• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

和訳の添削をお願いします。

和訳の添削をお願いします。 【原文】 One of the major defects of the elasticity approach is that it is based upon the assumption that all other things are equal. However, changes in export and import volumes will by definition have implications for national income and consequently income effects need to be incorporated in a more comprehensive analysis of the effects of a devaluation. Alexander(1952) is one of the most important papers evaluating this effect; his paper focuses on the fact that a current account imbalance can be viewed as the difference between domestic output and domestic spending(absorption). 【和訳】 弾力性アプローチの主な短所の一つとして、他の全てのものが等しいという仮定に基づくということがあります。 しかしながら、輸出量と輸入量の変化には定義上、国民所得として含まれるので、収入効果?(income effect)をより広範囲の分析に取り入れられる必要があります。 アレキサンダーの論文はこの影響を評価している最も重要な1つです彼の論文は、不安定な経常収支が国内生産と国内消費(吸収)との違いの考察に焦点をあてました。 間違っていたり日本語として不自然な訳し方があればご指摘お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数1
  • 閲覧数18
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • SPS700
  • ベストアンサー率46% (15293/33006)

 おしまいのところを  「不安定な経常収支が国内生産と国内消費(吸収)との違いの考察に焦点をあてました。」  となっていますが「アレキサンダーの論文はこの効果を調査した最も重要な論文の一つであるが、彼の論文は、現在の収支不均衡は国内生産と国内消費(吸収)の差と見ることができる、という事実に焦点を当てている」とも読めそうですね。  後はいいんじゃないですか。私は経済は知りませんので間違っていたらごめんなさい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

differenceを差と訳すのですね! 参考にさせていただきます。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 和訳の添削をお願いします

    間違っている箇所や不自然な訳し方をしているところがありましたら、ご指摘お願いします。 We have seen that the absorption approach, like the elasticity approach, does not provide an unambiguous answer to the question of whether a devaluation leads to an improvement in the current account. At issue is how economic agents respond to the change in relative prices that is implied by a devaluation. The two analyses are not alternative theories, but rather provide complementary insights into the processes at work. Although, the two models are comparative static in nature, they both point to the importance of dynamic forces and a time dimension to the eventual outcome. Demand elasticities are higher in the long run than in the short run, leading to a possible J-curve effect and the effects of a devaluation on income and absorption will be spread over time. Even in these simple models, it is seen that there are likely to be a variety of forces at work. No doubt even greater ambiguity would emerge as a result of including time lags, wealth effects and an explicit treatment of expectations. アブソープションアプローチが弾力性アプローチのように、平価切り下げが経常収支の改善につながるかどうかという問題の明確な答えはない。 問題となるのは、経済代理人がどのように、切り下げによってほのめかされる相対的な価格の変化に応じるのかということです。2つの分析は代替の理論ではなく、プロセスに働く補完的な洞察が生じます。2つのモデルは自然に静的に比較されますが、これらは両方とも最終的な結果として動的な力と時間の規模の重要性を指します。需要弾力値は短期間よりも長期的に見た方が高く、Jカーブ効果の可能性につながっています、そして、収入と消費に関する切り下げの影響は時間とともに広げられます。これらの単純なモデルにおいてさえ、様々な焦点が影響に働きます。間違いなく、さらに大きなあいまいさは、結果として時間差や富裕効果と明白な処置が出てきます。

  • 和訳をお願いします。

    自分なりに訳してみたものの、意味がつながらず、不自然な文章になってしまい困っています。英語が出来る方がいらっしゃいましたら意訳が含まれても結構ですので、和訳してください。お願いします。 Clearly a relevant if the economy is at less than full employment is whether a devaluation is likely to raise or lower national income. If the marginal propensity to absorb is less than unity then a rise in income will raise the income to absorption ratio and so improve the current account. Whereas, if income were to fall this would raise the absorption to income ratio (as absorption would fall by less than income) which would worsen the current account. There are two important effects on income that need to be examined, the employment effect and the terms of trade effect.

