• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

共融点を求める

相図について勉強していて、こちらのページ http://www.f-denshi.com/000TokiwaJPN/35chmth/140chmt.html を読んでおりました。 それで、4.共融点(共晶点)(eutectic point)のところの一番最後、 「曲線1と曲線2をT,および,x2の関数とみて,連立して解けば,共融点を与える温度T=Tcと組成x2=xcを求めることができます。」 とあるのですが、 変数2つ、式2つですから解けるのは分かるのですが、logがあって、うまいように計算できません。 もしかして、何かしらの近似式を利用するのかとも思いましたが、希薄溶液とは限らないときを考えているので、x2が小さいともできませんし、頭を抱えております。 教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1955
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • usokoku
  • ベストアンサー率29% (744/2561)

ブラウザが古すぎて、図を表示て゛きません。変なことを書いている可能性があります。 まず、どんな式でもかまいません。 (なんたらこうたら) = 0 とか (なんたらこうたら) = (こうたらあーたせ) より (なんたらこうたら) - (こうたらあーたせ) =0 の式に変数の一つを消してください。 組成xは、比率をあらわす物として、x = {R | R=(0,1)} 「共融点」という言葉を使う世代ではないので、変な勘違いをしている可能性がありますけど ぶしつ単体の融点付近、すると、最高温度が特殊なものでないとして、3000以下より、T = {R | R =(0, 3000)} これて、境界値が求められますから、適当な値を代入して、式が成り立つ点を認めます。 楽な方法は、組成Xの関数に書き換えた場合で、 最初に、(なんたらこうたら)の式に、0,0.1,0.2,...,0.9,1.0の11点で計算して、最も0に近くなる点を求めます。 仮に、0.3が最も小さい場合には、0.2から0.4の間に求めるべき解があることがわかります。以下、0.2から0.4の間を計算して、、、と続けることで有効桁を上げて行きます。 この方法は、小学校で昔は教えていましたが、現在は教えていないようです。表計算ソフトに方程式を入れて、適当に数値を入れていけば、すぐに求められるでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど。。そういう地道な方法でやればいいんですね。。 今はエクセルとかあって便利ですね。どうもありがとうございました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • usokoku
  • ベストアンサー率29% (744/2561)

>そういう地道な方法で もう少し収束が早い方法ですと ニュートン法 http://search.yahoo.co.jp/search?fr=top_table&tid=top_table&ei=UTF-8&p=%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%B3%E6%B3%95%E3%80%80%E6%96%B9%E7%A8%8B%E5%BC%8F&search.x=0&search.y=0 関数Y=F(X)が、負から正へ、又は、正から負へ、Y=0の線を横切る形で存在する場合、 接線の傾きからY=0となる解Xを求める方法 二分枝法(漢字を忘却) 関数Y=F(X)が、負から正へ、又は、正から負へ、Y=0の線を横切る形で存在する場合、 最小値と最大値のXmin, Xmaxを指定して、中点 X=(Xmin + Xmax)/2 で示すときに、関数Y=F(X)を求めます。 もし、Ymin=F(Xmin)とF=F(X)の符号が同じであるならば、Xmin をXと置き換えて同じ計算をします。 もし、Ymax=F(Xmax)とF=F(X)の符号が同じであるならば、Xmax をXと置き換えて同じ計算をします。 Xの有効桁が適当なところで計算を打ちきります。 ある程度の知識(職業高等学校の数学)があれば、こちらが楽でしょうが、接線の傾きの計算とか、符号が反転する場所を見つけるとか、最大値と最小値の算術平均を求めるとか、説明が面倒なので、小学校の方法を答えました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 一致溶融の相図の描き方について

    あるA-B系相図には、化合物としてはA3Bのみが存在し,A、B及び化合物は互いに固溶しない。 A、Bの融点はそれぞれ1400℃、1200℃であり、化合物A3Bは1100℃で一致溶融(congruent melting)する。共晶点が1000℃,60mol%B,および900℃,8560mol%Bに存在する。 という問題があります。 一致溶融の相図の描き方については本でいろいろ調べてみましたが、全部2つの共晶点が化合物の垂直線の左右に一つずつ配置する形になっています。 この問題だと、2つの共晶点は全部化合物の垂直線の右にきてしまいます。このような場合の相図はどういうふうに描けばいいのか、わかる方がいらっしゃいましたらぜひ教えてください!

