• 締切
  • すぐに回答を!

男として頼られたい

  • 質問No.5620959
  • 閲覧数1491
  • ありがとう数0
  • 回答数6
女性から男として頼られるためにはどうしたらいいですかね?
別に付き合いたいとか思ってるわけじゃないんですが、私の周りの女性たちは私を男として見てない気がします。よく相談話をされたり、優しいとか言われ、それはそれで嫌ではありませんが、何かしっくりきません。変な話、女友達の一貫というか…相談されても大してアドバイスできないし。男としてではなく、困った時に頼られる存在って感じですかね…実際大学4年ほぼ毎日一緒にいたような仲なので、よい所悪い所をお互い知ってる感じだからなのかもしれません。
私自身男らしいかと言われればそうではないと思います。結構凹みやすいですし、引きずるタイプで優柔不断っていう最悪なパターンで…あまり自己主張しないですかね、教授や周りの人間関係にチキってしまって、行動できなかったり↓あとはマイペースすぎるらしいんです。かなり頼りがいない男っと感じですね(笑)でも4月から社会人ですし、人間として男としてこのままじゃ嫌だし、成長したいです。
そこで、教えてほしいんですが、どうやったら男として頼られる存在になれますか?また逆にどんな男は頼りがいがないと感じますか?教えてください。

回答 (全6件)

  • 回答No.6
「頼られたい」というより、「男として意識されたい」ってことですよね?

いくら自分が成長しても「醸し出している雰囲気」が変わらなければ扱いは変わらないと思います。
それよりも、もっと簡単な方法があります。

彼女を作ってみてはいかがでしょうか?
それだけで女性からの見られ方が変わることって結構ありますよ。
(少なくとも、人畜無害な存在では無くなるわけですから・・)
でも、そのせいで女友達との間に少し距離を感じる様になるかもしれませんけど・・
(男として意識されるってそういうことですからしょうがありません。)
  • 回答No.5

ベストアンサー率 27% (3007/11114)

頼られる男性はどういう人か。そりゃ答えはシンプルです。ずばり「デキる人」です。デキりゃ頼られます。デキなきゃ頼られない。そんだけです。

じゃ、どんな男がデキるかというと、頭がよく、タフ(←ここが重要)で決断力がある男です。これでリーダーシップがあれば理想ということになります。
重要なのはタフだということです。タフというのは体力的な意味と精神的な意味との両方を指します。というのは、なにはともあれ体力がないと能力は発揮できないからです。疲れていては正常な判断はできないでしょ?
また精神的タフさも必要です。頼られる人というのは、必ずしもいつも肯定的な目で見られるとは限りません。例えばプロ野球選手であればいつもチャンスで打てるとは限りません。頼られる選手であれば誰もが「きっとここで打ってくれるだろう」と期待しますから、もし打てないと周囲は余計に厳しい目で見るわけです。そのときに叩かれても折れないからこそその人は頼られるわけです。

つまりあなたは頼られる人の陽のあたる部分を見て「ああなりたい」と思っていますが、頼られる人というのは、常に「期待され、結果を残すことを期待されている」わけです。つまり頼られている人は、そういったプレッシャーに打ち克っているからこそ頼られるわけです。そう思えば、頼られている人ってのはなんだかんだいって伊達じゃないということがわかるでしょう?

健全な男である以上、頼られたいという願望はいいことだと思います。だからアドバイスとしては「負けても負けても挑戦したまえ」ということです。負け知らずな人は強い人ですが、タフじゃありません。負けても立ち上がってくる人がタフな人です。
そのための道は長く険しいです。あなた自身がタフな男から程遠いわけですから。また決してすぐに目に見える形で結果が出るわけでもありません。山登りをするときに一歩一歩は小さいですから一歩でここまで登ったとはわかりません。でも登り続ければあるときふと後ろを振り返って「ああ、ここまで登ってきたのかなあ」と実感するのです。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 20% (203/986)

まず、外見から。
身長は低くてもガッチリしていれば男らしく見える。
身長高くても細身では男らしくは見えない。
つまり、暴漢に襲われてもこの人ならなんとかしてくれそう・・
というのが見た目の男らしさです。

中身の男らしさというのは、言わば、余裕があるということです。
勉強や仕事がそれなりにできて、周りに教える余裕があること。
周りに教えられるということは自分が理解していなければできません。

