• 締切済み
  • すぐに回答を!

戦前の満州宮の原について教えてください。

祖父母が戦前住んでいた満州本渓湖について調べています。 本渓県宮の原平安区ジュンコウガイに住んでいたとのことですが、現地本渓に赴いても地図は全て戦後に書き換えられており、地名が残っていませんでした。 資料も乏しく、どなたか宮原付近を御存知の方はおられませんでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数609
  • ありがとう数8

みんなの回答

  • 回答No.3
  • jg1uuh
  • ベストアンサー率0% (0/0)

 本渓湖に縁のある方のようで、懐かしく思います。  本渓湖の親睦的な会がありますが、ご存知でしょうか。もう39年も続いている会で今年は40周年全国大会(最後)を熱海で9月に予定されています。毎年、本渓湖にも訪問しております。会報も発行しています。  会員は当初1000人ほどでしたが、老齢化で今は半分以下になりました。 しかし熱海の最後の総会には100人ほどが予定されています。皆さんは勿論本渓湖関係者ですが、第二世の若い人も居ります。日中間の活動もやっています。ホテルオークラも会員です。図書の出版もあり、歴史的資料も二冊(大きい図書館にはあります。国会、東京都、横浜) 今までの発刊は、『太子河』、『本渓湖会物語』。また、一読をお勧めするのが、今月発刊の『旧満州本渓湖の街と人々』(幻冬舎、塚原静子、1365円)がで、これらがご参考になるでしょう。  ご縁があり、必要なら事務局連絡所(東京)などお話いたしましょう。     小生は終戦時小学6年生 鈴木です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 旧満州の地名/朝陽鎮

    旧満州の地名で「朝陽鎮」というのは、現在の中国のどの地区に該当するのでしょうか? また昭和10年代の旧満州の地名が載った地図で現在も販売しているものがあればぜひ教えてください。

  • 昔の満州の地名は今

    私は昭和20年に満州で生まれました。その頃の地名は戸籍に「満州国四平省西安県西安街北寿区」と記載されていますが、現在の地名を教えて下さい。できましたら、機会を捉えて現地へ行って見たいと考えていますので、よろしくお願いいたします。

  • 満州國浜江省の地名の読み方を教えて下さい。

    満州國浜江省の地名の読み方を教えて下さい。 また、地名の読み方の参考になる資料があるサイトがあれば 教えていただけると助かります。 宜しくお願いします。

  • 回答No.2

私の父も本渓湖煤鉄公司に勤務しておりましたが、昭和18年以降になると 戦地召集されて工場にはほとんどいなかったようです。 「太子河」は私も以前所持しておりましたが、北海道立図書館に寄贈して しまいましたので、手元にない為、順孝街の位置を正確にお教え出来ませんが 記憶によりますと、本渓市南部の平頂山からはそう遠くないと思います。 北部の旧本渓湖市街は明治末期から栄えてきた為、「太子河」に地図が掲載 されてますが、宮の原地区は終戦前5年位で形成された新興地帯なので、正確 な地図は当時の状況を考えると存在しないのではないのでしょうか? このあたりは「太子河」に詳しくのっております。 尚、「太子河」はインターネットの「日本の古本屋」に現在2冊存在します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました!rosuminさんのお父様も煤鉄におられたんですね。現地に赴いた際の印象では本渓宮原が大都市で、本渓湖は鄙びた町といった感じでしたので宮原は当時から大きな街だったと思っておりましたが戦時の宮の原は新興都市だったんですね。「太子河」をインターネットで調べさせていただきましたら本郷の書店に在庫ありとのことで偶然職場の近くですので明日探しに行こうと思います。本当にありがとうございました。

  • 回答No.1

私は宮の原平安区廣祐街で生まれたものですが、 当時、順孝街に住んでおられた方の名簿(苗字のみ39名)を持っておりますが、個人情報ですので、ネットでは公開できません。 地図については、私も探してましたが、「太子河」によりますと、宮の原地区 終戦前、短期間で作られたところなので、当時の敗戦間近の混乱状態を考えると作成されていないのではないかと思います。 旧市街である本渓湖地区の地図については「太子河」に記載されてます。 宮の原地区については簡単な略図がのってます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

