• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

化学のヘスの法則と中和熱ついての質問です。

化学のヘスの法則と中和熱ついての質問です。 教えてください。 1.次の(1)、(2)式を用いて、(3)式の反応熱を求めよ。 (1)C(黒鉛)+1/2O_2(気体)=CO(気体)+111kJ (2)C(黒鉛)+O_2(気体)=CO_2(気体)+394kJ (3)CO_2(気体)=CO(気体)+1/2O_2(気体)+QkJ 私の答えは (3)式を左右入れ替え CO(気体)+1/2O_2(気体)=CO_2(気体)-QkJとして (2)=(1)+(3)とし (3)=-283kJと考えました。 回答は(1)=(2)+(3)で (3)=-283kJでした。 私の考え方はあっていますでしょうか? 2.NaOHaqとHClaqの中和熱は、101kJ/molより大きいか小さいか。 (1)NaOH(固)+aq=NaOHaq+44kJ (2)NaOH(固)+HClaq=NaClaq+H2O(液)+101kJ 回答は(2)-(1)で NaOHaq+HClaq=NaClaq+H2O(液)+57kJ 中和熱は57kJである。 1.なぜ(2)-(1)なのでしょうか?(1)-(2)ではだめですか? 2.(2)-(1)をした場合(1)のaqはどこにいってしまうのでしょうか? これらの質問をよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数395
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • htms42
  • ベストアンサー率47% (1120/2361)

ヘスの法則を使って反応熱を求める問題ということですが どこでヘスの法則を使っていますか。 「AからBへのエネルギーの変化は途中の道筋によらず一定である」という考えはどこに示されていますか。 初めの問題 ただ機械的な操作を式に施しているだけです。 機械的な操作で出した答えが回答と合っているのであれば「合っていますか」という問を出す必要はありません。 「機械的な操作で確かに答えは出たがどこでヘスの法則を使っているのか」という問であれば問いとして意味があります。 A→→→B A→C→B に当てはまるように(1)(2)(3)を解きほぐしてみてください。 2つ目の問題 中和熱ということですから中和反応に対応する式を求めなくてはいけません。 NaOHaq+HClaq=NaClaq+H2O+QkJ の式のQを求めるのです。(1)(2)からこの式を作ればQは求められます。 NaOH(固)+aq=NaOHaq+44kJ は固体のNaOHを大量の水に溶かすとき発生する熱量を表しています。 +aqは水溶液を作る時の大量の水を表しています。まだ溶けていない状態が左辺です。溶けて十分に発熱が起こってしまった後の状態が右辺です。右辺の( )aqは溶けた状態(=水溶液)を表しています。 NaOH(固)+HClaq と書いたものと NaOH(固)+aq+HClaqとは同じものです。 塩酸の水溶液に固体のNaOHを入れれば塩酸水溶液を作っている水にNaOHが溶けるのです。 NaOH(固)+HClaq→NaClaq+H2O という変化を2段階に分けて NaOH(固)+HClaq→NaOHaq+HClaq→NaClaq+H2O が起こっていると考えたものにヘスの法則を当てはめています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました! わかりやすい説明で助かりました。

関連するQ&A

  • 高校化学の中和熱の問題

    水酸化ナトリウム水溶液と塩酸の中和熱を求める式で NaOH(個) +HClaq=NaClaq+H2O(液)+101kj…(1) NaOH(個) +aq=NaOHaq+44kj…(2) (1)-(2)をやると NaOHaq+HClaq=NaClaq+H2O(液)+57kjとなるんですが (2)のaqはどこにいったのでしょうか? 分かりやすい説明お願いします

