• 締切済み
  • すぐに回答を!

静電誘導について

静電誘導について疑問があります。 例えば電場Eの中に直方体の導体を挿入するとします。 このとき電場の方向を正とします。 導体の片方は自由電子が引き寄せられ、正の電荷は遠ざかります。 この時教科書には導体内部で正から負の電荷にできる電場がEとなるまで移動し平衡状態になるため、導体内部は電場が0で等電位となります。 ここで疑問なのですが、負電荷と逆方向に正電荷からの電場はなぜ考えないのでしょうか? また別の例で、空洞な球の中に正電荷があるとします。 空洞内部の表面はそれと同じ電荷の負電荷が、外側には正電荷が反発します。 このとき、電荷は正電荷から負電荷に電気力線が入るので、球内部の電気力線は外部に出ず、外側の正電荷は電気力線を出します。 これも導体内部は等電位ですが、それならば前者の考え方で外側と内側の電荷が作る電場で球内部の電場を打ち消しあっていることになります。 しかし、もしそうであるなら、球内部の電荷の電場は導体を貫通していることになり、これもまた球内部の電場と外部の電場が等しいと考えていい理由が分かりません。 長々と書いてしまいましたが、解答お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 物理学
  • 回答数3
  • 閲覧数783
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.3

添付図を訂正しました。ごめんなさい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

>ここで疑問なのですが、負電荷と逆方向に正電荷からの電場はなぜ考えないのでしょうか? 電気力線は,正電荷から出て負電荷に入るのですから一方を考えれば十分なのですが,それぞれを単独として両方がつくる電気力線を考えてもいいのですよ! yoshi456さんの電場のイメージは,かなり本質をとらえていると思いますのですぐに理解できると思います。 電荷が複数あれば生じる電場はそれぞれの電荷がつくる電場の重ね合わせになるという点を徹底して考えれば疑問は晴れると思います。はじめから導体内の電場がゼロであると考える必然性はないのです。静電誘導の結果生じた正負の電荷がつくる電場が外部の電場と重ね合わせになる結果として内部電場がゼロになるのですね。電気力線は導体であろうと何であろうとすべてを貫通すると割り切って考えてみてください。すっきりすると思います。導体内部の電場ゼロは結果であって原因ではないのです。 最初の静電誘導の状態を考えます。誘導によって生じた正電荷は上下に電場をつくります。また,負電荷の方も同じです。外部電場も加えて3つを重ね合わせてみてください。最終状態にまったく矛盾のないことがわかると思います。

この投稿のマルチメディアは削除されているためご覧いただけません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 たいへん分かりやすい説明でスッキリしました。

  • 回答No.1

なにを疑問に思っているのかが不明瞭なので、憶測で回答しますと・・ 金属では、内部に電場が発生すると、それを打ち消す形に自由電子が移動し、電場を0に保ちます。なので、表面から放出される電場成分のみが残ることになります。直方体の金属では、下図のようなイメージです。           +          -           E→   - +   中性   - +   →E           +          -       但し、右側だけでなく、上下からも二次電場は発生すると思われます。 球体の場合も同じです。内部の正電荷から放出された電場は、球内部の負電荷で「終端」し、金属内では電子の複雑なフォーメーションにより電場が0になります。 そして、球外部に押しやられた正電荷が新たに外向きの電場を放出するのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 静電遮蔽について

    基礎的な質問をしてしまい申し訳ないのですが、 静電遮蔽は導体内部の空洞の中に電荷が無い場合には (1)空洞の壁に電荷は現れず、 (2)空洞内部でも電場は0で、 (3)空洞と導体は等電位である、 というものと本にありました。(1)と(2)については、なんとなくですが理解できましたが、少し不安です。(3)についてはもっとわかりませんでした。 よろしければ、(1)、(2)、(3)について優しく噛み砕いて教えてください。 よろしくお願いします。

  • 静電張力の導出について.

