• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

平衡を伴う反応の速度について

現在、以下の反応での速度解析をしています。 A→←B(AとBは平衡反応) ↓ C(不可逆反応) で,0時にはAのみ存在していますが,t時間後にはAとBが平衡になり,Cが生成します。 この時の「A→B」「B→A」「A→C」の速度定数はどのように求めれば良いのでしょうか? バーローなどの物理化学の教科書などで平衡を伴う反応の速度定数の算出方法などを調べましたが、「A→C」の反応を伴う平衡についての速度解析方法は教科書にはありませんし、私なりに考えましたが,答えが導けませんでした。 そこで質問ですが、 (1)このような反応での反応速度定数の求めかた(求めるための考え方) (2)反応速度に関する分かりやすい教科書 についてご存知でしたが,教えていただきたく思います。 言葉足らずのため,分かりにくい質問とは思いますがよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数464
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

速度論解析とは、反応次数を調べることも含みます。そもそも速度論的解析でもしない限り、反応次数を決めることは出来ません。反応次数や反応種を見極めるために速度論解析をするんです。神様が教えてくれるんじゃ無いですからね(笑)。 反応次数も含めて色々なパターンの速度式を立てて、それが実際に観察される濃度変化に合うかどうかを調べ、適合するパターンを見つけることが速度論解析の基本です。 No.2に私が記したのは、全ての過程を1次であると仮定したものですが、2次、3次の可能性があるのならば、その速度式も立てて考える必要があるでしょう。 >水が大過剰にあるということから,一次反応だと考えています(考え方は違いではないですよね?)。 大丈夫です。速度論解析で良く用いられる近似テクニックです。ただし、ここで算出される「見かけ上の一次反応速度定数」はあくまでも「真の速度定数×水の濃度」であることを忘れないで下さい。 高校生レベルの微分積分が理解できていれば、解決するのも時間の問題です。頑張ってください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

レスありがとうございます。 半分鬱状態になりながらも、なんとか解決の糸口が見えたような気がすることを嬉しく思います。まだ,理解が足りなく,自分が情けなくなりましたが、これを機に勉強したいと思います。 どうもありがとうございました。

関連するQ&A

  • 平衡について教えてください。お願いします。

    水素とヨウ素各2モルを10リットルの容器で457℃で平衡定数49の正反応、逆反応の速度定数がk1、k2で与えられたとき、ヨウ化水素が生成する最初の反応速度の求め方、さらに、この反応で457℃で反応容器を5リットルにした時の生反応速度は圧縮前の何倍かという問題なのですが、どこから考えればいいのか全く分りません。よろしくお願いたします。

  • 逐次一次反応-反応速度定数を変化させる要因-

    逐次一次反応-反応速度定数を変化させる要因- 反応速度論につき、勉強を始めたばかりです。 以下の2点について、教えて頂けると嬉しいです。 どちらか1点でも構いませんので、どうぞよろしくお願いします。 =================================================== (1)反応速度と圧力依存性 一般的に、反応速度定数の温度依存性については 「アレニウスの式」で定義されています。 圧力依存性はないのでしょうか? (平衡では圧力依存性は出てきますが、反応速度では  まだ見かけていません) (2)逐次一時反応の速度定数を変える条件 今、A→B→Cという逐次一時反応を考えています。 よくあるモデルですが、A→B(速度定数k1), B→C(速度定数k2)です。 k1,k2の大きさが同程度なのですが、 これをk1>>k2とするための方法として どのようなものが考えられるでしょうか? 温度、圧力、濃度条件の変化etc…考えられるものが 教えて頂けると幸いです。 ================================================== 質問に対する解答、詳しい情報が記載されている 書籍等何でも構いませんので、色々教えて下さい。 よろしくお願い致します。

  • 反応速度

    反応速度 A→B+C で速度定数kのとき、Aの濃度は時間とともにどのように変化しますか?

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
  • acacia7
  • ベストアンサー率26% (381/1447)

反応の次数はわかってるんですか?・・ っていうか・・反応種は確定してるんですか?・・ A,B,Cはそれぞれ一つの分子なんですか?・・ また、それぞれの存在は他の反応に影響しないのですか?・・ たとえば、NOとN2O2の反応みたいに 右向きは一次で左向き2次とかなってません? そこら辺がわかってないと「速度式」自体が成り立たないのでは?・・ また、反応次第では速度は濃度に一次依存かもわかりません。 どうしましょう・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

レスありがとうございます。 言葉足らずな文章ですみませんでした。 まず,反応種についてですが,ABについては1分子で,Aの分解の結果,Cは2分子生成します。 で,反応には水分子が関わっていますが(脱水反応と加水分解反応),水溶液中での反応なので,水が大過剰にあるということから,一次反応だと考えています(考え方は違いではないですよね?)。 また,基質の量が少ないこともあり、生成物などが他の反応に影響することもないと考えています。 想像以上に速度解析は難しいですね、、、。 アドバイスをお願いします。

