• ベストアンサー
  • 困ってます

放射性元素の崩壊のような

放射性元素の崩壊速度は -dN/dt=λN(λ=比例定数、Nそのとき存在する原子数) であらわせて、この式によると、減少する速度が、存在する原子数と比例していると思うのですが、 ほかの現象で、減少する速度が存在する数や量に比例するようなものはあるのでしょうか? 個人的に珍しい現象のような気がしたので、ほかにも似たような例があるのか気になります。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 物理学
  • 回答数4
  • 閲覧数2131
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

「熱の流れ」もそうじゃなかったっけ.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • okormazd
  • ベストアンサー率50% (1224/2411)

「減少する速度が存在する数や量に比例する」のは「珍しい現象」どころか、ごく一般的などこにでもある自然な現象でしょう。一歩拡大して、「減少または増加する速度が存在する数や量に比例する」とすれば更に広範囲な自然の現象になります。 たとえば、 1年間に死亡する数はそのとき生きていた人間の数に比例します。 -dN/dt=λN(λ=死亡率、Nそのとき生きていた人間の数) 借金の(毎月)定率返済額はそのときの借金額に比例します。 -dN/dt=λN(λ=利息、Nそのときの借金額) こんな例を挙げるのは「枚挙に暇がない」というんです。 すでに回答があるとおり、自然現象でも腐るほどあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

水平断面の一定な容器に液体が入っているとして,容器の底についた細管から漏れ出る液体の減少速度が,ちょうどそれに当たります。つまり,漏れ出す速さが出口の水圧に比例するため,液の深さすなわち液量に比例するのです。 また,平行板コンデンサの一定の電気抵抗を通じた放電も同じです。この場合の電気量の減少速度は電流に当たりますから,電圧に比例します。したがって,コンデンサの電気量に比例するのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

化学反応で原料が -dC/dt=kC の形で消費されて行くのを1次反応と申しますが、これはざらにあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 放射性元素の崩壊熱とは?

    核分裂で発生する熱は、アインシュタインの式から判る質量欠損による膨大なエネルギーであることは理解できます。 一方使用済み核燃料などで、原子核が放射線を出して崩壊し、安定な核種に変化する過程で出るエネルギー、すなわち崩壊熱なるものの源はなんでしょうか。核分裂による質量欠損ではないと思いますが。 また、地球内部でマントルを溶かしている熱はこの崩壊熱であると言われていますが、マントルの中に大量の放射性元素が含まれていると聞いたことはありません。火山から流れ出る溶岩が大量の 放射性元素を含んでいるということは聞いたことがありません。それなのになぜ地球内部の加熱 方式が崩壊熱と言えるのでしょうか。 もし崩壊熱の説が正しいとして、地球内部にこのような放射性元素が集中してたまっていないと、永続的にマントルを溶かしていることは不可能でしょう。一部は地球表面にウラン鉱石などで露出して いるとしても、そのような大量な放射性元素が地球内部に集積している理由はなんでしょうか。

  • この微分方程式がわかりません。

    分からなくて困っています。 途中おしえてください! 放射性元素は時刻tに存在する原子の数Nに比例する速度で崩壊する。 崩壊して新しい放射性元素を生成する場合、時刻tにおける生成物質の原子の数をMとすれば、 dN/dt=-λN, dM/dt=-μM+λNとなる。 ここで、λ及びμは各々もとの物質及び生成物質の崩壊定数である。 時刻tにおける崩壊物質と生成物質の原子の数を求めよ。 また、生成物質の原子の数が極大になるのはいつか。 答えは、M=λN0(e^-λt-e^-μt)/(μ-λ), t=(logλ-logμ)/(λ-μ) 難しくて、わからなく、困っています。 よろしくおねがいします!

  • 放射性元素の放出する放射線について

    今回、放射性元素について、お聞きしたく思います。 初歩的な質問で、誠にすみません。インターネットのウェブページで調べてみた内容を書いてみます。以下の内容が、正しいのかもお聞きしたく思います。 原発事故では、キセノン131、セシウム137などが生成されやすいと聞きます。 キセノン131、セシウム137は、それぞれβ崩壊して、β線、電子線を出し、セシウム131、バリウム137に変わるとも聞きます。通常の原発運転でも、濃縮ウランの内の、燃えないウラン238の場合は中性子を取り込み、β崩壊してプルトニウム239に変わると聞きます。 また原子炉の中で生まれる主なプルトニウムの同位体は、核分裂を起こすプルトニウム239と241、核分裂を起こさないプルトニウム238と240、242、244の6種類が出来るとも聞きます。さらに、このプルトニウムの同位体は、241は、β線を出し、他の238、239、240、242、そして244はα線を放出するとも聞きます。 前置きが、長くなりました。上に揚げた放射性物質は、β崩壊、α崩壊をしやすい放射性物質ようなのですが、他の崩壊も実際には起こり得る反応のでしょうか? キセノン131、セシウム137の場合を例に出してお聞きします。β崩壊して、それぞれセシウム131、バリウム137に変わる反応だけでなく、α崩壊やγ崩壊も起こしたり、また中性子線を放出したりして、別な元素へと変化する事もあり得ると考えてよろしいのでしょうか? プルトニウムの同位体、238、239、240、241、242、244の場合も、起こしやすい崩壊傾向はあっても、別の崩壊反応も起こり得ると理解したほうがよろしいのでしょうか? この辺がよく分かりません。 一般的には、中性子がβ崩壊して、電子を放出すると、その放射性元素は、一つ上の原子価の元素が変わるようですし、一方、α崩壊すると、α線の本質はヘリウムの原子核ですから、元の放射性元素より原子量が小さい元素へと変わると聞きますが。 初歩的な質問で、大変すみません。