    導体の表面電荷にはたらく電気力を調べる.表面電荷密度をσとする.図に示すように,導体表面上の点Pを中心とする小さな円(面積A)の内部の電荷σAは,点の両側の近傍に強さがE(1)=σ/2εの電場E(1)(↑)を作る.小円の外部の電荷(導体の他の部分や導体外部の電荷)の作る電場E(2)(↑)は点Pで連続であり,すべての電荷の作る電場E(↑)=E(1)(↑)+E(2)(↑)は導体なイブでゼロ,点Pのすぐ外側でE=σ/εになっている.したがって,小円の外部の電荷が円の中心Pに作る電場E(2)(↑)は,強さがE(2)=σ/2ε=E/2で,導体の内から外の向きを向いている.そこで,小円の内部の電荷σAにはたらく電気力FはF=(σA)E(2)というようにして静電張力が求められています. 小円内の電荷E(1)の強さがσ/2εとなるのはわかります. 図からもわかるように,E(1)は導体の内に向かっているものもありますよね. E(2)は導体から出て行く方向にしかないようですが,これでは導体の中に入っていこうとする電場が打ち消されないのではないですか? 導体表面の電場がE=σ/εとなるのもわかりますし,E(1)の結果からE(2)もE(1)に等しいのはわかります. しかしE(1)の導体の中に入っていく方向の電場が打ち消されないのでは? そもそも,E(2)が発生する理由もよくわかっていません. まわりの電荷の集まりによって,図の点の部分にその対称性からうまく打ち消されて,最終的に残るのはE(2)(↑)方向のものかと勝手に解釈していますが,あっていますでしょうか?

  • 等電位線と電気力線という実験を行ったのですが・・・

    実験はプラスチック板の上に白紙をのせ、さらに上にカーボン紙をのせてさらにその上に導電紙をのせて小型万力で締め付け、プラスチック板の裏の電池で、電気を流し、テストリードで等電位の点を探して等電位線と電気力線を引くというものです。 わからないことは等電位線が導電紙の端(境界)あたりにくると、境界に直行する傾向になるのはなぜか。ということです。このサイトでも調べて同じ質問があったのですが、回答が難しくてわかりませんでした。僕にでもわかるように教えてください。 あと、導電紙の上に導体(ステンレスの円柱)をのせて、等電位線と電気力線を引くことをしました。実験の説明部分に導電紙と静電場という題目で(a)導体内部には電場がなく、いたるところでE=0である。(b)導体内部と表面はどこでも電位V=一定である。(c)電気力線は導体内部に存在しない。導体表面の負の電荷で電気力線は終わり、表面の正の電荷から始まる。また、導体表面は等電位面であるので電気力線と導体表面とは直行する。(d)導体の電化は表面にだけ存在し、内部にはない。(e)導体表面近くの電場は、表面電化密度ρとするとE=ρ/ε0となる。とあり、考察部分に(b)(d)(e)を証明せよ。とあるのですが、分かりません。バカですみません。 この4つの中で1つでも分かる方がいらっしゃればどうか回答よろしくお願いします。

  • ガウスの法則 静電誘導

    教科書、参考書など手持ちの本を見たのですが、どうしても分からないです。 中空の導体球に、正電荷+Qを与えた時、中空導体球の内外の表面に分布する電荷q1と電荷q2を、以下の事柄を使って求めよ。 『静電誘導により、導体内部の電場は0である。』 『電荷保存則により、q1+q2=Qである。』 『ここでは、球の中心を中心とする半径rの球面上での電場は、その球面内の全電荷と等しい点電荷を球の中心に置いた場合の電場と一致する。』

  • 中空導体 電場

    図のように、中が空洞になっている導体の内側に、正電荷を持った導体があるとします。 上の2つの図 設置しない場合、静電誘導が起こり、打ち消し合いも起こって右側のような電気力線が書けると思います。 下の2つの図 設置する場合も、同じように静電誘導が起こり、設置している部分から負電荷が入ってきて、中空導体の外側は帯電していない状態になっていると思います。 しかし、接地していない場合と同じような考え方でいくと、電気力線が打ち消されるのは中空導体の導体部分だけで、接地していても中空導体の外側にも電気力線が出る(?を示した電気力線)と思うのですが、色々なサイトを見る限り、この電気力線は書かれていません。 何が間違っているのでしょうか

  • 電気力線が全く理解できません。

    電気力線のことでいくつか質問があります。 1:点AにQ(c)の正電荷がある時、Aからの距離r(m)の点Pに置いた+1cの試験電荷が受ける力の   大きさはk(1xQ)/r^2 (N)であるから、点Pでの電場の向きはAP(ベクトル)で、電場の強さ   E(N/c)はE=kQ/r^2である。   と定義されてますが、正電荷を2個置いた場合電気力線が斥力で反発しております。   これは点Pで点Aの電場を受けてないことになると思うのですが、どうしてですか? 2:正電荷と負電荷を置いた場合、正電荷から電気力線が出て、負電荷に入ってますが、この場合引 力で負電荷も正電荷の方に力(電場)の向きが向くと思うのですが、電気力線は反対になってしま  います。なぜでしょうか? 3:負電荷と負電荷を置いた場合、正電荷同士を置いた場合と同じ電気力線の形になるのでしょう   か?(矢印の向きは反対で) 1番については参考書の写真を添付します。 よろしくお願いいたします。

