• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

JRで、名古屋近郊への運賃について

JR東海の「アクセス検索」というサイトでJRの運賃を確認しているのですが、 東京から大府駅へ行く場合、1枚の切符で6270円と表示される一方、 静岡から大府へ行く場合、2枚に分割され静岡-名古屋3260円+名古屋-大府320円と表示されます。 自分の知識では名古屋-大府間が重複乗車になるので、 前者の場合でも、2枚に分割され、東京-名古屋市内6090円+南大高-大府180円となるように思いますが、違うのでしょうか? 結局は合計運賃は一緒ですが、もし何か理由があるのならどなたか教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数931
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • townser
  • ベストアンサー率44% (245/555)

質問者さんの疑念はごもっともです。 >前者の場合でも、2枚に分割され、東京-名古屋市内6090円+南大高-大府180円となるように思いますが、違うのでしょうか? まったくその通りです。実際はこの通りの乗車券でないと乗車できません。ですのでこの通りに表示させておかないと具合は悪いと思います。 ですがHPでは東京→大府 6270円と表示されます。なぜか。それは大都市近郊区間の特例によって、実際の列車の乗換駅と、運賃計算の打ち切り駅が異なることに起因していると考えられます。 たとえば、静岡→大府の場合、乗換駅(名古屋)と運賃計算の打ち切り駅(名古屋)が同一であるため、別々に運賃を表示することができます。ですが東京→大府の場合、乗換駅(名古屋)と運賃計算の打ち切り駅(南小高)が異なるため、そのままでは整合性を保ったまま正確な運賃を表示することができません。 もし正確な運賃を表示させようと思うと、乗り換える必要のない南小高駅を駅名欄に表示させなければなりません。そうすると初めての人にとっては「南小高駅で乗り換えなくちゃならないのか」と勘違いしかねません。 なので、あえてこの場合は、正確な表記ではないことには目をつぶってでも、合計額のみを書いた、あのような表記にしている、と私は考えます。 (あくまでも表記上の問題だけであって、運賃計算が違うとかそういうわけはありません。運賃計算の方法については質問者さんがお考えのとおりです)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど、townserさんとkuma-gorouさんのご回答から類推すると、便宜上あのような表示をしているだけで、実際には1枚の片道乗車券としては発券されないだろう、ということなんですね。 連続乗車券の存在は知っていますので、今度実際に発券することがあったら、どのようになるか窓口で確認したいと思います。 みなさんありがとうございました。

関連するQ&A

  • 乗り越し精算

    せこい話ですみません。 JR尾張一宮駅-大府駅は、運賃650円ですが、尾張一宮駅-名古屋、名古屋-大府だと、290円+320円=610円です。 最初に一宮-名古屋の切符を買って、大府駅で乗り越し精算すると、いくら請求されるのでしょうか?360円ですか、320円ですか?

  • ムーンライトながら 運賃

    名古屋→大府 東京→横浜 までのムーンライトながらの運賃をおしえてください。 18きっぷを大府や横浜から使おうと考えています 名古屋→大府 東京→横浜 この期間は普通の料金で行った方がいいのですよね!? 高校生なので、学割を利用することがでしるのでしょうか。 夜行列車を使うなんて初めてなので、全くわかりませ ん。 乗り方を一通りどなたか優しい方 笑 教えて下さい ちなみに人数は三人です。 日帰り(?)の予定です

