• ベストアンサー
  • 困ってます

農協役員選出における選挙活動について

先般、農協役員補欠選挙が行われたのですが、 候補者の酒類供与や、その候補者を選出する地域では 候補選考会を期日を定め、各地区で同時開催する申し合わせにも関わらず、 事前に開催していたのです。 挙句、同時開催日にはその候補者を輩出する地域の者数名が、 同時開催日に各地区を巡り酒類供与していたのです。 このような行為は旧来より行われて来た行為でいわば慣例かもしれませんが、 良識に反する行為ではないでしょうか。 円滑や推進を期すため、選挙について農業法や農業共同組合規定にも触れてはいますが、 選挙活動についてはなんら規約が無いのです。 この酒類供与、特定地域だけの事前選考会の開催は、法律に抵触しないのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数743
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • oska
  • ベストアンサー率48% (4105/8467)

>良識に反する行為ではないでしょうか。 農協には、世間一般の常識は通用しません。 農協指導部の考えが、農協の常識・良識です。 JA香○県でも、同じです。 農協の常識=世間の非常識は、数えれば限がありません。 >酒類供与、特定地域だけの事前選考会の開催は、法律に抵触しないのでしょうか? ご存知の様に、新たな法律よりも過去の慣習が優先される事が法律で認められています。 農協の場合は、特に多いのです。 農協の組合員でも、農協には何も期待していない農家は多いのです。 信じられないかもしれませんが・・・。 組合職員(正規非正規採用を問わず)は、(JA香○県の場合)1億円までの横領事件は「非公開・非公表」との不文律・慣習があります。 横領されたカネは、損金で会計処理を行ない、組合執行部及び直属上司は「一切責任を取らず、役職を続ける」事も不文律・慣習で公(香○県庁)に認められています。 JA香○県では、今年既に3回の横領事件が外部から発覚しました。 「真に遺憾です」との組合長の鶴の一声で、事件は終了です。 民主党政権で「個々の農家への所得保障」などの政策がありますが、農協上層部の飲み会で消えるでしようね。 自民学会連立政権下の農家への援助は、半数以上が上層部で使途不明金処理で、個々農家には渡っていません。 まぁ、農協は「閉鎖された村社会」ですから、殺人事件意外は天下御免の無罪なんです。 「世間の常識=農協の非常識」「農協の常識=世間の非常識」です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • 02jp
  • ベストアンサー率19% (76/397)

不平等な世界です。 どこの農協でも、末端は 役員の顔も知らないでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 町長の選挙活動

    わたしの町で4月に町議選が行われようとしています。年明けから立候補する議員さんが戸別訪問などをはじめていますが、町長がその候補者の一人の応援をしていると聞きました。 町長は、特別職公務員だと思いますが、これは公職選挙法に違反する行為ではないでしょうか? 詳しい方の回答をお待ちしております。 第136条 公務員等の地位利用による選挙運動の禁止 第136条の2 次の各号のいずれかに該当する者は、その地位を利用して選挙運動をすることができない。 1.国若しくは地方公共団体の公務員又は特定独立行政法人、特定地方独立行政法人若しくは日本郵政公社の役員若しくは職員 1.その地位を利用して、公職の候補者の推薦に関与し、若しくは関与することを援助し、又は他人をしてこれらの行為をさせること。 2.その地位を利用して、投票の周旋勧誘、演説会の開催その他の選挙運動の企画に関与し、その企画の実施について指示し、若しくは指導し、又は他人をしてこれらの行為をさせること。

  • 新・市の市長選挙での選挙活動について

    11月に私の市で合併による市長選挙が行われます。 その候補者の選挙公約・活動について何らかの違反や違法行為に当たらないか質問があります。 ちなみに、現時点(05/10/31)において、この選挙は公示されていません。 1.候補者が当選した場合において、自らの給与を削減することを公約とすることは、寄付行為を禁じた法律に違反しないか。 (国会議員の給与返上は違法と聞いたことがあります。) 2.公示前に、「改革・新○○市」と書かれた選挙カーらしき車を走らせる行為。 (一切、発言をせず、候補者名も書いてはおりません。しかし、誰が走らせているかという予想はつきます。) 3.公示前、後援会会員に対して給与として日当を与えている。 (あくまでも噂であって、実際に行っているかは不明。) 4.公示前に、後援会内部資料という名目ではあるが、「マニフェスト」と書かれた資料を配布している。 以上です。他項目にわたる質問ですがよろしくお願いいたします。

