• ベストアンサー
  • 困ってます

商品評価損と損益計算書について

簿記2級について教えて下さい。 商品評価損と棚卸減耗を売上原価に算入する場合 例(1) 清算表の練習問題で、 期首繰越商品:2,500 商品の期末残高は以下のとおりである。尚、売上原価の計算は仕入の行で行う。 帳簿棚卸高20 原価@100 実地棚卸高15 時価@80(正味売却価格) この場合の仕訳は以下のとおり。 仕入2,500 繰越商品2,500 繰越商品2,000 仕入2,000 棚卸減耗費500 繰越商品500 仕入500 棚卸減耗費 商品評価損300 繰越商品300 仕入300 商品評価損300 これを清算表の修正記入に反映させると、       借方  貸方 繰越商品  2,000 2,500 仕入    2,500 2,000 棚卸減耗費  500  500 商品評価損  300  300 となり、損益計算書、貸借対照表には、棚卸減耗費も商品評価損も反映されません。 例(2)同様な問題を、 決算整理前の残高試算表を決算事項(上記(1)と同様の問題文)に基づいて、仕訳し転記しようとすると、 II 売上原価   商品評価損 300   棚卸減耗費 500 となってます・・・ 質問(1) そもそも、清算表と残高試算表で異なるなんてことがあるのでしょうか? 質問(2) そもそも、決算整理事項で、借方と貸方が同じなのに損益計算書に計上されるのでしょうか? 何故なのでしょうか? なんか本当に分からなくなってきました。 質問の仕方が悪いようでしたら、補足します。 つまづいてしまって困っております。 宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1287
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

質問(1) そもそも、清算表と残高試算表で異なるなんてことがあるのでしょうか? →残高試算表は、精算表の試算表欄にそのまま転記されますから、異なるはずはありません。 質問(2) そもそも、決算整理事項で、借方と貸方が同じなのに損益計算書に計上されるのでしょうか? → II 売上原価   商品評価損 300   棚卸減耗費 500 ここで表示された 商品評価損 300と棚卸減耗費 500 は精算表の仕入の行に記入された金額が転記されたものです。精算表の商品評価損、棚卸減耗損(貸借同額が記入されている)行から転記されたものではありません。 PL上の売上原価は、会計原則上、期首商品棚卸高に当期商品仕入高を加えこれから期末商品棚卸高を控除する形式で表示することとされています。したがって、PLには、単に精算表のPL欄の金額だけではなく、精算表の修正記入の欄の金額も表示される訳です。 その結果、精算表の仕入の行のPL欄と、PL上の売上原価の末尾の金額は一致する関係にあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答誠に有難うございます。 お礼の返信遅れまして誠に申し訳ございませんでした。 自身の理解度の低脳さに嫌気がさし、少しの間遠ざかっておりました。 何とか落ち着いてきましたので、再度、頑張ろうと思います。 また、ご質問させて頂きますがどうぞ宜しくお願い申し上げます。

関連するQ&A

  • 損益計算書 売上原価に参入する場合の疑問

    棚卸減耗費、商品評価損を売上原価に参入する場合の損益計算書で ---------------------------------- 売上原価  期首商品棚卸高  当期商品仕入高       合計  期末商品棚卸高       差引  棚卸減耗費 100  ←   商品評価損    売上総利益 ---------------------------------- ・棚卸減耗費 ・商品評価損 は期末商品の評価をした時の、 棚卸減耗費 100 ← /繰越商品 100 の借方のことなのか、 仕入 100/棚卸減耗費 100 ←  の貸方のほうなのかわかりません。 そして「売上原価に参入する」という場合は 上記のどちらの仕訳も行い、 「棚卸減耗費 100」が相殺され結果としては 仕入 100 /繰越商品 100 となり、 損益計算書に載らなくなるのではないのでしょうか?

  • 損益計算書に記載する棚卸減耗費と商品評価損を書く欄

    棚卸減耗費と商品評価損を損益計算書に記載する時 棚卸減耗費→売上原価または販売費および一般管理費 商品評価損→売上原価または営業外費用 と覚えていたのですが 今は売上原価の欄のみに記載するのでしょうか? (2005年のテキストを使用しています)

  • 2級「商品評価損」についての質問です

    この期に及んで初歩的な質問で恥ずかしいのですが、どなたか納得する説明をお願いします。 決算時に、実地棚卸を行った結果、棚卸減耗費と商品評価損を計上します。 そして棚卸減耗費は売上原価に含めるか、含めないかにわかれますが、商品評価損は必ず「売上原価に含める」ために仕入勘定に振り替える処理をしますよね? これの目的がよくわからないのです。 商品評価価格というのは、この決算時の時価ですよね。 だから次期に繰り越す繰越商品から控除しました。 なのになぜさらに仕入勘定、つまり今期の売上原価に算入しなければならないのでしょうか。 よろしくお願いします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