  • 管轄をまたいだ場合のJR各社間による収益配分の仕組み

    乗客にとってはどうでもいいことですが、突然気になったので質問します。 新幹線と並行する在来線は同一区間と扱われ、新幹線経由の乗車券で在来線に乗っても、在来線経由の乗車券で新幹線に乗っても、どちらでも大丈夫ですよね。 品川~小田原間、三島~静岡間、名古屋~米原間など、例え、新幹線と在来線が並行せず、別線扱いとされている区間であっても、「選択乗車」が認められている区間であれば、同様に大丈夫なはずです。 さて、東海道新幹線の場合、新幹線はJR東海管轄ですが、在来線のうち東京~熱海間はJR東日本の管轄、米原~新大阪間はJR西日本の管轄という具合に、新幹線と、それに並行する在来線の管轄会社が異なる区間があります。 例えば、東京から静岡へ新幹線で行くとして、乗車券が在来線経由の場合、JR東海とJR東日本との間では、どのような収益配分が行われているのでしょうか? 特急券については、もちろんJR東海だと思います。乗車券が新幹線経由(3260円)なのであれば、運賃もJR東海が全額もらってしかるべきでしょう。 でも、この例では、乗車券が在来線経由なので、ひょっとして3260円のうち、東京~熱海間(1890円)はJR東日本の収益、熱海~静岡間(1280円)はJR東海の収益、という具合に分割するのでしょうか?(これだと合計3170円で90円余ってしまいます。) (あっ、ということは、この区間の場合は、熱海で分割した方が得なのか・・・笑。実際は2枚だと鶴見で切った方が2900円になり、よりお得ですが、乗車券の分割の話ではなく、JR各社の収益配分が質問の趣旨なので、JR東日本とJR東海の境界駅という意味で、熱海で切りました。) 同様に、東京から京都まで新幹線で行くとして(乗車券は「通し」で7980円)、乗車券が在来線経由の場合、東京~熱海間(1890円)はJR東日本の収益、熱海~米原間(5780円)はJR東海の収益、米原~京都間(1110円)はJR西日本の収益なのでしょうか?(これだと、合計8780円で、先ほどとは逆に800円不足します) それとも、乗客が実際に利用したのはあくまで新幹線なのだから、乗車券に書いてある「経由」に関係なく、全額JR東海の収益だ、という決まりなのでしょうか? この疑問は、新幹線をからめなくても考えられます。 単純に、三島から小田原まで在来線で行ったとして(「通し」で650円)、三島~熱海間(320円)はJR東海の収益、熱海~小田原間(400円)はJR東日本の収益なのでしょうか?(合計720円で70円不足) こうした場合の、JR各社間による収益配分の仕組みが知りたくなりました。どなたかお詳しい方、よろしくご教示のほどお願いいたします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

東京⇒大府について1枚の切符で表示されたのは、乗客の有利になるよう連続切符の扱いで表示されたのではないでしょうか? 連続切符と言うのは、区間さえ連続していれば、一部重複経路でも6の字・8の字・T字型でも発券される切符で、運賃は各々の区間に対し計算しその合算額になります。 質問のケースでは、東京都内⇒名古屋市内(連続1)、南大府⇒大府(連続2)と券片は2枚になりますが、切符自体は1枚として扱われます。 連続切符のメリットは、1枚の切符ですから ・学割証明書が1枚で済む。 ・切符の有効日数が合算される。 ・払い戻す時、1枚分の手数料で済む。 です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

No.2の方へ書かせて頂いたお礼の続きです。 その後、実際にJRの窓口で確認しましたが、やはり東京-大府は2枚の切符で発券されるとのことでした。 報告でもってお礼とさせて頂きます。ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • tetu758
  • ベストアンサー率58% (810/1390)

 鉄道サークルの管理者です。これは特定市内料金が適用されているためです。これは名古屋市内発着(東海道線南大高~名古屋、中央線金山~新守山、関西線は名古屋~春田)は名古屋駅が基本になり、計算されます。  これは東京都区内駅発着は距離が366km離れており、200kmを越える場合はこの条件が適用されますので、重複は南大高駅~大府駅になります。しかし、静岡駅発着は約188kmですので、適用はされずに名古屋駅~大府駅になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 静岡から富山までJRで行く方法

    富山に親戚がいます。親戚いわく、富山から静岡に来るのには名古屋まわりが早いのだそうです。しかし、私は自動車を持っていません。 そこでJRで行くことになるんですが、名古屋まわりと東京まわりではどちらが早いのでしょう。 できれば運賃も示してもらえると助かります。よろしくお願いします。

