• 締切済み
  • すぐに回答を!

溶解度積についてなんですが・・・

溶解度積についてなんですが・・・ 0.1Mの塩化ナトリウムと液に硝酸銀溶液を滴下していくとき 塩化銀が完全に沈殿する(完全に沈殿するというのはCl^-の99.9%が沈殿すること) ために必要なAg^+の濃度はいくらか。 *塩化銀のKsp=1.0×10^-10とする という問題なのですが溶解度積から    1.0×10^-10=[Ag^+]×0.1×10^-3 よって完全に沈殿するのに必要な[Ag^+]は1.0×10^-6というふうにして答えを出したのですが、答えは[Ag^+]=1.0×10^-5となっていて、どこが間違っているか分かる方いましたら教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数471
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1
  • htms42
  • ベストアンサー率47% (1120/2361)

正直なところ、問題の意味がわかりません。 0.1×10^(-3)Mというのは沈殿が生じた後の水溶液の中に残っているCl^(-)の濃度ですね。[Cl^(-)]=0.1×10^(-3)Mです。 とすると[Ag^(+)]=1.0×10^(-6)Mは水溶液の中に溶けて残っているAg^(+)の濃度です。 式でわかるのはこれだけです。 Ag^(+)+Cl^(-)→AgCl ですから0.1MのCl^(-)のほとんどを沈殿させるために必要なAg^(+)の濃度は0.1Mです。(沈殿の量を問題にするのですから濃度では表すことが出来ないはずです。体積が書いてありませんから濃度だけでは物質量が分かりません。0.1molのCl^(-)を沈殿させるには0.1mol以上のAg^(+)が必要であるというのが正しい表現になります。濃度では何もいえません。) 反応に必要な物質の量と反応後の溶液に残っているイオンの濃度とは別の話です。 0.1×10^(-3)Mにしろ、1.0×10^(-6)Mにしろ、有効数字の範囲外の細かい数字の話です。 問題文が「?」です。 塩化物イオンの濃度が0.1Mというのはかなり濃いです。1Lに食塩を6gほど溶かしたときの濃度です。この塩化物イオンを除去するのに硝酸銀を使うなんてもったいないことをやるでしょうか。 わずかに残っているAg^(+)をさらに沈殿で取り除きたいという目的でCl^(-)を加えるというのが普通です。 Cl^(-)の除去が目的であればAg^(+)の添加はCl^(-)の濃度が目的としているレベルまで小さくなっているかどうかを調べるための検出試薬としてです。スポイドで1~2滴入れて白濁するかどうかを見ます。滴下した場所では白く濁るが溶液全体に広がると消えるというのでも構いません。Cl^(-)の除去自体は別の方法でやっているということです。 この場合、目的とするCl^(-)の濃度が1.0×10^(-4)Mです。 「Ag^(+)]=1.0×10^(-6)Mであれば滴下しても白濁は生じません。これだと[Cl^(-)]=1.0×10^(4)Mであっても、それよりもずっと濃度が低くなっていても区別がつきません。 少し濃い目であれば滴下したところでは白濁するが全体に広がると消えるという変化が起こるということが期待できます。 1.0×10^(-5)Mとなっているのはそういうことではないでしょうか。 濃度でしか値が与えられていないということで考えると[Ag^(+)]を検出試薬として使うという場面の問題であった可能性が高いです。 問題文をもう一度検討してみてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 溶解度積

    0,2mol/L塩化ナトリウム液と0,1mol/L硝酸銀液を等量混合した場合、銀イオンの濃度を求めよ。ただし塩化銀の溶解度積は1.80×10^-10(25度)とする。 NaClとAgNO3が1:1で反応するので0.1molAgClが沈殿し0.1mol NaClと0.1mol NaNO3の混合液になる。 [Cl-]は塩化ナトリウムと硝酸銀を等量混合することから0.1mol÷2=0,05 +AgCl(固)の平衡状態にあるCl-(少ないので無視)≒0.05mol/L [Ag+][Cl-]=1.8×10^ー10に代入すると [Ag+]・0.05=1.8×10^ー10 [Ag+]=3,6×10^10-10 という考え・とき方であっていますか?

  • 溶解度積に関する問題 大学受験範囲

    大学受験範囲です 「問題 塩化銀の溶解度積を8.1×10^-11(mol/L)^2として次の問いに答えよ。 0.10mol/Lの硝酸銀水溶液100mLに0.1mol/Lの塩化ナトリウム水溶液を0.20mL加えたとき 塩化銀の沈殿が生じるか判断せよ」 「回答 [Ag+]=0.10mol/L [Cl-]=2.0×10^-4mol/L イオン濃度の積が溶解度積より大きいので沈殿を生じる」 回答があまりにシンプルで説明が無いに等しいのですが、[Ag+]、[Cl-]は混合直後の 銀イオンのモル濃度と塩化物イオンのモル濃度を表しているのですよね? そしてそれを塩化銀の水に対する溶解度積と比較しているということですよね。 ここで疑問なのが [Ag+]の数値を見ると硝酸銀は全て溶解し全て電離してると見なしていますよね? [Cl-]の数値を見ると塩化ナトリウムは全て溶解し全て電離しているとみなしていますよね? これはどうしてなのでしょうか? なぜこう言えるのでしょうか?