貴重な情報をありがとうございました。正直、回答をいただける方が折られるとは思っておりませんでしたので興奮しました。 「太子河」は絶版になっており、国会図書館でも在庫が無く、広尾や日比谷を探そうと思っていたところです。よって「太子河」の記載を知らないため、父の戸籍にある「平安区」すら本当に平安なのか?という程度の知識です。祖父は本渓湖煤鉄公司に勤めていたためその寮は順孝街(rusuminさんに伺うまで漢字すら分かりませんでした)にあったとのことでしたが、現在の地図で言うとどのあたりにあたるのかもしもご存知でしたらご教授願いたいと思いますがいかがでしょうか?

関連するQ&A

  • 昔の満州の地名は今(その2)

    先回は、私自身の生誕地について教えて頂きましたが、今度は昭和17年に満州で生まれた、兄の生誕地名が、現在はどのように変わってしまったのか、教えて下さい。その頃の地名は戸籍に「満州国四平省海龍街西門外県公署官舎○○号」と記載されています。できましたら、機会を捉えて兄と一緒に現地へ行って見たいと考えていますので、よろしくお願いいたします。

  • 戦前の台北の地図(京町地区)

    昭和初期(日本統治時代)の台北市の日本人街の地図を探しています。 当時の台北市京町1丁目とは、現在の地名ではどのあたりかを知りたいのです。 戦前に知人がそこで生まれ育ったので、今度訪れたいと思っています。 何か情報があれば教えてください。

  • 満州の地名:北孫呉 狭上山 のよみかたを教えて

    満州で 戦後まもなくあるいは戦時中 そのような地名があったか、あるいはあれば読み方をお教えください。視覚障害の方のための本の音訳をしています。 北孫呉:きたそんご   でいいのでしょうか。 狭上山:さえやま   とでも読むのでしょうか。? どうぞおおしえください。

  • 満州で戦死した方はどこに祀られているのですか?

    昭和19年12月に父方の祖父が満州(牡丹江付近)で戦死したということを、今になって(40歳2人の子どもがいます)考えるようになりました。 過去の多くの犠牲があり、今の自分があることを、この年になって知るようになりました。 父方の祖父戦死時、骨は戻らず、石ころ一つで、ショックで祖母も亡くなり、息子であったわたしの父も35歳で病死したため、わたしは、おじいちゃんである人の戦死をあまり聞かされることもなく、考えることなく、今に至りました。 中学、高校でも、悲惨さを実感することはなかった気がします、何年に何が起こったということがテストになるからです。それは、教育なんだろうか?と、いま、母親として、きちんと知らなければならないと調べています。 (1)まずは、一番身近な祖父の最期を知りたく、昭和19年の12月末が満州でどのような状況であったのか、戦死した方々は、どのようになったのか、(埋められたのか、火葬されたのか、野ざらしだったのか、、、、) どこの部隊にいたのかは分からないのです、家は千葉県でしたが。 (2)祀られているのは靖国でしょうか。魂はそこにはないと感じますが。 (3)満州での戦死者名簿はあるのでしょうか。 どんなことでもかまいません。こちらに資料もないため、漠然とした質問なのですが、何かこうして祖父のために動いてあげたい一心です。 質問と関係ない話でもかまいません、牡丹江へ行かれたことのある方にもお話を聞きたいです。 どうぞよろしくおねがいします。

  • 満州開拓団の土地の取得方法

     いま、終戦直後の満州開拓団の状況を書いた本を読んでいるのですが、その中で開拓団の人々が現地中国人に襲われた一因として日本人に土地を奪われたことをあげているのですが、同じ本の中で体験者の談として「未開拓地に農場をつくった。」ということも載っています。  実際のところ、日本から行った開拓団の人達が手にした土地は現地人のものを奪ったものなのか、それとも文字通り「未開の地」を一から開墾したものなのか、どちらなのでしょうか?

