• ベストアンサー
  • 困ってます

心理学の基本

 http://okwave.jp/qa/q5540114.html という質問でお教えをお願いしております。  要するに心理学は、 1. 人間の心理(その働き、感情、意志、判断)を人間身体などの構造と機能のメカニカルな展開から出てきているという、見解が根底にあるのでしょうか? 2. それともどこかで心の働き、感情、意志、あるいは判断や認識、ないしは編集や紡ぎをさせる原理性がリンクしているということも考えているのでしょうか? 3. その正体はいったいどういうものなのでしょうか? 4. それと身体機能とのリンク繋ぎしているものは何なのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数81
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

私の認識では、心理学は一種の学問で、行動心理学とかありますが、これはどうしそういう行動をしたのかを、他者が理解するための学問。 謎な行動、理解できない行動すらも、こういうことで結果こういう行動を当然取ることになった と説明が可能になることもある。 学問なんです。 クリミナルマインドってアメリカドラマがあります。 犯人の行動を分析して、そこから特徴を導き出し、犯人像を作り上げ、じゃあ 次はこういう行動を取る確率が非常に高い と分析して、待ち構えるわけです。 犯人像が明確になれば、こう言えばこういう反応を当然する確立が高くなり、それがうまくいけば、次の犯行を防げる とか。 だからといって、必ずしも そうなるとは限らない。 何故なら、人は機械とは違い、複雑でいろんな要素で変わるから。 どの要素が加わったかでも、今までとは違う反応をするようになる。 プロファイル技術も一種の学問です。 人の行動パターンを分類化するもので、どういう環境で育つと、50%くらいはこういう考え方になり、こういう行動に偏りがちになる みたいな。 でも残り50%は、合致しない。 それは他の要素が作用したために、起爆しないってことです。 では どんな要素が作用したために、50%の人が起爆する行動をしなかったのか とか うんたらかんたら分析する学問。 例えば、家には幼い子供がいる善良なドイツ市民が、何故ユダヤ人の幼い子供を殺していったのか というホロコースト問題を、ミルグラム実験というものでその謎を説明した人がいました。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%A0%E5%AE%9F%E9%A8%93 悪人だったからではなく、権威者に従順になりやすい真面目な人であれば、虐殺命令に対して「おかしい」と思うことが起こりにくくなるわけです。 集団が権威者に対して強い信頼をしている状態だった場合も、起こりやすいと分析している。 他には http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%89%E7%9B%A3%E7%8D%84%E5%AE%9F%E9%A8%93 与えられた役割によって 生の本人の本来の行動とは違うことをするようになる。 こういう人の心理(行動)を研究し解明する学問が心理学。 一人で生きているわけではないので、いろんなことに影響を受けるわけです。 影響を受けたがどうかで、考え方や行動パターンが異なってくる。 例えば連続殺人鬼がどうして生まれるのか とか、何故実の子を殺すのか とか。 何故第三者からみたら あきらかに異常と思える判断を、ある特定の集団は何故当然と思ったのか とか。 第三者が<理解>できるようにする説明できるまでにする学問。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 kigurumiさん。日本も、私たちの信仰の本部のアメリカも、暮はとても忙しいようです。  お忙しい中、度々のお教えに感謝申し上げます。  仰せのとおりで、非常に実用のための限りの科学であるだけのようですね。  心、精神、認識や感情、或いは判断をする主格の出自を尋ねるものではないようですね。  少なくとも其処へは手も伸びていないし、必ずしもそれを使命とは思ってもいないようですね。  ​http://okwave.jp/qa/q5540114.html​も致し方なく、一応締め切りました。  私の質問は問題にならないということのようです。  そういう認識と納得を一応、現在持つ事ができました。  心理学という言葉に対して勝手にイメージを持っていましたが、所詮はそういう限り、まだまだ新しい学問なのでした。  ありがとう御座いました。

関連するQ&A

  • 心理学の効用

    心理学というのは役に立つんでしょうか?人間の心理とは複雑で、人間は自由意志を持っているので体系化ができない気がします。また、心理学を学んでも現実の世界ではただ神経質になるだけで、かえってマイナスのような気がします。実際どうなんでしょうか?

