• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

 忠臣蔵についてどうしても分からない事があります。

 忠臣蔵についてどうしても分からない事があります。 1・吉良の長男で米沢藩の殿様である上杉綱憲がオヤジの救援に行く時、どうして色部か、千坂が止めに入ったんですか?。行かせてやったらいいじゃあないですか。そりゃあ、まあ、祝日とか、何かの行事があるとか、昼間とかなら話は分かる。でも、深夜で何も特別な日でもないんでしょう。だったら救援に行かせればいいじゃあないですか。どのみち、行くも地獄、引くも地獄なんだから。行かせなくても世間の非難を一斉に浴びてお家が取り潰される事になるかもしれないのに。本当に失礼かもしれませんが、この2人、本当のアホか、ボケが来てるか、それともその両方かですな。 2・浅野長矩が松の廊下で吉良に斬りつけましたが、何で幕府は浅野に即日、切腹、お家断絶を命じたんですか?。これはあくまで2人の問題でしょう。だったら2人がそれなりの仲裁人を呼んで双方、納得した形で解決させるのが筋でしょうが。  大体、たかが廊下でしょうが、バカバカしい。そんなに上等な畳を使ってもいないでしょう。後で浅野家にクリーニング代を請求したらいいだけの話ですし、勅使には「これこれ、こう言う事なので誠に申し訳ありませんが、どうか延期して下さい。」と事情を説明すればいいだけの話でしょうが。向こうだって来たくて来た訳じゃあない。あくまで仕事で来てる訳ですし、こっちで来て欲しくて来てもらった訳じゃあないんだから。  勅使も「そうですか。それは大変でしたな。まあ、そんな緊急事態なら仕方ありません。天皇には私から事情を説明して後日、出直す事にしましょう。」と言う筈です。 3・松の廊下事件はこれはどう見ても殺人未遂じゃあなくて単なる傷害事件です。何でか?、それは吉良の傷が浅いからですし、殺す気なら刺せばいいのに斬りつけるではまず死にません。おまけにあの服装ではとてもよっぽど相手に近づかないと、斬り殺せません。まあ、傷の程度にもよりますが。    

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数338
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