凹んでも、引きずっても優柔不断でもいいです。
が、それを表に出さなければいいんです。
自己主張が強い男は自信があるというより、プライドが無駄に高いだけに
見えるのでむしろ逆効果です。

行動力、積極性が無いのは男らしく見えません。

どうやったら男らしく見えるか、
このまま社会人でやる気を発揮し、どんなに忙しかろうと、
やることが無いと思っていようと自分からどんどん突き詰めて行く事が
結果的に頼りに成る存在になります。

頼りになるとは、頼る何かがなければダメです。
いかに外見ならば筋肉、内面であれば知識と行動です。
  • 回答No.4

ベストアンサー率 20% (203/986)

まず、外見から。
身長は低くてもガッチリしていれば男らしく見える。
身長高くても細身では男らしくは見えない。
つまり、暴漢に襲われてもこの人ならなんとかしてくれそう・・
というのが見た目の男らしさです。

中身の男らしさというのは、言わば、余裕があるということです。
勉強や仕事がそれなりにできて、周りに教える余裕があること。
周りに教えられるということは自分が理解していなければできません。

凹んでも、引きずっても優柔不断でもいいです。
が、それを表に出さなければいいんです。
自己主張が強い男は自信があるというより、プライドが無駄に高いだけに
見えるのでむしろ逆効果です。

行動力、積極性が無いのは男らしく見えません。

どうやったら男らしく見えるか、
このまま社会人でやる気を発揮し、どんなに忙しかろうと、
やることが無いと思っていようと自分からどんどん突き詰めて行く事が
結果的に頼りに成る存在になります。

頼りになるとは、頼る何かがなければダメです。
いかに外見ならば筋肉、内面であれば知識と行動です。
  • 回答No.2
こんにちは。

30代既婚女性です。

うーん、もともとの性格が『男』らしくないんだから、自分のキャラクタと違う理想を掲げても、しんどいかもですよ?

私はけっこう肉食系で男性的な決断力も持ってたりする女だったので、まず、「男に頼る」発想がまるでなかったですね…。
相談事をできる人、自分が激しい分、おっとりした優しい男性が好きで、そういう人とばかりおつきあいしてましたけどね…。
男性的な人はぶつかって疲れたりしてね…。

30近くなってからですね、うまく男性に女性的に甘えたり頼れるようになったのは。
なので、相手の傾向・性格も関係あるかもですよ。
それに、たいていのオンナは「話を聞いてくれるだけ」で結構満足します。アドバイスなんて必要としてないのに押し付けてくるオトコは嫌いだったりします(笑

だから、ぜんぜんそこはOKではないかな。相談されるっていいことだもの。
ただ、女性も子供だと、そういう男性の良さがまだわからないってこともあると思います。わかりやすい「オトコ」に惹かれてしまうかも。(ルックスとか、強引な男とか)

あなたはもしかしたら、30あたりからもてる、結婚するのにとっても向いている人かもですよ?

でも、やっぱり相手にびびるとか、チキンなのはまずいかな。
>結構凹みやすいですし、引きずるタイプで優柔不断っていう最悪なパターンで…
ここは改善したほうがいいかも。
もし草食系なら、性欲が少ないのも『オトコ』じゃない、かな。
もし恋人とか気になる人ににワリカンを求めるとかなら、『オトコ』じゃない、かな。

情緒が安定してて、きちんと自分の意見を持ってて、女をきちんとオンナとして見て扱って、尊重してて…
かな。

「付き合いたいとか思ってるわけじゃない」ってそもそものところが、「男度」が低いというか、相手を「オンナ」って見てない気がしなくもないですね。

“この人が好きだ、触れたい、キスしたい、抱きたい、抱かれたい”みたいな気持ちが色気になってにじみ出て、それが異性には“フェロモン”として認識されて、異性として意識されるのではないでしょうか?
そこのところが薄い人は、異性として見られることは難しいでしょう…。

欲は色気につながります。
いやらしい話ではなく、生きている力というか、生命力というか、オーラというか、そういうパワーの話です。
草食系なんていわれる世代の方は、その力が薄いのかもしれませんね。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 0% (0/2)

私の周りに頼られる男性、頼られない男性どちらもおりますが…
【頼られる男性】
●決断力がある
●知識がある(豊富)
※いざという時頼りになれば女性から信頼受けやすい      【頼られない男性】
●優柔不断
●何事にもナヨナヨ
●会話少ない
●ユーモアゼロ

頼られる=好かれるですから頑張ってください
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