  • 和訳の添削をお願いします。

    日本語として不自然な訳し方をしているところや、間違いがあればご指摘お願いします。 正直、まったく自信がありません。 Despite their simplistic assumptions, ambiguous conclusions and deficiencies the two approaches have remained influential because they contain clear and useful messages for policy-makers. A devaluation is more likely to succeed when elasticities of demand for imports and exports are high and when it is accompanied by measures such as fiscal and monetary restraint that boost income relative to domestic absorption. The overwhelming weight of empirical estimates suggests that at two years and above time horizons the Marshall-Lerner conditions are fulfilled, suggesting that exchange rate adjustments are an influential tool in eliminating current account deficits. One should not expect a devaluation to work in the same manner for all countries. The effects of a devaluation will in part be determined by whether or not the economy is at or below full employment and on the structural parameters of the particular economy under consideration. Finally, it should be remembered that both models assume that foreign countries do not react to the competitive advantage gained by the devaluing country. To the extent that they react by devaluing their currencies, this will undermine the effectiveness of a devaluation policy. 単純化した仮定、あいまいな結論と不足にもかかわらず、政策立案者のメッセージは明白で便利なので、2つのアプローチは影響力のあるままでした。 輸出入の需要弾力性が高い時と、国内消費と比較して収入をあげる財政と金融制限の基準を伴う時、切り下げは成功したと言えます。経験的な予想の圧倒的重みは2年とそれ以上の時間水平線で、マーシャル-ラーナー条件が満たされることを示唆します。そして、為替相場調整が経常赤字を除くことでの影響力のある道具であることを示唆します。切り下げが全ての国で同様に働くと期待するべきではありません。平価切り下げの影響は、経済が完全雇用の下で、考慮中の特定の経済の構造パラメーターがあるかないかによって決定されます。 最後に、2つのモデルが外国が切り下げをしている国によって与えられる競争的有利に反応しないと仮定するのを覚えておくべきです。 通貨の切り下げに反応するまで、これは切り下げ方針の効果を徐々にむしばみます。

  • 和訳した文を確認してください!

    とあるテキストの一部分なのですが、和訳に自信がなくて困っています。 間違っている所があればご指摘お願いします。 This equation implies that the effects of a devaluation on the current balance will depend upon how it affects national income relative to how it affects domestic absorption. If a devaluation raises domestic income relative to domestic spending this current account improves. If, however, devaluation raises domestic absorption relative to domestic spending, the current account deteriorates. この方程式が意味することは、経常収支の切り下げの効果が国内生産と比べて国民所得がどのように影響するのかに依存しています。平価切り下げが国内消費と比べて国内収入を増やせば、経常収支はよくなります。しかし、平価切り下げが国内消費と比較して、国内生産を増やせば経常収支は悪化します。

  • 経済学の内容の英語なのですが、訳せません。

    一部分を抜き出しているので訳しづらくなってしまいましたが、どうか力を貸してください。 This equation is known as the Marshall-Lerner condition and says that starting from a position of equilibrium in the current account, a devaluation will improve the current, that is dCA/dS >0 only if the sum of the foreign elasticity of demand for exports and the home country elasticity of demand for imports is greater than unity; that is, (nx+nm)>1. If the sum of these two elasticities is less than unity, then a devaluation will lead to a deterioration of the current account.

  • 和訳した文章を確認してください!

    Laursen-Metzler effect(ラウルセン-メッツラー効果?)について説明している文章です。 【原文】 Laursen and Metzler(1950) noted that the deterioration in the terms of trade following a devaluation will have two effects on absorption. An income effect and a substitution effect. While the deterioration in the terms of trade lowers national income and thereby income-related absorption, it also makes domestically produced goods relatively cheaper compared to foreign produced goods, which implies a substitution effect in favour of increased consumption of domestically produced goods. If the positive substitution effect outweighs the negative income effect Laursen-Metzler noted that a devaluation which results in a deterioration of the terms of trade could actually lead to a rise in absorption. 【和訳】 ラウルセンとメッツラーは、切り下げ後の交易条件の悪化が消費における2つの影響を及ぼす点に注意しました。 それは収入効果と代用効果です。 交易条件の悪化が国民所得と収入関連の消費を下げる間、国内産の商品を外国産の商品よりも比較的安くなります。そして国内産の商品の消費者から支持されている代用効果を意味します。 もし代用効果が収入効果を上回るなら、ラウルセンーメッツラー効果は、結果的に交易条件の悪化は、消費の増大につながることを示しました。