こんにちは。 私は、自称「歴史作家」です。 面白い「疑問」を楽しく読ませていただきました。 1.について、 天下泰平の世の中となった元禄時代、「戦い」は「厳禁」でした。 たとえ親子であっても、上杉が「兵」を送ったとなれば、「徒党を組んだ」とみなされ、「お家断絶」はまぬがれないのが現実でした。従って、江戸藩邸詰めの家老色部安長は、 「たとえ、吉良家と親戚関係とはいえ、また、実父とはいえ、もしも吉良殿が討たれたら、上杉家にも徒党を組んだ、と、お咎めが及ぶは必死、ここは、耐えて、耐えてくだされ」 と、必死の形相で止めたと言われています。 では、赤穂浪士たちが徒党を組んだのは? これは、もう浪人になっていたため、夜盗などと同じように見られたからです。 当然、通常の犯罪と考えれば、町奉行所の管轄ですが、大名家の内での出来事でしたので、大名家の管轄は「大目付」で、町奉行所は大名家への立ち入りはできず、一切手をだすことができませんでした。 では、吉良邸から出たら「捕まえられるではないか」という筋書きも成り立ちますが、大石内蔵助らは、泉岳寺に詣でた後、直ちに、「評定所」へ自首をしてしまいました。 この「評定所」の役割としては、原告と被告の管轄が異なる裁判、藩邸内や藩と藩との争い、旗本や御家人への訴訟を扱うところでした。 大石は、「藩と藩との争いなのだ」と、訴えたのです。 一旦、評定所に自首したからには、たとえ、訴え場所が違ったとしても、現代の縦割り行政とおなじで、町奉行所への引渡しはできませんでした。 評定所には「牢」はありませんので、評定所内で待機させられ、評定所より「老中」へ報告が行き、老中より綱吉へ報告がなされました。 綱吉は、大石らの作成した「討ち入り口上書」を読み、彼らの行動を「忠義である」と褒め称えました。また、当時の老中安部正武や小笠原長重などが、綱吉の裁定に賛意を述べました。 しかし、側用人であった柳沢吉保は、 「忠義だけで政(まつりごと)をしたのでは、世情の統制がきかなくなる」 と、反対しました。 そこで、綱吉は急遽、幕府学問所である湯島聖堂の大学頭(だいがくのかみ)林信篤と柳沢お抱え学者の荻生徂徠の2人を呼び議論をさせました。 最終的には、綱吉は2人の折衷案として、大名や旗本などと同等に扱い、細川、水野、松平、毛利の4家にお預けとし、翌年2月3日、幕府より「切腹」の命。4日夕方より各家において全員が切腹をしました。 2.について、 「武家諸法度」により、殿中で刀を抜くことは禁止されており、動きも鈍くするために、長袴の着用が義務付けられていました。刀を抜くとすれば、自害する時のみ許されていました。 長袴のエピソードとしては、自分で袴を引きずれなくて転んでみたり、誰かの長袴を踏んでしまい、相手がズッコケタ・・・などと言う話があります。 そして、1.でも述べましたが「争いは厳禁」でしたので、当然、浅野も吉良も一旦は捕らえられましたが、吉良の落ち度がない・・・と言うことで、吉良は解放され、浅野には「即日切腹」の命が下りました。 当然、「喧嘩両成敗」が原則でしたが、この年は、綱吉の母桂昌院(お玉の方)への従一位が与えられると考えられていましたので、綱吉も柳沢も朝廷とのつなぎ役である吉良には、その役目を続けるようにとの考えで「お咎めなし」としたと考えます。 そもそもが、「武家諸法度」という「法律違反」を犯したため、浅野には厳しい制裁が下されたのです。 また、勅使は「天皇の名代」ですので、 「事件が起きましたので、また、今度にしてください」 などとは、追い返せない。 つまり、将軍職は天皇から与えられているもので、言ってみれば、将軍の「上司」。上司に逆らうことはできなかったと思います。 3.について、 そうですね。 後で言われることですが、ブスッと刺してしまえば良かった、とも言われますが、長袴で動きも鈍く、刀も短く、浅野と吉良がどの程度離れていたかは分かりませんが、切り付けるのがやっとの距離だったのではないでしょうか。 まあ、色々な「推測」や「憶測」がありますが、まずは、浅野が「時の英雄」になってしまったため、また、浅野は即日の切腹のため、どのような「遺恨」があったか、なども判ってはいませんし、江戸詰家老らは討ち入りに参加していませんので、反論するような史料があったとしても、「闇」から「闇」へと葬り去られたのが現実ではないでしょうか。 (余談) 松の廊下で、浅野が切りつけた時、 「浅野殿、殿中でござる。殿中でござる」 と叫んで、浅野の背後から浅野を羽交い絞めにして止めた梶川与惣兵衛は、この時の褒美として500石が加増されています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうですか。まだよく分かりませんが、有り難うございました。

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

当事者の記録が残っていないので何とも言えないところはありますが, とりあえず 2 は何か根本的に勘違いしてる気がする. 何を「延期」するよう要請するんでしょうか? ちなみに即日の決定の裏には「最悪, 幕府そのものが取りつぶされるかもしれない」という危惧もあったようです. 何しろ, 自分のところで自分の家来同士が切った張ったしてるくらいですから, 「こんなやつらに支配を任せておけない」と思われる可能性は想定するよね. 法理論的には幕府は天皇の家来であり, 天皇の命によって支配しているだけだから, 逆にいえば天皇が「こいつらはダメだ」と思えば処分する可能性がある. とはいえ, 「切腹」 (+断絶) が他の事件に比べてアンバランスに重い処分であることも事実.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうですか、どうもご苦労様でした。