  • 化学の問題がわかりません

    個体の水酸化ナトリウムが水に溶解するときの変化、および、個体の水酸化ナトリウムが希塩酸と反応するときの変化は、それぞれ次の熱化学方程式(1)、(2)で表すことができる。これらの式を用いて中和に関する熱化学方程式を(3)で表すとき、Qに当てはまる数値を求めよ。 (1)NaOH(個)+aq=NaOHaq+45kJ (2)NaOH(個)+HClaq=Naclaq+H2O(液)+101kJ (3)H^+aq+OH^-aq=H2O(液)+QkJ ((3)の左辺は水素イオンaq+水酸化物イオンaqです。) 化学Iの熱化学方程式の問題です。 解説をなくしてしまい困っています。 どなたか教えて下さい(__)よろしくお願いします。

  • 中和熱について

    25.0℃で200mlの水酸化ナトリウム水溶液に、塩化水素0.050molを溶解すると、溶液は酸性になり、温度は31.3℃になった。 (1)・・・・ HCl(気) + aq = HClaq + 75kJ (2)・・・・ NaOHaq + HClaq = NaClaq + H2O(液) + 57kJ を使って水酸化ナトリウム水溶液のモル濃度を求めよ。ただしいずれの溶液も密度は1.0[g/ml]、比熱は4.2[J/g・K]とし、容器と外界の熱の出入り、容器の熱容量は無視する。 と言う問題なんですが、とき方・考え方がいまいち理解できません。 (1)+(2)をして HCl(気) + aq + NaOHaq + HClaq = HClaq + 75kJ + NaClaq + H2O(液) + 57kJ HCl(気) + aq + NaOHaq = NaClaq + H2O(液) + 132kJ HCl(気) + NaOHaq = NaClaq + 132kJ

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • gohtraw
  • ベストアンサー率54% (1630/2966)

一問目 >私の答えは >(3)式を左右入れ替え >CO(気体)+1/2O_2(気体)=CO_2(気体)-QkJとして >(2)=(1)+(3)とし >(3)=-283kJと考えました。  (3)の左右を入れ替えて足すと(3)を引いていることになるので、正しくは (2)=(1)-(3) としていることになり、移項すれば回答の (1)=(2)+(3) と同じことになります。従って考え方として正しいです。 二問目  +aqは水に溶かすという操作を表わし、NaOHaqはNaOHが解離して水中に分散している状態を表わしているだけで、+aqをわざわざ記載しなくても NaOH(固体)→NaOHaq +44kJ/mol だけで意味は通じます。従って+aqは無視しても構いません。  (1)-(2)でも答えは出せますので間違いとはいえませんがわざわざ逆反応の形にすることもないともいえます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます! とても参考になりました。

関連するQ&A

  • 熱化学方程式の問題で。。。

    NaOH(固)+aq=NaOHaq+42kJ。。。【1】 HClaq+NaOHaq=NaClaq+H2O+54.6KJ。。。【2】 【1】+【2】より HClaq+NaOH(固)=NaClaq+96.6KJ。。。【3】 と問題集の解答にあったのですが 【3】の式でH20が出てこないのは何故ですか?? aqーH2O=0 と計算できないように思えるんですが。。。 (ちなみにH2Oは水です)

  • 化学のヘスの法則と中和熱の質問です。

    化学のヘスの法則と中和熱の質問です。 固体の水酸化ナトリウム2.20gを多量の希硫酸に加えた時の発熱量は、5.59KJであった。一方、同量の固体の水酸化ナトリウムを多量の水に溶解すると、うすい水酸化ナトリウムに水溶液となり、発熱量は、2.48KJであった。この水酸化ナトリウム水溶液と希硫酸が中和したときの発熱量をヘスの法則を用いて求めよ。 さらにこの発熱量から、酸と塩基が中和して水1molを生じる時の中和熱求めよ。 原子量 H=1.0、O=16.0、Na=23.0 という問題なのですが、 NaOH(固)をまず水に溶かし、(1) その後、希硫酸を加えて中和したときの発熱量と(2) NaOH(固)に希硫酸を加えて中和した時の発熱量は同じ(3)。 ヘスの法則より、 (1):NaOH(固)+aq+1/2H2SO4aq=NaOHaq+1/2H2SO4aq (2):NaOHaq+1/2H2SO4aq=1/2Na2SO4aq+H2O (3):NaOH(固)+aq+1/2H2SO4aq=1/2Na2SO4aq+H2O (1)+(2)=(3) と、解答には図がかいてあり、なんとか理解できるのですが、自分で書くとなるとどのようにして書いていいのかわかりません。 最初の文で水酸化ナトリウムに希硫酸をいれたときの・・・・ と書いてあるのにaqがつくのでしょうか。 このような問題の解き方を教えてください。 よろしくお願いします。

