• 締切済み
  • すぐに回答を!

波動と振動

物理の振動と波動の問題でわからなく困っているので質問します。 解説も答えもないのでお願いします(__ 問1 平面上で運動する質点の座標のx,y成分がそれぞれx=Asinωt、y=Bcosωtであるとき (1)リサージュの方法により、軌道の形を簡単に作図せよ。 (2)軌道の式を求めよ。 (3)t=0における質点の速度および加速度を大きさと方向を明確に求めよ。 問2 振幅A、波長λの正弦波状の波動が、x軸上を速さvで進んでいる。時刻t=0における原点での変位がy=oであるとして、この波の変位の式を示せ。またこの波の波動方程式を書きなさい。 ...です。 たぶん高校の知識で解けそうな問題ですが、化学で入ったもんで全然わからないです^^; お願いします(__

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 物理学
  • 回答数2
  • 閲覧数778
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.2
  • T-gamma
  • ベストアンサー率55% (63/113)

(1)、(2)は単純に数学的なお話ですね。 x=Asinωt、y=Bcosωt でtは数学で出てくる媒介変数ですから、tを消去してxとyの関係を求めます。そうすると、(1)、(2)は解けます。 (3)は速度、加速度と微積の関係が分かっているば解けます。 V=dx/dt a=dV/dt=d2x/dt2 ですから、速度、加速度はそれぞれ (Vx、Vy)=(dx/dt,dy/dt) (ax、ay)=(dVx/dt,dVy/dt)= (d2x/dt2,d2y/dt2) と表記されます。これにx=Asinωt、y=Bcosωtを代入すれば 時間tにおける速度、加速度が分かり、さらにt=0を代入すすとt=0における速度、加速度が分かります。 問2 詳しい話は省略して、進行波の変位の一般式は y=sin(ωt-kx+α) ω:単位”時間”当たりの位相変化(=2π/T) k:単位”距離”当たりの位相変化(=2π/λ) α:t=0,x=0での位相 となります。 あと、 v=λ/T(波1回で進む距離λを波1回にかかる時間Tで割っただけ。公式と言う必要すらない式) となりますから、Tも求められます。 以上から、変位の式が求められるはずです。 (αはt=0.x=0,y=y0を代入して、求めてください。文字ばかりなため、逆三角関数が必要みたいですが) あと、波動方程式は「解け」とかかれると難易度が跳ね上がりますが「書け」とあるなら教科書に載っている形をそのまま書けばいいのではないでしょうか?(波の速さVも与えられていますし)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • BookerL
  • ベストアンサー率52% (599/1132)

(1)「リサージュの方法」というのは、私は知りませんが、ωt の値を 0,π/6、π/4、π/3、π/2 でとってみて、それぞれのところでの x y の値をグラフにプロットすれば、起動の形が分かりそうですね。 (2)二つの式から ωt を消去すればいいでしょう。   x/A=sinωt、y/B=cosωt として、sin2乗+cos2乗 = 1 を使うと、楕円の式が出てきそうですね。 (3)二つの式を t で微分すれば、速度のx成分・y成分 が出ますので、そこに t=0 を代入すれば、速度が求まります。  速度成分の式をもう一度 t で微分すれば、加速度のx成分・y成分 が出ますので、そこに t=0 を代入すれば、加速度が求まります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • リサジューの作図法

    物理の質問です。 リサジューの図形作図方法でx=Asinωt、y=Bcosωtの式のときの軌道の図形を簡単に作図せよという問題で。 リサジューを使って図を書く手順が分からないのですが、どうすればいいか教えてください(__ 教科書に詳しく載って無くて...

  • 物理の問題

    平面上で運動する質点の座標のx,y成分が、x=Asinωt,y=Bcosωtであるとき、t=0における質点の速度及び加速度を求めたいのですがどのように解いたらいいのか解りません。 自分では、上式を変形したら、軌道の式が楕円になることは解ったのですがこの先が解りません。どなたかご存知の方よろしくお願いします。

  • 高校物理(波動)

    波の変位はx,tの二変数で表すと、 y= Asinω(t-x/v) らしいのですが、なぜt-x/vなのかわかりません。 回答お願いします。

  • 物理の波動[定常波の式]について

    物理の波動分野の定常波について質問です。 定常波の式 がY=2Asinωt・cosKxで与えれているとき(K = 2π/λ)、 図の説明を見ると、t=0で最大変位、t=1/4周期ですべて0 t=1/2周期で負の最大変位になるとかかれています。 これは間違っているのではないでしょうか? t=0の場合、2Asinωtは0になります。 また、t=1/4Tのとき、ωt =2π/T x 1/4T = π/2となり、 2Asinωtは2Aで、最大振幅になります。 私の解答であっているのではないのでしょうか? ご教示のほどよろしくお願いします。