  • 回答No.3

忠臣蔵は史実に基づいてはいるものの、脚色されて伝わってる部分も多く、創作も少なからず入ってます。 1.世間の注目もあり、よもや「仇討ち」は半ば公認状態で、むしろ世間から期待されていた。 今や息子が救済に入ってさらに被害を広げる結果になるよりも、すでに止められないこととして覚悟を決めさせたと解釈するのが妥当じゃないでしょうか。 2.「殿中でござる」という有名なセリフが示す通り、殿中で人情沙汰つまり傷害事件を起こしてしまった事が問題なんです。 たかが廊下という現代的な解釈をしてしまってはこの物語自体を理解できないし楽しめません。 武士社会の理不尽さを描いているのもこの物語の一つの魅力なんですから。 3.浅野内匠頭は一説によると精神障害を患っていたとのこと。つまりキレやすい人だったんです。 計画的に殺人を試みたのではなく、カッとなって斬りつけてしまっただけのことでしょう。 史実に基づいているとは言え、お話なんですからいろいろと矛盾もあります。 重箱をつつくような事では楽しめませんよ。 歌舞伎や文楽を観ればわかりますが、現代ではまかり通らない義理人情の世界を描くのが、まあ本文なんです。 所詮現代人には通用しない美学です。いかにその世界に浸れるかが、物語を味わう秘訣なんじゃないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうですか、キレやすかったんですか。分かりました、どうも。

  • 回答No.2

1 >行かせなくても世間の非難を一斉に浴びてお家が取り潰される事になるかもしれないのに 結果論で、救援に行くと家が取り潰される事になるかもしれないと両家老は思ったに違いない。 2 >2人の問題でしょう 江戸城内など公式の場では刀を抜くことは禁止されています。2人の問題でなく幕府にとって威厳の問題(律を破られた) 3 質問?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご苦労様。

  • 回答No.1

(1)歌舞伎・人形浄瑠璃(文楽)の演目『仮名手本忠臣蔵』(假名手本忠臣藏)の通称。かなりの演出・創作が含まれており、必ずしも史実の通りではないことに注意しなければならない wiki参照~ 後付の演出である or 武士としての誇りを守ったでは? (2)大名が即日切腹というのは異例のことで、目付多門伝八郎も遺恨の内容などについてもっと慎重な取調べが必要だと訴えたが、側用人柳沢出羽守保明に退けられた。綱吉が切腹を急いだのは、勅使や院使たちに対して自らの天皇への忠誠心をアピールして、母である桂昌院最大の念願である従一位叙任を取り消されないようにするためだったといわれている。 wiki参照~ (3)刺すでは二太刀目が遅くなる。遺恨があり、叩ききりたかった。様々考えられるけど、最後は本人の胸次第。 現代になって、それを理解しようとするなんて、学者にでもなるか、タイムマシンを作るかしないと無理です。 時代劇を見ようとしたら、少なからず矛盾も発生する。なぜなら?価値観が違いすぎる。それを、現代の人たちが共感するようと作成したら、えっなんで?とい場面も出てくる。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そんなモンですか、ややこしいですな。所詮、時代が違うか。有り難うございました。

関連するQ&A

  • 忠臣蔵について

    年末の定番といえばなんといっても「忠臣蔵」ですが、いままでのは皆浅野方から 描かれたものばかりです。「松の廊下事件」から「討ち入り」までを吉良方から えがいた文献のようなものがあれば教えてください。

  • 忠臣蔵

    吉良少将は播州浅野への虐めに先立って、同じく勅使饗応役の任にあった石州津和野の亀井豊前守をも虐めていて、家老が機転を利かせて黄金製の源氏巻を届けて藩主の非礼を詫びた事で一転して優しく指導するようになったという件があったようですが、一度ならず二度となるとやはり吉良という人物にも大きな難があったのでしょうか? よく、吉良は名君で、浅野は人物・精神面に問題があったという言い方がなされるのを聞くのでどうなのかなと思いました。 浅野は叔父も刃傷沙汰の末に改易されていますが、この先例が松の御廊下での一件を思いとどまらせる要因とはなり得なかったのでしょうか。 素人の質問ですみませんが、ご意見を賜れれば幸甚です。

