• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

Youtubeから以下の通知が来ました。

Youtubeから以下の通知が来ました。 それを翻訳したものです。 ----------------------------- 親愛なるBetaMaka: 私たちはこの資料が侵害されていると主張するNHKからの第三者通知の結果、以下の材料を無効にしました: [動画ファイル名] http://www.youtube.com/watch? v=動画ID これは、あなたのポスティングの1つにおける著作権侵害について申し立てる、私たちが受け取った3番目の通知です。その結果、あなたのアカウントは終えられました。 あなたのポスティングの1つが侵害するとして誤認されたなら、あなたは逆通報を提出できます。この過程に関する情報が私たちのヘルプセンターにあります。 著作権法のセクション512(f)の下では、故意に物質的にその材料を誤り伝えるどんな人も誤りのため無能にされたか、または誤認は損害賠償に支払いの義務があるかもしれません。 それでは ? ユーチューブチーム ----------------------------- どうすれば復活できるんでしょうか。 何ヶ月かたったら復活できるんですか? それと前にアップロードした動画などは残っているのですか? 詳しくおねがいします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数24
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

こちらをお読みください。 異議申し立て通知の提出 : 著作権侵害の申し立て - YouTube ヘルプ http://www.google.com/support/youtube/bin/answer.py?answer=59826&query=counter&topic=&type= >どうすれば復活できるんでしょうか。 >何ヶ月かたったら復活できるんですか? >それと前にアップロードした動画などは残っているのですか? まず、本当に著作権を侵害していないかどうか?です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 著作権は・・・侵害していたのは事実なんです。 ニコニコ動画の動画を輸入しただけなんですけどね^^; それで侵害していた場合は二度とアカウントは復活しないんでしょうか?

関連するQ&A

  • Youtubeでアカウント停止を喰らいました

    すでに著作権侵害で2度の警告を受けていて、昨日また著作権侵害のメールがきまして… あなたの投稿に対する著作権侵害の通知を 3 回受け取ったため、アカウントを停止いたしました。 投稿のいずれかが侵害と誤認されている場合は、異議申し立て通知を送信することができます。異議申し立ての方法については、YouTube ヘルプセンターをご覧ください。 虚偽のまたは不誠実な異議申し立てを行うと、法的に深刻な結果を招くことがありますのでご注意ください。 今後とも YouTube をよろしくお願いいたします。 YouTube チーム とあり、これは仕方のないことなのですが、気になることがあります。 その削除された動画を見ると、 この動画は削除されました。これは、以下をはじめとする複数の申立人から著作権侵害に 関する第三者通報が寄せられたことにより、この動画の YouTube アカウントが停止されたためです。 株式会社ドワンゴ 株式会社ドワンゴ 権利者(←名前は伏せていますがこれには納得) ただ、株式会社ドワンゴから2度の申し立てがあったような感じですが、 その動画(他にアップしていた動画も)は株式会社ドワンゴとは全く関係ないと思っていますし この会社が取り扱っているものは一切動画をアップしていません。 そこで疑問なのが何故、株式会社ドワンゴから通報がきたのかということですが… 自分がアップしていた動画が削除され、自分と同じ動画をアップしていた他の方何人かも同じように 利権者の申し立てで削除されていましたが、自分のだけ株式会社ドワンゴから2回というのが とても疑問です。 あと、アカウントが停止されたら、もうそのアカウントにアクセス自体できないようになっているみたい ですが、アカウントは停止されたままで削除することはできないんでしょうか? 停止されたなら、アカウントそのもを削除したいのですが、このまま放置するのみでしょうか?