  • 満州で死んだ父のことを知りたい。長文です。

    何故か、死んだ父のことが、この歳(66歳)になって、無性に知りたくなり、お聞きする次第です。 知りたいこと。 父は、満州で何をしていた人なのか。 若い妻と幼い子供を残して、何故自殺をしたのか。 羅列しました下記のような乏しい情報でも、何か少しでも、得られたらな、と思います。 出来れば、同じような体験をされた同世代の方に教えていただけましたら幸いです。 10年前に、亡くなった母が生前にぽつりぽつり語った話では、 1.戦前、父とは母、日本で知り合い、満州に渡り、私と妹(生後1歳で病死)が生まれる。 2.父は、軍人ではなく、大きな建物に住み、現地の人を何人か使い、暮らしは贅沢だった。 3.日本の将校・軍人の奥さんなどがよく出入りし、父から缶詰を受け取っていた。 4.父、母の前で割腹自殺。(33歳) 母には、「ソ連が来る」と言っていたそうです。(シベリアに強制連行されるからと、即自殺、はないと思います) 5.母子で逃避行。九死に一生。日本の母の実家へ生還。母29歳、私4歳。 6.私と一緒に撮った父の写真は、胸部から上が切られたものしかないので、父の顔も知りません。(当時、皆、大人の男の写真は同じように切ったようです) 7.現地の子供とばかり遊んでいたので、帰国しても、暫くは、日本語が満足に話せなかった。 8.私の戸籍謄本の出生地は、「中華民国北満総省」とだけ書いてあります。 9.どういうわけか、私は、10歳以前の記憶が全くありません。 蛇足ながら、現在の私は、定年まで好きな仕事をし、今もアルバイトも同じ仕事で、孫も居り、平穏な暮らしを過ごしております。 宜しくお願いいたします。

  • 戦前~戦後流行したジャズの形態について

    昭和10年頃~昭和30年までに流行した『日本の』ジャズの形態を知りたいのです。 70年代に流行したジャズは調べられても、戦前~戦後辺りのジャズの形態は資料も少なく、なかなか調査に難航しております。(海外はあるのですが) 出来れば詳しく載っているサイトなどを教えて頂きたく思います。 例えばその当時のジャズはピアノ中心だったですとか、ギター中心だったですとか、その当時流行した日本のジャズアーティストなど。 その当時日本に流れてきたジャズの形を知りたいのです。何処へ行けば聴くことが出来たのか、など。 御存知の方がおりましたら、宜しくお願い致します。

  • 世界の地名の由来がわかる本やサイトはありませんか?

    「地名の世界地図」という本を見つけたとき、 「これこそずっと読みたかったものだ!」と思ったのですが どうもこの本は明らかな間違いが多いことで有名らしいじゃないですかorz なのでほかにそういった「地名の由来」ものがないか探しています。 欲を言えばラテン系のものが詳しいとありがたいです。

  • 19世紀イギリスの文化

    19世紀のイギリスについて調べているのですが、なかなか良い資料がみつかりません。 そこで、もし良い資料があったら紹介していただけませんか。 資料は書籍、サイト、どちらでもかまいません。 調べたい事柄は、 ○当時の地名 ・・・日本でも、現在と江戸時代では地名が全然違っているように、現在と当時のイギリスの地名の違いが分かるような資料を探しています。 できれば、地図などがついていると良いです。 ○庶民の文化 ・・・爵位をもらっていない、一般の人の文化が詳しく分かるような資料を探しています。 また、知人から19世紀のイギリスが良く分かるということで『エマ』という漫画を紹介してもらったのですが、漫画(絵)では知りたいことが良く理解できないので、ご紹介していただける資料は漫画以外でお願いします。

  • 「横塘」と「長干」について教えてください

     「長干行(崔顥)」の中で出て来た「横塘」と「長干」と言う地名について詳しく書かれてある本、もしくはサイトについて教えてください。地図まであると物凄く有り難いです。  南京の近く、秦准河沿いだと言うことはわかっているのですが、具体的に何処かわからないのです。現在の地名ではなく、唐(もしくはそれ以前)の頃の地名のようなので、地図を探すのに苦労しています。  そちら方面に詳しい方、どうかお願いします。