  • 松の廊下刃傷事件

     詳説日本史研究(山川出版社)に「松の廊下刃傷事件」に関して下記のような記述があります。              記 江戸城松の廊下には、赤松が生える海原に千鳥が飛び交うのどかな情景が襖絵に描かれていた。雅びやかなこの廊下で、1701 (元禄14)年3月14日、刃傷事件がおこった。勅使・院使を迎える直前の緊迫した空気のなかで、勅使接待の、馳走役浅野内匠頭長矩(1667~1701、赤穂城主、35歳)は、高家の吉良上野介義央(1641~1702、 61歳)に小刀をふるって刃傷に及んだ。吉良の逃げまどった跡には、松の廊下から桜の間にかけて、畳一面に血が散ったという。取り押えられた浅野長矩は、幕府により即日切腹が命じられ、さらに浅野家は断絶に処せられた。天皇からの勅使饗応の儀礼が重視されるなかで発生した、この時代の武家社会の矛盾を象徴する事件であった。(以上) 教えていただきたいのは、最後の「この時代の武家社会の矛盾」ということの内容です。「松の廊下刃傷事件」にどのような矛盾があったのでしょうか???武士が発生した時代なり、戦国時代とは異なる……時代の移り変わりと、武士の本来の在り方との変化みたいなことを言っているのだと思うのですが、どのようなことなのでしょうか???

  • 忠臣蔵

    忠臣蔵は実話が基にされているそうですが、両親から、本当は赤穂の殿様が世間知らずでワガママ、 吉良上野介が名君だったと聞きました。 浅野の殿様は、本当は家臣やお家や藩のことを考えて、多少のことは我慢しなくてはいけなかったのに、 そういうことは考えず、ぶち切れてしまったダメ藩主で、吉良上野介の方は、実際はすごく領民の為を思っていたとか。 親のいうことですので、そうそう疑ってはいなかったのですが、これが本当でしたら、 どうしてそこまで話が変わってしまったのですか? ドラマではなく、実際がどうだったのかお分かりになる方、よろしくお願いいたします。

  • 江戸時代の庶民は

    江戸時代の庶民は天皇家をどれくらい知っていたので しょうか。江戸城松廊下の事件は天皇家の勅使、院使 を迎い入れる儀式の最中に起きた事件ですよね。 すると庶民は浅野氏が何故吉良氏を襲ったのか、そして その理由は何なのかをかなりの線まで知っていたのでは ないでしょうか。 また勅使、院使の行列も江戸庶民は目の当たりにしてい たとみるべきでしょう。すると天皇家というのは京都に ある幕府とは違う権力機構だということぐらいは知ってい たと思うのですが。

  • 吉良が浅野をいじめた証拠は?(赤穂浪士)

    元禄14年2月4日:吉良義央と浅野長矩が勅使饗応役を拝命 2月29日:京都から吉良が戻る 3月12日:勅使・院使が登城し、聖旨・院旨を将軍に下賜する儀式 3月13日:将軍主催の能の催しに勅使・院使を招く 3月14日:吉良が旗本と儀式の打ち合わせ中、浅野が切りつける 刃傷の原因ははっきりしないようですが、 両者の間にトラブルがあっとすれば2週間の間のことです。 1.この間、吉良と浅野は何度会っていますか? 2.吉良と浅野が二人だけで話をする機会がありましたか? 3.浅野側近の者は何といっていますか?いじめの現場を見た者はいないのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 忠臣蔵とかで見る、江戸時代の城内での帯刀って?

    年末によく忠臣蔵をやってますが、いつも思ってましたが松の廊下で斬りかかる刀が皆さん随分小振りで、故三船敏郎さんがドラマ・映画で腰に下げていた胴田貫みたいにもう大きければ浅野さんも想いを遂げられたのにと思ってます。 まあ、あそこで吉良さんがお亡くなりになったら年末名物が一つ消えて寂しかったのでまあそれは良いとして、城内ではあまり大きな刀は下げてはいかなかったのでしょうか?何かルールでもあったのでしょうか。もしお知りに方おられたらご教授 よろしくお願いいたします

  • 忠臣蔵

    忠臣蔵で有名な吉良氏ですが、討ち入りの後当主の吉良義周は「不届き」として改易、諏訪に幽閉されていますが、なんとなくすっきりしません。 ものの本では、武士が賊に襲われたときに刀を抜いて戦い、切り倒された場合は相続が認められるが、鯉口も切らずに切り倒されたり、後ろから切り殺された場合は士道不覚悟として断罪されることもあると書いてあった記憶です。 この吉良義周ですが長刀をふるって奮戦し、深手を負ったため祖父の隠れ場所から浅野の浪士たちの注意をそらす為、現場から離れようとして切られたという話も伝わっており、いきなり「不届き」だから断絶というのも厳しいと思っています。 討ち取られたのは隠居であって当主ではないのですから、後年の井伊直弼の例でも減封で済んでおり、このときも同道した家臣のうち戦ったものは相続が認められ、逃げたものは士道不覚悟で断罪されていますから、通常なら謹慎か減封程度だったのではないかと思います、事件の後の世論に流されたということでしょうか。。 いかがでしょうか。

  • なぜ歴史愛好家はマジメな方が多いのでしょうか?

