• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

持株比率と異なる割合での株主割当発行

現在、新株発行による増資を考えています。 新株を引き受けるのは現株主のみですが、現在の持株比率とは異なる割合で株式を引き受ける予定です。 この場合、株主平等の原則に反するため、株主割当増資ではなく、第三者割当増資に当たると聞きました。 当社は、定款に株式の譲渡制限がありますが、第三者割当増資に当たってしまうということは、この場合、株主総会の特別決議が必要になるのでしょうか? また、このような形の増資を行う場合、他に何か気を付けなければならないことなどがありましたら、ご教授下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#24736
noname#24736

第三者割当増資を行なう場合、譲渡制限会社ならば、株主総会の特別決議が必要です。 留意事項については、参考urlをご覧ください。

参考URL:
http://www.ipo-one.com/library/basic/capital/12.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。参考になりました。

関連するQ&A

  • 株主割当増資について教えて下さい。

    まったくの初心者なので宜しくお願いします。 持っていた株式が株主割当増資?(割当比率1株に対して0.9株)を行い、権利落ちで株価が下がりました。株式分割は例えば(1対1.5株)と言うように新株が割当てられますが、株主割り当て増資の場合はどうなってしまうのでしょうか?

  • 第三者割当と株主割当どちらを選ぶべきか?

    はじめて質問します。 当社は役員3名の非公開会社です。株主は代表取締役1名です。 このたび、新株を発行して資本を増加することになりました。 株式引受人は代表取締役です。 この場合、第三者割当でも株主割当でもどちらでも行けそうですが、 どちらを選ぶのが効率がよいでしょうか? また、同時に商号・目的変更、代表取締役以外の役員の退任もするのですが、同じ株主総会で決議できるでしょうか? よろしくお願いします。

  • 第三者割当の株式発行価格

    第三者割当の発行価格は一株いくらでも良いのでしょうか? たとえば、現在の資本金は100万円で発行済株式は10株ですが、友人に新株を一株100万円で引き受けて貰うことは可能ですか? この場合、増資後の資本金は200万円、発行済株式は11株、私の持ち株比率は10/11で拒否権を含む経営権は確保出来ると考えて良いでしょうか?

  • 増資 株主割当

    こんにちは。 こんど、下記の要領で増資を行いますが、株主総会の特別決議は必要でしょうか? ・譲渡制限会社 ・既存の株主だけを対象に増資を行う ・既存の株主の中で増資に応じるのは約2/3の株主のみ 宜しくお願い致します。

  • 持株比率が逆転していました。

    迂闊なことに、気が付いたら、社長である私の持ち株数比率が逆転していました。 1,共同経営者の持ち株比率35%、社長である私の持ち株比率41%で、長らく  会社を経営してきました。   平成8年に他の株主より贈与を受けたと称し、他株主所有分より、少しづずつ   自分の株式に繰り入れたようで、結果、持株比率が、彼45%、小生41%   と逆転してしまいました。   会社の経営権を奪われそうで危機感を持っています。 2,当社定款には、株式の譲渡制限が設けられていて、この件に関しての取締役会  の開催の事実はないし、従って、議事録は存在していません。 3,贈与したことになっている他株主に確認したところ、そのような事実はなかっ  たことを書面にしていただきました。 4,贈与が完了したとされる時点にて贈与税の納付を行ったとのことです。   (これは手続きを代行した人間より確認しました。) 5,その後、必要があり、増資を行った際に彼の主張する株に応じ増資が行われま  した。(此処までは、既に死亡した事務担当と彼が私に無断で行ったことで   す。) 6,この増資が完了した時点で、彼は、自分の保有する株式数が確定した、と主張  しておりますが… 7,持ち主が事実を否定している、贈与受けたと、を主張する彼の言い分は正しい  のでしょうか? 8,取締役会の証人が無く、議事録の存在していない譲渡は成立するのでしょう   か? 9,彼の行った行為は、背任横領罪に当たるのではないのでしょうか? 10,この事実に気付いたのは平成14年9月ですが、贈与が行われれた時期は   平成8年5月のことで、事項扱いとなってしまうのでしょうか? 11,最悪の場合には、告訴も考えているのですが、勝算はありますか?    当然弁護士にも相談しますが、予備知識としてご教示お願いいたします。

  • 第三者割当増資の自由度

    第三者割当増資は、定款に譲渡制限のない会社であれば、 取締役会の決議があれば、できますよね。 資本金1000万の会社に、9000万の第三者割当増資をするという、実質的に会社のオーナーの変更もできるわけですか。 ということは、取締役の過半数が承認すれば、現オーナーから新しいオーナーに鞍替えすることができるということですね。 株主総会の意義が失われてしまいませんか? まとまりがなくてすみません。なんだか不思議な気がしたもので。

  • 第三者割当てについて

    当社は譲渡制限会社のため、第三者割当てを行う際は、 株主総会決議となりますが、決議要件は、どうなります でしょうか?

  • 臨時株主総会(株式譲渡承認)の議長

    臨時株主総会(株式譲渡承認)の議長  取締役会非設置会社で株式譲渡の決議をする場合、下記の出席者のケースでは誰を議長とすればよいでしょうか。一応定款では代表取締役が議長をすることになっています。 (1)株主A (2)株主B (3)代表取締役(持株なし)  (1)から(3)へ株式を譲渡する場合。  以上、よろしくお願いいたします。

  • 役員の持株数に増減があった場合の作成書類

    役員間で株式の売買があった場合に、会社として作成する書類は新株主名簿だけと思います。 株主総会の決議も、取締役会の決議も不要と思うのですがいかがでしょうか。 なお、定款には「株式の譲渡制限」として、「当会社の株主が当会社の株式を譲渡により取得する場合においては、当会社が承認したものとみなす。」とあります。

  • 株主割当の割合(方法)について

    どなたか、教えていただけないでしょうか? 基本的な質問なのですが、 株式割当の割り当てる割合について、お伺いしたいのですが、 例えば、Aさんが2株、Bさんが1株もっている場合で、株主割当をする場合の割合は、 必ず、Aさん2 : Bさん1の割合になるのでしょうか? それとも、ある機関が、違う割合を決めることが出来るのでしょか? 実は、譲渡制限株式の割当の場合で、取締役会があれば、取締役会が割当てすることが 出来るので、割当の割合を自由に出来るのなら、 現状の議決権割合が変わることがあるので、 不利益を受ける株主は、文句を言うのではないかと思いまして。 割当に納得がいかないとして、株主を辞めようとしても自由に譲渡出来ない訳なので。