精算表の記入が間違ってますよ。 仕訳はあっていますが、修正への転記が間違ってます。 <仕訳> 仕入2,500/繰越商品2,500 繰越商品2,000/仕入2,000 棚卸減耗費500/繰越商品500 仕入500/棚卸減耗費500 商品評価損300/繰越商品300 仕入300/商品評価損300 <修正記入>      借方  貸方 繰越商品 2,000 2,500 ←両方とも相手勘定が仕入になります。            500 ←相手勘定「棚卸減耗費」            300 ←相手勘定「商品評価損」 仕入 2,500 2,000 ←両方とも相手勘定が「繰越商品」になります。        500    ←相手勘定「棚卸減耗費」        300    ←相手勘定「商品評価損」 棚卸減耗費  500  500←相手勘定「繰越商品」「仕入」※ 商品評価損  300  300←相手勘定「繰越商品」「仕入」※ となります。 棚卸減耗費及び商品評価損の原価算入は一度勘定科目に入れて、それを仕入に入れることで相殺になります。 ですので、※の2行は互いに相殺しているのがわかると思います。 落ち着いて仕訳どおりの転記をすれば間違いがないですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答誠に有難うございます。 簿記自体に嫌気がさし、少しの間遠ざかっておりました。 また、一転頑張ろうかと思います。 本当に有難うございました。 また、ご質問させて頂きますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

  • 回答No.2

>となり、損益計算書、貸借対照表には、棚卸減耗費も商品評価損も反映されません。 当然です。精算表の修正記入が間違っているからです。 仕訳が、  仕入    2,500  繰越商品   2,500  繰越商品  2,000  仕入     2,000  棚卸減耗費  500 「繰越商品    500」 「仕入     500」 棚卸減耗費   500  商品評価損  300 「繰越商品    300」 「仕入     300」 商品評価損   300 ならば、精算表の修正仕訳は、       借方  貸方 繰越商品  2,000 2,500           「500」           「300」 仕入    2,500 2,000       「500」       「300」 棚卸減耗費  500  500 商品評価損  300  300 となるはずです。 精算表の修正仕訳に誤記入があるから、あるはずもない2つの疑問がひねり出されたのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答誠に有難うございます。 簿記自体に嫌気がさし、少しの間遠ざかっておりました。 また、一転頑張ろうかと思います。 本当に有難うございました。 また、ご質問させて頂きますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

関連するQ&A

  • 第107回 第3問 精算表

    第107回 第3問 精算表 [II] 4について 期末商品の棚卸高の内訳明細は以下のとおりである。 (金額は省略します) なお、毎月発生する棚卸減耗費のうち、それぞれの商品の期末帳簿残高の5%は経常的に発生する避けられないものとして 売上原価に算入している。また、売上原価は「仕入」の行で計算する。 答えは 仕入  /繰越商品 繰越商品/ 仕入 棚卸減耗費/繰越商品 商品評価損/繰越商品 仕入/棚卸減耗費 仕入/商品評価損 の仕訳を立てていました。 【質問1】 上記の問題文の場合 仕入  /繰越商品 繰越商品/ 仕入 棚卸減耗費/繰越商品 商品評価損/繰越商品 なのか 仕入  /繰越商品 繰越商品/ 仕入 棚卸減耗費/繰越商品 商品評価損/繰越商品 繰越商品/棚卸減耗費 繰越商品/商品評価損 なのか 仕入  /繰越商品 繰越商品/ 仕入 棚卸減耗費/繰越商品 商品評価損/繰越商品 仕入/棚卸減耗費 仕入/商品評価損 をするのかはどうやって見分ければいいのでしょうか? 売上原価に算入する=売上原価を借方に持ってくる仕訳をする、 売上原価=仕入だから 仕入/棚卸減耗費になる。と考えるのですか? 【質問2】 「繰越商品/棚卸減耗費」という仕訳を立てる場合は問題文になんと記載されているのでしょうか? 【質問3】 問題文に「棚卸減耗費のうち~売上原価に算入している。」と言うことから 仕入/棚卸減耗費の仕訳を立てるのはわかるのですが なぜ仕入/商品評価損も必要なのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 棚卸の商品評価について

    期末の商品棚卸についてですが、 内訳は、下記の通りでして。 帳簿棚卸数量 500個 原価900 実地棚卸数量 460個 時価850 商品の評価は、低価法で、棚卸減耗費と低価法による商品評価損は 営業外費用とする。売上原価の計算は「仕入」で行う。 と、記載されていたので、次のように仕訳をしました。 仕入450,000/繰越商品450,000 繰越商品450,000/仕入450,000 棚卸減耗費36,000/繰越商品36,000 商品評価損23,000/繰越商品23,000 仕入23,000/商品評価損23,000 そしたら、何故、貸方に「商品評価損」があるのか?という 指摘を受けました。 この方法ではないのでしょうか?