  • 心理学に詳しい人

    心理学の先生やメンタルトレーニングなどをされている方は、心理学に詳しくない方以上に、日ごろから他人の言葉やしぐさが気になって困る、または興味深いと感じながら生活されているのでしょうか? 人間関係がうまくいくようになるなら心理学っていいなぁと思いますが、ふとした態度から「yuzu8155は○○な人だ」なんて判断されているのなら、「私の気持ちって複雑なんだからそんな簡単に判断しないで~(>_<)」とも思います。

  • 嘘の心理学

    嘘の心理学があるらしいですね。 検索してみましたが、嘘の起源については、やはり判りません。 この質問は、別のカテで質問したのですが、手抜きをしすぎて、埋もれてしまい、こちらに再度投稿させていただきます。 そもそも人間は嘘をつきますが、嘘をつくのは人間に限ったことではないかもしれませんので、心理学には当てはまらないだろうと思っていました。 今回は人間だけに限って質問してみます。 つまり、嘘をつくということは、アプリオリですか? 全ての人が嘘をつくということは、アプリオリの証拠ですが、人間の心理が徐々に発達することから、アポステリオリとも考えられます。 心理学的には人間は何歳頃から嘘をつくようになるのでしょうか、私が思うには、自我の無い赤ん坊が嘘をつくことは無理と思うのですが。 此処での嘘は、嘘と認識した意志を前提としています。 くだらないことですが、気になると止まりません。 宜しくお願いします。

  • 【心理学を学んでいる方へ】どうして「面倒くさい」感情が出るのでしょうか?

    たまに歯を磨くこととか日常の事が 「面倒くさい」と思うことがありませんか? そしてふと考えてみたのですが、 人間はどうして「面倒くさい」という感情が出るのか?なぜ「面倒くさい」と思うのか?どうしたら「面倒くさい」と思わなくなるのか?色々本を見てみたのですが、「面倒くさい」心理について書いてある本がありませんでした。そのためもし心理学を学んでいる方がいらっしゃったら教えてほしいと思います。 なお「目標を持つ」「好きなことをやる」は 自分の中でも思いついたのですが 「歯を磨くこと」等日常で行っていることは 好きなことでもないと思うので、 日常生活で、どうして「面倒くさい」と思うのか? 心理学で、どうしたら「面倒くさい」と思わなくなるのか?おばかな質問で申し訳ありませんが 教えていただければと思います。

  • 生理学と心理学

    心理学を勉強していると、どうしても、脳の機能を勉強しなくてはならなくなります。 例えば、『空腹を感じる』時は、血中の栄養素の減少が様々なメカニズムを経て、脳が空腹と判断するようですが、心理学では、そのような生理学を核とした現象などを、扱うのでしょうか?

  • お勧めの心理学入門書を教えて!

    心理学には多様な分野があり、どこから手を付けていいのか解りません。入門書として有用な本をご存知の方は、どうかご教授ください。 故あってカウンセリングの勉強をしています。 カウンセリング理論の基礎として、相手の話を聞くという基本スタンスを勉強しました。 しかしながら、基本スタンスは覚えましたが、肝心の心理学への知識が足りません。 相手がどのように感じているのか、どのような療法や対応が有効なのか、どのような口調や言い回しをするとすんなり受け入れやすいのか(無意識に作用して気分を上げるためには、どのようにすればよいのか)。それらの知識がほとんどないと言っても過言ではありません。 知識を得るために、フロイトの精神分析、ロジャーズの来談者中心療法、スキナーの行動療法の理論を勉強しました。 しかし、それらの理論や視座は、ある程度心理学の基礎(人間観や人間の感情の感じ方、無意識の動きなど)が完成された上で展開されている理論だと感じます。理論自体は理解することが出来ても、根がしっかりしていないため、それらを体系づけ、利用することがままなりません。 必要なのは、心理学の基礎知識だと感じています。 心理学には多様な分野があり、どこから手を付けていいのか解りません。入門書として有用な本をご存知の方は、どうかご教授ください。 (可能な限り解りやすく、優しい本の方が有難いです)