  • 回答No.3

まず、d[A]/dt、d[B]/dt、d[C]/dtを表す式(微分型の速度式)を書いてみてください。速度論的考察を行う際の基本です。 そのままでは積分できませんが、工夫すれば [A]、[B]、[C]を表す式を導くことが出来ます。例えば  [B] = f(x)・exp(-k2t) ※[B];時間tのときのBの濃度、f(x);時間tの関数、k2;B→Aへの速度定数 とおき、これを微分してd[B]/dtを導出します。この導出式と最初に立てた微分型の速度式を組みあわせて考えれば、[B]を時間tの関数であらわすことが出来ますね。あとは[B]をd[A]/dtに代入して積分すれば[A]を求めることが出来、さらにこれをd[C]/dtの式に代入して積分すれば、[C]を求められます。(あるいは、[C] = [Aの初期濃度] - [A] - [B] でも算出可能です。) 簡単なグラフ描画ソフトがあれば、各ステップの速度定数の比を様々に設定し、どのような濃度変化が起こるのかをビジュアルに観察して“遊ぶ”ことが可能です。マニアックでオタッキーな遊びですけどね… >(2)反応速度に関する分かりやすい教科書 rei00さんが紹介されている本は非常に良い本なのですが、廃版になっています。出来れば私ももう一冊入手したいのですが… 現在市販されている本を紹介します。 『反応速度論』慶伊富長、東京化学同人、ISBN: 4807905325 『化学動力学』佐藤伸訳、東京化学同人、ISBN: 4807904256

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

レスありがとうございます。 難しすぎてサッパリ、、、です(笑 でも,幸運なことに紹介してくださった本が大学附属図書館の分館にありましたので早速,取り寄せて基礎から勉強したいと思います。

  • 回答No.2
noname#3991

この関係図から読みとれる範囲では  結局 A←→B の平衡関係が 成り立たないようにおもいますが。 ある時点で 一瞬平衡かと思っても A→Cが 連続的に起こっていれば また平衡関係が崩れませんか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

レスありがとうございます。 ご指摘の通り、平衡でないかもしれませんね。 ますますややこしくなります(汗 でも,なんとか速度は求められないでしょうか? 整理してみますと, A←→B間に平衡があるのならば、 平衡定数Keq=([A]t/[B]t) 平衡定数は平衡に達すればある値が決まりますが,ただしこれは,A→Cという反応よりも,AB間の平衡が早い場合に成り立つわけで、、、。AB間の平衡が遅い場合にはAはいつも”少なめ”に測定される。ということは、平衡定数は「見かけ」であって,実際とは違うかも知れませんね。 どうしたら良いでしょうか、、、。 アドバイスお願いします。

  • 回答No.1
  • rei00
  • ベストアンサー率50% (1133/2260)

参考書の紹介だけですが・・・。  「化学反応の速度と機構」   J. H. エスペンソン 著,荻野 博 訳   出版者:マグロウヒルブック   出版年:1984.5   形 態:257p ; 22cm   定 価:4000円(当時)  ご参考まで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

レスありがとうございます。 早速,調べてみたいと思います。

関連するQ&A

  • 平衡定数と反応速度について教えてください

    次の大問2つを解いてください。 1.SO3→SO2+(1/2)O2の反応が平衡に達した (1)SO3の解離度をXとすると平衡時のSO2と(1/2)O2はそれぞれ何モル存在するか。  (2)全圧Patmのときの平衡定数KとX、Pとの関係式を求めよ。   2.反応速度について  (1)N2O5の熱分解反応 N2O5→2NO2+(1/2)O2 は典型的な一次反応である。温度T[K]を変えて反応速度定数k[1/s]をもとめ1/Tを横軸にlnkを横軸にとり両者の関係を図に示すと勾配が -1.22×10^4[K] の直線が得られた。反応の活性化エネルギーを求めよ。ただし、R=8.31[J/Kmol]  (2)上記の反応の318Kにおける反応速度定数は 4.98×10^-4[1/s] であった。半減期を求めよ。

  • 平衡定数と速度定数で困っています

    ある平衡反応において、平衡定数をK、正反応(左辺から右辺)の速度定数をk1、逆反応(右辺から左辺)の速度定数をk2とおきます。 ここで、平衡状態の時K=k1/k2が成り立つそうなのですが、理由がイマイチわかりません。 どなたかこのバカに理由をご教授ください。お願いします。

  • 反応速度定数の温度以外の依存性について

    反応速度定数は、温度によって大きく変化すると 教科書に書いてあったのですが、 同じ反応・同じ温度で、例えば 減圧して液相反応を気相反応に変えたり、 あるいは 回分反応器から管型反応器に変えて反応させた場合 速度定数は大きく変わるのでしょうか?? 速度定数が温度以外のどのような要因によって変わるのか 知りたいです。是非、ご教授お願いします。