  • 地球内部の放射性元素→何個?

    どうして地球が熱い(地熱)なのかという、原因の一部が  放射性元素が 崩壊するときに、熱が発生する・・・という説明を聞きました。 この放射性元素というものの数は、有限なのでしょうか? つまり・・・ 次から次へと、この元素なるものが 崩壊していったとして、 いつか、この元素も なくなってしまうのでしょうか? 何個といって、数えきれないほどたくさんあるのでしょうけれども、 これが有限なのかどうかを知りたくて、質問しました。 よろしくお願いいたします。

  • 放射性元素を利用して作ったロシアンルーレットは不敗?

    1/2の確率で放射性元素が崩壊したら、玉が発射される銃を作り、私がこれでロシアンルーレットのような勝負をしたとします。量子力学の多世界解釈が正しいなら私が勝負に勝ち生き残る世界と、負けて死ぬ世界ができます。しかし、死ぬ場合は一瞬にして頭を打ち抜かれるのでそのような状況を私は認識できません。認識できないものは存在しないと考えると、私はこの勝負に負けることは無いことになります。 もちろん私はこんな無謀な賭けをするきはありませんが、この考えの間違いを指摘できません。どこか間違っているように思うのですが、どなたかどこが間違っているのか教えていただけないでしょうか?

  • たびたびすみません。 半減期

    安定状態にない粒子(例えば放射性原子核)の個数が1/2に 減少するまでの時間を半減期という。 崩壊定数λと半減期t(1/2)との関係を導け。 という問題です。 答え 時刻tに存在する同位体の個数をN(t)とする。 Δtを十分に小さくとれば、その間の崩壊数はN(t)とΔtの 両方に比例するから、比例定数をλとして、 N(t)-N(t+Δt)=λN(t)Δt  と書ける。 -{N(t+Δt)-N(t)}/Δt=λN(t) -{dN(t)}/dt=λN(t) {dN(t)}/dt=-λN(t) の後がよくわかりません。 大学の期末試験の問題です。 どなたかよろしくお願いします。

  • 放射性崩壊のエネルギーの計算(?)ってできますか。

    放射性物質、たとえば炭素14は放射線というエネルギーみたいなのを出して窒素14になると思います。 そんなふうな過程を放射性崩壊というと思うのですが、放射性崩壊には速度というか半減期というものがあります。 炭素14は5730年、ヨウ素131は8日。放射能の強さは単位時間あたりに崩壊する原子数に比例するらしいので、たぶんヨウ素131は恐ろしく放射能が強いような気がします。 この場合のエネルギーはどんなふうに計算できるのですか。熱量とかに換算できるのでしょうか。 福島原発問題のせいで放射性物質というものに興味を持つようになってしまいました(汗)

  • ある放射性物質の時刻tにおける

    強さをNで表す 放射能の強さの変化する速度dN/dtはそのときの強さNに比例する このとき dN/dt=kN(kは負の定数) とおけるのですがkが何故負なのでしょうか?

  • わかりません。

    (1)宇宙線の照射を受けた上空で放射性同位体炭素、(_"14" ^)"C" が生成され古生物の体内に吸収される。 古生物が死ぬと、(_"14" ^)"C" の原子数N(t)の減少速度-dN(t)/dtはN(t)に比例する。 崩壊係数をλ、N(0)="N" _"0" して、上記微分方程式を立てて解け。 (2)放射性同位体元素の数が半分になる時間5760年として、λを求めよ。 (3)1700年経つと(_"14" ^)"C" は初期に比べて何%に減っているか? 教えてください。

  • 放射平衡について

    親核種と娘核種のそれぞれの原子数をN1、N2、壊変定数をλ1、λ2としたとき、 親核種は-dN1/dt=λ1N1、娘核種はdN2/dt=λ1N1-λ2N2になるとありますが、なぜ娘核種はこのような式になるのでしょうか?