生じます。 でも、事故は日本でも起こらないとはけっして言えないでしょう。 カー用品店でも多種にわたって商品は陳列してあり、車両ごとに適・不適などの識別や適切な使用方法の周知徹底までは難しいと思います。 報道は、その時の「旬」に食いつきますよね。 三菱車の時にしろ同時に起きた火災事故でホンダが燃えても三菱車両の方にしか取材が行かなかったと聞きます。 今回も落ち込んだ自国産業との比較などにちょうどいい。 今朝のニュースでも「世界一位になったトヨタ」に対して、GMがトヨタ車からの乗り換えに値引きを出したりして、話題にはことかかなくなりそうです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 アクセルベタ踏みってどんな状況なの?って思います。我々庶民には絶対と言っていいほどあり得ない状況だと思います。  問題は日本製の部品では問題ないのにアメリカ部品でそんな重大な事故が起きるのかだと思います  「GMがトヨタ車からの乗り換えに値引きを出したりして、・・」 は独占禁止法に問題ないのかと思います。そんなことを日本でしたら、マツダやスバルはすぐに潰れます。ベンツもBMWもVWも存在しないことになるのでは無いでしょうか?  商道徳に違反していると思います。

  • 回答No.3
  • potachie
  • ベストアンサー率31% (1065/3387)

アメリカでの日本関係のリコールでは、ブリヂストンのタイヤのケースを調べてみると面白いですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 ブリジストンもやられましたね。でもアレは日本で作ってアメリカに売っていたと思います。複雑な部品があったわけではないので同列には論じることは出来ないでしょう。  回答有り難うございました。

  • 回答No.2
  • disease
  • ベストアンサー率18% (1240/6708)

日本車へのいやがらせは今に始まったことではありません。 日本車を売るなら現地で工場を作って現地の人間を使えとかの無理も日本へなら通ります。 それでも日本車が売れるのは性能が良いことを何より外人自信が知ってるからでしょう。 日本人が白人でもなく、戦勝国でもないのにこのクオリティーと値段の安さは異常なことなんです。 優等生が低能から嫉まれるのは世の常です。 今回のこともリコール原因は日本車だが外国の無茶な要求で仕方なく使った外国製部品を使ったためと大々的に宣伝すればいいのに日本人は優しすぎるんでしょうね。 しかし、これからも外国製品を使わないといけない状況は続くでしょう。 外国で商品を売るなら相手の無理な要求も飲まないといけないんです。 頭に来るけどしょうがないんでしょうね。 商品である以上、買ってもらわないと意味ないですからね。 それにしても外人・外国製品の質の悪さには呆れはてます。 まあ外人が低能だからこそ日本製本が売れるのは事実ですがね・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

安全性の低い部品を指摘できなかったトヨタの責任でもあると思いますが、問題の部品を納入した工場に対して堂々と損害賠償を求めるべきだと思います。また今回のことでアメリカの部品メーカーに対して信用がおけない会社とは今後取引できない、「部品が納入できないのでアメリカ工場を閉鎖する。」ぐらいの措置を取るべきだと思います。  回答ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • l4330
  • ベストアンサー率22% (4371/19580)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 面白い記事を有り難うございます。今回の事件に関してはアメリカ製の部品は信用できない。「今後は安全に関する部品は日本製の部品しか使えない。」とはっきり言って部品を納入したメーカーに多額の賠償請求をしても良いと思います。  これは自動車を舞台とした日米戦争だと思います。トヨタを応援しましょう。

関連するQ&A

  • トヨタのリコールの一件について

    カテゴリーが微妙に違うと思いますが、他に適切な項目が見当たらなかったので……。 トヨタのリコール問題についてどうしても判らない事があります。 トヨタの記者会見などは一切見ていないので情報不足なのかもしれませんが、私が理解してる限り「アクセルペダルを踏むと急加速する」→事故る……というのが問題で大騒ぎになっているんですよね? 単刀直入に言うと小学生レベルの質問かもしれませんが、アクセルペダルを踏むと車が加速するのは当たり前の事じゃないですか? 映像なども見てないので判りませんが、想像した時に加速→事故でなんで車を販売したメーカーが責任をとらねばならないのか全く理解出来ません。 車が突然うごき出すわけでもあるまいし、全責任はドライバーにあるべきだと思いますが(そもそもどんな車でも同じ事故が起こりうるような……) 事実を全て把握せずに議論するのは間違いかもしれませんが、今回の騒ぎに唖然としている私がいます。 今回の騒ぎによって世界に誇ってきた日本の「安全性・信頼性」などが損なわれると思いますか? このリコール問題に関して皆さんの意見をお聞かせください。

