• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

一戸建てを共同住宅として使う場合の廊下幅

現在、東京都区内で増えている「ゲストハウス」に関する内容です。 質問の対象物件は、戸建て(木造二階建て)で、それを20名くらいでシェアしている賃貸物件です。 ちなみに、賃貸契約は、借地借家法第38条によって行われています。 この物件の廊下幅が、1mを下回っている箇所があるのですが、そのことについてお尋ねします。 建築基準法によれば、共同住宅の住戸内の廊下幅は、居室の床面積の合計が200m2を超えなければ、規制はないとのことですが、当該物件は、アパートやマンションにある住戸でないと思われます。 このような場合は、当該物件を戸建住宅(一般的な住宅)とした上で、建築基準法に照らし合わせて考えればよいのでしょうか。 ただ残念ながら、私のほうでは居室の床面積の合計が把握できておりません。 この点について、何かご存じの方がいらっしゃいましたら、ご教示いただければ幸いです。 何件かゲストハウスを見学したのですが、廊下が極端に狭い物件もあり、入居するにあたって不安に思っています。 何卒よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数2451
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

こんにちは。 >東京都区内で増えている と、書かれてますが、この対象物件も東京都内にあるとみてよろしいでしょうか。 次に、ゲストハウスが建築基準法のどの用途にあてはまるかですが 『寄宿舎』になるようですね。 東京都建築安全条例、第二十条の2、3に寄宿舎の廊下に関することが書かれています。 http://www.reiki.metro.tokyo.jp/reiki_honbun/g1011306001.html 居室の面積、宿泊室の数によって、廊下幅の条件も変わりますので、これらをまず調べる必要がありますね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

●runksmoruさん アドバイスありがとうございます。 >この対象物件も東京都内にあるとみてよろしいでしょうか。 はい、東京都区内にあります。 「寄宿舎」という枠組みがあるのですね。 URLも参考にさせていただきました。 居室の面積が分かれば、問題が解決しそうですので、不動産屋に問い合わせてみようと思います。 ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 共同住宅の廊下幅員について。

    共同住宅の廊下幅員について。 2階建て4戸の共同住宅で、1階(2戸)の床面積が52平米です。 建令119では片側居室の場合の廊下(屋外)幅員が≧1.2m(>100平米の階の共用のもの) とありますが、それぞれの階が100平米以下の場合はどうなるのでしょうか? また、プラン調整により、合計の延べ床面積が100平米に満たない場合も想定しています。 上記の内容でしたら、階段の幅員は75cmで良いという認識なので、廊下も同様に75cmでは不可なのでしょうか? 共同住宅に詳しい方がおられましたらご教示いただけますでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • 共同住宅の避難通路等について

    東京都内で共同住宅を計画中なのですが、東京都の安全条例の内容がいまいちわかりません。 第十七条の共同住宅等の主要な出入口は、道路に面して設けなければならない。 ただし、その出入口の前面に、共同住宅の住戸若しくは住室、寄宿舎の寝室又は下宿の宿泊室(以下「住戸等」という。)の床面積の合計に応じて、次の表に定める幅員以上の通路等で、道路に二十メートル以内で避難上有効に通ずるものを設けた場合はこの限りではないとありますが、これは第十九条の窓先空地を満たしていても、さらに主要な出入り口にもかかるのでしょうか。 安全条例の基準で100m2を超え、300m2以下のものは2m幅員をとりなさいとありますが、実際に見てみると最近の建物でも基準を満たしてない建物は結構あると思えるのですがどうでしょうか。 窓先空地だけでも結構きついのに、主要な出入り口まで2mとらないといけないとなると、結構厳しいです。 あと、この主要な出入り口とは玄関と考えていいのでしょうか。また、この床面積の合計とは全住戸の室面積の合計ということでしょうか。 勉強不足で申し訳ありません。 ご回答よろしくお願いいたします。

  • 建築基準法52条3項 容積率の特例について教えてください

    建築基準法52条 容積率の特例で、 1. 「建築物の地階でその天井が地盤面からの高さ1メートル以下にあるものの住宅の用途に供する部分」とは、 地盤面下から地階の天井までが、11メートル以下ということですか? 2. 「当該床面積が当該建築物の住宅の用途に供する部分の床面積の合計の3分の1を超える場合においては、当該建築物の住宅の用途に供する部分の床面積の合計の3分の1」とは、 地階の床面積が、この建築物の住宅用床面積の合計の3分の1を超える場合、3分の1までの面積を住宅用床面積に 加えるということでしょうか? すいません、どなたか教えてください。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

状況的によくつかめないので、なんとなくの助言です。 玄関はひとつでしょ。? 何人かで使うから共同住宅というわけではないので、戸建てには変わりないと思います。 因みに、玄関が2つでも中で鍵のかからないドアが付いていて行き来できるものも「戸建て」扱いです。 そのまま使っちゃえばいいのでは?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>sirousagi1さん アドバイスありがとうございます。 説明不足で申し訳ありません。 玄関は1つで、トイレやフロ、キッチンなどは共同で利用する、いわゆるシェアハウスです。 各居室に二段ベッドを使用して、2~6人が居住しています。その各居室には鍵がかかるようになっていますが、実際に鍵はあまり使われていないようです。 >何人かで使うから共同住宅というわけではない そうでしたか。知りませんでした。複数で利用する賃貸物件=共同住宅と思っていました・・・。勉強になりました。

関連するQ&A

  • 建築基準法施行令についての質問

    建築基準法施行令 第111条「窓その他の開口部を有しない居室等」の1 面積(採光に有効な部分の面積に限る)の合計が、当該居室の床面積の1/20以上のものとありますが、開口部の面積の考え方は合計とあるので 何個かの開口の合計でも可能でしょうか? それとも1箇所でその面積を満たさなければだめなんでしょうか? すいませんが教えてください。

  • 建築基準法 中廊下の幅

    中廊下型集合住宅の中廊下の幅は、建築基準法による単体規定では最低基準をどのように定めていますか?1.6メートルでしょうか?教えてください!