  • もう一歩つっこんだ心理学の本を探しています。

    もう一歩つっこんだ心理学の本を探しています。 心理学に関して初心者です。 これまで哲学をかじっていましたが、人の感情や心の動き、やりとりについて関心があります。 脚本や小説のような物を書いていますのでその研究のためです。 心理学の入門書を何冊か買い込みましたが、どれもこれも似たり寄ったりでした。 例えば「印象形成」が気になりましたが、どの本にも「中心的な特性」として「温かい」を「冷たい」に変更するだけで紹介される人は他の周辺的な特性「決断力のある・知的な」(など)が同じでも印象が変わってしまう。 という例文が全くもって同じなのです。 原点が明記されていないことも多いのですが、ネットで調べると戦後すぐに発表された原典による物のようです。 つまり入門書を書いている人は何も研究していなくて、ただかいつまんでいるだけ。 私が興味を持ったのは、 ・印象形成 ・心の葛藤と防衛 です。 あと自分でコントロールできない、または認識がずれている感情についても興味があります。 他にも、単なる心理学の歴史や色んなさわりをかいつまんだ知識的な物ではなく、もう一歩つっこんだ、人の心や感情について著者なりに掘り下げた本はないでしょうか? 昔の心理学者が研究したものの紹介でもいいのですが、うのみの本はつまらないです。 哲学や、その前に興味を持って読んでいた超ひも理論・相対性理論などの本は、結構素人でも分かりやすく解説して掘り下げてくれる本があったのですが、心理学では手がかりがあまりありません。 実際に読んでみて良い本がありましたら教えて下さい。 ちなみに血液型占いや性格判断のように学術的根拠に乏しい物は遠慮します。

  • 心理学を学ぶべきでしょうか。

    こんにちは。 高校2年生です。 私は普段「お店のポイントカード」や「商品についているシールを集めて景品と交換」といったキャンペーンによって、今自分が企業の思う壺にハマっているなぁと実感したり、 食品店等で陳列されている商品の配置から、このどの年齢層、性別をターゲットにしているか、またその隣、一段下、上に置いてある商品はどのような人に狙いを定めていそうか、商品パッケージのデザイン・色彩はどのような点が購買意欲をそそるか、考えたり、想像したりしています。 そこから、私は心理学に興味があるのではないかと思い、学費の面を考えて国立大学に絞って自分に合った学部・学科・コースのある大学を探しているのですが、大学ホームページだけでは私の考えていることに本当に近い授業内容か、よくわからず、志望校を判断しかねています。 将来は一般企業に就職して、大学で学んだことを生かして、お客さんの心理を考え、会社の商品の効果的な宣伝方法、パッケージデザインを提案できる人になれたらいいな、と思っています。 そのため、カラーコーディネーター検定なども取得したいと思っています。 一応今は、北海道大学の人文学部人間システム科学コース 岡山大学の文学部行動科学専修コース が近いかなぁと思っているのですが… 一番最寄りの国立で人間行動学科を置いているのは琉球大学なのですが、HPの文面を見る限りは、自分のやりたいことと少し方向が違うかな…と思っています。 そもそも私の将来の目標に近づくためには心理学以外にもっと適した学部学科があるのかもしれないし、上に挙げた学科コースで、実際はどのような事が詳しく学べるかもいまいちわかりません。 どなたか、アドバイス、上記の大学についての情報などあればお願いします。

  • これは心理学のどの分野でしょうか?

     私は大学の授業で心理学を取っていて、実験を行いレポートを書くのですが、今回行った実験の資料が、図書館でなかなか見つけられないでいます。行った内容は。テープで3つの数字、5つの数字が流され、それを聞いてそっくりそのまま逆に答えるという課題を行い、3つの数字を逆に唱えた場合(簡単な課題)と5つの数字を逆に唱えた場合(難な課題)で心拍数に差が出るか?というものでした。 実験名は「心肺機能」でしたが、要するに心的な要因が身体機能に影響を及ぼすか否か、といった感じの実験でした。この資料を探すには、どのような分野の図書を探せば良いでしょうか?私は「生理心理学」とか「脳生理心理学」といった本に近い文献を見つけたのですが、やはり的を外れていました。どなたか、この現象の呼称や、参考すべき書籍の種類をご助言いただけませんか?

  • 一般人にも理解できる心理学の本

    人間の感情や、思考などにすごい興味がありますが、勉強が嫌いなんで特別そのことを専攻したり将来の仕事にしたいとは思いません。しかし興味があります。 そこで、専門用語のオンパレードのような、いかにもお勉強するための本ではなく、一般人が読んでもしっかり理解できる心理学の本を紹介してください。。よろしくお願いします!