  • トヨタが自動車産業の参入した年を教えてください。

    トヨタは何年に自動車産業に参入したのでしょうか? アメリカでは1920年過ぎに猛烈な自動車産業の淘汰が始まっていますが、トヨタの参入がどの時期なのかを知りたいのです。 できれば日産の参入時期、ホンダ、三菱、マツダの参入時期についても教えていただければと思います。 よろしくお願いします。

  • 自動車リコールについて素朴な疑問

    下記の様な記事が本日新聞発表された。 トヨタ自動車は14日、国内でハイブリッド車(HV)の「プリウス」や小型車「カローラ」など13車種約152万台をリコール(回収・無償修理)すると発表した。  海外の約125万台を含め、世界で計約277万台をリコールする。  不具合は2つある。ハンドルのかじ取り装置の部品の強度不足が原因で、ハンドル操作ができなくなる恐れがあるほか、HVの電圧変換器を冷却するポンプのコイルに傷があり、最悪の場合、走行できなくなる可能性があるという。両方の不具合とも、事故の報告はないが、リコールで部品を交換する対策を行う。  トヨタは10月にもパワーウインドーのスイッチの不具合により、世界で一度にリコールした台数としては過去最大の約743万台をリコールすることを発表していた。 さて、これを、踏まえて、何ゆえにトヨタ自動車のみが、 このように立て続けに”リコール”を、起こすのか?? 他社には、起きていないのか? 特に米車、中国車、 さらに言えば韓国車!などなど もっと、リコール起こしていいような会社からの”リコール発表”が、少ない。 ふと素朴な疑問を感じ是ざるを得ない。 トヨタは特に問題起きやすい社風とは、思い難いのですが??? 明確なお答えは必要ありませんが、 憶測含めて、単純に理解できる論理的な解説頂ければ、幸いです。 聡明な貴兄諸子の、御意見を伺いたい。 宜しくお願い申し上げます。

  • トヨタの未来について意見下さい

    トヨタの未来について意見下さい 今トヨタはアメリカを中心に前代未聞の大規模リコールで叩かれておりますが,一過性のものなのでしょうか? 今後トヨタはどうなるのでしょうか? 三菱自動車の様にならないことを祈ります。

  • 中国産の部品をに日本製として輸出しています。

    日本にも工場がある、業界では有名な自動車用部品メーカーが中国にも進出しました。そして、自動車用の中核部品を中国製にもかかわらず「日本製」として輸出しています。アメリカ・ドイツのの某社は日本製でなければ引き取らないと契約書に記載しています。完全な契約違反です。アメリカ・ドイツのメーカーに直接申し出れば良いのでしょうが、中国の国内ではこういった行為を取り締まる法律はあるのでしょうか?

  • リコールの範囲

    最近 国内メーカーのリコールのニュースを目にします。 トヨタのアメリカでの問題が起因で、世界を対象にリコールしていますね。(何百万台とか) そこで質問なのですが、これって輸出先全ての車をリコールしているのでしょうか? →輸出した国へ全てリコール届出している? それともその国の規格・基準などを勘案して届けてしている?(国によっては届出しない) 逆に言えば、輸入車で 本国ではリコールしているが日本には届け出しない、なんていうケースもある?(もちろん 「その機能が日本向けに装着されていない」場合は 対象外です) 全ての車メーカーだと難しいと思うので   トヨタ、ニッサン、ホンダ、メルセデス、BMW、VW 程度の対象でお願いします。