  • 共同住宅の防火戸

    共同住宅と防火戸について、悩んでいます。 サッシメーカー勤務なのですが、準耐火もしくは耐火建築物で 各住戸の出入り口の防火戸について教えてください。 建築基準法では20分の娑熱構造の防火戸また常時閉鎖式防火設備とありますが、防火設備(旧乙防)と特別防火設備(旧甲防)どちらにするのが正解なのでしょうか? 法律上は防火設備(旧乙防)で問題ないようですが、設計事務所の建築図面では特別防火設備(旧甲防)を指定されるケースがあります。 もし特別防火設備が必要ならそのときのケース(建築用途・床面接等)と、根拠(法律上:基準法・消防法等)もお教えください。 よろしくお願いいたします。

  • 階段の寸法(階段・踊り場の幅)について。

    (共同住宅)直上階の居室の床面積の合計が200m2超の地上階のものは、幅120cm以上と記載がありましたが、どのように考えればい良いでしょうか?もう少しく分かりやすく具体的に教えてください。

  • 廊下の幅についての規制

    廊下の幅について建築基準法では「避難に関する規定」としての規制があるようですが、これに該当しないものについては全く自由なのでしょうか?

  • 共同住宅の非常用照明について

    賃貸アパートについてです。 現在廊下(外廊下で良くある1棟12戸のアパート)天井にバッテリー式の非常用照明が付いています(通常の照明も兼ねている)。 新築時より10年以上経過し、本体が古くなって照明が点かなくなってしまいました(6箇所中3箇所)。 本体を交換しようと思うのですが、非常用照明は価格が非常に高い為、バッテリーの付いていない普通の照明にしようかと考えております。 建築基準法施工令126条を見ると、非常用照明を付けるべき基準がありますが、どうも今回のアパートは該当しないのではないかと思われるのです。 確かに共同住宅は基準に含まれていますが、階数は2階建てで、延べ面積も500m2以下なのです。しかも、外廊下ですので、「採光上有効に直接外気に開放された通路は不要」という例外に該当すると思うのです。 すると、新築時に何故バッテリー式の非常用照明をつけたか?という疑問も出てくるのですが・・・。やはり何がしかの法令に該当する為に非常用照明が付いているのでしょうか?それとも、どうせ照明を付けなければいけないのであれば、保険?をかけて非常用照明を付けたのでしょうか? もしお分かりになる方がいらっしゃれば、ご回答頂けますよう、お願い致します。

  • 住宅に係る税金の軽減の理由

    住宅の税金の軽減って、なぜ、どれもこれも、築20年以内とか、床面積50平米以上とかの条件のついた物件しか適用されないのでしょうか? 築年数の古い物件とか、床面積が小さいものとか、貧乏人が購入する安い物件には税金の軽減が適用されなくて、 新築物件で床面積が大きいものなど、金持ちが購入する高額の物件だけに税金の軽減が適用されるのはなぜなんでしょうか? 不公平に感じます。

  • 廊下幅74cmで完了検査に合格できますか

    住宅を用途変更して老人ホームにします。 廊下の幅は建築基準法で75cm以上だと思います。 廊下の両壁は申請上、界壁にするために12cm角の柱に12.5mmの ボードを2枚ずつ張ります。 そうすると、有効幅が74cmになるので1cm狭くなります。 この問題を解決する方法はあるでしょうか。 わかるかたよろしくお願いします。

  • 兼用住宅の制限について

    兼用住宅の制限について教えてください。 第一種中高層住居専用地域に兼用住宅を建てる場合の制限についてです。 Wikipediaで第一種中高層住居専用地域を検索すると下記の解説です。 ================================= ・兼用住宅で、非住宅部分の床面積が、50平米以下かつ建築物の延べ面積の  1/2未満のもの - ○  ・兼用住宅の非住宅部分の用途規制については、第一種低層住居専用地域  のものと同等。 ================================= しかし色々なHPを見ると、この「非住宅部分の床面積が、50平米以下」が適用されるのはあくまで第一種低層住居専用地域に建設する場合であり、第一種中高層住居専用地域の場合は、単に建築基準法「別表第2」(は)の「5.店舗、飲食店その他これらに類する用途に供するもののうち政令で定めるものでその用途に供する部分の床面積の合計が500平方メートル以内のもの(3階以上の部分をその用途に供するものを除く。)」を満たせばよく、さらに住居部分についても建築基準法施行例第百三十条の三に書かれている「…延べ面積の二分の一以上を居住の用に供し…」も適用されない、とありました。いったい何が正解なのでしょうか?。店舗部分、住居部分、それぞれについて教えてください。

  • シックハウス使用材料表について

    木造在来工法2階建ての住宅の申請をしたいのですが、 確認申請時に使用材料表の添付をしているのですが床面積の考え方について わからない部分があります。 まず、対象としては、居室の壁、床、天井、建具...と20条の7から列記されています。 1,居室に天井まである収納については収納部分を含む床面積を使用材料表に書かくべきでしょうか? 2,廊下などに掃除機などを入れる収納がある場合も床面積をカウントして表にするべきなのでしょうか?