• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

変形労働時間制を簡単に教えてください。

変形労働時間制を簡単に教えてください。 転職を考えています。変形労働時間制について教えてください。 1日何時間、ではなく1ヶ月や1年単位で労働時間を決めるものですよね? たとえば勤務時間が9時~18時となっている会社で、ある週で19時まで5日間勤務しても、次の週で17時まで5日間として帳尻をあわせれば前の週の超過分は残業にならないという解釈でOKですか? なんだか会社にごまかされそうな制度だなぁと思うのですが・・・(繁忙期に波があるなら効率がいいんでしょうが・・・) ここで示されている勤務時間はあくまで目安で、まったく違うということもけっこうあるものなんでしょうか。

noname#103094

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数331
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

基本的にはその解釈でよい。 >なんだか会社にごまかされそうな制度だなぁと思うのですが・・・ やる仕事が無い日は早く帰れて嬉しいし、回りまわってみんなの幸せ。 定時が決まっていると仕事が無いのに残っている人が出てくるので残業代の支払いが増える。人件費がかさんでくるので業績を圧迫して給与引き下げや昇給見送り、サービス残業を要求されるという話になる。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 仕事がない日に帰れるたらいいんですが、「変形」といってうまくごまかして逆のパターンばかりで残業がつかない様なところってありそうだなと思って^_^; ちゃんとしてるものなんでしょうか? そこの事業所によるといってしまえばそれまでなんですが・・・

関連するQ&A

  • 3ヶ月変形労働時間制について

    3ヶ月変形労働時間制について 私の働いている会社は企業のサーバー保守の仕事をしています。 会社から3ヶ月変形労働時間制をとり、夜勤業務もあります。 月単位での変形労働時間の場合、週の平均勤務時間を40時間に収めればよいのでしょうか? <第一週> 月曜日 夜勤業務(16:00~翌8:00、休憩時間を除く15時間) 火曜日 - 水曜日 休暇 木曜日 9:00~17:30(7.5時間) 金曜日 9:00~17:30(7.5時間) 土曜日 9:00~17:30(7.5時間) 日曜日 休暇 このスケジュールだと週40時間に収まるのですが、 稀に下記のような勤務があります。 <第1週> 月曜日 夜勤業務(16:00~翌8:00、休憩時間を除く15時間) 火曜日 - 水曜日 休暇 木曜日 9:00~17:30(7.5時間) 金曜日 9:00~17:30(7.5時間) 土曜日 夜勤業務(16:00~翌8:00、休憩時間を除く15時間) 日曜日 - <第1週合計時間45時間> <第2週> 月曜日 休暇 火曜日 9:00~17:30(7.5時間) 水曜日 休暇 木曜日 9:00~17:30(7.5時間) 金曜日 9:00~17:30(7.5時間) 土曜日 9:00~17:30(7.5時間) 日曜日 休暇 <第2週合計時間30時間> 週平均だと、37.5時間となります。 この場合、変形労働時間では問題ないのでしょうか?

  • 変形労働時間制について

    変形労働時間制について分かる方がいましたら、アドバイスをお願いします。当社では、1ヵ月単位の変形労働時間制で業務を行おうと考えております。その時に勤務時間の1日の上限はあるのでしょうか?また、宿直業務の場合、例えば、6月21日AM9:00~6月22日AM10:00までといった勤務時間を1日の勤務時間としてカウントすることができるのでしょうか?

  • 変形労働時間制について。

    変形労働時間制について。 私の働いている会社では変形労働時間制が適応され1日8時間半労働で休日は土日祝です。 毎月45時間まで見込み残業代が給料に含まれています。 ただ一年を通して毎日8時間半労働って違法ではないのでしょうか? 因みに建設業の会社で社員は30人程度。 定時は17時45分ですが、毎日18時からミーティングがあります。 ですのでいくら早くても18時30分からしか帰れません。 見込み残業もらってるのでなんとも言えませんが…。 以上、違法性があるか無いかご存知の方宜しくお願いします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