  • 導体の静電遮蔽について

    静電遮蔽について、外部の電場が導体殻内に侵入しない事は理解できました。 しかし、もう一つの静電遮蔽、つまり、殻内に電荷がある時、それがどのような電場を形成していても、 導体外の電場は内部の電荷の電気量と導体殻の形状にのみ依存するという効果が、物理学的にどのように説明されるのか判りません。

  • 導体の電子分布 / 空洞のある導体に電荷を置く

    こんにちは、二つお伺いします。 絵を用意したのですが、アップして画質が落ちることがよくあるようなので、その場合はご了承下さい。 質問1 導体内部は電場がゼロである、と理解しております。たとえ、導体内部に空洞があっても、空洞での電場もゼロ、そして導体がどんな非対称な形状をしていようともやはり、導体内部、空洞でも電場はゼロと理解しております。これは、導体の自由電子が、そうなるように(導体内部、空洞での電場がゼロとなるように)動き、配置されたがために起こると考えておりますがいかがでしょうか。すると、非対称な形状の場合、あるところでは電子の密度が高く、あるところでは低い、という偏った電子分布になると考えているのですが、正しいでしょうか。 質問2 導体の内部に空洞があり、その空洞内に電荷をおきます。この場合でも、導体内部の電子が動き、最終的には、導体の内部と空洞内の電場がゼロになるのでしょうか。それとも、内部、または空洞内のいずれか、もしくは両方の電場はゼロにはならないのでしょうか。 質問2のきっかけはある問題集の例題です。その内容も添付の絵に示させて頂きました。 内容は、「二つの導体球がある。ひとつは空洞であり、空洞内にもうひとつの小さな導体球がある(二つの球体は中心を共有している)。その中心から8cmの距離にある点Pでの電場が15000 N/C(方向は中心向き)であった。このとき、小さな導体球の総電荷Q1と、大きな導体球の空洞の内壁表面の総電荷量Q2を求めよ。(注意)Q2は、内壁表面の電荷量であって、大きな導体球の総電荷量ではない。」 というものです。この問題を見たときに、まず、質問2にて申し上げた、「導体の空洞では電場は0」という安直に覚えていたものが崩壊しました。どうやら「導体の空洞では電場は0」というのはあくまでその空洞に電荷が無い場合のことのようだと、今では理解しております。 そして、この例題の解答は、次の通りでした。 「導体の空洞では電場は0」にも関わらず、小さな導体球が存在することよって、P点の電場が形成されている。半径8cmのガウス面を考える。すると 電場 = ガウス面内の総電荷量 Q /(ガウス面の面積 4πr^2 x 誘電率ε) ・・・・(1) よりもとまる、QがQ1となる (ただし、電場の方向から考えて、Q1は負の値) 一方で、「導体の内部の電場は0」である。大きな導体球の内部を通るガウス面を考える。(1)において、電場 = 0を代入すると、このガウス面内の総電荷量は正味ゼロとならなければならない、したがって、Q2はQ1と正負符号逆で絶対値の等しい値、つまり-Q1、となる。 この解答方法が引っかかりました。Q1を求める前半の解説では、小さな導体球によって、空洞内の電場はゼロではなくなっている、としているのにも関わらず、Q2を求める後半の解説では、小さな導体球の影響など触れもせず、「導体内部の電場は0」としてしまっております。なぜ、小さな導体球に影響を受けて、空洞で電場は生じるのに、大きな導体球の内部に電場が生じないのでしょうか。 文章が分かり難いようでしたら、書き直しますゆえ、お知らせ下さい。 どうか宜しくお願い致します。

  • 高校物理、静電誘導

    図のように、電気力線が左から右へ向いている電界中に導体を入れると、導体中の自由電子が電気力線の根元の方へ移動していくのはわかるのですが、プラスの電荷がなぜ右に発生するのかがわかりません。 プラスの電荷はどのように発生するのでしょうか? そもそも電子の過不足によって電荷がプラス、マイナスになるのですよね?電子自体はマイナスの電荷といってよいのでしょうか?

  • ガウスの法則の問題

    内部に空洞のある導体では、空洞の内部に電荷を入れれば、その電気量と大きさが等しく異符号の電荷が空洞の壁に現れ、その電気量と大きさが等しく同符号の電荷が導体の外側の表面に現れることを証明せよ。 空洞内部の電荷を空洞の壁に接触させると、電荷は導体の外側の表面にのみ現れることを証明せよ という証明がわかりません。わかる方教えてください。