  • 名鉄は大手なのに運賃が高過ぎ

    先週末、旅行で名古屋へ行った際、写真撮影も兼ねて、名鉄名古屋本線を 名鉄名古屋→金山まで乗りました。そこでふと、気が付いたんですが 名鉄電車は大手私鉄の割には運賃が高いような気がするんです。実際 乗った、名鉄名古屋→金山の運賃は180円ですが、JR線の名古屋→金山 よより20円高いんですが、特に時々馬券を買う私が注目したいのが 名鉄名古屋→中京競馬場前の運賃です。同区間の普通運賃は390円で、 新宿駅から京王線を使って東京競馬場の最寄り駅である府中競馬正門 前まで行く場合の運賃(270円)と比べると120円の開きがありますが、 問題は各々の距離です。名鉄名古屋→中京競馬場前は営業キロは 16,6キロですが、京王線 新宿→府中競馬正門前は21,3キロもあり、 1キロ当たりに換算すると京王が12円68銭なのに対し名鉄は23円49銭と 大手私鉄同士にも関わらずこんなに開きがあるんです。(銭未満は 四捨五入)他にも名古屋→岐阜の普通運賃を比べると、名鉄は 540円なのに対しJRは450円と90円の開きがあるなど、私意見で 何なんですが、とにかく名鉄は運賃が高いと思うんですが、 日頃名鉄を使っている皆様はどうお思いでしょうか?

  • 18切符ではない、ムーライトながらの切符の買い方

    散々既出かと思いますが、いまいち検索掛けてもピンとくる過去の質問が無かったので質問させてください。 ムーンライトながらで18切符を使う場合(名古屋→東京のほうです)は、大府駅で日付が変わるので、『大府駅までの切符+18切符1枚+指定券』という組み合わせだと思うのですが、18切符を使わない場合の切符の買い方はどうしたらよいのでしょうか。 例えば名古屋駅から横浜駅までムーンライトながらを利用したい場合、名古屋駅で乗車する際には0時を過ぎていないことは無視できて、名古屋で『名古屋市内~横浜市内の乗車券+指定券』を買えばよいのでしょうか??たしか乗車券は普通に考えて1日限り有効だったような記憶があるんですが、この場合は例外的な扱いになるんでしょうか? 切符に関して初心者なんで、ちょっとよくわかりません。教えてください、お願いします。。

  • 青春18きっぷについて乗車日の取り扱い

    ムーンライトながら号は大府駅が0時を過ぎて最初の停車駅ですよね? したがって、名古屋から東京まで行くときは大府までの通常の乗車券を買ってその後青春18きっぷを使うことになるはずですが。 ここで質問ですが、ムーンライトながら号が遅延した場合ですが、そうなると0時を過ぎて最初に停車した駅が早くなるから、共和駅まで買えばよくなったり、さらには乗車券を買わずにすむことはありうるのでしょうか? 列車の定刻を基準とする説と実際に乗車した時刻を基準とする説どちらをとるかによってかわってきますが、特急券は前者をとりますが、乗車券でも前日にさかのぼって買う取り扱いがあるのかどうかはわかりません。指定席特急券の場合、10:30に11:00発特急しなの号にのるつもりが、1時間列車が遅延していて10:00発特急しなの号の指定席特急券を購入することは可能ですが、乗車券はあくまで列車ではなく実際に乗車を開始した時刻を旅行開始日とするような気がします。 名古屋駅で改札を入るときにムーンライトながら号が遅延していて0時を過ぎていればおそらく前日の日付が押されることはないのではないかと・・・。大府駅が共和とかになるかどうかは規約上できまっているから無理なのでしょうか?それとも、共和駅で停車時間に改札を入りなおす?それも危険ですか?

  • 名古屋~東京間5500円について

    名古屋の金券ショップで名古屋→東京間の普通乗車券が5,500円で出てるんですが、どういう分割購入すれば5,500円になるんでしょうか? 因みに乗車券分割プログラムを使うと 東京 ⇒ 蒲田 210 円 蒲田 ⇒ 草薙 2520 円 草薙 ⇒ 安城 2520 円 安城 ⇒ 名古屋 460 円 4枚運賃合計 5710円 となり、5,500円にはなりません。 回数券を使わないと5,500円にはならないんでしょうか? どなたかお詳しい方がいらっしゃいましたら、教えていただけると幸いです。宜しくお願い致します。