変形労働時間制とは  変形労働時間制とは,一定の期間内について,週当たりの平均労働時間が法定労働時間以内であれば,1週又は1日の法定労働時間の規制を超えて労働時間の配分を変えることを認める制度です。  たとえば,4週間の期間のうち,月末の1週間の労働時間を45時間と設定しても,月初めの1週間を35時間,その他の週を40時間と設定すれば,その期間における平均の週労働時間は40時間となるので,月末の週についてだけ40時間を超えているとしても,労働基準法違反にはなりませんし,残業にもなりません。 変形労働時間制の形態と要件 1 1か月単位の変形労働時間制(労働基準法第32条の2) 【要件】 (1)就業規則その他これに準ずるもの(就業規則に準ずるものでよいのは,就業規則作成義務のない小規模事業場の使用者に限られる)又は労使協定により (2)1か月以内の一定の期間において (3)その期間を平均した1週間当たりの労働時間が40時間(特例適用事業の場合は44時間)を超えない範囲において (4)各日・各週の労働時間と変形期間の初めの日などを具体的に定め, (5)労使協定によった場合は,これを労働基準監督署に届け出ることです。 2 1年単位の変形労働時間制(労働基準法第32条の4) 【要件その1】 (1)労使協定により次の事項を定めた場合で (2)1か月を超え1年以内の期間を変形期間とし (3)その期間を平均した1週間当たりの労働時間が40時間(特例適用事業も40時間)を超えないことです。 ※ 協定事項 ア 対象労働者の範囲 イ 対象期間 ウ 対象期間のうちで特に業務が繁忙な期間(特定期間) エ 対象期間における労働日と,その労働日ごとの労働時間(対象期間を1か月以上の期間に区分する場合には,その最初の期間における労働日と労働日ごとの労働時間,その他の期間それぞれにおける労働日数と総労働時間を定めること。この場合,最初の期間以外の期間の労働日と労働日ごとの労働時間は,各期間の初日の少なくとも30日前に定めなければならない。) オ 労使協定の有効期間 【要件その2】  労働日数及び労働時間が次の限度を超えないことです。 ア 労働日数……対象期間が3か月を超える場合は,対象期間について1年当たり280日 イ 労働時間……1日の労働時間は10時間,1週間の労働時間は52時間。なお,対象期間が3か月を超えるときは,次の要件も加味されます。 ⅰ 労働時間が48時間を超える週が連続する場合の週数が3以下 ⅱ 対象期間をその初日から3か月ごとに区分した各期間において,労働時間が48時間を超える週がその週の初日の数で数えて3以下 ウ 連続して労働させる日数……6日。ただし,特定期間においては,1週間に1日の休日が確保できる日数 3 1週間単位の非定型的変形労働時間制(労働基準法第32条の5) 【要件】 (1) 小売業,旅館,料理店,飲食店で (2) 常時使用する労働者の数が30人未満の事業場において (3) 1日について10時間を上限とし(1週間の労働時間は,特例事業も含めて40時間以内) (4) 労使協定を締結した上で (5) それを労働基準監督署に届け出ることです。  なお,1週間の各日の労働時間を定めるに当たっては,労働者の意思を尊重するように努めなければならず,少なくともその週が始まる前に,書面で労働者に通知しなければなりません。 こんな対応を!  時期によって業務量にバラツキのある会社では,変形労働時間制の導入により,業務の繁閑に応じて柔軟に労働時間を配分することができ,繁忙期の残業の減少や閑散期の所定労働時間の短縮により,年間の総労働時間の縮減を図ることができます。  この制度を導入する場合には,労働者側とよく話し合い,制度の趣旨を説明した上で,理解を求めましょう。  定められた手続を取り,要件に当てはまった制度を導入するよう,くれぐれも注意してください。  更に詳しく <変形労働時間制と時間外労働>  変形労働時間制をとっていても,時間外労働が発生しないわけではありません。次に掲げる部分に該当する時間は,割増賃金の支払が必要な時間外労働となります。 (1) 週40時間・1日8時間を超えた所定労働時間が定められている週や日……その所定労働時間を超える部分 (2) 週40時間・1日8時間以下の所定労働時間が定められている週や日……週40時間を超える部分((1)で時間外労働となる部分を除く。)や1日8時間を超える部分 (3) 変形期間全体……変形期間全体における法定労働時間の総枠(=40時間×変形期間の日数÷7)を超える部分((1),(2)で時間外労働となる部分を除く。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 変形労働時間制について

    変形労働時間制について 今の会社はこの四月から変形労働時間制を取り入れ8時間半労働になりました。 しかし調べると月単位や年単位で労働時間を調整する事と書いてあります。 そこで疑問に思ったのがそれなら来年は7時間半労働にならないとおかしいって事ですよね? これからずっと8時間半労働だと違法ですよね? 詳しい方よろしくお願いします。