    なぜ歴史愛好家はマジメな方が多いのでしょうか? Q もしも赤穂事件の時代に今の文明の利器があったら・・ http://okwave.jp/qa/q8368088.html という質問をしました。 私としては、せいぜい 「刃傷事件がヤフーのトップニュースになる」 「同士たちは離れ離れになってもメールで連絡交換する」 「吉良邸の絵図面がWIKIリークスに流出する」 「大石内蔵助がツイッターで”本懐遂げたなう”とつぶやく」 「討ち入り後に泉岳寺へ向かう浪士たちの姿を見て、皆、携帯電話のカメラで撮影する」 程度のギャグを返してくれればよかったのですが、 返ってきた答えは 「技術だけ進歩しても同じ結果にはならない。  江戸時代にパソコンや携帯電話のような連絡端末は幕府から厳しく禁じられる。  情報漏えいが簡単になったら討幕運動につながるからだ。」 「吉良が浅野をいじめたわけではない。浅野としても供応役は初めてではなかった。  吉良にいちいち教えを乞う浅野こそが問題なのだ。  吉良が本所に転居させられたのも、幕府側が討ち入りをさせやすくしたのが理由だ。御存じないのか?」 などなど、 「お前は赤穂浪士事件をなんと心得ているのだ」 「忠臣蔵ファンなら知っていて当然の逸話、裏話すらも知らないなんて・・・」 といったようなくそまじめ、基、大変有意義なご回答をいただきました。 (もちろん、回答の中には、質問の意図を正しく理解し、 ”松の廊下にも監視カメラが付いていた” ”TVレポーターが江戸城前で大騒ぎ” といったようなこちらの洒落を分かってくれた回答もありましたが) どうして歴史ファンって、多少の冗談もわからないようなくそまじめで石頭で歴史の事を知り尽くしていて知らない人を罵倒するような、 もとい、とてもご立派で勉強好きな方が多いのでしょうか? くそまじめな方、もとい、歴史に真剣に向き合っている方、ご回答ください。

  • 日本人はどうして赤穂浪士を賛美するのでしょうか?

    日本人は赤穂浪士が大好きですね。 毎年12月になると、忠臣蔵の特番があります。 どうしてこんなに人気があるのでしょうか? 赤穂浪士の話は現代に当てはめてみると、賛美するようなところがないように感じます。 人物や事件の評価というのは時代によって変ると思うのですが、赤穂浪士の評価が昔も今もさほど変らないのはどうしてでしょうか? わたしの母も赤穂浪士の悪口をいうと怒ります。 わたしが赤穂浪士を賛美しない点は次のとおりです。 1、主君の浅野が変。   ・現代でいうと、国会で刃物を振り回すような行為で、そのような人物は信用できません。 2.殺しすぎ。   ・吉良家は死者16人、負傷者20人余を出しています。今こんなことやったら大変な騒ぎです。 3.吉良上野介は名君?   ・地元では、吉良上野介は名君だったといわれています。ドラマでは悪役にされていますが、真相を知りたいところです。 4.吉良上野介は被害者。   ・松の廊下の事件では、吉良上野介は明らかに被害者。なのに何故憎まれるの?逆ギレではないでしょうか? 5.復讐が楽しい?   ・復讐に命をかけるわけですが、それがそんなに意義あることでしょうか?復讐をして相手を殺害したところで空しさだけが残ると思うのですが。   ・主君が吉良上野介に殺害されたのならともかくも、事実は逆で吉良上野介が主君に殺されそうになったわけです。それで主君の仇を討ったといえるのでしょうか? 日本人は復讐潭が単に好きなだけなのでしょうか? よろしくお願いします。