  • 公示前と投票日当日の選挙活動@創価学会

    公職選挙法では候補者の公示(告示)前の選挙活動と投票日当日の選挙活動を禁止しています。 でも、創価学会では公示前に会館や中心信者宅(拠点と言います)に信者を集め各地方組織別に 土日を中心に候補者の一覧表を持たされ入る地域とその日の候補者の宣伝数目標を決められ 選挙活動させられます。月曜日には拠点で「協議会」というものが開かれ土日の選挙活動の集計 を暗号(F:フレンド(候補者に投票してくれる人) マルガイ:友人が友人に頼んでくれる人) を使ってFAXで上部組織に毎週報告しています。また投票日当日は早朝から拠点に集合し 地域の信者や有権者の家族,Fやマルガイの投票が確実にされたか一覧表を拠点に張りだし 電話番が待機し、外回りの信者は丸一日電話や投票所の張り込み、自宅訪問等で確認作業をするように指示されます。また、外部の友人から友人に宛てる候補者応援の葉書の枚数も拠点別にノルマが降りてきます。投票の自由(地域別に支援する公明党候補者が決められている)がないうえに 公職選挙法違反を信者に指示するような反社会的行為を野放しにしていいのでしょうか? なぜ、選挙管理委員会や警察は取り締まらないのでしょうか? 今日は県議会選挙の投票日、早朝に拠点に信者が集めさせられ、拠点の壁に本日中に投票確認 すべき人物の名前が貼り出されます。この中に貴方の名前も入っているかも・・

  • 投票率が極端に低いと選挙は無効になりますか?

    住んでいる町で、先週の日曜日に市長選挙と議員補欠選挙が告示されました。市長選挙は対立候補がいなく、告示日に無投票当選がきまりました。しかし、市議会議員の補欠選挙は、欠員1名にたいし3名が立候補し、きょう投票日を迎えました。しかし、市長選挙がないため、朝からの投票率がきわめて低く、このままでは、10%台の投票率になる可能性もあります。 そんな場合でも、一番得票が多かった候補者が当選するのでしょうか? それとも、極端に低い場合には無効になる場合もあるのですか?

  • 選挙関連

    選挙運動期間中に候補者支持企業が、運動資金不足を補填するための金銭供与、候補者の個人的なしゃつさの返済に関わることは、違反てしょうか?

  • 模擬選挙をしたいのですが・・・

    ある県でボランティア団体を主宰している者です。 私たちは、今回の参議院選挙の選挙日に合わせて、選挙権を持っていないこどもたちを対象にした模擬選挙をしたいと計画しています。 しかし選挙を扱うとなると、もしかしたら何かの違反で捕まってしまいそうで不安です! とりあえず、電話で選挙管理委員会の方に伺ってみましたが、特定の候補者に有利に働く行為で、選挙前の投票結果公開がいけないのはということは伺えたのですが、結局、警察の方が判断するので、選挙が終わってみないと分からないとか何とか。即答はしていただけませんでした・・・。 また、実際にその地区の候補者の顔写真やマニフェストを利用することは可能なのでしょうか? もしご存知の方がいらっしゃったら教えていただきたいです☆ よろしくお願いいたします。捕まりたくないですー。

  • なぜ選挙に立候補している人たちが並んで自分の意見を

    なぜ選挙に立候補している人たちが並んで自分の意見を言い合うテレビ番組が成立するのでしょうか? 公職選挙法違反にならないのはなぜですか? テレビの討論会は公職選挙法の合同演説会に当たらないのでしょうか? 公職選挙法 第百六十四条の三 2:公職の候補者以外の者が二人以上の公職の候補者の合同演説会を開催すること、 候補者届出政党以外の者が二以上の候補者届出政党の合同演説会を開催すること 及び衆議院名簿届出政党等以外の者が二以上の衆議院名簿届出政党等の合同演説会を 開催することは、前項に規定する禁止行為に該当するものとみなす。

  • ブログと公職選挙法

    こんにちは。 前の衆議院選挙の際、「ブログと選挙」について話題になりました。 実は今日、衆議院補欠選挙があるのですが、公職選挙法でのブログはどのような形で認められているのでしょうか。 例えば個人が特定の候補者を支援するための記事を書くのは投票日前日でも問題ないのでしょうか。 逆に、「ブログでもこれはやったらいかん」というものはあるのでしょうか。 (もちろん相手候補の誹謗中傷以外に) 過去の質問を検索してもよくわかりませんでした。 「ブログと選挙」ということも議論されなくなってきたようです。 どなたか詳しい方、解説願います。

  • 衆議院議員の比例当選者が改めて地区で立候補する理由は

    衆議院山口二区で補欠選挙が実施されますが、民主党の比例当選者がその職を辞し、改めて地区候補者として立候補しましたが、その意義がわかりません。せっかくの議員の地位がありながら、という疑問があります。

  • 選挙中の候補者は…。

    国会議員から都道府県知事、市町村長などの候補者達は選挙期間中街宣車で自分の選挙区内を駆け回っていますが、どの候補者を見ても車から身を乗り出し、俗に言う「箱乗り」状態で車を走らせていますよね。 世の中に多大な迷惑をかけている暴走族や、一般市民が同じ行為を行えば検挙されるのは間違いない行為ですよね? それなのに、公人になろうと志すあの方々は公衆の面前で堂々と「箱乗り」行為を繰り返し、検挙もされずにその後の政治活動を行っています。 選挙候補者の「箱乗り」行為は法律や選挙制度で保護されているのでしょうか? それとも、政治的な圧力を恐れた警察が検挙できずにいるだけでしょうか? お暇な時に教えて下さい。