• 締切済み
  • 暇なときにでも

洋服や小物に使われているファーはどこから…?

今日お店で耳あてを見て可愛くて欲しいなって思ったんですけど、ラビットファーを使用したものでした。 コートの襟やフードにもリアルファーがついてるものとかもありますが こういった洋服や小物に使われているファーはどこから持ってくるものなんでしょうか? もともと毛皮を使うために飼育されているのか、毛皮を取るためにどこか(山とか?)へ捕まえにいくのか (毛皮を売るために捕まえてる人がいるとか・・・?) それとも、どこからか死んでしまったウサギの毛皮を集めてくるとかなのか・・・ そんなことをふと考えてしまったら、買って使う気にはなれませんでした。 ファーを使った小物ってかなりたくさん売られていますけど、あの毛皮は一体どこから来てるんでしょうか。 すごく気になりました。 あと、私自身も猫を飼っているので、決して猫の毛皮を使えばいいという意味ではないのですが どうして猫の毛皮というのはないのでしょうか。 もちろん、ないほうがいいに決まってるんですけど、野良猫とかたくさんいたりしたら そういうことを考える人がいるんじゃないかって気がするんです。 あと猫の皮を三味線に使うというのは聞いたことがあるんですが、それは本当なんでしょうか。 (本当なら、その皮はどうやって調達されるのですか) そして自分が毛皮製品を買わない、以外にもう少し積極的に出来る 動物の毛皮を使った製品への反対行動は何かあるでしょうか。 …でも冬のチャリライフに耳あては欲しいので、フェイクファーの物か ボア素材の物を探して買おうと思ってます。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数370
  • ありがとう数6

みんなの回答

  • 回答No.1

「毛皮」で検索してみてください。 とても辛い動画や反対運動のサイトがたくさんヒットします。 中国産が増えて安くなったという話は聞いたことはあります。 猫に関してはこのサイトで過去にたくさん質問されているようです。 見てみてね。 動画を見ると毛皮が本当に嫌になってしまいそうですが 毛皮でしか寒さをしのげなかった地域も世界にはたくさんありますし その仕事でしか暮らしていけない人たちもたくさんいます。 動画は極端に酷い例を取材したものです。 チョコレートも貧しい子供たちが働いて取ったものかもしれません。 毎日食べているお肉やハムもみんな動物を殺して得られたものです。 わたし達はみんな誰か、何かの犠牲の上で生きていくことができています。 マグロを食べるなって外国の人が言ってるでしょう? 日本人は悲しくなってしまいますよね。 生きていく状況、文化によって何が残酷かは変わってきてしまいます。 毛皮を付けている人や三味線を弾く人を嫌いにならないでほしいな、 と思って余計なことも言ってしまいました。 うざかったらごめんね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答どうもありがとうございます。 正直、そのような動画があってもそういったものは見たくないというか どうしても目を逸らしてしまいがちです。 でも現実としてそういうこともあるわけですよね・・・ 昔から文化として、毛皮を着ないと凌げないような極寒の地に住んできた人達にとっては 何であれ毛皮を取ること、着ることはだめだ!とは言えないように思います。 最近は絶対に毛皮じゃなくても、防寒ということだけ考えれば他の物でも代用できるんじゃないか?とか思うんですけど 文化を知らない人がそう簡単に言えることではないでしょうか。 できれば毛皮を取るために動物を殺すようなことはあって欲しくないと思いますが、毛皮を着る人全てがとにかく許せないというより 少なくとも私たち(日本人とか)にとっては、そこまでして毛皮は必要ないんじゃないかと思うんです。 ただファッションとしてとか、高級だからって理由で身に着けるのはちょっと違うような気がします。 ラビットファーの耳あてが千円で売られているのを見て、なんだかな…って考えてしまいました。 回答者さんがおっしゃるように、その仕事をしないと暮らしていけないっていうのもわかります。 毛皮のことだけじゃなくて、子供達が学校にも行かせてもらえず安い賃金で危険な労働をさせられている というのを最近テレビで見て、ただやめさせるだけでは解決しないと言っていました。 確かに、根本を改善しないとただやめろと言われても生きていくためにはその仕事を続けざるを得ないわけですよね。 そういった社会の意識とか、根本から変えるには何ができるんだろう…?って思っていたので 毛皮のことに関しても同じように疑問を持ちました。 ただそういうことを言い始めると、お肉もお魚も食べることは悪なのか?という話にもなって お肉もお魚も食べている自分がそんなことは言えないのではないか?とも思ってしまうのです。