  • 変形労働時間制について詳しい方、助けて下さい

    一ヶ月単位の変形労働時間制の会社に勤務しています。 12月の所定労働時間は160時間でした。私のシフトは180時間、20時間の残業でした。 ところが病気で1日欠勤してしまい172時間になりました。 有給を使おうとしたのですが、「1週間前に届ける決まり」と言われました。 結局、病欠として基本給から1日分引かれました。そして残業代は12時間分となりました。 (1)法的には、有給は病気の時には使えないのでしょうか?今回は前日に届けたのですが、旅行   ならともかく病気は1週間前に届けられないと思います。 (2)基本給と残業代の双方から引かれるのはおかしいと思います。欠勤として基本給から差し引かれた時点   で所定労働時間が152時間にならないのでしょうか?変形労働時間制ではない会社では、たとえば月ー金の   週5日勤務で、1日休めば1日分基本給から引かれ、日曜日に出勤すればその分残業となり、結果的には   相殺されるのではないでしょうか?

  • 変形労働時間制と時間外労働について

    いま務めている会社は一年単位の変形労働時間制を採用しています。 4月から8月の閑散期(5か月間)は8時~17時の8時間労働、 9月から3月の繁忙期(7か月間)は8時~18時の9時間労働になります。 この繁忙期の9時間労働のときなのですが、9時間以降(10時間目)からしか 時給分×1.25の給料計算しかされていないのですが、これは違法になるのでしょうか? 1年を通してお盆やGWなどを除き、基本的に月~金の週5日、閑散期だからといって 早く帰ったりはありません。 閑散期にある会社カレンダー上の出勤日になっている土曜日が休みになることはありますが、 繁忙期の会社カレンダー上休みになっている土曜日が稼働日になった場合に振り替えられます。 よろしくお願いします。

  • 変形労働時間制についての質問

    変形労働時間制についての質問 変形労働時間制  1年単位 1) 7:30~16:30 2) 19:30~4:30 求人にこのように書かれているのですが、これはどういうことなのでしょうか? 1年ごとに勤務時間を交代すると言う意味なのでしょうか?

  • 変形労働時間制の時間外手当てについて

    変形労働時間制の時間外手当てについて わが社は、24時間運転(年中無休)プラントの運転管理業務を受託することになり、勤務体制を変形労働時間制とし、次のように考えております。そこで、教えていただきたいのは、時間外手当をどのように計算すればよいかということです。 記 1.勤務体制  勤務時間をつぎのように2交代制とし、4週間を4班体制((A)、(B)、夜勤明け、公休の4日サイクル)とする1か月単位の変形労働時間制とする。  (A) (1)勤務時間 8:30~17:15      (2)休憩時間 正午から1時間  (B)(1)勤務時間 16:30~翌朝9:00     (2)休憩時間 1時間40分とし、その時限は業務の実情により別に定める 2.ご教示願いたい点 1点目は、1か月の法定労働時間枠は、31日の月で177.1時間、30日の月で171.4時間、29日の月で165.7時間、28日の月で160時間となりますが、1.の勤務体制では、日勤から始まる班と夜勤から始まる班の総労働時間が法定労働時間を超えてしまいます。そこで、時間外手当を出す必要があると思いますが、割増率をどのように考えたらよいのでしょうか? 2点目は、休日に国民の休日も含めておりますので、その月に国民の祝日が含まれているときは、時間外手当てを支給しなければならないと思いますが、どのような考え方で計算したらよいでしょうか。 以上2点よろしくお願いいたします。

  • 変形労働時間制 1ヶ月単位

    変形労働時間制 1ヶ月単位 1ヶ月単位の変形労働時間制について教えてください!! 例えば、 所定労働時間が8時間の勤務の日に10時間勤務する…残業単価×1.25×2時間(法定外残業) 所定労働時間が7時間の勤務の日に10時間勤務する…残業単価×1.00×1時間(法定内残業) 残業単価×1.25×2時間(法定外残業) 週の清算や月の清算を行い算出された時間に対しては残業単価×何%の割増率になるのでしょうか? 1.25でしょうか、それとも0.25でしょうか?