  • 和訳の添削をお願いします

    間違いや日本語として不自然な点がご指摘お願いします。 Of course, if the economy is at a position of full employment, an increase in income is not possible. In this instance for a devaluation to improve the current deficit would require a reduction in direct absorption. Income changes are only one of the factors influencing the current account, the other effect that we need to consider is the impact on direct absorption. もちろん、経済が完全雇用の位置にあるならば、収入を増やすことは不可能である。 この経常収支の赤字を改善するために平価切り下げをする場合、直接吸収を必要とする。 収入の変化は経常収支、直接吸収への影響であると考える必要がある他の影響に影響している要因のわずか1つである。

  • 和訳添削願い

    和訳してみたものの上手く訳すことができず、日本語として理解し難い訳になってしましました。和訳を添削していただけると助かります。よろしくお願いします。 We believe that this is partly due to the research tradition of empirical studies that does not treat the attribute-variable like gender as a causal variable. 私たちは、因果変数としてのジェンダーのような属性変数は部分的には、伝統的な実証研究では扱われていないと信じている。 Most empirical tests generally control the gender factor statically, and have not gone further to identify the differences when testing mass media effects. おおよその実証研究は、一般的にジェンダー変数を統計的にコントロール(統制)しており、マスメディア効果を検証するときに、差異を明らかにするためには使われていない。 We agree that there is a limitation on putting a gender variable into the simple causal model. ジェンダー変数を単純な因果モデルに入れるのは制限があることは同意する。 Yet, in this study, our premise is that the process of identifying mass media effects needs to determine the role of the variable “gender”, and if this variable indeed produces any difference in our independent, mediate and dependent variables. しかし、この研究において、私たちの前提は、マスメディア効果を特定する過程はジェンダー変数の役割を測定する必要があり、独立、媒介、従属変数において、この変数が差異を生み出すかどうかも測定する必要がある。 That is, if gender is somehow related to the core variables of communication effects gap hypothesis, such as education, media use, political knowledge and participation, we need to clarify the additional intervening role of gender before generalizing the media effects. つまり、もしジェンダーギャップが、教育、メディア利用、政治知識や参加などのコミュニケーション効果ギャップ仮説の主要な変数といくらか関係しているのなら、メディア効果を一般化する前に、私たちは ジェンダーの新たな干渉的な役割を明確にする必要がある。

  • 和訳の添削をお願いします。

    和訳の添削をお願いします。 経済学の内容のため、うまく訳せず困っています。 日本語として不自然な部分や間違った訳し方をしている箇所があれば訂正をお願いします。 In the monetary models the only thing that matters for the exchange rate is money supply in relation to money demand, the source of money creation being unimportant. This means that in such models there is no difference in the exchange rate and interest rate effects of an An expansionary a foreign exchange operation(FXO) or an open market operation(OMO) that change the money supply by like amounts. The reason being, that in the monetary models there is no distinction between domestic and foreign bonds. Within the context of the monetary models a sterilized foreign exchange operation(SFXO) will have no exchange rate of interest rate effects because it leaves money supply unchanged and is merely the exchange of domestic for foreign bonds which are perfect substitutes. 訳)金融モデルにおいて、為替相場のために重要である唯一のものは金銭要求に関するマネーサプライです。そして、金銭の発生源は重要でありません。これは、おおよその総計のマネーサプライを交換するFXOかOXOの為替相場と金利効果の違いがないことを意味します。その理由は国内外の債券に区別がないからです。それがマネーサプライを不変のままにして、単に完全な代わりである国外の債券のための国内の交換だけであるので、金融モデルの前後関係の範囲内で、SFXOは金利効果の為替相場を持ちません。

  • 和訳を手伝ってください!

    変な訳になってしまうため内容がつかめません。正確な和訳にしたいので手伝ってください。 (1)If disposable income over a one year period is the measure of ability to pay, then a broad based VAT (value added tax) with a single rate would be extremely regressive; that is, the percentage of disposable income paid in VAT would decrease rapidly as disposable income increases. (2)If disposable income over a lifetime is the measure of ability to pay, a constant rate VAT with a broad base and a single rate would be mildly regressive. (1)もし一年間の可処分所得が支払い能力を計る手段ならば、単利VATは極端に後退するだろう。つまり可処分所得におけるVATに対する支出の割合は可処分所得の増加に伴って急速に減少するだろう。 (2)もし生涯における可処分所得が支払い能力を計る手段ならば、広く、そして単利に基ずく一定のVATは穏やかに後退するだろう。