関連するQ&A

  • リアルファー(毛皮)に関するアンケート

    はじめまして、リアルファー(毛皮)に関するアンケートにご協力ください。 頂いた大切なアンケート結果は、重要な参考にさせて頂きます。 どうか皆さんのストレートな意見を回答ください。 (1)お好きな動物を教えてください。(動物嫌いな方は嫌い・好きな動物がいない方は居ないと書いてください) (2)リアルファー(毛皮)に反対ですか?賛成ですか? お手数ですが、その理由も教えてください。 (3)リアルファー(毛皮)がどうやって作られるか、 動物から毛皮製品になるまでの手順など、回答者様の知っていることを大体で良いのでお書きください。 (4)日本で販売されているリアルファー(毛皮)の殆どに犬や猫の毛皮が使われていることは、ご存知ですか? (5)また、猫や犬の毛皮がラビットファーやフォックスファーなどに明記を変えて販売(宣伝)されていることをご存知ですか? これで最後になります。 長く失礼しました。どうかご協力ください。 (アンケート回答者様へ) これはアンケートです。反対や賛成で争ったり議論するための質問ではありません。 他の回答者様への議論または、挑発的、中傷的発言はご遠慮ください。 締め切りは最後の回答から5日間回答が得られなかった時に締め切らせていただきます。 どうぞゆっくり回答してさい

  • 猫を飼っている人は三味線弾いてはいけませんか。

    こんにちは、このカテゴリーでよいかどうか分かりません。 嫌な気持ちになったら本当にゴメンナサイ。 私は小さい頃から三味線を習っています。 津軽三味線なので、皮は猫の皮を使っています。 つい3ヶ月前にへその緒がついている状態の猫を拾いました。 初めて猫と生活するのでいろいろ本などで勉強し やっと4ヶ月、2キロまで大きくなりました。 先日、友人に 「猫をかわいがっていて、三味線弾くなんて矛盾していない?」 と言われました。 正直言って今までは、三味線と猫を離して考えていたので 少しもそんな事思いませんでしたが、 それ以来、三味線を弾く事が出来なくなってしまいました。 ココでも検索し、いろいろ調べて 猫の里親募集に応募したり、言葉悪いですが猫狩りして 三味線の皮を供給している事も、遅いですが知りました。 また、死んでしまった猫さんの皮を利用させてもらう献体という制度もあるということも知りました。 合成の皮も確かにありますが、 音色は似て非なるモノ・・及びもつきません。 あるページでは 「三味線は猫皮を使っている事から、いずれは衰退する文化だ」 とまで書かれていました。 私の師匠にも同じこと相談しました。 「良い音色で三味線を鳴らすことが、猫にとって何よりの供養だ」 と、言われました。 屁理屈かも知れませんが、 猫さんのフードには鶏やら羊、七面鳥までいろいろ使われています。 猫さんが人間に近いから、三味線がこんなに非難されるのでしょうか。 私は三味線が好きです。ずっと続けていきたいです。 そして、せっかくめぐり合った小さな命、 ずっと大事にしたいです。 私は矛盾しているでしょうか。なんだか変な質問で申し訳ありません。

    • ベストアンサー
  • 三味線について

    三味線に使われている「四ツ皮」はどういう意味ですか 四ツ皮は猫の皮から作られていますが、 読み方はどう読むんのですか。 猫となにが関係していますか。 ご存知の方、教えてください。

  • 風が吹けば○○が儲かる

    「風が吹けば桶屋が儲かる」ということわざがあります。 即ち、「風が吹くと土ほこりが舞う」→「眼に入って見えなくなる人が増える」→「目の見えない人は三味線で歌う職につく」→「三味線が足りなくなる」→「三味線の皮に使う猫が少なくなる」→「ねずみが増える」→「桶をかじられる」→「桶屋が儲かる」 というものです。 さてそこで、皆さんが考えた、「風が吹けば」をスタートにして「○○が儲かる」につなげるストーリを作ってみてください。 風が吹くと何(屋)が儲かるのでしょうか?