  • 変形労働時間制の悪用?について。

    現在勤務している会社は、1年単位の変形労働時間制を運用しています。 接客業ですが、1年を通して特に繁忙な時期はありませんので、特定期間も定めていません。 なので、毎週日曜日と祝日の一部、隔週土曜日が休みです。1日8時間の労働時間の増減もありません。 年間平均で週40時間以内にはぎりぎり納まっています。 労働組合もなく、従業員の代表も会社の言いなりみたいな人間なので、労使協定も結ばれてしまいます。 しかし、変形労働時間制の元々の趣旨は、繁閑の労働時間を調整して総労働時間を減らすという物だと思うので、「週40時間を超えても割増賃金を支払わなくてもすみ、労働日数も増やす事ができるため経費の削減ができる」という運用の仕方は違法ではないのかもしれませんが、公序良俗に違反しないのでしょうか? 会社の利益の為に、労働者の本来の権利が奪われているような気がして納得できません。 会社に直接訴えても改善するつもりは無いようでした。何か対処方法は無いでしょうか?労基署に相談したら良い方向で解決できるでしょうか? 知恵や経験をお持ちの方がいましたらどうか助けてください。 よろしくお願いします。

  • 変形労働時間制と残業代の関係について

    残業代の算出方法で質問があります。 現在の勤め先では、1日8時間、週6勤務でみなし残業の制度はなく、変形労働制が導入されています。(最近知りました。この時点で給与の算出方法が周知されていないこと自体が違法ですよね。) 直近12ヶ月間の給与明細書を計算したところ、勤務日数290日の総労働時間が2825時間となり、法定労働時間である2085.6時間を超過しています。この内、505時間分(一日辺り8時間を超えた分)のみが残業代として支払われています。 2825-505=2320時間、つまりまだ234.4時間分の超過がありますが、明らかに支払われておりません。 会社に説明を求めても変形労働時間制なので問題ないとの回答です。週6ということは48時間なので最低毎週8時間は超過してるはずですが、所定労働時間内だという主張でした。 例えばこれらが年間平均した週で法定時間内に収まっているのであれば、問題ないかと思いますし、変形労働時間制の有効な使い方であるとも理解できます。しかし、週48時間は12ヶ月間に渡って(日曜祝日は休みです)続きました。 このような場合、これらを支払わないで済むような制度など存在するのでしょうか? また、中小企業ですと月60時間を超える残業は1.5割増しと聞いたことがあるのですが、法定時間を60時間超えた月においても全て1.25割増しの計算になっております。 これも変形労働時間制とは関係ないですよね? 変形労働の制度は法定労働時間を割り振り出来るようになるだけとの認識でいるのですが…

  • 1ヶ月単位の変形労働時間制の残業時間の計算

    1ヶ月単位の変形労働時間制の残業時間の計算の仕方についてです。 1ケ月の勤務シフト(所定労働時間の合計)を、1ケ月単位の変形労働時間制の法定労働時間の総枠と同じにした場合、その月の残業時間は、実労働時間ー法定労働時間の総枠ではだめでしょうか? 基本は、1日単位、週単位、変形期間の残業時間の積み上げで計算するようですが、上記の方法でも計算結果は同じに思えます。 (あくまでシフトを、変形労働時間制の法定労働時間と同じにした場合です) 同じにならないことがあれば、事例をお願いしたいと思います。 その他運用上の注意点など何かあれば助かります。 よろしくお願い致します。

  • 変形労働時間制の欠勤について

       一ヶ月単位の変形労働時間制の会社に勤務しています。 12月の所定労働時間は160時間でした。私のシフトは180時間、20時間の残業でした。 ところが病気で1日欠勤してしまい172時間になりました。 有給を使おうとしたのですが、「1週間前に届ける決まり」と言われました。 結局、病欠として基本給から1日分引かれました。そして残業代は12時間分となりました。 (1)法的には、有給は病気の時には使えないのでしょうか?今回は前日に届けたのですが、旅行   ならともかく病気は1週間前に届けられないと思います。 (2)基本給と残業代の双方から引かれるのはおかしいと思います。欠勤として基本給から差し引かれた時点   で所定労働時間が152時間にならないのでしょうか?変形労働時間制ではない会社では、たとえば月ー金の   週5日勤務で、1日休めば1日分基本給から引かれ、日曜日に出勤すればその分残業となり、結果的には   相殺されるのではないでしょうか?