  • 平衡定数

    化学の平衡定数について質問です。 平衡定数が正反応速度と逆反応速度から成り立っているのはわかります。 反応速度は温度と触媒によって影響があるのもわかります。 でも平衡定数はなぜ温度のみに影響するのでしょうか。 先生に聞いてみても 触媒を加えると全体の速度が速くなるから 平衡定数は変わらない と言われました。 でも温度も同じなのではないでしょうか。 例えば30から40℃に温度をあげたとき 正反応速度は速くなりますが 逆反応速度も同じくらい速くなるので 触媒と全然変わらない気がします。 わかる方いましたら 教えてください。

  • 化学平衡における反応速度と反応速度式の関係について

    教えて頂きたいことがあります。 化学平衡において、「反応速度」は反応物のモル濃度の減少速度または生成物のモル濃度の増加速度で表す。ただし、着目物質により、「反応速度」は変わる可能性があるので、化学反応式の物質の係数でそれぞれの「反応速度」を割ることで、その反応としての共通の「反応速度v」を定義できる、とあります。 一方、「反応速度式」より、v=([A]^x)×([B]^y)(A、Bは反応物)、X,Yは実験により求める、とあります。 それぞれについては、理解しているつもりですが、この「反応速度v」と「反応速度式v」の関係はどういったものなのでしょうか。 宜しくお願い致します。

  • ある温度での平衡反応A?B+Cであった。

    ある温度での平衡反応A?B+Cであった。 25℃への温度ジャンプを加えるとBとCの濃度がわずかに増加した。正反応が1次、逆反応が2次、化学量論係数1:1:1を確認した。緩和時間の測定値=3.0μs、25℃での平衡定数が2.0×10^-16M BとCの平衡濃度=2.0×10^-4Mのとき、 k(正反応の反応速度定数)とk'(逆反応の反応速度定数)の値を求めよ。 という問題が分かりません。基本的な問題だとは思うのですが、教えていただけないでしょうか?よろしくお願いします。

  • 反応速度論

    反応速度論について聞きたいんですが。 『A+B⇔C→D という化学反応でk1 , k1' , k2 をそれぞれA+B⇔Cの正反応の速度定数、A+B⇄Cの逆反応の速度定数、C→Dの速度定数とします。 このとき各A、C、D、について濃度が時間とともにどのように変化するかしきで表しなさい。A、Bの最初の濃度は0でなく、C、Dの最初の濃度は0とする。またA+B⇄Cは平衡であると仮定してよい。』 1. d[A]/dt = -k1[A][B] + k1'[C] 2. d[C]/dt = k1[A][B] - k1'[C] - k2[C] 3. d[D/dt] = k2[C] 4. [C]/([A][B]) = k1/k1' (平衡であると仮定したため) この4個の式が成り立ちますよね。 で、平衡状態の元ではC→Dは一次の反応なので [C] = [C]o e^(-k2t) となります。それで4の式より [C] = k1/k1' [A]o[B]o e^(-k2t) となりますよね。 Cの濃度変化は求められたのですがA、Dについてがよくわかりません。 1の式はどのように解いたらいいのでしょうか? Aの濃度変化がわかれば質量保存から [D] = [A]o - ([A]+[C]) で出せますよね? どなたかわかる方ヒントなどください。よろしくお願いします。

  • 反応速度定数

    s+q=x これからの反応速度は[s][q]について一次であり、速度定数をk1、k2とする。 s+q=y s+r=z のとき、x.yの生成速度は、それぞれ、k1[s][q],k2[s][q]であり、その比は常にk1:k2となる。 上記内容にてなぜ、[s]と[q]はかけるのか?モル濃度同士をかける意味がいまいち把握できません。kに関しては、速度定数なので温度、圧力に依存するためかけるのは理解できます。 かけるという概念をしっかり把握出来てないのかも知れません。上記の場合、%×%という意味あいになるのでしょうか?粒子が衝突することで速度があがるので[s][q]をかけると濃度が濃くなるような気はしますがしっくりきません。 わかりやすくご説明頂ける方、よろしくお願いします。

  • 反応速度式

    反応速度式についてお聞きしたいのですが、 A2 = A + A (反応速度定数k1)の反応でAの生成速度を表す式は dA/dt = k1A2 で合っていますか? また、A + A + B2 = 2AB (反応速度定数k2)の場合ABの生成速度を表す式は dAB/dt = k2A^2B2 なんでしょうか? 教えてください。

  • 反応速度定数について

    物理化学をやっていて、参考書に、反応速度定数kは反応の速度を表す定数とありました。kが反応の速度に関する定数であることは字から予想がつくのですが…「反応の速度を表す定数」で、反応の速度を表すなら、定数とつけなくても反応速度そのものでいいのでは?と思ったり、実際にその定数が化学反応において、どう関係しているのか全くイメージがつかめません。分かりやすく説明していただけないでしょうか?