  • 物理の波動の問題

    物理の波動の問題。 x軸のOにある波源Sから振動数f,波長λの波が左右に出ている。Sから右に距離Lだけ離れたところに 壁Rがあり、波はここで振幅を変えずに固定端反射される。Sから出る波のOにおける変位yは、時刻t に対してy=Asin2πftと表されるものとする。 (1)Sから壁に向かう入射波の式y_1をx,tの関数として表せ。(0≦x≦L) (2)壁からの反射の式y_2をx,tの関数として表せ。(x≦L) (3)SR間で、合成波の変位y_1は次式のように表される。y_1=2Asin( ア )cos( イ ) (ア),(イ)を埋めよ。また、常にy_1=0となる位置xを整数n(=0,1,2・・・・・)を用いて表せ。 (4)Sの左側に生じる波(合成波)の振幅を求めよ。また、振幅が最大となるときのLをλ、nで表せ。 そして、解答ですが (1)y_1=Asin2π(ft-x/λ) これはわかります。 (2)y_2=-Asin2π{ft+(x-2L)/λ} これもわかります。 (3)y_1+y_2を三角関数の積と和の公式を利用して、(ア)=2π(L-x)/λ, (イ)=2π(ft-L/λ) これも理解できます。 (4)点Oから左へ進む波の式はy_3=Asin2π(ft+x/λ)である。 このy_3と反射波y_2が合成波yをつくるので、y=y_2+y_3=2Asin(2πL/λ)cos2π{ft+(x-L)/λ} y_2,y_3ともに左へ進む波であるから、yもまた左への進行波となっている。その振幅A'はA'=|2Asin(2πL/λ)| これが最大になるのは|sin(2πL/λ)|=1のときで、2πL/λ=(2n+1)π/2 よってL=(2n+1)λ/4となる。 (4)の中に振幅A'はA'=|2Asin(2πL/λ)|となる。とありますが、これはどのようにして出したのでしょうか。 自分で一つ気付いたのは、合成波の式y=y_2+y_3=2Asin(2πL/λ)cos2π{ft+(x-L)/λ}の cos2π{ft+(x-L)/λ}を消している状態だと思ったのですが、合成波の振幅はcosをないものとして考えればよいということでしょうか。今回が偶然なのかもしれませんが、分かる方がいらっしゃいましたら教えていただけると助かります。 よろしくお願いします。

  • 物理(波の問題について)

    振幅A、波長λの正弦波状の振動が、x軸上を速さvで進んでいる。時刻t=0における原点での変位がy=0である。 この波の変位の式と、波動方程式を求めたいのですがやり方が解らず困っています。 どなたかご存知の方よろしくお願いします。

  • 強制振動

    壁にばね定数kのばねを取り付け、ばねのもう一方の端には質量mの 質点を取り付けます。壁は、y=acosωtで調和変位します。   | 壁|--/\/\/--○   |   ばね   質点 上図のような感じになっています。 このときの質点の強制振動の解は、(水平右方向をx軸の正として) x=kacosωt/(k-mω^2)となりますが(k≠mω^2のとき)、 ここでk=0とすると、x=0となってしまいます。 こうすると壁が変位しているのに質点は変位しないということになり おかしくなってしまいます。 たぶんどこかで私の考えがおかしいのだと思いますが、どこがおかしいのでしょうか? 強制振動の解xが、壁に対する相対変位だということならば k=0のときx=0でも違和感はないのですが・・・

  • 波動方程式について

    物理でよく見かける簡単な波動方程式 y=Asin2π(t/T-x/Λ) があります。この式の意味はわかるのですが、この一般的な式になぜcosが入っていないのか、いまいち納得できません。 また、フーリエ変換を勉強しているとき、振幅の方程式で A(x,t)=A'cos{2π(t/T-x/Λ)} という式がでてきました。これにはなぜsinが入っていないのでしょうか。 y=A(sin~+cos~)というような式であった方がいろんな波を表される気がするのですが・・・。どちらか片方で都合がよい理由などがもしあるなら教えてください。よろしくお願いします。

  • 波動方程式の導き方

    電磁気学に関する質問です。次のように、z方向に伝搬定数βで進行し、角周波数ωで進行する波について E=E0(x,y)exp(jωt-βt)・・・(1) H=H0(x,y)exp(jωt-βt)・・・(2) 直交座標系(x,y,z)における波動方程式と円筒座標系(r,φ,z)における波動方程式を求めたいです。 (1),(2)式をマクスウェルの法則に代入して、x,y,z成分に関する式を求めて、式変形によりEx,Ey,Hx,HyをそれぞれEz,Hzを用いて導く事はできました。その後、どのような計算方法で波動方程式を求めればいいのかわかりません。できるだけ計算過程を詳しく教えていただけないでしょうか?よろしくお願いします。

  • 波動

    速さ1m/sで-x方向に進む波のt=0での様子が描かれている 以下の変位を求めよ (1)x=3m、t=1s (2)x=22m、t=11s 波動は苦手なので丁寧に教えていただけたら嬉しいです 回答お願いします!