  • 溶解度積

    参考書等を見ましたが解からなかったので解き方がわかる方がいたら教えてください。 0.01mol/l塩化ナトリウム水溶液50mlに、0.01mol/l硝酸銀水溶液50mlを加えた。この溶液中の塩化物イオン濃度(mol/l)はいくらか。 Ksp=1.0×10-10 体積が2倍になるため塩化ナトリウム、硝酸銀水溶液を濃度を1/2にすると0.005mol/l。これをKsp=[Ag+][Cl-]にあてはめると1.0×10-10=2.5×10-5より沈殿ができることは解かるんですが、そこからの計算が解かりません。解かるという方お願いします。

  • 沈殿平衡の問題です。

    1.0×10-3mol/L 塩化ナトリウム溶液に硝酸銀を添加し、塩化物イオンの90%を塩化銀として沈殿させたときの溶液中の[Ag+]を求めなさい。*塩化銀の溶解度積Ksp=1.0×10-10 回答解説をお願いします。

  • 溶解度積の問題なんですが…

    答えが付いていない問題だったので、他の方の答えも聞いて解答を確かめたいです。(それ以前にわからない部分があるんですが…) 【問題】K2CrO4とKClがそれぞれ0.001Mである1.0lの溶液に0.001M AgNO3溶液を一滴一滴加え攪拌する。最初に沈殿する物質は?また第二の化合物が沈殿し始めるとき溶液中のすべてのイオン濃度を計算せよ(AgClのpKsp=9.70 Ag2CrO4のpKsp=11.49) 私がやってみたのは、 (溶解度積から銀イオン濃度を比較して)最初に沈殿するのはAgCl 第二の化合物が沈殿し始めるとき溶液中のすべてのイオン濃度は [Ag+]=5.69*10^-5M [K+]=0.003M [Cl-]=0?と [CrO4 2-]=0.001M?は計算の仕方がわかりませんでした… 塩化銀は沈殿しきっている・クロム酸銀は沈殿しはじめた瞬間でまだゼロと考えてもいいのでしょうか??? こんな単純に答えを出していいのかと思い自信がありません

  • 溶解度積の計算

    どうしてもわからない問題があったので質問させていただきます。 0.01mol/lの塩化ナトリウム水溶液50mlに、0.01mol/l硝酸銀水溶液0.1mlを加えた。この水溶液中の銀イオン濃度はいくらか。(Ksp=1.0×10-10とする) この場合、塩化物イオン濃度と硝酸銀中の銀イオンの濃度の積が溶解度積を上回るので沈殿するのはわかりますが、沈殿する銀イオンのモル濃度と塩化物イオンのモル濃度をxとおいて、2次方程式を作ればよいのかと考えていたのですが、この2次方程式が解けなくて、それらしい解答が出なくて困っています。もし、よろしければ、どのように解答すればよいのかお願いします。

  • 溶解度積

    モール法で、0.1mol/l NaClaq50mlを0.1mol/l 硝酸銀(I)aqでAg2CrO4の沈殿が生じるまで滴定した。 滴定終了時のK2CrO4の濃度は0.005mol/lである。 クロム酸銀の溶解度積=2×10<-12>、塩化銀の溶解度積=10<-10>。 (1)褐色のクロム酸銀が生じるときのAg+の濃度はいくら? お願いします

  • 溶解度積の問題

    現在、「溶解度積」の分野を勉強していますがわからない問題があります。これは大学受験用参考書に載っている問題です。どなたかおわかりになる方がいらっしゃれば教えていただきたいと思います。宜しくお願いいたします。 問題は 塩化銀の溶解度積を8.1*10^-11として、0.10mol/lの硝酸銀水溶液100mlに0.10mol/lの塩化ナトリウム水溶液を0.20ml加えたとき、塩化銀の沈殿が生じるか判断せよ。 です。 解答は、「Ag+」=0.10mol/l [Cl-]=2.0+10^-4 とありますが、ここで質問です。 反応式で書くと、AgNO3+NaCl→NaNO3+AgCl となるのではないでしょうか。だとすると、AgClの反応量は0.1*0.2/1000となるのではないでしょうか。つまり、[Ag+]=[Cl-]ということなのですが? 解答のような式になるということは、AgNO3とNaClは別々に反応するのでしょうか? なんだかよくわかりません。 私の勉強不足なのですが質問する人がいないため、困っています。どなたかご存知の方がいらっしゃれば、教えていただきたいと思います。また説明不足の点があれば補足させていただきますので宜しくお願いいたします。

  • 溶解度積

    0,2mol/L塩化ナトリウム液と0,1mol/L硝酸銀液を等量混合した場合、銀イオンの濃度を求めよ。ただし塩化銀の溶解度積は1.80×10^-10(25度)とする。という問題のとき方・考え方がわかりません。

  • 溶解度積の問題・・・

    物理化学の問題で溶解度積の問題をしたのですが、よく分からないのでお聞きします! AgClのS・P=1.26×10^-5(mol/L) NaCLを0.1mol/Lになるように加えた。 溶けている[Ag+]を求めよ。 ただし、0.1>>>x Ksp=(1.26×10^-5)^2 とノートに書いてあるのですが・・・ 私はS・Pの意味がわかりません。。。 溶解度積はKspで表すし・・・ただのAgClの濃度だと考えたらいいのでしょうか? バカな質問かもしれませんが、分かる方おられましたら教えてくださいっ!