  • 高校数学に必要な内容・不要な内容。

    ずばり回答ください。私は以下のものを思いつきました。 【必要】連立方程式,空間図形(直線や平面の位置関係,二面角,三垂線の定理,直線・平面・円の投影図,空間座標),複素数平面(三角関数の加法定理・合成を含む),空間ベクトルの応用(直線・平面・球の方程式),曲線の回転,導関数の応用(近似式),積分の応用(曲線の長さと道のり,簡単な微分方程式) 【不要】球の表面積・体積(中1へ),1次不等式,連立不等式,相似な図形の面積比・体積比(いずれも中2へ),いろいろな事象を表す関数(中3へ),三角形の性質,円の性質(いずれも中学へ),行列,数値計算,コンピューター(いずれも削除)

  • 正則溶体の状態図

    近日、物理化学の試験があり、 その過去問で分からない所があり、 材料の物理化学の教科書や、材料学の本などを調べても、 記載されておらず、困惑している状態です。 宜しくお願いします。 今、共晶反応のAg-Pbの状態図が与えられています。 また、熱力学データとして Ag 融点 960℃ 融解熱 11kJ/mol Pb 融点 327℃ 融解熱 5kJ/mol です。 問題文は、「Ag-Pb液体合金は、正則溶液である。700℃における液相線温度は、Xpb=0.23 である。この温度と組成におけるAgの活量(純粋固体Agを標準状態)を求めよ。また、同じ温度、組成におけるAgの活量(過冷した純粋液体Agを標準状態)を求めよ。そこから、相互作用パラメータを求めよ。」です。(700℃では、液体合金と固体のAgとの二相になっています。) それで、今、固体のAgの活量を求めようとしているのですが、 状態図をみると、700℃での固体のAgのmol分率は、Xag=1.00でした。 だから、この固体のAgの活量は1ということでよろしいのでしょうか? また、Xpb=0.23、液相線温度が700℃のときの液体Agの活量の求め方がわかりません。本をしらべても、状態図から活量を求める方法が記載さえれていませんでした。液相線での物質の活量はどのように求めればいいのでしょうか? そして、その後の相互作用パラメータの算出の仕方も悩んでいます。 これは、液相線では、液体Agと固体Agの化学ポテンシャルが等しいという条件を用いて、化学ポテンシャルから計算をすればいいのでしょうか? お分かりになった方どうか教えてください。

  • 融点を下げたいのですが

    融点を下げる方法はありますでしょうか? 沸点を下げるのと同じで、圧力を下げればいいのでしょうか? その際、どの程度の圧力で、融点が何度になるのかというのはどうやって調べれば(計算?)良いのでしょうか。 みなさまよろしくお願いいたします。

  • 融点の違い

    o-ニトロフェノールとp-ニトロフェノールの沸点の違いは分子間水素結合なのか、分子内水素結合なのかで決まるんですよね? であれば融点も同じなのでしょうか?続けての質問なんですが教えていただきたいです。おねがいします。

  • 融点の違い

    o-アセトトルイジン、p-アセトトルイジンの融点をアセトアニリドと比べたときに、分子量によって融点が決まらないということはわかったのですが、その理由がわかりません。理由を教えてください、お願いしますm(_ _)m

  • 融点

    有機化合物の融点の文献値が知りたいのですが、紹介しているサイト等は無いでしょうか?結構複雑な化合物のまであるとうれしいです。

  • 融点は・・・

    純金属Aの融点が500度、Bの融点が600度のもので その合金の共晶組成での融点が300度なら、同じるつぼ内に 共晶組成となるように固体金属のAとBを入れ400度まで昇温すると AとBは液体合金になるのでしょうか? 低レベルの質問で申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。

  • 融点の違いなのでしょうか?

    「融点」って言うんでしたっけ?凍ったものが解ける温度のことを・・・。 そこで質問です。カルピスやジュース,コーヒーなどを凍らせて溶かすと,例えば,カルピスの甘い成分だけが先にとけて,「氷」らしきものは少し長い時間残っていますよね?あれは融点の違いから起こるのですか? もしそうだとしたら,「水」の融点は「甘い成分」(?)の融点よりも高いってことなのでしょうか? その辺のサイエンス事情を教えて下さい。 お願いいたします。

  • 融点について

    p-アミノ安息香酸エチルとN-アセチル-p-アミノ安息香酸エチルとα-テトラロンの融点を文献で調べているのですが、ちっとも見つけることができません。ご存知の方、もしくはよいHPをご存知の方おりましたら、教えてください。