  • トヨタのリコール問題が騒がれていますが、これは世界支配層アメリカ支配層

    トヨタのリコール問題が騒がれていますが、これは世界支配層アメリカ支配層が日本の優良企業を乗っ取るための陰謀の一環ではないのでしょうか。 過去にも政治屋や役人を使って、日本長期信用金庫や山一証券を乗っ取った実績がありますし。 そして、例えば日本でエッソが不良な燃料を供給していた場合、エクソンモービルの社長が日本の公聴会に呼ばれるなんてことが、ありうるのでしょうか。

  • 自動車部品のリコールと部品会社の末路

    自動車部品のリコール(単純な不良から死亡事故まで)と部品会社の末路 お世話になります。 今年の4月に自動車部品会社(プラスチック成型)に就職しているものです。 先週、自分の判断ミスでいくつか不良品を作らせてしまって叱られました。 その際に「もし、部品の不良で事故とかが起こったらどうするの!?仕事はとられるし賠償しなきゃいけないよ!社員は路頭に迷うし信用は失うし、大変なことになるよ!まだ1年もたってないんだから勝手なことはしないでわからなかったら聞いて!」と言われました。 入社数か月の自分が勝手な判断で仕事をしてしまい、もう少しで不良品を流出させそうになりました。 大変反省しており、今後は「自分の仕事が自分だけでなく会社の信用と社員の生活を左右させるようになる」と肝に銘じます。 そこで一つどうしてもわからないことがあります。 よくテレビや新聞で「自動車の部品の不具合で○万台のリコール」とか「部品の不良によりエンジンが停止、運転手が死亡」などで自動車メーカーが対応に追われている場面を見ます。 その際に表ざたになるのが自動車メーカーですが、部品を作っているのは私たちのような場合があります。 今後の仕事への自戒の念を込めて、リコールや重大な事故を起こした場合、その原因となった部品会社などの下請けは今後も存続していけるのでしょうか。つぶれてしまう場合もあるのでしょうか。 また、リコールと自動車部品会社に関する本や文献も探しています。 宜しくお願いします。

  • 世界一の自動車過密国で人命重視って・・・・・

    半世紀ほど前に航空機ハイジャックテロ事件で、人命は地球より重いとかいってテロに屈し、世界から笑いものになったほどの 人命重視国。それなのに、世界一の走る殺人マシーンの自動車過密国。 自動車登録数は中国、インド、アメリカについで4番目ですが、国土面積に対する自動車登録数は世界でダントツのトップです。 昨年の国内で車が絡んだ交通事故での負傷者数は90万1071人(このうちの事故後24時間以内に 死亡した死傷者は4863人) 先進国ではアメリカについでずばぬけて車乗ってる奴に負傷させられる被害者が多い国です。 トヨタや日産などからはかなりの政治献金などをもらっているみたいなので、 優遇しているのでしょうけど、自動車大量に売りたいなら、人命が地球より重い事とかいうなって感じ。 そう思いませんか? ヨーロッパなら人質より確実にテロに屈しないし、環境保全推進国がほとんどなので、通行税とって都市部の自動車を減らしたりやカーシェアリング等が主流なのにね。 日本は逆にトヨタ等に政府が多額の献金貰って車を増やして渋滞増やして排気ガス増やしてるしね。

  • これってリコールじゃないの!?

    先日、三菱自動車から自家用車のタウンボックスについて1通の文書が届きました。内容は形式U64Wで平成12年式タウンボックスリヤホイールベアリング磨耗で、プロペラシャフトが抜け落ちるといった事が起こるので無料で点検はしますが、修理は有料と言われました。8年は経ちますが走行距離は42000Kmと非常に少ないと思います。でも、こんな故障は大きな事故に繋がる構造的欠陥で、リコールの対象にならないのでしょうか!?また、過去にトヨタ、日産、ホンダ、マツダと数台を乗り換えてきましたが、ハッキリ行って故障が多い!!バッテリーは毎年交換、プラグも2000Kmごとに交換、エンジンオイルは漏れる、冷却液が漏れると言った故障がありました。このまま乗り続けるにはストレスが溜まる一方です。愚痴になってしまいましたが、ドライブシャフトの件はリコールにならないのでしょうか!見解をお聞かせください。