  • 硫酸と塩化ナトリウムの中和熱の方程式の書き方

    中和熱は生成する水分子の量によるということですが上記の場合の熱化学方程式はどうかけばいいのですか? たとえば、 HClaq+NaOHaq=NaClaq+H2O ですが 今回は1/2H2SO4aq+NaOHaq=1/2Na2SO4aq+H20 となります。1/2硫酸「水溶液」というのも変なきがしますがこれであっているんでしょうか?

  • 中和熱

    初めて投稿します(^^) 中和熱の問題で、、、 NaOH(固)+aq=NaOHaq+41.8kJ H2SO4(液)+aq=H2SO4aq+75.2kJ 2NaOH(固)+H2SO4aq=Na2SO4aq+2H2O(液)+196kJ 問。0.1mol/L水酸化ナトリウム水溶液500mLと、0.1mol/L希硫酸500mLを混合するとき、発生する熱量は何kJか? といぅ問題なんですが、 回答をみて、 2NaOHaq+H2SO4aq=Na2SO4aq+2H2O(液)+112.4kJ NaOHの物質量0.05mol H2SO4の物質量0.05mol mol比2:1までは理解できたのですが、、最後の 112.4×0.05×1/2=約28kJとあるのですが、、、この1/2はどこからきた、何の1/2なのでしょうか??(>_<)

  • 熱化学の問題がわからなく困っています。教えてください。

    (1)断熱容器に0.40mol/lのHCl水溶液100ml(100g)をいれ、 これにHClと等しい物質量のNaOHを含む水溶液150gを加えてかき混ぜたところ、 混合液の温度は20.0℃から22.2℃に変化した。 水溶液の比熱を4.2J/g.kとして、有効数字2桁で答えよ。 (1)中和熱をQkJ/molとして、この反応を熱化学方程式で示せ。 HClaq+NaOHaq=NaClaq+H2O(液)+QkJ (2)この実験の中和反応で発生した熱量(kJ)を求めよ。 2.31kJ (3)中和熱Qを求めよ。 この問題の解説には、 反応したHClの物質量は0.40×100/1000=0.040mol 中和熱(kJ/mol)は1molあたりの量であるから、←この1molは何の1molですか? 2.31kJを0.040molで割れば中和熱を求められる。←なぜ2.31kJを0.040molで割れば中和熱を求められるのか?が、理解できません。 できるだけ詳しく説明していただけるとありがたいです。 よろしくお願いします。

  • ヘスの法則と中和熱

    ここでいくつか質問させていただいたおかげで、だいぶ宿題も終わってきたのですが、またいくら調べてもわからない問題がでてきてしまいました。 問題は ☆エチレンC2H4について次の問いに答えよ 問 少量の酸があるとエチレンに水が付加してC2H5OH(液)ができる。 この反応の反応熱は何kj/molか。エタノール(液)の燃焼熱は1370kj/molとする。 ☆次の問いに答えよ。ただしH=1 O=16 Na=23 問題中のすべての水溶液1.0gの温度を1.0℃上げるのに必要な熱量は4.2Jとする。 (1)2.0gの水酸化ナトリウム(固体)を、398gの水に溶かしたところ、液の温度が1.3℃上昇した。水酸化ナトリウム(固体)の溶解熱を求めよ。 (2)水酸化ナトリウムを0.10mol含む水溶液500gと、塩化水素を0.15mol含む水溶液500gを混合したところ、液の温度が13℃上昇した。 水酸化ナトリウム水溶液と塩酸の中和熱を求めよ。 ただし、混合前の二つの水溶液の温度は等しいものとする。 (3) (1),(2)の結果より、次の熱化学方程式の反応熱X(kj/mol)をもとめよ。 HClaq+NaOH(固)=NaClaq+H2O(液)+X(kj) 中和熱の問題は結構多くでてるのですが、混合液に温度までまじってわけがわからなくなりました・・・ 一度に大量の質問失礼しました。

