-PR-
解決済み

ツール・ド・フランスについて

  • 暇なときにでも
  • 質問No.5579
  • 閲覧数312
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 41% (111/268)

最近テレビでやっているのをみて疑問がたくさんあるのですが、まずルールが良くわかりません。参加資格やチームがあるらしいのですが?それからマイヨジョーヌ?(違っているかもしれませんが)とはいったいなんですか?アームストロング選手がよくもらっていますが?
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル13

ベストアンサー率 30% (565/1854)

基本的な回答はyodaさんのお答えの通りですので、
私はちょいちょいと補足などを。
まず、チームですが、欧米には自転車のチームが多数あります。
これらのチームは、F1チームなどと同じように、
チームが1つの会社(?)として働きます。
チーム名はチームのメインスポンサーの名前である事が多く、
日本で多く見られる実業団(企業の持ち物としてのチーム)とは、
根本的に異なっています。
プロ野球のチームなんかも、私から見るとかなり実業団的ですものね。
そんな訳で、同じチームであっても、年によって
メインスポンサーが変わるとチーム名も変わったりします。
昔はプロチームとアマチュアチームというカテゴリーが
存在しており、選手もプロ選手・アマ選手と別れていましたが、
最近はプロアマオープンの傾向にあり、境目が無くなっています。
これらのチームが各国でレースをする訳ですが、
その中でUCI(国際自転車連合)の公認レースで
成績を残すと、各選手にランキングポイントが与えられ、
所属選手のポイントの合計でチームポイントが決まり、
チームポイントが上位のチームと主催者推薦のチームの
合わせて約20チームがツール・ド・フランスに出られるのです。
マイヨジョーヌの語源は、フランス語で
『黄色いジャージ』を表します。
これの由来はかつてツールの主催者だった、
『レキップ』と言うフランスの新聞社があり、
この新聞の紙の色が黄色だったので、
リーダージャージの色もこれを連想させる黄色になったのです。
同じ様な理由で、ジロ・ディ・イタリア(イタリア一周レース)では
主催の『ラ・ガゼッタ・デロ・スポルト』紙がピンク色なので
リーダージャージもピンク色になっています。
日本だったらリーダージャージも薄汚れた白(グレー?)に
なっちゃうんでしょうかね?(笑)

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 36% (291/804)

ツールドフランスに限らず、自転車のロードレースは、基本的に団体競技であり、各チームのエースを他のメンバーがアシストすることで、チームのエースを総合優勝に導くためにレースを戦っていきます。
通常は所属チームごとに同じチームジャージ着た選手達は一団となってレースを進めますが、ペースが上がってくると(意図的に上げる時も)チームは縦一列となって先頭交代しながら(風圧を交代で受けます)進みます。
そして、各ポイントごとに各々のトップに立つ者が特別なジャージを着ることを許されます。
①マイヨジョーヌ(黄色いジャージ)
個人タイムトライアルなどが鍵を握る総合成績トップ(各レ-スのタイムを合計した総合タイム)
②マイヨグランペール(白地に赤の水玉)山岳のスペシャリスチ達が狙う山岳ポイントトップ(山岳コースにあるポイント地点を、通過した順番によってポイントが与えられる)
③マイヨベール(緑のジャージ)ゴールスプリントなどを得意とするスプリンターが狙うスプリントポイント(スプリントポイント地点通過上位3人に各々ポイントが与えられる)とゴールポイント(ゴール時の上位25人にポイントが与えられる)のトップ
そして、フランイ国内に各ステージ(21ステージ)を設けてレースを行います。

簡単に言うと、自転車で行うフランスの中でやるF1グランプリのような物 かな?


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
得意なスポーツについての豆知識や経験談を教えてください!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