  • 今もYouTubeにTV番組がアップされるのはなぜ

    何年も前からYouTubeでの著作権侵害などが話題になっています。 しかし、いまだに数え切れないほど多くのテレビ番組の動画がアップされ続けています。 (公式チャンネルではなくて一般個人と思われるアカウントで) この人たちはどうして訴えられたり動画を削除されたりしないのでしょうか? 著作権侵害は親告罪だから全てが訴えられるわけではない・・・という理由以外に何があるのでしょうか? たしかYouTubeには著作権侵害動画をある程度自動で検知するシステムがあったように思うのですが、何十万・何百万アクセスがあるTV動画でも削除されずに残っているのを見るととても疑問です。

  • YouTubeのアカウントについて

    YouTubeのアカウントについて YouTubeに投稿された動画が著作権侵害で申し立てられた場合、申し立て回数が3回になると アカウントが停止されるとYouTubeヘルプに載っていました。 そこで質問です。 もし申し立て回数が3回になり、アカウント停止された場合どのぐらいの期間経過で復活できますか? また、強制アカウント削除はどういうことをした時になるのですか 教えてください_(._.)_

  • YouTubeの「著作権侵害の申し立て」について

    YouTubeに自分で撮影した動画をアップしたのですが、BGMで音楽を使っているせいか、動画一覧に「著作権侵害の申し立て」と表示されています。 これはこのままにしておくと何かペナルティーはあるのでしょうか。現状では普通に公開されています。 またYouTubeの規定を見ると「著作権侵害の警告」という表現がありますが、これは私の動画に表示されている「著作権侵害の申し立て」とは違うのでしょうか。 何も問題なければこのまま動画を公開したままにしますが、何か問題があれば削除しようと思います。 宜しくお願いします。

  • 著作権法上における「故意」とは?

    著作権法第119条においては、「著作権法を故意に侵害した者は10年以下の懲役または1000万円以下の罰金に処せられる」との事ですが、ではその「故意」というのはどのような意味なのでしょうか?通常「故意」というのは、「罪を犯す意思」であると認識しているのですが、著作権を侵害させる行為だとは知らずに行う行為は「故意」だといえるのでしょうか?また著作権侵害に該当しますか?どなたかお詳しい方教えて頂けませんか?

  • YouTube動画をブログに埋め込む問題点

    YouTube動画をブログやホームページに埋め込みたいのですが、もしその動画が著作権侵害などしていた場合、その動画を埋め込んだ人も罪になるのでしょうか? または、もしその動画が著作権侵害などしている場合は、YouTube側が削除して見られなくなるから、埋め込んでも問題はないと解釈して良いのか? 例えば、気に入った動画を埋め込む際、動画は自主作成した動画で問題は無くても、バックミュージックで使われている音楽は誰でも知っている有名な曲である場合、著作権的に問題になるのか? 埋め込んだことによって、問題点があれば教えていただけると幸いです。

  • YouTube著作権侵害の警告

    YouTubeに投稿した動画が著作権侵害の警告を受け、削除されてしまいました。著作権を侵害しているところを削除して再upしようと思うのですが、どの部分が著作権侵害なのかはっきりとはわかりません。どうやったら該当部分を確認できるのでしょうか?

  • YouTube での著作権

    YouTube での著作権について詳しい方、教えてください。 YouTube で再生される動画を画面のみコピー(静止画)で切り出し エクセルなどに貼り付け、画像を更に加工し「編集」したとします。 これはYouTube の著作権侵害に当たるのでしょうか? 特に問題ないのでしょうか?

  • youtubeからの警告について

    先日自分で楽器を演奏しているところをyoutubeに投稿したのですが、BGMに音楽が流れているせいか、下記のような注意が配信されました。 これは著作権侵害の警告ではないようですが、このまま投稿していて問題ないでしょうか。気になったので質問しました。 「この動画の Content ID に関する申し立てはチャンネルのステータスに影響しません。これは著作権侵害の警告ではありません。」 またどういう警告がくると著作権侵害になっているのでしょうか。 どこまでよくてどこからダメなのかよく分からず、困っています。 教えていただけると助かります。 よろしくお願いします。

  • Youtube埋め込みによる著作権侵害について

    Youtube埋め込みによる著作権侵害について教えてください。 明らかに著作権を侵害しているYoutube動画を自分のサイトに埋め込んだ場合、自分は著作権侵害に対して責任を問われるのでしょう? 自分のサイトは、営利目的といっても個人でアフィリエイトを貼る程度です。 仮に上記の例がNGの場合、Woopieなどは完全なNGだと思います。 http://www.woopie.jp/

専門家に質問してみよう