  • 期末商品の評価 2級商業簿記

    (低価法で評価) 帳簿棚卸数量 100個 実地棚卸数量 110個 原価 100円 時価 110円 の場合 棚卸減耗費/繰越商品 商品評価損/繰越商品 売上原価/商品評価損 の仕訳は行ないますか? 低価法だと原価より時価が高い時は原価で評価するのか?それとも商品評価損は計上しないのか? それぞれの場合 売上原価への算入の仕訳は行なうのか? 低価法に棚卸減耗費は関係ないですか? よろしくお願いします。

  • 棚卸減耗費の問題で

    決算整理の仕訳問題で後半の仕訳が分からないのでなぜこのような仕訳になるのか 解説していただけるとありがたいです。 問.低価法を採用している。 ・期首商品棚卸高は8,000円、当期商品仕入高は82,000円、売上高は150,000円だった。 ・期末商品について 帳簿棚卸数量 100個 原価90円 実地棚卸数量 95個 原価85円 なお、数量減少による損失額や、時価の下落による評価損は売上原価に算入し、その内訳科目とする(売上原価算定の仕訳は回答欄の上2行、費用原価算入は下2行に記入)。 という問いで解答が 借方    金額        貸方     金額 仕入    8,000       繰越商品    8,000 繰越商品  9,000      繰越商品     925 棚卸減耗費  450                      仕入     9,000 商品評価損  475      棚卸減耗費    450 仕入     925       商品評価損    475 となっています。 私の中では、 借方    金額        貸方     金額 仕入    8,000       繰越商品    8,000 繰越商品  9,000        仕入     9,000 棚卸減耗費  450    商品評価損  475      繰越商品     925 ここまでの仕訳はわかるのですが、というよりむしろこれが正解だと思ってましたので、 残りの仕訳が理解できません。 よろしくお願いします。

  • 損益計算書と貸借対照表

    損益計算書の【売上原価】の項目にある期末商品棚卸高と 貸借対照表の繰越商品の金額が違う事っておかしいですか? 実地棚卸の際に棚卸減耗費が出て、その金額を【売上原価】 の項目ではなく、【販管費】で処理した事が原因と思われ ます。実務経験が乏しく、とても困っています。 よろしくお願いします。

  • 商業簿記2級 期末商品の評価

    精算表の作成の 期末棚卸高を算定する問題で 「商品の期末棚卸高は次のとおりである。売上原価は仕入の行で計算し、"棚卸減耗損"は売上原価に参入しない」 と書かれています。 私は今まで”棚卸減耗費、商品評価損”で覚えていたのですが ”棚卸減耗損”という言葉が出てきて混乱しました。 しかし回答を見る限り ”棚卸減耗損”は”棚卸減耗費”らしいです。 このように 商品評価損も商品評価費という風にも言うのでしょうか? また 棚卸減耗費、商品評価損と同じような意味の勘定科目もほかにあるのでしょうか? あるなら またこのようにテストで出てきても混乱しないように慣れておきたいです。 よろしくお願いします。

  • 低価法は何ですか?

    いつもお世話になっております。 以下の問題で、低価法が出てくるのですが・・ 期末商品棚卸高を次の通りであり、低価法によって評価する。なお、棚卸減耗費と商品評価損は売上原価に参入しない。売上原価の計算は「仕入れ」の行で行うこと。 帳簿棚卸高   100個  実地棚卸数量   90個 原価     @1200円  時価     @1100円 こたえ                  (単位:千) (借)仕入    150 (貸)繰越商品  150 (借)繰越商品  120(貸)仕入 120 (借)棚卸減耗費 12 (貸)繰越商品 21 (借)商品評価損 9  となっております。売上げ原価に商品評価損と棚卸減耗費は算入しないので最後に仕入れ勘定振り替えない のはなんとなく理解できますが、低価法って何でうかね?

  • 売上原価の計算について

    売上原価の計算について教えてください。 期首商品 100 当期商品仕入高 1000 期末商品棚卸高 200 (期末帳簿棚卸高) としますと売上原価は 100+1000-200=900 棚卸減耗損 30 棚卸評価損 40 としますと これを反映させた売上原価は 100+1000-200+30+40=970 でよいでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 意味がわかりません><2

    すいません、説明が悪かったのでもう一度問題の詳細を書きます 期末棚卸の減耗と評価について 棚卸減耗費及び商品評価損それぞれ50%を 仕入に算入するとあります。 答えは 棚卸減耗費 ***     繰越商品*** 商品評価損 ***  仕入    ***     棚卸減耗費***(50%)              商品評価損***(50%) 算入しないってことは費用で、算入は仕入(売上原価) で、なぜ費用を仕入に当てるのか(理由)が解らないんです。 初歩的なことなのか?テキストにも理由が書いてありません。 すいません、理由教えてくださいm(_ _)m

  • 過去問 110回 損益計算書への書き込み

    第3問の決算整理前残高試算表の仕入の欄には 借方 8,102,000 となっていて 損益計算書の当期商品仕入高の欄は9,352,000が答えなんです。 決算整理仕訳は [資料I]1 仕入 1,250,000/未着品 1,250,000 [資料II]2 仕入 480,000/繰越商品 480,000 繰越商品209,000/仕入 209,000 仕入 25,500 /商品評価損 25,500  なので 8,102,000+1,250,000+480,000+25,500-209,000=9,648,500 だと思い 9,648,500と答えてしまいました。 なぜ期末商品の評価の仕訳は計算せず 決算整理前残高試算表+修正仕訳だけなのでしょうか? アドバイスよろしくお願いします。