  • お三味線用の乾燥板について

    お三味線(細棹、猫皮)を、ベストな湿度で保とうと、プラスチックの板に乾燥剤を混入した乾燥板を使用しています。 ですが、その乾燥板は使い捨てであり、値段も約900円と高いのです。 以前、どなたかが桐の板をお三味線の皮に乗せて乾燥板として使用しているのを見かけました。桐の板でしたら、おそらく使い捨てではないでしょう。 桐の板と、プラスチックの乾燥板。お三味線にとっては、どちらの方がいいのでしょうか? どなたかご存知でしたら教えてください><

  • 太鼓の皮について質問させて下さい

    私は昔から、太鼓の皮は犬、三味線の皮は猫と聞いています。 しかし、 神社、仏閣(例えば、大国魂神社、成田山新勝寺などに)有る巨大な太鼓は、一体何の動物の皮で出来ているのでしょうか? 犬の皮がこんなに鞣し伸ばすことは考えられませんし・・・。 大変な愚問だと思いますが、ご存知のお方、どうかお教え下さい。

  • 女性用のイヤーマフ(耳あて)を探しています

    彼女に防寒用のイヤーマフ(耳あて)をプレゼントしようと思っています。 ネット検索ではいろいろ出てきたんですが、実店舗で本人が気に入ったものを選んでもらうつもりです。 銀座・有楽町周辺でどこか良いお店はありませんでしょうか。 デパート・小売店などは問いません。 予算は5000円くらいまでで、フェイクでは無くラビットなど本物のファー製のものを探しています。 よろしくお願いいたします。

  • 猫の行方不明って多いのですか?

    外に出さなければ有り得ないことですが、外に出す飼い方をされている方は そんな経験が多いものでしょうか? 今朝の日経の朝刊の文化欄に井上光晴氏の娘さんの「猫が行方不明」という エッセイを読み、そういえば実家の「ケンタロウ」も突然いなくなったなぁ と思い出すと同時に、どの程度の頻度で有るのか、これから猫を飼う予定 なので余計気になります。 車で走っていると道路にある死体は、圧倒的に猫が多いし、犬に襲われる こともあるだろうし、また三味線の皮のために捕獲されてしまうという 話も聞いたことあるし・・・

    • ベストアンサー
  • 動物愛護 について

    今、アメリカ在住です。日本の楽器をずっと長年やってきて、こちらでも演奏するグループがあるというので、日本から持ってきてこちらで演奏する機会が多いです。 日本の伝統文化等に興味を持ってくれるアメリカ人はたくさんいます。楽器の事について色々質問をされる事も多いです。 最近、困ったなあ と思うのが お箏の爪、お三味線の糸巻き、バチ等に、象牙を使うことが大変多いという事です。バチはべっ甲を使うこともあります。琴柱なんかは、象牙もありますが、高価だしそこまで音に影響はしないのでプラスチックのを用いています。しかし爪や糸巻き、バチ なんかは、代用品を使うとあまりに酷い音がするし、手汗でずるずる滑って馴染まないので象牙を使わざるおえません。あと三味線の皮は犬か猫の皮です。三味線皮の代用品なんて聞いたことありません。 プロの方はプラスチック品は絶対使わないし、邦楽楽器 ではそれが当たり前のような感じで、動物愛護を唱える人なんて周囲にいなかったので、今まで何とも思わずやってきましたが、アメリカに来てから、、やりづらいなあ と思うようになりました。 なるべく自分からは言いませんが、これは何からできているの?と質問されることも多く、お答えすると一気に顔が曇って「それは違法なのよ」と言われます。 やっぱり理解されることは無理なんでしょうか?違法な楽器なのでしょうか?

  • VS、「風が吹けば桶屋が儲かる」

    「風が吹けば砂埃のために目を病む人が多くなり、目を病んだせいで失明すれば音曲で生計を立てようとするから三味線を習う人が増え、三味線の胴に張る猫の皮の需要が増える。 そのため、猫の数が減少し、猫が減れば猫が捕まえる鼠の数が増える。 鼠は桶をかじるから桶がよく売れるようになり、桶屋が儲かる・・・」 って、んな訳ねえだろ!! そもそも桶屋って何だ?そんな職業聞いた事無ぇわっ!!ww 〈質問〉 ちなみに、現代じゃ風が吹けばどうなりますか?ww 例>私が考えたのは・・・ ※風が吹けば子供がグレる 「風が吹けばスカートの短い女子高生のパンチラを目撃しムラムラした男が増加。勢いでブルセラショップで購入した制服を夜の営みの際に妻に着せようとするが、亭主の性癖に呆れ果てた妻は離婚を決意し、翌日には弁護士に離婚の相談に訪れ無事に離婚も成立し子供を引き取ることになる。初めの頃は養育費を振り込んでくれてた元夫も次第に振り込みをしなくなり、子供を食べさせるために夜もアルバイトを入れ頑張るが、寂しい思いの子供は次第にグレ始める・・・」w