• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

テラノD21のスピード警告音について

  • 質問No.55932
  • 閲覧数419
  • ありがとう数4
  • 回答数4

お礼率 69% (41/59)

1992年(H4年)のテラノ(ディーゼル)は時速105キロを越えると「キンコーン、キンコーン・・」と警告音が鳴ります。高速を走っている時など非常に耳障りなので音が鳴らないようにしたいのですが、どこかの配線を切ってしまえばいいのでしょうか?
またそれは自分で出来る場所にあるのでしょうか?
ご存知の方がいらっしゃいましたらどうか教えてください。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 30% (645/2147)

追加です。
確か警告音が鳴っている場所がわかったら(そのブザー)裏の方をよくみてください、するとコネクターが付いてるはずですもしコードを切るのが嫌ならそのコネクターを外して下さい。
過去に日産のテラノには付いている物とつかない物が選べたのですが、その話を聞いてみたら速度計の裏にコネクターが付いているのもがあるそうです。 もしあなたの車がそうだとしたらコードを切るしかないのですが手に届く場所にコネクターが有るのでしたらそれを外してみて下さい。
では くれぐれも事故を起こさないように注意して下さい。
お礼コメント
rtti

お礼率 69% (41/59)

ありがとうございました。

速度計の裏でした。 三度にわたってありがとうございました。
投稿日時:2001/04/03 04:20

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 34% (58/170)

私も以前古い車に乗っているときに切りました。
おそらくメーターパネルの裏側にブザーがあるはずです。
ブザーが単体で別に付けられている場合と、メーターパネルのプリント基板に付いているものがあります。
前者の場合配線カット。後者の場合プリント基板の配線を削ればOKです。
ダッシュボードをばらさないといけないのでたいへんかも。
あと、車速センサーに関係する他の機器に影響が無いように注意してください。
ほとんどはブザーの直前の配線を切れば大丈夫なはずですが、
場合によってはブザーをキャンセルして配線を短絡しなくてはいけないので、
周辺の配線状況をよく見てください。
お礼コメント
rtti

お礼率 69% (41/59)

ありがとうございました。

基盤のほうではありませんでした。ホッとしました。
投稿日時:2001/04/03 04:22
  • 回答No.2

ベストアンサー率 30% (645/2147)

二本の打ち片側だけで良いですよ。
お礼コメント
rtti

お礼率 69% (41/59)

ありがとうございます。

今週も高速に乗る機会がありますので、どこからなっているのか(事故を起こさないように)徹底的に探してみます。
分かるといいのですが・・・。
投稿日時:2001/03/26 21:09
  • 回答No.1

ベストアンサー率 30% (645/2147)

それは簡単なんですがどこからなってるかわからないですか?もしわかったらそこから出ている配線を切って下さい切った後にそこにスイッチを付けたら後は簡単必要な時にとか必要でない時に入切りをしたらいいのです。
なる場所には少し空気が抜けるようにこうしになってるはずです。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