-PR-
解決済み

こんな交通事故の場合?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.55501
  • 閲覧数36
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 92% (71/77)

仕事で遅くなり、マイカーで帰宅途中にふと思うのですが、、、、
時々原付等に二人乗りでノーヘルの若い子たちを見かけますが、彼らが信号無視などでいきなり突っ込んできても、自動車を運転している自分に過失はあるのでしょうか?また、おばちゃんの乗ったスクーター(失礼ですが)がよく、路地から全く確認せずに飛び出してくることがありとてもひやひやします。
明らかにこちらが優先道路で、いくら見とおしの悪いところは徐行だといっても、実際には流れがあるので、徐行なんて不可能な場合が多いですよね(幹線道路等)。
また、ヘルメットをかぶっていないが為に大怪我をした、あるいはあご紐をしていないがために、頭を打ってしまったなど、そういった相手側に落ち度があった場合でも、やはり自動車が悪くなってしまうのでしょうか?
あまりにも、自動車側が何もかも悪いと決め付けられている気がするのですが。
ちなみに、極力気をつけておりますので、もちろんゴールド免許です。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 33% (73/215)

相手が車の免許を持っている、持っていないで、過失割合が変わってきますが、車の方が、100%免責されることはまずありませんね。

運転者には安全注意義務があり、免許更新時にも安全運転教習を受けますよね。
ここで受けた講習内容に該当するようなことがあれば必ず過失割合は付加されます。

事故の相手の方が免許をお持ちであれば、その方も安全運転義務があり、それに反する行為があればし、過失割合は増加します。その分あなたの割合は減ります。

しかし、相手の方が免許を持っていないと、過失割合はかなり減少し、車の方が割合が多くなるようです。

いずれにしろ、事故を起こしたら、無過失では絶対済まない、という気持ちで自己防衛しながら運転する意外、方法は無いようですね。
お礼コメント
tiger-mask

お礼率 92% (71/77)

やっぱりそうみたいですね。
友人も、路地から飛び出してきた人とぶつかって(ほんとにいきなりで常識的には考えられない行動でした)、一方的に悪者扱いされていました。
本当の被害者は誰?という感じでしたが、仕方ないんですね。

ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-03-24 11:08:02
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2

過失割合については「交通弱者」を保護することから
四輪の自動車の過失が多くなることがあります。
「交通弱者」とは弱い順に歩行者→自転車→二輪車→自動車という法則があり、
歩行者側のほうが過失割合が少なくなり、自動車側のほうが過失割合が多くなります。
ご質問の二輪車と自動車の事故の場合は自動車の方に無条件で1割程度の
過失がつくことが多いようです。
例えば、歩行者の幼稚園児が横断禁止の道路を渡った場合や
玄関先から道路に飛び出して自動車とぶつかった場合は
幼稚園児側の過失は10で自動車側の過失が90となります。
これは幼稚園児に判断能力がないことから判断されるようです。

あまりにも、自動車側が何もかも悪いと決め付けられている気がするのですが。についてですが、
自動車側が悪いというよりも、「自動車に乗っていれば自賠責保険や任意保険で
補償することが出来るから補償してあげなさい」とことから自動車側に過失割合を
多くするようになっているみたいです。
お礼コメント
tiger-mask

お礼率 92% (71/77)

そう言う捕らえ方があったんですね。
しかし、ノーヘルや逆走などは自殺行為ですよね。
本当に気をつけないと、、、、。

お互いに気をつけて運転しましょう。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-03-24 11:45:05
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