• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

滝廉太郎の出身地について

  • 質問No.55243
  • 閲覧数1007
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 53% (85/160)

 ある疑問にぶつかりました。Encarta 2001で調べると滝廉太郎の出身地は東京都
となっています。しかし、Bookshelf 2.0で調べると滝廉太郎の出身地は大分県に
なってます。どちらが正しいのかまったく分かりません。ぜひ教えてください。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 37% (97/262)

 滝廉太郎は、明治12年(1879年)に東京で生まれましたが、
滝家はもともと豊後国日出(現在の大分県速見郡日出町)
において日出藩主木下氏に仕える名門。
代々、家老などの要職についていました。
…「出身地」をどう取るかの問題ですね~。
「東京生まれ」と「故郷が東京」というのはだいぶ
違いますからね。年表を見ても滝廉太郎の故郷を東京と呼ぶには…
だからこう考えては如何でしょう。
生まれは東京で、実家は大分にある。(…実家が大分にあるのなら
私はやはり滝廉太郎は「大分出身」だと思うのですが…。)
でも「生まれたところが出身地だ」と定義するなら(妙な定義ですが)
話はまた変わってきますよね…(@_@)

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2
廉太郎が暮らした屋敷が「滝廉太郎記念館」として保存されたりしているので、ややこしくなっているのかもしれませんね。
  • 回答No.1
参考URLは滝廉太郎の年表ですが、これをみると明治12年東京生まれ(住所まで記載)とあります。明治23年に父親の転勤に伴い、大分転居のようです。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