  • 中央西線を名古屋起点にした理由

    先日東海地区へ帰省した折、地元のニュースで帰省ラッシュ情報を見ていました。 その際、アナウンサーがしゃべっている「上り」「下り」の方向にどうも違和感を持ったのですが、親戚から、JRの中央西線については東京方面が「下り」で、中央自動車道は東京方面が「上り」であることを教えてもらいました。 一般的には東京方面を「上り」と表現するはずですが、どうして中央西線だけは東京方面を「下り」、というか名古屋方面を「上り」と表現するのでしょうか?JR東海の本社が名古屋市だからでしょうか? 教えてくれた親戚によると、国鉄が分割民営化して中央本線が塩尻を境にJR東日本とJR東海に管轄が分かれた際、JR東海が自社管轄分を名古屋起点に変えちゃったから、と言っていましたが、混乱を招くこのような措置を、本当にそんな理由で行ったのでしょうか? JR路線だけでも少しややこしいですし、ほぼ並行している中央自動車道と比較してもややこしくなるだけですが、どうしてこんなことをしてしまったのでしょうか? 国鉄の分割民営化から早いもので20年。今更元に戻すことはできないのでしょうか?

  • 折り返しの場合の乗車券と運賃

    「駅すぱあと」で検索中に疑問に思ったことです。 東京から草津(滋賀県)に行く際、新幹線で名古屋まで行き、東海道本線で草津まで足を伸ばすのが距離的に最短ですが、いろんな事情により、新幹線で京都まで行き、東海道本線を上り方面に戻る経路にすることにしました。 この場合の運賃なのですが、「駅すぱあと」では、「東京→京都■草津」(■は折り返しマーク)となり、運賃は「7980円+400円」と表示されました。ということは、乗車券を一枚で発行すると「8380円」になってしまうのでしょうか? 何が疑問なのかというと、仮に乗車券を京都で区切るとすれば、まずは「東京都区内→京都市内」(7980円)であり、草津駅での精算額は、京都市内の端っこである山科駅からの320円でよいような気がしたからです。つまり合計「8300円」なのでは?。 あるいは、営業キロが、東京→京都(513.6km)+京都→草津(22.2km)=535.8kmですので、運賃表の「521km~540km」の「8190円」なのでは?とも思いました。 実際どういう乗車券が発行されるのでしょうか?できれば規則上の根拠も示していただければ嬉しいです。

  • 駅すぱあとの運賃計算について

    大阪→(東海道在)→東京→(東北新)→郡山→(磐越西)→新潟→(上越新)→ 六日町→(ほくほく)→直江津→(北陸)→米原→(東海道在)→名古屋 というルートで「駅すぱあと」で検索したところ、一筆書きの運賃(17,020円) が計算されましたが、これは正しいのでしょうか? 普通に考えれば、米原~名古屋間が重複しているように見えるのですが、これは ソフトの計算ミスでしょうか? ちなみに、ほくほく線経由を長岡から信越線経由に変えたところ、しっかりと 運賃が分割されました。 通過連絡扱いが何か関係しているのでしょうか? 分かる方がみえましたら、よろしくお願いいたします。

  • 有効期間と払い戻し

    JR乗車券についての疑問です。 東京都区内→大阪市内の乗車券は4日間有効ですが、東京都区内→岡山は5日間有効です。 それを利用すると、東京から名古屋で用事を済ませて大阪まで行くときに、本来であれば有効期限を過ぎてしまうので2枚の乗車券となるのを、1枚の通し乗車券で旅行できるのではないかと考えられます。 具体的に言うと、 ・乗車券:東京都区内→岡山を購入(5日間有効) ・1日目、東京から乗り、名古屋で途中下車 ・5日目、名古屋から乗り、大阪で途中下車 ・大阪駅で不乗区間(大阪~岡山)を払い戻し とすると、  東京→大阪(8510円)+払戻手数料(210円)=8720円 となり、本来2枚で買ったときの価格  東京→名古屋(6090円)+名古屋→大阪(3260円)=9350円 より安くなります。 また、東京-大阪の往復乗車券(8日間有効)を購入して、復路(大阪→東京)を払い戻す方法でも同じことが考えられます。 この方法で、払い戻しを受けることは可能なのでしょうか?払い戻しができないのであれば、その理由も教えていただければと思います。

  • 新幹線の料金について

    JR東海のHPで名古屋―東京間の新幹線の料金を調べたのですが、「運賃」と「料金」という別々の代金が出てきました。これは、新幹線に乗るには「運賃+料金」のお金が掛かるということですか? 自由席でも変わらないのでしょうか?