  • ヘスの法則

    ヘスの法則がまったくわかりません。 この問題で解説してください。 1)メタンCH4の燃焼熱をQkj/molとして、メタンが完全燃焼するときの反応を化学方程式で表せ。ただし、生成す=CO2(液)+Qkj 2)次の(1)~(3)までの化学方程式を用いて、メタンの燃焼熱を求めよ (1)2H2+C(黒)=CH4+74Kj (2)2H2+02=2H2O(液)+572kj (3)C(黒)+02=CO2+394kj 解説を見ると、 H2, Cを消去する。-(1)+(2)+(3)からCH4+2O2=CO2+2H2O(液)+892kj となっているのですが、まずなぜH2, Cを消去するのかわかりません。 そして、次に-(1)+(2)+(3)がどうやってでたかわかりません。 その辺を詳しく教えてください。

  • ヘスの法則、消去法とは??

    H2(気)+1/2O2(気)=H2O(液)+286kJ・・・(1)            C(黒鉛)+O2(気)=CO2(気)+394kJ・・・(2)              3C(黒鉛)+4H2(気)=C3H8(気)+105kJ・・・(3)                                             これらの値を用いてプロパンの燃焼を求めよ。という問題なんですが、目的となる式がC3H8(気)+5O2(気)=4H2O(液)+3CO2(気)+QkJとなり、この式に不要なH2とCを消去するまでは分かるんですが一体どうやって消去すればいいのでしょうか??また消去法ではなく、もっと分かりやすい方法があれば教えて下さい。                                                                            

  • 化学の問題について

     次のA&#65374;Cの反応熱を用いて、水酸化カリウムの水への溶解熱を求めるといくらになるか。最も適当な数値を選べ。 A:塩化水素1molを含む希塩酸に、水酸化カリウム1molを含む希薄水溶液を加えて反応させた時の反応熱        56kj B:硫酸1molを水に加えて希硫酸とし、それに固体の水酸化カリウムを加えてちょうど中和させたときの合計の反応熱       323kj C:硫酸の水への溶解熱        95kj/mol 答えは58 ……だそうですが解説を読んでも分かりません。 A,B,Cそれぞれの化学反応式は作れました。 KOH+aq=KOHaq+Qkj・・・・・(1) A:HClaq+KOHaq=KClaq+H2O+56kj・・・・・・(2) B:H2SO4+aq+2KOH+aq=K2SO4aq+2H2O+323kj・・・・・・・(3) C:H2SO4+aq=H2SO4+95kj・・・・・・・・(4) しかし、このあとに解説に書かれている ”Aは強酸と強塩基の中和熱であるから、(2)式は   H2SO4aq+2KOHaq=K2SO4aq+2H2O+(56×2)kj と書き直せる。” がよくわかりません。 ここの部分の解説をお願いします。

  • 熱化学反応式についてなのですが・・・

    化学のヘスの方式の問題で、 (1)、CO(気体)+1/2×O&#8322;(気体) =CO&#8322;(気体)+283KJ (2)、C(黒鉛)+O&#8322;=CO&#8322;+394KJ とあったのですが、 この式のCO&#8322;の生成熱が違うのはなぜですか? 確かに(1)はCOの反応熱で(2)はCno反応熱ですが、 結局出来るのはCO&#8322;なのになぜここまで数値が違うのですか? またヘスの法則でCO&#8322;の熱量を使いたい問題があるのですが、 これではどちらを使えばいいのかわかりません。 問題によるとは思うのですがどう使い分ければよいのでしょうか?