-PR-
締切済み

ハードウェア接続方式の歴史について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.56182
  • 閲覧数94
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 17% (3/17)

古いパソコンに、現在の新しいハードディスク
が搭載できるのかいなかと思いまして。
実際するつもりはないのですが、大変疑問も思って
います。
履歴が無かったので、新しく質問させてください。

現在、ハードディスクの接続方式としては
IDEやSCSIなどが主流ですが、昔はどんなものを
使用していたのでしょうか?
大雑把な、歴史などを教えてください。
また、ケーブルなども、現在と違ったものだった
のではないかとは思いまが、実際どんなものだった
のでしょうか?
また、NEC製品だと、接続方式もDOS/Vなんかと違った
ものだったんでしょうか?
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 37% (570/1525)

あまり古いものについては知らないのでNEC PC-9801以降のお話で(うろ覚えを含みます)。

一番古いものはSASIでしょう。
SASIはSCSI-Iの元になった規格です。

その次が“NECの主張ではSCSI”なのですが、実際にはオプションコマンドを全てサポートしていないSCSIもどきのSASIでした。

このあたりからBIOSでSCSIをサポートしてハードディスクからの起動が可能になったはずです。

そこからIDE,E-IDE,ATAPIと続き9821NXシリーズへと引き継がれ現在ではUltra ATAもサポートされているはずです。

ケーブルについては
・ SASI
・ IDE
・ E-IDE/ATAPI (narrow SCSIに使えるものもあるらしい)
・ narrow SCSI
・ wide SCSI
それぞれ独立です。
それぞれにコネクタの形状が複数あるので注意してください。
あと、現在IDEといえばE-IDE/ATAPIを指すようなので注意してください。

「古いパソコン」と言うことなのでUltra ATAとSCSI-IIIは除外しています。


このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